サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2019 - 11  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

小布施町は誘客活動してますけど? <ワイドショーへの疑問>
 録画してあった昨日の番組で興味を引いたのが京都の観光公害問題だった。その流れからコーナーの最後にておおいなる疑問、「え!小布施町は観光客を拒否してるの!?」

 またコメンテーターがいい加減な事を言ってるんじゃねぇーだろうな? 私が初回からコメンテーターの低品質ぶりに嘆いた“あのワイドショー”だから更に信頼性がないんだよ。これは深掘りしないといけない。監視してきて感じたのは、関係ない奴が知ったかぶりとしか思えないコメントをするのがあのワイドショーだった。

続きを読む ≫
 現地調査はできないのでネット上で探りまくってみたが、小布施にて「観光公害」「オーバーツーリズム」とか客を減らそうなんて書き込みは全く見つけることができなかった。規模が違うにせよ京都なら簡単に見つかりますから、もし住民の誰かが怒ってたら今時ネット検索で見つからないはずがない。

 観光客来て欲しくないと明言してるなら検索されるだろ。断片な理由から思い込みで語ったなら営業妨害だぜ。観光協会などについては古い人達とみられるため情報発信において弱いだろうから、もしかすると急激に京都のような事が起きたか可能性もあるが、以前から人口の数十倍の観光客が訪れる場所だったので何を今更であろう。少なくとも10年前から迷惑だって騒いでないとおかしい。そうなると、ワイドショーのコメンテーターの発言のほうを疑問視したい。

 例えば京都市議会の議事録を探ると「観光公害」だの「オーバーツーリズム」だのの熟語は簡単に見つけることができるが、小布施町で過去数年に渡って調べたところ、そんな内容を見つけることはできなかった。もう客は来るなって誰が言ってるのか教えてくれ。

 年間客数120万人として1日3200人あまりで恐ろしい人数ではない(地元の人にとって驚愕の人数かは知らん)。過去7~8年の街中の店の変化だが、木の造りを維持しながら新しく出店がみられ、残ってるのは老舗のような店である。後継者問題や対応しきれない感じの店が消えているが古民家再利用のごとく観光客狙いの店が増えていた。

ワイドショーのコメンテーターに対し、来るなと言う根拠を示せと強く言いたい理由
「8年前と比較して観光客は激増とも言えないし、この期間に誘客活動もしてる」

 それどころか今年は台風による河川氾濫の被災地以外も閑散で困ってる。そんなときキャパがないから観光客に来るなだと。小布施町は阿呆に損害賠償請求すべきだな。一帯でキャパシティ、あり有り余ってるぜ!長野までは走ってたのに北陸新幹線が止まってるときなんて悲惨だった。

本件は一例にすぎない。

 異論、反論は必要であるが、近年に多く耳にするのは狂った極論の持ち主をテレビに出すことにある。特に多いのがIT活用の長者で、各方面で見てきたが、学歴とカネは持ってるかもしれないが、特に生活、政治、人間性を語るとイカレぶりを披露してきた。小童どもにもその系統が増えてしまった。全体が狂うと突拍子もない発言すら普通に聞こえてきちゃうから怖い。

放送局はコメンテーターの程度が低い事を理解してないのか?

おぶせまろんちゃん たとえば平成28年6月会議 一般質問「増える外国人来訪者への対応と今後に向けて」なる観光関連の質問から議事録を辿ってみると、むしろ、誘客活動と、どのような「おもてなし」や「対応」を考えているのかとの質問がみられる。小布施町には宿泊施設がほとんどないが、小布施は長野市と欧米人のツボにはまる宿とスノーモンキーで有名な地獄谷野猿公苑の沿線上にある。普通なら通り過ぎられるのに観光客が多いなら嬉しいはず。栗じゃなくて北斎のおかげでしょう。

 10年前くらいに110万人とか言ってるわけだから激増しているわけでもなく客を必要としてなかったら宣伝活動するはずがない。TV番組で発言した奴、話の出所は? お偉いさんが言ってたような口ぶりだったけど。そんなワイドショーで語った奴のことを信じるならば町議会でのやり取りと何も一致しねぇーんだよ。
 本当に観光客に来て欲しくないなら行かないので明言という名のヒソヒソ話じゃなく「明記」していただきたいし、もしTVコメンテーターの飛ばし発言ならそいつに謝罪して業界から消えてもらおうじゃないか!

 勘ぐりにすぎないが、温泉地でホテルが牛耳ってると宿泊客数以上の客は必要ないと態度からして見え見えな所があるように、小布施でも一部の商店の許容度を超えたことで町の許容度は超えてないのに客に来るなと言う「一部のデカイ声」の可能性も考えられる。田舎でありがちなのが儲けにならない客は邪魔だってことなら酷いわけで、いろいろ地域問題を調べてると、その考え方がちょくちょくあるんで客としてムカツクんだ。果たして真相は?

テレビのワイドショーって三流週刊誌と同じと認識させていただいてよろしいでしょうか?
桜を見る会から注意を反らすための陰謀ですかね(そんなわけない反政府系放送局だもん)

→ 長野県 > 小布施町観光情報おぶせくりちゃん町議会
→ 長野県 >> 長野県観光戦略
長野県の観光統計が使えない 古い 投稿時点で平成20年のしか公開されてない。
※ 念のため、栗は英語で chestnut

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-30 Sat 21:57 | マスメディア::テレビ・映像 |
「そうか 京都へ行くな」 <観光問題>
ご都合主義 vs. ご都合主義!?

 某国から来なくなって健全化と思ったがまだ足りず、某国に頼り切っただけで経営能力がない連中が死活問題だと騒ぐ地域がある一方、年がら年中と観光客が多いのが京都だ。右肩上がりで突然に増えたわけじゃなく既に外国人すら避けているのだが、このところ各テレビ局で取り上げられてるのが京都の観光公害問題(オーバーツーリズム)であった。

買い物に行けない。通勤、通学に困るなどなど。生活圏=観光地は京都に限ったことではない。

続きを読む ≫
 受け入れを考えもせずに外国人観光客を劇的に増やそうと企んだ間抜けな政府役人、分散させなければ既にオーバーツーリズムで評判がガタ落ちなのを知らないようだ。それでも日本が悪いのではなく客が多すぎるという怒りだ。

関係者は外国人客の投稿を熟読する必要がある。

 例えば国内の記事なら各種テレビ番組でも取り上げられてる人だが『四国の秘境で古民家民宿を営む米国人、「仙人のような暮らしだ」と衝撃』なんてのがあるが記事の2ページ目に答えは集約されてる。

 既に事が進んでしまって知らなかったとは言え、小学生の頃から長らく行ってなかったのを2004年頃から各地の花火大会に行ってた流れから、しばらぶりに見た熱海の変わりように嘆いた。バブル崩壊が原因だとしてもリゾートマンションの乱立に加え、ドン引きしたのが親水公園と船の停泊所だった。熱海に湘南は求めてねぇーよって。過去の政治家の無能ぶりを見たわけだが、草津温泉だって少し離れてるとは言えリゾートマンションが目障りには違いない。「ビル」な宿の建設年代を調べれば僕らが生まれる頃には既に勘違いしてしまったのだ。

 都会でなくなるほど近代化させないと集客力がないと勘違いしてる傾向が強い。時と場所、観光としての必要性など、まるで理解してないと思うことがよくある。集客力がないのは汚いからであり、古いからではない!どう建て替えるか、どう古いものを綺麗に維持するのかを考えるべき。

 家族構成が変わっているのに、見た目だけの改装をしたところで集客力が上がるはずがない。むしろ料金を上げる羽目になり集客力を失った。それが大家族部屋ばかりを抱えた宿の末路だった。


各種メディアにて京都は観光客が多すぎて迷惑してるってならば、
「そうか京都へは行くな」キャンペーンを張ればどうかと思う。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-30 Sat 21:00 | マスメディア::テレビ・映像 |
金儲け第一の発電事業(65) 四万十市は建設阻止
きのうの夜に見たら界隈を飛び交ってたのが高知県四万十市、市長が建設を不許可!

 高知県の前に静岡県ニュースを読んで交通事故だけじゃ飽き足らんのか浜松市は!って太陽光発電施設の法令違反が7割越えと報道。ところが役所なんかの発言を探っていると、他の市町村が規制に向かっているのに太陽光発電の導入日本一を誇っているように聞こえる。俺には悪の温床にしか聞こえないんだがな。「悪党=ずさん」という図式も成り立っている。

 そんなとき、四万十市では大雨での危険性やら事前にあった市民による1万4千件もの反対署名(陳情)もあってか、建設不許可としたニュース(朗報)が飛び交った。

続きを読む ≫
 市長が違うだけでこうも変わってしまうものなのか?これはある意味で恐ろしい。国会議員にしても市民(国民)の代表をとんでもなく勘違いしてる奴が大半なのだ。選ばれたのだから支持されて何もかもテメエの考え進めて良いと思ってやがるなら大馬鹿だ。常に我々の意見をとりまとめてこそが政治家である。
 法律なら多数決ではないが、市政ならば多数決であろう。市民が間抜けな選択をして不幸になる権利も有している。四万十川での太陽光発電所建設反対は正しい。

 建設許可しなかったニュースの出所を探るとNHK高知にあった。内容ではないがニュース映像で気になったのが、発表を聞いてる側に態度デカイおっさんがいたことだ。誰なのか気になる。


 報道内容だが、どんな報道機関に限らず実に頭に来る仕方として「東京の事業者」との言い方がある。まるで東京が悪いかのように感じ取れるのだが、悪党どもは資金集めにも東京ブランドを利用したがる。過去に調べた中では、1室に複数の会社や他の事務所など登記場所に実働実体がないのがそれなりに見つかった。そういう意味では確率として「要注意」に間違いはない。


 大規模の場合は田舎でおっぱじめるのは反対が少ないよう馬鹿にしているのだ。送電設備にお金がかかるため、とんでもない山奥で行わないところが住民にとって危険な場所や、現実的に豪雨などで被害をおよぼしてきた。

 浜松のほうの記事にあるように、いい加減な基準な上に、更に法律で決まってることすら守らないような連中が実に多い結果は、金の亡者の悪党どもが行っている事業なのかを示してないだろうか?


 太陽光の次に利用されてきたのが風力。世間がこうまで騒いできても秋田県(反対表明の「にかほ市」を除く海側)や伊豆半島の下田市~南伊豆町(計画では南伊豆町、下田市、河津町、東伊豆町、伊東市)で起きようとしてるのに、なんで黙っているのか不思議というより真顔で「お前ら馬鹿か?」と言ってやりたい。

 下田ならペリー以来か第二次世界大戦以来かの侵攻とも言えよう。「頭がお花畑」という言葉が実に似合うのだが、そうした馬鹿どものせいで日本人の財産が破壊ならびに、かすめ取られるのを放置できないので怒っている。本当だから書かくが、ほかがアホ揃いだとして、太陽光発電で環境破壊者と戦ってきてる伊東市は何をやってるのか?

 遠州(遠江国)と伊豆を並べてみると、やっぱり「遠州泥棒、駿河乞食、伊豆餓死」なんだな。勝手に死ぬなら知ったこっちゃないが、FITに基づき吸血されるお金があるので日本中へのとばっちりなんだよ。


以下、あきれた一文。
本事業は、再生可能エネルギーの導入・普及に資するものであり、地球温暖化対策の観点からは望ましいものである <出典:「(仮称)パシフィコ・エナジー南伊豆洋上風力発電事業計画段階環境配慮書」に対する環境大臣意見>
そんなものは地球温暖化対策にはなりません! なるなら科学的根拠を示せ!
環境大臣が小泉進次郎ならば住民が大騒ぎすることこそ止める唯一の方法であろう。


 FITで再生可能エネルギー発電事業へ参入した大部分に正義なんてないこと知るべき。二酸化炭素が温室効果ガスってだけで、地球温暖化は人間が出す二酸化炭素が原因なんて立証されてないわけで、いい加減な話に引っかかってはいけない。科学信奉者の俺から言わせればコラーゲン喰って翌日に肌プリプリくらい根拠がない話だ。
 誰かの都合で何かに責任をなすりつけたかったのを世界の馬鹿どもが真に受けやがったってのが正しいところだと私は考えてる。オゾン層の破壊と共にフロン系(代替えフロン)は二酸化炭素の数千から1万倍もの温室効果ガスなのに騒がれない。ほかにもあるが二酸化炭素以外が語られない。そして二酸化炭素を言うくせにバイオマス発電は再生可能エネルギーでFITにて高額買い取りって頭おかしいんだよ。

多数の市町村が防衛してるのにFITを止めようとしない役所に腸煮えくりかえる。
どんな奴らだろうとも経済産業省は金儲けの味方。だから環境省が最重要なのだ。


静岡新聞太陽光発電所の管理に問題 導入量日本一の浜松市
→ NHK高知 > 四万十川の太陽光発電 許可せず

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-30 Sat 08:50 | 生活::社会問題 |
八木新宮の調査2019 (4) 玉置山・玉置神社
十津川温泉の東に玉置山。そこへ行けたとして帰れるのか、まる1日を費やす必要があるのか?

 距離からして奈良県側の都市からは時間がかかりすぎ、十津川温泉に着くのは大和八木から始発で13:29、五條バスセンターから始発で11:11。新宮からだと07:51であるが、大和八木へ向かうバスの最終は十津川温泉を12:14と約4時間しかない。五條バスセンター止まりなら 15:40→18:45。

続きを読む ≫
奈良県の大和八木駅から向かうとして1日3便しかないため、

大和八木 0915-1329 十津川温泉
大和八木 1138-1604 十津川温泉
大和八木 1338-1804 十津川温泉

 このどれもが当日に東京駅の始発新幹線に乗れるならば間に合うのだが、十津川温泉に13:29着であると冬場なら登山中に暗くなり、夏場でも下山中に暗くなる。GoogleMapは標高を示すくせに高低差を無視した所要時間を徒歩なのに無責任に示す。十津川温泉バス停から玉置山駐車場まで距離11.5km、高低差が860mもあるのに2時間29分と平地と変わらぬ表示で時速4.5km程度を基準にしてる。もっと長い距離でも疲れて減速するなんてことはなく人工無能 機械的計算。

 折立バス停から玉置山駐車場まで車道12.2km、高低差850mとは車道で、折立から玉置神社までの登山道がある(道路から本格的に山道へ入る地点)。

・玉置山までコミュニティーバスなし
・玉置山まで季節の臨時バスもなし

少しでも距離を稼ぐにして、

・十津川村自主運行バス高森線(火曜日のみ運行 10時、15時。稼げるのは12km中の3km程度)
・十津川村自主運行バス瀞八丁線(11:45→12:37 玉置山登山口)

 玉置山登山口ってどこだと探ったら玉置山の北東に直線距離4.75kmで「21世紀の森」のちょっと南。そこが「大峯奥駈道」の一部となると素直に車道を進んだほうがよさそう。玉置山登山口までバスで行く利点は高さが350mほど稼げるが、距離は全く縮まらない。車道のほうが高低差が低く作られるため距離が長くなっても結果的に疲れず、早く到着できる可能性が高まる。

 ヘタレとしてはタクシーを予約しておき十津川温泉から玉置山駐車場まで推定5千円を払う計画を立てる。疲れから逃れるより重要なのが時間的な制約から逃れるためで、そうしないとバスに間に合わない。下山に最短3時間は必要だから大和八木から責める場合は日が長い夏場に片道タクシー、往復タクシー、十津川温泉に宿泊の3パターンか。

十津川温泉 13:40→[タクシー]→玉置山駐車場 14:00→[徒歩]→14:15 玉置山
玉置山 14:30→[徒歩]→14:40 玉置神社 14:50→[徒歩]→18:00 十津川温泉
十津川温泉 18:14→[バス(最終)]→20:22 新宮駅

 実現できるのは夏だけで、更に綱渡りの予定になるとの結論。なぜなら冬至は12月下旬でも日没は今頃が最も早い時刻になるように日の入りのほうが早いから。道を間違えたりしたら後がなく計画に保険が付けられない。再考する必要がありそうだ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-28 Thu 22:06 | 旅・散策と行事::計画・調査 |
林修のニッポンドリル 値切る→勉強
2019年11月20日20:00-21:00 放送 フジテレビ
「林修のニッポンドリル 【知らずに使ってる?日本語のナゾを林先生が出題!】」

 やっと「値切る行為と勉強する」の関係が紹介されたが、やはり昔に中国人から聞いた「無理強いをする」という意味であった。番組では日本での話であって「勉めて強いる=無理して努力する=精一杯無理をする=勉強する」と伝えられた。伝わってきたと思われる中国語に触れれば話は早かったのだが、STUDYの意味になったのは明治以降と解説された。

続きを読む ≫
 Google翻訳で中国語を指定して「勉強」と入力すると日本語に「かろうじて」としか表示されないが、ちゃんと中日辞書を見れば「無理強い」と出てくる。Google翻訳は日本語で入力してるからかもしれない。

 やはり麒麟(芸人)の「下で、したで…すたで…すたでぃ (STUDY)」と芸人らしいボケ解答が最高だったが英語に変えてどうする。中国語で学ぶは「学习」だった。この流れで思い出すのは、なぜ「手紙」が便所の尻拭き紙(トイレットペーパー)のことなのかって、たまにある日本語とのズレが気になった。




 続いて番組では「墨田区」「隅田川」問題に触れたが、墨と隅の違いは既に別の番組でやってたこと。それと似たようなのが他にもあるんだ。当用漢字(現在は常用漢字)が理由とは違うところで数年前の旅行調査で引っかかったのが「五條市」にある「五条駅」だった。

 更に紛らわしいのが奈良県の五条と京都府の五条だが、奈良県五條市にあるJRの駅名が「五条」であるほうが問題あり。群馬県の上毛鉄道にある「富士山下」なる迷惑駅名には違いなくとも間違えるのは外国人観光客くらいだろうが、五條・五条は奈良・京都だから紛らわしい。京都府の「五条」ってのは京都御所から南に向かい「一条、二条、三条…」ってことだが住所としては使われてないみたいだ。

 私が愛知県(名古屋)に関わってる最中に起きた紛らわしいと思ったのが、「(広島県)三次市・(徳島県)三好市・(愛知県)みよし市」であるが表記は異なるようにした。元が「三好町」だったが徳島県三好市と重なるのを避けたのではなく徳島にヤンワリと文句言われたからって聞いたことがある。これもウラは取れてないのだが、東郷町はみよし市へ合併を断ったなる噂話もあったっけ。

 このようにネタならいくらでもあるわけで、既に見たことがあるネタを各局で短期間中に見るのは過去より何度も何度も起きてきたことで偶然やパクリなんかでは片付けられない。使い回しは制作会社の能力の低さを披露しているだけだ。クイズ作家に怒ったが、なぜ同時期に同じネタを各局で使い回すのかと。詰め込みすぎて引き出しが開かなくなっちゃてるんだろう。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-27 Wed 23:11 | マスメディア::テレビ・映像 |
12月から「ながら運転」罰則強化の報道が続々と
 案の定と言うか日常的に危険地帯からの報道を真っ先に見た。茨城県、愛知県などだ。こうしても哀れな奴らには届かない。だから罰則強化は意味ないと言うのは早計である。激務の強制労働の刑にでもすれば相当な効果が考えられる。そして罰金は家系資産に応じた率にしなければならない。「以下」ってのが間違っており「以上」となるよう取り決めるべきである。最低限の罰金を定め、いくら以上の罰金というようにだ。
罰則等(令和元年12月1日施行 [西暦2019年12月1日])
(1) 携帯電話使用等(交通の危険)
   罰  則 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
   反 則 金 適用なし
   基礎点数 6点
(2) 携帯電話使用等(保持)
   罰  則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
   反 則 金 大型車2万5千円、普通車1万8千円、二輪車1万5千円、原付車1万2千円
   基礎点数 3点
(出典:警察庁「やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」)

 これは道路交通法上の罰則でしかない。被害者を出せば「罪を償うことはできない」。あらゆる罪は、なかったことに戻すことはできない。賠償があったとしても民事訴訟法上の事でしかない。

続きを読む ≫
 “絶対にやらない人” と “おいそれとしでかす人” という人種の違いを役所は理解してない。子供の頃から街中で歩きながら耳を塞いだり(ヘッドホン使用等)、周囲も見ずに歩けるような奴(ながらスマホ等)が超危険人物として育ち車両の運転をすることを認識する気がないのか!これをたいしたことないと思ってる下下下の与太郎は既に人間 終わってるので山奥に引っ込んで人里には出てくるな。

 自転車の場合は反則点制度がないため点数に関わりなく刑罰が下れば前科者である。イエローカードなる温情は廃止すべき。なぜなら真っ当な人間はやらないからで、クズが増えたら一網打尽が当たり前なのにハードルを下げるなんて狂ってる。 犯罪は予備段階で止めるという目的なら、ふんべつが付く年齢には刑罰が必要である。誰かを殺すに至るのを事前に止めないのは異常だ。

 警察のいなかっぺぶりだが、カーナビなども凝視は駄目で2秒ならOKなんて言ってることだ。許せるのは0秒、ようするに見てはいけないってことを警察が理解しないでどうする。時速60kmで2秒なら33メートル進むと言ってる。 0.1秒もよそ見している余裕はない!

 テメエらも違反を認識してないことから街中の警察官、および法を定める側の“いな化”ぶりが激しい。都会へ出てこようともそういう育ちの人間には自覚症状がないので老人のアレに倣って“地方症”と名付けたのだ。

 テレビ出演者も利用に溺れた連中の仰天発言が目立つ。30年前に誰がブラウン管で数十万円のカーナビを使っていたのか、60~70年前にどれだかの自家用車があったのか?電気もガスも水道も同じである。

  「人は優遇を受け続けると、それを権利だと勘違いする」

これと同じであり、自動車の運転も権利ではなく許可にすぎない。運転中にカーナビを見る権利などあるはずがない。高齢者も含め、ずうずうしいにも程がある。自動車が必需品ならば人間は最初から存続してねーよ!

 悲劇を減らしたいならば2秒すら認めてはならない! 使用(保持)で復活なしの免許証剥奪の刑がふさわしい。事故を起こしたら 市中引き回しの上、打ち首獄門がいい。言ってもわからない奴らに免許を与えるならば恐怖で縛るしかない。盗みが死罪でも普通の人には何の恐怖もないってこと理解すべき。そこに大勢が恐怖するならば、本当に世も末である。

運転どころか前も見ず歩きながらスマホなんてできる奴は人間として恐ろしい不良品。
他人がいる場で暮らせない人間が増えすぎた。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-27 Wed 12:47 | マスメディア::新聞 雑誌 |
渚館が後継者問題で譲渡との報道
 「渚館」が後継者問題か、ともかくマンションにならなくてなにより。だが金儲けを目論めば将来的にホテル、集客が見込めなければリゾートマンションに建て変える可能性があるだろう。
 引き受ける東日本都市開発とはなんだと調べると一言なら不動産業だ。ホテル事業についてもチェーン展開しているわけじゃなく個々に別のホテルチェーンに所属しているので居抜き物件や取得して建て替えて営業など「大家」経営であろうか?
<糸川での写り込みだから横からの写真>

 あのあたりは昭和の負の遺産が点在しているところ。損でも営業権の維持で立ち退きしないのは頭が悪い。全国的に特殊な場所以外ではどうせ客が入らないから風俗もラブホも急速に消えているのだ。他にも熱海の古い連中が考える夜の熱海、観光地でキャバクラとか風俗なんて時代遅れもはなはだしい。新しく健全な夜の熱海を考えるべきだ。昭和の間抜け概念はいらねぇー、残したければ(既に消しかけた)昭和の情緒を残せ。ゆしまジャズ喫茶とかボンネットとかを守れよ。まちづくりを失敗するな!

静岡新聞「渚館」事業譲渡へ 東日本都市開発に、営業は継続 熱海
静岡県熱海市渚町11-11 料理旅館 渚館 [ Googleストリートビュー ]

| emisaki | 2019-11-26 Tue 22:37 | 熱海::考察・批評 |