サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2020 - 05  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
COMMENTS
    タイマーリモートコントローラーTC-80N3代替品TC-2002
  • emisaki >10.08
  • IBM_ThinkPad >10.07
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん

客の空気を読んだ宿泊施設経営
2012年6月21日放送 テレビ東京 カンブリア宮殿 日本の旅行を変えろ!!一泊5250円の“最強宿”
2012年6月21日放送 テレビ朝日 スーパーJチャンネル 絶景温泉&食べ放題で盆も正月も7800円の宿
* 投稿時、番組名を間違って記述していましたので訂正しました

 これは私が何年も前から思っていて、ここでも書いていることなので別段新しくもなんともない。旅館なる過剰接待で割高なシステムはとっくに崩壊していると語ってきたはず。四季リゾーツは10年前とは言えネットが普及してきて客の空気が読めるようになってから動いたのだが、新しいのは居抜き物件ではなく企業の保養所を使って更に低価格を実現したことでしょう。1年中5250円で夕食付きが8400円となってるが、既に物件を所有しているところなら同じビジネスモデルが可能だから近年増えている。特に複数を運営していると効率も上げられるから同一価格帯を打ち出しているホテルはある。

 放送の反響を調べる方法として私がやるのは紹介された企業のウェブサイトに接続してみること。放送後1~2時間はつながりにくかったところをみると、いかに世間が知らなかったかを表している。

 知ってても使えなかった理由は、家族連れを対象としており私みたいに単独で動きたがる人にとっては無理で、ここより高いビジネスホテルに行くしかなくなる。元が大部屋だし保養所の空きでは部屋数も多くはない。だが、それでも余るだけの利用者がいるからには方針を変える必要はない。しかし、高齢化社会に一人暮らしの老人の旅行が増えている もしくは一人では旅行できないのも確認していて、これらをどうするかということなのだ。


 高級旅館は行きたい奴がいけばいいだけで、需要からしてこれからも減ってゆくはず。もっと危ないのが旅館型経営でホテルのような大きな組織でしょう。旅行仲間からも感じてるのが旅館型は宿泊費が高いのでビジネスホテルを足がかりに旅行をしていること。ビジネスホテルにはない空間が嫌なのではなく、何かと差し引き考えての結果。交通費以上の差額があるから都市部のビジネスホテルを拠点にする。だから花火状況のところで都市部へ帰れるか調べて書いているのだ。


 テレビ番組の街頭インタビューで一度の旅行で6~10万円とあったが、いまどきこれは使いすぎだ。家族何人かの値段と疑ってしまうが一人分。片道2万円で宿2万で二泊三日だとこうなってしまう。これでは韓国旅行3回分だ!
 高速道路料金、高速バスにLCCと交通費が妥当にシフトしているのだから宿代がそれに習うのも当然の結果でしょう。旅先でカネが使えないのは旅費が高いから。交通費と宿代が妥当となれば宿で癒しなどとして言って帰ってくるだけのタイプも周辺観光地に足を伸ばしやすくなり、また、旅行の回数も増えるのは当然の結果だ。

各所で見かけるが「宿は残っているが街は死んでいる」というのも交通費と宿代で精一杯だからではないだろうか。


・カンブリア宮殿 日本の旅行を変えろ!!一泊5250円の“最強宿”

無駄な努力をしてないか? 本当に5250円で我々は得か?

 液晶TVに温水便座なのに時代を感じさせる製品を使ってると思ったのがテレビとトイレである。節電のために客が帰ってたらテレビの主電源とトイレの電源を切るって部分。新製品でなくとも待機電力がどうのと言われてから異様なほど進化して今のテレビは主電源が入っていてもワットチェッカーが数時間で1円にも上がらない。また、最近のはトイレの便座は人がいないとヒーターがONにならない。ケチって安いのを導入すると電気代以上の労力というツケが回ってくるわけだ。古くてヒーターが入りっぱなしになるタイプなら仕方がないが、そういうタイプは客がいる通電時間帯の電気代を加算してゆくとケチった値段が高めの節電型の差額を上回ることになる。古い冷蔵庫とかエアコンと同じで数年前の製品だったら買い換えたほうが電気代で元が取れるって話と同じだ。東大卒のエリートさんだったら体動かさせる前に頭使いましょうよ。

 事業開始直後に12人雇用して8人が辞めていったと言うが、宿泊費5250円の代償として従業員に過酷なことをさせてるように見えたので当然の結果でしょう。給料が高いのでなければ「M」の人だけ残ったような気もしました。周辺の施設の予約状況で人員を動かすというのは居酒屋のチェーン店だってやってることで当たり前となってるが、宅配業者みたいで労働条件としては厳しすぎるだろう。旅行好きだからできたことも多いでしょうが、自分たちが旅行にいけないほどでは悲劇ですよ。新婚旅行で1ヶ月有給取れるんですかね?人員いないから育メンでも休めないでしょうね。

 単に安いで飛びつくようなアホならこんなブログやってないわけで、安すぎるというのは回り回って客の側にものしかかってくる。誰かを雇わないってことは世間に押し付けるということだからね。こうしたデフレによる障害くらいわかってるはず ワークシャアリングなんて話はどこに行ってしまったのか。 テレビ番組で見た感じの状況では忙しくて何かすべきことを見落とすに違いなく、客は「5250円だから」仕方ないと思ってはいないだろうか? 安いコーヒーショップで自分でかたづけるのはいいが、本来客がやるべきことではないテーブルが汚いのまで自分で拭いてしまうようなクレームにならない部分がね。テレビ見てて こういう疑問が残ったのでした。


・スーパーJチャンネル 絶景温泉&食べ放題で盆も正月も7800円の宿

 中部、関西、北陸、中国地方で展開しているのが居抜き物件を使った湯快リゾート。一泊二食付きで一年中同一料金7800円に、主要都市部から割安(往復1000~5000円)の送迎バスを運行している。これによって交通費の負担も軽減される。バスの運行は施設の規模が大きいから可能なことで、保養所の空き部屋を使う四季リゾーツでは人数の確保からして難しいでしょうか。大阪から湯村温泉の場合、民間バスの往復料金だと8400円(例)だそうだが、専用バスでは3000円と他に使える額が増える。

 食事は食べ放題、通称バイキング形式。別途追加料金で豪華メニューもあるようだ。現時点では海鮮焼きが+1500円、和牛ステーキが+2000円となっている。これくらいの額なら従来からなかった訳でもない。関東地方でも効率を上げられる複数の宿を運営している業者なら可能。

 湯快リゾートは7800円と固定を打ち出してるが、見せかけの値段を展開しているところには要注意だ。3人だの4人だのでの一人当たりの値段だったりするので、「○○○○円~(から)」にはオチが待っていると思ったほうがよい。だが、どこも基本的に二人以上なのは確か。


余談だが、全ホテルに言いたいことがある。
「フロント」に限らず意味不明なインチキ英語はとっととやめて欲しい。外国人来るのに恥ずかしい。
| emisaki | 23:53 | comments (0) | メディア::テレビ |
コメント