2021年7月23日 12:40-12:55 東京2020オリンピック競技大会 ブルーインパルス展示飛行
荒川河川敷 墨田区八広・葛飾区四つ木 木根川橋から100メートルほど下流 荒川と中川の間の堤防の草むら
入間から飛び立ち、練馬区から新宿都庁の上空を通過
墨田区側、予想通り建物で見えなくなるから危険な密集
東京タワーあたりで旋回して東京駅方面へ
東京スカイツリーの上空を通過し、反時計回りに日暮里あたりへ180度旋回する
5色スモークは今年しか撮れない
事前に示された飛行ルートより近くまで来た
旋回中
実際は離れてるがカメラの画素数に物を言わせ拡大
五輪 …見えたとは言い難い
今度は足立区のほうから葛飾区へ時計回りに旋回してきた
高画素を利用した拡大
後方の両翼のどちらかの位置が常に悪かった
 新型コロナウイルスの世界的蔓延によって開催が1年延期となった東京2020オリンピック競技大会。収まったとは言えぬまま開催となった。本日 2021年7月23日は20時から新国立競技場で開会式が行われるが、それに先立ち聖火の点灯式に合わせてブルーインパルスの飛行が行われ、新国立競技場の上空にて五色の輪を描いた。人が集まって危険が想定される新国立競技場の周辺など距離が確保できそもない場所は除外した。見えたものの荒川からでは輪を横から見るのに近くて綺麗には見えなかった。
 まだワクチン接種の順番が回ってこないため、電車やバスに乗ること、そして密閉空間にいることや大勢が集まる場所を避けており新国立競技場へ行くのは危険と判断。平日だった1年前とは違い想定以上の観客だったが河川敷であり空高く飛ぶため飛行コース下の数百メートルまで行けば善し悪しはない。他人から何メートルも離れるのは容易い場所だった。

 来たときは平井大橋を渡ってから堤防沿いを歩いてきたため人は少なかったが、終了後の集まり具合に危険を感じ、しばらく待ってから帰ることにした。写真は終わったから一気に人の流れになった。見てる最中だが河川敷に降りてれば遠くに野球少年しかいなかった。

 ここから何キロか歩いて帰らねばならず、人の波も切れたから帰ろうとしたら熱中症に襲われ、体を冷やすべく凍った飲み物を求め帰り道とは異なる民家のほうへ向かった…。

帰宅してテレビを見たら新国立競技場の前は呆れるほど密集状態、有り得ない事態に行かなくて良かった。