2017年7月29日 一宮七夕まつり 愛知県一宮市
ゆるキャラの次はお姉さんです。私の芸術センスのなさもあり飾り付けがうまく撮れません。
多数で七夕飾りを入れようするとお姉さんが変に切れ、お姉さんをうまく画面に入れると飾りが切れちゃう。
一人だけにピント合わせることはできるんだが、斜めだけに全員となると不可能でしょ。
少し前に移動してF22なる無茶な絞り値にしたが3、4人くらいかな。画像チェックしてどうしようか悩んでると、おじさんにどん撮れって言われちゃったけど“下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”わけでもないかと。
七 夕
織 物
本日の宿は一宮。一宮市は名古屋駅から15分、新快速で10分の住宅街。名古屋市内に宿が取りにくくなった状況で交通の便が良い東海道線沿線。数年前まで名古屋で大きなイベントがあるときに緊急用で宿が取りやすい場所だったのに今や満室になるのも早い。駅前に名が通る中小規模なホテルが3軒、駅から少々離れて地元ホテルが2軒と少ない。今年も名古屋で乗り換えが必要な桑名の花火のため尾張一宮~桑名を2往復することとなった。
(2015年2月12日 ABホテル一宮 新規開業 / 一宮クラシックホテル → 2016年2月18日 アパホテル尾張一宮駅前 フランチャイズ営業)
一宮の七夕まつりは岐阜や桑名の花火大会の待ち時間として見つけたのですが、押しのけ割り込んでくるようなのが多い中、がっついて撮るのは私には無理なので良い場所は無理だと初回に感じ取り望遠レンズを持って行くようになった。大阪を思わせるよう途中でチャリの爺さんが何やらいちゃもんつけてきてるし名古屋市が近代都市化で目立たなくなったところ尾張色ど真ん中って場所になってるのだろうか。
七夕 飾り付けについては一宮に宿泊ということで翌日に撮影してますが残念なことに雨天。アーケード内は狭く次の飾りとの距離が近いため超広角レンズがないと欠ける写真しか撮れない。仙台七夕では顔に当たるくらい低い位置までと広いため同じ機材でも全体が収まる写真が撮れるが、ここでは歪むのを覚悟して20mm以下の超広角レンズが必要だった。ここでは最大広角で35ミリカメラ換算27.2mmの画角。
2017年、お姉さん方の本物の目の率は6分の2でした。本物だと全体で周囲を写し出すよう反射が起き自然な輝きキラキラ度が高い。カラコンだと黒つぶれして光に1点が強く反射するから遠目に見ても違いがわかる。二班に分かれるときは本物の美しさに惹かれて写真を拡大すると私の見る目の正しさが証明された…。
<翌年 2018年の記録>
 2018年7月28日(土曜)、台風12号接近による暴風警報が発せられ午後のイベント全てが中止になりアーケード外の飾り付けの撤去も行われた。フォトコンテスト撮影会は午前中のみ開催された模様。桑名の花火大会も中止が発表され予備日である7月30日に延期されたが設置場所が浸水し中止となった。これらを予測していたため2018年の参加、観覧をあきらめることにした。