サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2020 - 01  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅 第2弾
 2020年1月29日18:55-21:00 放送 テレビ東京「水バラ ローカル路線バスvsローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅 秩父~日光」を見て、低迷の「Z」を救う道はこれしかないと思ったが、まだまだ制作側が理解してない部分がある。

  それは、ガチンコ対決をさせない手枷足枷ゲストのキャスティング

 趣旨を理解しているのは、太川陽介、村井美樹、土屋アンナの3名。当人はオイシイとでも勘違いしてるが視聴者は見ていて腹が立つだけが残りの内山信二、じゅんいちダビッドソン、馬場ももこ の3名だった…

続きを読む ≫
 テレビ通ならば気づくのが共通する番組への出演。村井美樹「鉄道沿線ひたすら歩き旅4 吾妻線」、土屋アンナ「鉄道沿線ひたすら歩き旅6 福島・磐越西線 郡山~会津」がすぐ思い浮かんだ。出演料もあるかと思うが、だったら、なぜ 小島よしお じゃないんだとか、いっそのこと福澤朗を入れちゃえって思う。

 「ローカル路線バス乗り継ぎ旅 Z」が不評なのは温泉だの観光だのや、行けるところまで行かずに諦めるなど番組の趣旨を理解してないから。それはケツに火が付いた状態でも変わってない。
 降板・クビを卒業と呼ぶ忖度の塊な芸能界として3回ゴールできなければ終了が勇退の道を開いたように出演者は重要。クビにできずに番組つぶされるのは品格が全くなかった陣内孝則ナレーション(いい旅 夢気分)の大不評だけで十分だ!


 過去に書いたが、洋画(テレビドラマ) 24 (TWENTY-FOUR)がなぜ面白かったかは、策略、陰謀はあっても馬鹿が登場しないからである。欧米映画によくあるのだが、とんでもない馬鹿が登場することで足を引っ張るのは面白くもなんともなく腹が立つだけ。それがヒットしたことや、上記のよう「ローカル路線バス乗り継ぎ旅 Z」シリーズや、そのゲストに対する視聴者の苦情も普通の旅番組ではないから。それを理解していたら、こんなキャスティングはしない。



 怪しげに思った部分は児玉千本桜の時に調べた本庄市のデマンド交通で「いろは橋折り返し場」から「本庄駅」へ直通便はなく放送された「もといずみ号」で児玉総合支所、そこから「はにぽん号」で本庄駅となる。

 私が実際に乗ったよう本庄駅~児玉駅・児玉折返し場は通常路線バスがある。予約制のほうは利用できれば路線バスより良いのは他の予約者次第によっては早く到着できる。路線バスに加え通常のコミュニティーバスであると決められた停留場を廻るため時間がかかる。デマンド交通は予約がなければ直行(途中通過)する。

 大胡駅からのデマンド交通についても赤城南面千本桜によって調べたばっかりだった。番組でチェックポイントのチーズ工房は赤城南面千本桜から東へ600mくらい。前橋市のため桐生市であるわたらせ渓谷鉄道へ繋がる公共交通はなかった。番組では宿泊にて送迎を利用して移動していた。

 タビリスの記事において放送中の乗り遅れや無駄遣いなる事件について触れられていたが、馬場ももこが靴を買いに行くのにパークイン桐生からMEGAドン・キホーテ 桐生店までタクシーって深夜のタレントの外出だから気を遣ったと書かれてるが、そうするタレントじゃないしスタッフ付きだから危険でもないしドンキまで近すぎる。
 靴代が自腹でタクシー代は番組支給から使う意味がわからない。食事した「ふる川 桐生」から「メガドンキ」の入口まで450mしかない。タクシー乗り場まで200mもある。往復1200円とのことで桐生駅前からドンキ、待たせておいてホテルってことか。この部分の疑問は制作が胡散臭いという意味で、鉄道に有利な設定にて動的な状況判断から仕込んだのではないかとの疑惑である。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-01-31 Fri 21:27 | マスメディア::テレビ全般 |
JR東海、観光公害の京都を推す
 観光公害なる事態になってなぜJR東海は客数としては閑散期がなくなった京都を推すのか? JR東海のウェブサイトで最近のプレスリリースを見るも特にないため、過去のプレスリリースを深掘りしてやっと理由がわかった。2020年1月1日から3月22日まで「京都デスティネーションキャンペーン」だった。名称は京都だが京都府ではなくJRグループと京都市・公益社団法人京都市観光協会とある。

続きを読む ≫
 そこでデスティネーションキャンペーンを調べ直すと、テレビCMの間抜けな内容に気づくことになる。侘び、寂びがどうのに始まり「あー、なんで今までこの時期に来なかったんだろう」って内容のCMだが、2000年12月から冬(近年は1~3月期間)は毎年「京都」と公平性なく戦略的に決めつけられていた。過去20年間、冬にキャンペーンを張っていたくせに「なぜ冬に来なかった」なんてのはキャンペーンが役立たずだったことを意味する。

 京都に決めつけなんて不公平はとっととやめて、冬の特産物がある地域にキャンペーンをすべき。いくらでもあるので毎年地域を変えられる。勘ぐるに、デスティネーションキャンペーンの地を選ぶにはJRじゃない誰かが出すカネが重要なのではないか? 更にデスティネーションキャンペーンがJRグループっても管轄のチカラ関係で決まってるように見える。旅客としてJR四国が観光資源の限定からも最弱、JR北海道は企業規模として弱くても土地の観光資源には恵まれている。

 「そうだ京都へいこう」ってCMはJR東海がやってる。JR東海なら名古屋、新大阪だろうと東京へ向かおうともドル箱路線の東海道新幹線に乗ってくれればいい。伊勢や外国人観光客御用達の高山でもいい。京都に媚びるところに おおいなる疑問がある。


 東京から新大阪に行ったほうがJR東海は儲かるんだから本当に京都に来て欲しいと思ってるのは外国人観光客からも避けれてる京都市の事業者なのだと勘ぐることができる。私がすぐに思いつくのが京都駅周辺に乱立した中途半端に値段の高いホテルを作った事業計画の失敗だ。ツアー客はチャーターの観光バスで郊外の安いホテルへ逃れ、富裕層は旅館に泊まるであろう。

 20年前の冬は本当に京都の客が少なかったんだろうが、外国人観光客が押し寄せた今は別の理由で日本人客を欲しているのだろう。名古屋市の宿泊費高騰で語ったように、東海道新幹線の駅から遠くない居住地なら出直したほうがいいくらいのホテル代では価値は見いだせないのである。

 JR東海が「そうだ京都へいこう」をやるのはわかる。日本海側や北海道だの雪祭りは関係ないし、さらに北陸からカニ(ズワイガニ)などもJR東海とは関係がないから。ですから日本全国のJRグループとして必ず冬のデスティネーションキャンペーンが京都市なのには違和感どころか拒絶反応が出るのも当然であろう。

 脱 朝鮮は勝手に完了、脱 中国が進んでも外国人観光客が減らない道を歩むことができれば拒絶反応がでている日本人客も京都に戻るのではないか。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-01-31 Fri 12:40 | マスメディア::広告 宣伝 |
買い占めののちの行動と恐怖
 郵便局に行ったら中国人で溢れかえっていた。まるで違う意味の爆買いの復活で日本製オムツや正月の福袋の組織的買い占めと同じ。在日中国人が車から大量の荷物を大迷惑にも郵便局の前の歩道を占有し、荷物(マスク)を広げて詰め替えていた。家族に送るのはともかく、この機会に何倍もの値段で売り暴利をむさぼる奴も中国のネットに書かれていた。

 当然の対応として、まるで喫煙所の前を通るときのように息を止めながら走り抜けた。疑わしくは避けたいのが心情である。中国武漢市とやらから日本人に検査拒否なんて馬鹿野郎が出たが、日本人にも感染者が増えた場合にはもう誰も信用できなくなってしまう。その恐怖からの市民による実力行使は既に中国で起きてる。そうならないためにも食い止めねばならない。
 天秤にかけずともわかる戻ったのは565名 対 1億3千万人。だが、過去の例からすると日本政府は拉致被害者を救うために北朝鮮にしたことが結果的に1億3千万人を危険にさらしたことからも目先の功績を手に入れようとする政治家が多いため信用できない。国連と似たようWHOという政治的クソ組織なんて相手にせず世界中の国は独自に制限してることが真実を示す。

| emisaki | 2020-01-30 Thu 21:41 | 生活::社会問題 |
安いにはワケがある 大島&初島2島巡りツアー
 東海汽船のキャラクターってどこかで見たことあると思ったら、懐かしCMでやってた酒のキャラクター「アンクルトリス」に似てると判明。そこから掘り下げると作者が柳原良平とあり、東海汽船 双胴高速船アルバトロスのデザインと出てきたことで繋がった。似てるんじゃなく同じだった。

 東海汽船を調べた関係で1月30日「大島&初島2島巡りツアー」なるものが見つかった。竹芝桟橋から大型船(夜行便 特2等)で伊豆大島に渡り、温泉と朝食、朝の便で熱海へ移動、そのまま初島へ船で渡る。夕方に熱海港へ戻って解散 8,000円。
 大島での朝食のみ含まれ他の飲食や熱海から東京へ戻る費用は別だし、伊豆大島で何かする余裕なし。例によって乗客が少ない便を利用するだけ。これはちょっと旅として意味がわからない。以前にあった ジェット船で夕方に着いて、朝一番の便で戻ってくるのと同じ。
 熱海~初島は東海汽船じゃないのに、そっちのほうが観光時間がある。船に乗りたいだけに向いている。閑散期なんだし素直に熱海に泊まったほうがいいでしょ。

 ついでに伊豆大島ジオパークに「ヒラリ」「ザブン」「ドカン」なるキャラクターがいた。どうしてそういう名前のキャラクターかを知ると「ヒラリ」以外は不謹慎とか言う奴が出てきて登場できなくなる日が来そうだ。波も押し寄せるし、30~40年くらいで噴火、100年に一度くらいは大噴火してますからね。それをもネタにしているということならいいんですけど。

| emisaki | 2020-01-29 Wed 12:58 | 旅・散策と行事::計画・調査 |
帰国者を差別するなのテレビ、お前らに言う資格なし
 犯人の追跡か護送がと思った。症状が出ている人を病院まで送る特集救急車をヘリコプターで追尾してる。そんな映像に何の意味があるのでしょうか? テレビ制作に毒された連中は言葉で言いながら報道被害を生む映像に疑問を持てないのか。

 現時点で危険のウイルスを撒き散らす可能性のある人達を別け隔てるのは差別ではない。終息したのちにウイルスも持ってない相手に対してあれこれ言うことを差別と言うのだから。

続きを読む ≫
 テレビ制作者は常に絵面(えづら)しか考えない。たとえば裁判の話だからって行われないのに裁判所の前から中継したり、同様に役所や警察の前からという意味のない生中継を行うのが大好きな別枠で怖い奇病をお持ちなのだ。

 中国政府の不祥事隠蔽体質が感染を拡大させたのは事実で非難すべき。いつも中国は自らの不祥事は桁違いに低く発表、何かされれば何百倍にも膨らませて吹聴する。自己中と平然と嘘をつくのは政府だからじゃなく国民性。それが日本へ被害を持ち込んだ原因でもある。

 日本政府も蔓延している地から帰ってくる入院以外の650人(*)あまりが自宅待機なんてとんでもない。登場人物全員馬鹿と言われたエイリアン映画があるが規定を破って船内に入れた後にどうなったか!?

ウイルスで大変な一方、野党では桜を見る会の追及で進めない。税金泥棒とは誰なのか!
大便と小便なら小便のほうがマシだくらい国民はわかっているのだよ。

 こっちとしては危険の可能性がある人物を避けるのは当然の権利であり、危険地域から戻ってくる人は自らが感染の可能性が無いと判断されるまで隔離されようと思うのが人道ではないのか?

<追記 2020年1月29日夜の報道より: 2名が検査拒否 帰宅 日本人あるまじき行為。日本人も中国に住んでいると平然とゴミを捨てると掲示板に書き込んであったが、どうやら自己中という悪病も増強してもらってきた。区別し、強制力行使すべき正当な理由がそこにある。

2020年1月31日報道、拒否した2名、世間の批判を感じ取ったのか、検査を申し出る。
* 1月31日までに戻ったと発表されたのは565名。


≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-01-29 Wed 12:54 | マスメディア::テレビ全般 |
中京テレビ跡地がスーパーマーケットになってた
元・中京テレビがスーパーマーケットになってた。高峯町は高級住宅地なのだが、周辺と合わないため切り開かれて病院や大学、中京テレビなどが建ったのちに不動産屋が仕掛けたとみるべきだな。東側に残された森があるから昔は全体がそんな森だったのだろう。高級スーパーマーケットってわけじゃなく普通のようだし八事日赤駅から東部は普通の住宅地だけど土地がないから解りにくい場所でも需要ありでの出店か。中京テレビが使っていた3分の1だから他が何になるのか気になる。
フィールコーポレーション > 2019年6月26日(水) ステージ八事店オープン

| emisaki | 2020-01-29 Wed 07:55 | 旅・散策と行事::雑記・その他 |
一宮七夕まつり会議資料を読む ミスコン廃止か?
 花火大会の場所取りをした後に何かできないか探していて見つけたのが「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」だった。東京オリンピック開催の影響で7月末の土日から1週間前倒しになった。肝心の花火大会のほうも各種選択肢の全てが延期か中止となり東京脱出にもならなくなった。

 資料が出回るのは一宮市経済部商工観光課と役所が母体だからだろう。一般的な観光協会が主催であると企業協賛に加え役所から補助金が出ても不透明である。そこに政治が絡むと補助金カットだので揉める地域が出てくるわけだ。鎌倉の花火大会中止のときも、ひこにゃんの活動費が止まったのも彦根花火大会の揉め事の煽りを受けた政治がらみであった。

続きを読む ≫


【地元にキラーコンテンツ(決め手)がない】

 たとえばモーニングサービス(和製英語)の発祥を謳ったところで岐阜のほうが有名なのは中身にあったように決め手に欠く。

 何度も行ってることから商店街の近くの喫茶店に3度ほど入ったが、偶然の3店かどこも常連客が幅を利かせて他人を寄せ付けない空気が漂っていた。喫茶店に限らず商店側の責任を他の方に向けてるよう本質を理解してない。集客じゃなく地元の常連客離れを食い止めるだけでは経営力とは言い切れない。

 これが尾張と三河の違いか?超地域性なのか?以降は大勢が利用する一宮駅構内の店を選ぶようにしている。文末にテレビ局が扱った一宮市の有名3店の場所調査を付け加えるが、どこもポツンというか住宅地に突如として存在してるような場所にある。

 七夕まつり自体としては名古屋市中心部で開催される世界コスプレサミットの開催日に近いことからコスプレパレードなるものを取り入れたが、開催日が近いがゆえ観覧の集客力は非情に疑問である。見られたい出演者がどれだけ客となるか。

 たとえ都市部であってもシャッター通り商店街へ向かう商店が知るべき言葉は「井の中の蛙、大海を知らず」であり、そこに続く日本人が勝手に付け加えた「されど空の深さを知る」が意味するところは外界と関わる以上は役に立たない部分。
 通勤 通学者は移動し、観光客となれば日本各所へ行くため必然的に差が見えてしまう。では、外界を知らずとも仕事を突き詰めたが故に集客力がある物事はあるのか?



【コンテストを廃止するだけなのか? ミス七夕・ミス織物を廃止なのか?】

 意味を取り違えてるようだが一宮はミスコンなんてやってない。知らないところで決まってるだけである。ということは選ぶのにたいしてカネはかかってない。関連出費が大きいなら誰か利権を掴んでいる奴がいるので突き止めるべき。

 現在のミス七夕・ミス織物の年間活動費400万円(議事録中の金額)は経費がかかりすぎと読み取れる指摘があるが、決めておいて短期的にしか使わないから非効率なのである。一宮ではミスコン開催しておらず裏で決めてるのにカネがかかるはずがない。400万円とやらの内訳公開希望である……そこは調べることができ詳細は不明だが内訳くらいはわかって、ミス七夕・ミス織物関連の出費は2018年が3,447,550円。

 観光客が減少の一途だった頃の某所ではミスコンを休止して任期を延長したとき報道からコンテスト開催費だけで300万円もかかるからと報道された。それも任期が2年なのが救いだから1人当たり年に数回の出動を1年で替えるのはコストパーフォーマンスが悪すぎ。

 公開審査がイベントとして集客力の収益性がなければ無駄だから書類選考、面接審査に切り替えてる所が多いと思いきや、子の劣化が激しいことが真の理由であることが多い(親の責任を追及したい)。そんな場所っぽいところで「ギャルとチャラ男しかいない」と例えたことがあるが、それだから猫被らせるまで隠しておきたいわけよ。学生か社会に出ているかでも全く違ってくるが、この前までチャラい学生だった会社員では学生と大差ない。総合的にも10年前とでは同じ日本人でありながら人種が全然違ってるよう見える。

 今より遠くまで宣伝にもゆかず、協賛金を出した企業を廻るという非効率な活動をやっていながら年350万円はかかりすぎ。ロクな宣伝をしてないからコストパーフォーマンスは悪い。協賛企業廻りは「しきたり」などの思想にて冠婚葬祭に半返しという無駄な行動、宣伝のためにカネ出してくれって頼んでいるのに「お礼の挨拶」にカネを使うのは間抜け。日本に根付く「時代遅れ」とはそういうことだ。お礼ならまとめて行えるようにしたほうがよかろう。

 衣装デザインを募集しているのも七夕では知名度の高い神奈川県平塚に共通するが、他者と並んで宣伝しても絶対に衣装が重ならない利点はあるものの、その出費はいくらかかっているのかの疑問に加え、他者と並ぶようなところでほとんど宣伝してねぇーだろってことだ。宣伝も一宮から電車で15~20分圏内までしか行ってないのでは?
 
 疑問から調べたところ衣装代は資料から判明した。ドレスと雑貨の計が2018年で776,218円でした。活動により一人当たり2着なら相応だが、1着ならば既製品制服から2着分ずつ購入したほうが安上がり。浴衣は116,640円で6人分だから妥当なんだろう。

 審査も非公開のためスクリーニング(通称オーディション)だから劇的な経費はかかってない。各方面と比べて多すぎるのが賞金と副賞である。一般的に副賞はスポンサー賞品、賞金はミス(クイーン)20~30万円、準ミス10~15万円が一般的、なおかつ一宮はミス(クイーン)が2名だから増額。任期を2年としている所に比べると倍の出費。ミス七夕・ミス織物・ミス一宮という肩書きにすれば3名で済みますよ。


 別途資料より一宮七夕まつりにて一宮市の支出は47,688,000円(2018年)とあるが、それは七夕まつり自体の費用であって、宣伝費、ミス七夕・ミス織物の活動、七夕飾りの賞金などは協賛金を主体とする別枠になって2000万円弱だった。合計すれば予算規模は大きい。




【宣伝マンと言えば…】

 上記の流れで「ひこにゃん」の予算を例にすると、自分でも稼ぐため年間活動費としての歳出(外注費)は年2500万円程度(計上費用は他の費用にて前後する)。たまに外にも行くし、毎週、彦根城に登場するからだが、一般的なキャラクターの活動費は年600万円とも言われてるが、そこは役所や観光協会などが行うため専属を雇う人件費は含まない。たいして宣伝活動しないところは年100万円にも満たず、ほとんどが出張旅費であろう。

 先に観光大使が各都市と関係性を構築し、おのおのの地に出向くようになっていた。そこからゆるキャラでも全国的に関係性を構築していると、何か催しのときにドーンと集まってくれる。

「きーぼー」は関東で見たことありますが「いちみん」は見たことありません。
遠くから一宮市にやってきたキャラは複数確認。



【プロの宣伝マン起用か?外注は一長一短】

 「広く認知されているプロ」って意味がわからないが芸能人のことか?それ以外には文書の筋が通らないが地域と何らか関係がないといけない。

 「プロの方が自覚を持って仕事をしてくれる」…それはカネ次第で報酬なりの仕事をするってだけで宣伝効果があるってわけではない。司会者や説明員には向いているが、俗に言う客寄せパンダになるとは限らない。そうしたければ祭りの最中に有名人を呼ぶしかない。それで、プロとやらに協賛金を出してくれた企業を廻らせるのか?

芸能人は既に呼んでいるんだ。
ところが熱狂的ファンが集まるほうが地元にカネは落ちないもの。

 「そもそもミスを6人も選ぶ必要はない」…今頃わかったらしい。同時に活動するのが多いからと理由がある所もあるが一宮はそういう理由がない。選ぶにしても権力が及びやすい小規模にありがちなのが地元の有力者の娘とかいう忖度の匂いもしてくる。



【京都に対する滋賀的な場所】

 副題の意味は京都府が泊まりにくいから近い滋賀県に泊まること。何ら催しがないときも観光シーズンとなれば名古屋市内の宿が高騰し、出張でも会社が決める上限を超えることがある。
 旅行でビジネスホテルが1.5~2万円なんてことになれば食事付きの旅館のほうがよっぽどマシ(そういう時期に旅館も空いてるはずがないが)。2万円払うなら東京に帰ってから戻れる。
 そこで空室があっても安い近郊へ求めるのが誰もが考えること。また、名古屋~尾張一宮は新快速で10分、東海道線という運行本数が多い好条件下にある。

 夜にチェックインすると食事に出かけるという感じがしないのは、駅前、ホテルのある場所と商店街が離れているから知らなければ動こうとはしない。ホテルの人に尋ねなければ居酒屋、コンビニという選択肢になる。



出典: おりもの感謝祭一宮七夕まつり会議資料、事業報告等 公表資料




<調査過程での気になるポイント>

 私の中で1日中モーニングサービスと言えば「喫茶リヨン」愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目24-30だが、一宮市にもあった。多種類から選べる1日中モーニングサービス 「ありすかふぇ」愛知県一宮市奥町字蘇東72-1 [ストリートビュー] 名鉄尾西線 奥町駅から徒歩1.2km

 通常のモーニングサービスでサイコロトーストが有名なのは「クローチェ CROCE & Co.」愛知県一宮市開明教堂池41-1 [ストリートビュー] 名鉄尾西線 奥町駅から徒歩1.1km

 ワッフルが売りでテイクアウトもある「メールネージュ」愛知県一宮市木曽川町外割田四の通り106-1 [ストリートビュー] 名鉄名古屋本線 新木曽川駅から徒歩1.6km

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-01-28 Tue 21:45 | 催し::情報・計画・考察 |