2016年3月22日 名古屋~伊勢 
最近は名古屋に全然行かなくなって変化に対応できなくなった。昨年もこちら側を見てないので気づかなかったが、こんなところにドン.キホーテ。
中京テレビ新社屋の電波塔部分も完成してチュウキョ~くんが入り、メ~テレと似た感じになった。
桑名。また4ヶ月後に来るかな。
ここが鈴鹿駅?サーキットな駅は別で快速も特急も停まりません
※開催日は鈴鹿サーキット稲生駅 臨時停車があるそうです
まつさか。昔は坂だったらしいが、いまは「坂」でも「ざか」でもない!あれもギューじゃなくウシ。
松阪や伊勢に行くにはTOICA他 ICカード使えず。使えるのは四日市まで。
伊勢市駅 近鉄ホーム。JRも近鉄も同じ改札口。
伊勢市駅舎。外宮→内宮の順だから降りるのは伊勢市駅。
外宮は500メートル 徒歩数分
内宮はバスで15分くらい
スヌーピー茶屋がある
五十鈴川
おはらい町
赤福本店
おかげ横丁(おはらい町 参道の西側)
 今回の旅は宿の都合で無駄な移動をしています。紀伊勝浦→名古屋(宿泊)→伊勢市 ですから名古屋~松阪(多気)の間で往復の無駄があった。伊勢神宮に行くのは当初の予定になく急に決めたのが原因で最初から決めていれば伊勢市、松阪駅の近くに宿を取るべき。今回の切符で途中下車はできないが、経路上なら権利放棄して下車(前途無効)は可能だから多気や松阪で下車してから移動すればよい。

 名古屋から伊勢市の交通費はJR快速みえ(伊勢鉄道区間含む)で2,000円、JRのみ亀山経由で1940円、快速みえ得ダネ4回数券が4,920円ですから2名で往復の場合はお得。青春18きっぷの場合は伊勢鉄道(津~河原田)の料金のみ別途支払い510円。亀山経由は時間帯によって便数が減り接続も悪く多気駅で1時間以上の待ち時間が発生することもあるから伊勢鉄道の料金を払って快速みえを使うべき。

 近鉄「伊勢神宮参拝きっぷ」は特急往復、松阪~賢島乗り降り自由と指定区間バスで名古屋から5,900円。劇的に早くないしバス代もたいしたことないため神宮往復のみなら近鉄の通常料金でも大差ないし、JR快速みえのほうが安くなる。比較資料として近鉄特急券 名古屋→伊勢市 1,320円、→賢島1,610円。往復特急なら前記の切符だが、もっと周遊しないとお得にはならない。

 JR「伊勢路フリーきっぷ」は名古屋市内から1人用7,570円~4人用13,750円とありJR快速みえ自由席往復、松阪から鳥羽までが乗り降り自由区間で有効期間3日、タクシー券が6000円分付いており、そのうち2000円分は伊勢の「おかげ横丁」「伊勢河崎のまち」協賛店で使用可能となってる。協賛店ってどこなんだってことになるが大部分の店で赤福本店も含まれていた。

 お得度が低くなる1人用7,570円で計算しても名古屋-伊勢市往復4,000円、お土産2,000円分適用、伊勢市駅~内宮タクシー往復4千円弱とすればお得である。伊勢市駅・外宮から内宮までは路線バスがあるからタクシーの使いどころは完全な伊勢参りとして二見興玉神社(最寄り二見浦駅)、朝熊岳金剛證寺を廻るのに使える。特に金剛證寺は山奥であり土日祝しか路線バスが運行されてない。内宮から金剛證寺まで約9kmで片道3500円前後かな。