サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

猛威を振るい続ける“地方症”:更に事件は増える
 東名高速道路上で起きた「あおり運転」の末から結果的殺人な事件を発端にテレビやネットに晒されてきても「まだやるか!」って思うだろうが、育った生活環境もあるが都市部で生まれても起きるため遺伝子に擦り込まれた先天性精神障害としか思えない。殺人ウイルスと同じで森の中に潜んでいれば滅多に被害が出なかっただけで、ずっといたのだ

 名古屋市の高速道路上で起きた あおり運転とペットボトルを投げつけた人間のクズが書類送検された。理由は「頭にきたから」、はぁ?テメエが無謀運転をしておいて危ないからクラクションを鳴らされて頭に来る? それは自分でついた大嘘を信じて突っぱねられたら発狂する隣国の連中と全く同じですな。“地方症”(造語)は集団生活能力がなく強烈な自己中心的となる精神疾患である…。

続きを読む ≫
 悪の根源は集団就職の団塊の世代、だが、奇病を抑えてきたと思われるのが別の土地へ来たという感覚、そして大家族という生活環境。それでも家族を越える集団社会構造は根底から理解できなかったから過去なりに問題を起こしてきた。 団塊の世代の「子」が都会で生まれたと勘違いを開始、「孫」、「ひ孫」と無知無能を増幅させた上に近代の都市集中が負の相乗効果を生んだ。

 抑えてきた年代も「高齢を襲う頭の病」において、たがが外れ、生まれた時から勘違いした団塊の世代の「子」が高齢化してきたわけだから“地方症”に痴呆症が加われば恐ろしいことが起きる。既にその臭いがする殺人事件が何件か起きてる。

 「2050年までに無居住化する地点」とは国土交通省が出してる。厚生労働省が出した「人口動態統計」、国立社会保障の「日本の将来推計人口」を元にして「100年後に存続する自治体は東京、大阪、愛知、埼玉、神奈川だけ」なんて言われてるネタを拾ったのは日本テレビ「月曜からよふかし」。番組の程度が低いのがいけないが予想できる。これは前から危惧されてきたことだから社会の維持、当事者においては食糧や医療のため集団移民を推したものの、実はそういう方々こそ集まって住んではいけない人種だった。
そこから別れてきた子孫が都市部へ移民し社会構造と道徳を破壊し続けてる!

 最近、テレビで取り上げられただけでも、近所トラブルで一方的な迷惑行為を受け7年間も続いて奥さんは激やせして離れて住むことになった事例、加害者は悪びれた様子もなく相手に罵倒する。また、歩行者としてや自転車で自分を危険にさらしてまで自動車に対して脅かし行為を繰り返す金髪染め小僧も頭の病気。集合住宅(マンション)内で共同通路を勝手に物を置いての戦い等々、大勢の他人がいる社会を理解してない奴が増えるのだから事件は増えるに決まってる。

 奇病だと称してきたのも集団である都会で育っても全く理解できないことにある。報道されてきたような事件で被害者の人権を重視するならば加害者の人権など考える必要もなく、刑事罰を下しても意味がないため社会と強制的に隔離し施設収容するなど別の罰則が強制できる法整備が必須である。事件も報道も何事もだが狂った人権を持ち出し被害者のことを考えなさすぎる。

“地方症”という病原体を持って移民してきた連中が高齢化し呆れた問題を起こすであろう。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-31 Wed 22:48 | 生活::社会問題 |
なぜ稚拙なCMが増えたのか?
 少女向け商品かと思ったら医療脱毛 18万9千円、どう勘ぐってみても少女(幼児)玩具のCMにしか見えない。そっち系ではゴロゴロ転がってるだけで名前を言うだけの美容形成が関東では知られてたが、まさかの4~5歳向け玩具と同レベルにまでなるとは思ってもみなかった。同じように子供向け商品かと思ったら派遣会社だった。病院の場合はCMの規制が強いのは知ってるが、それにしても稚拙なのが多すぎる。

 そんなのが増えたので目立ってはいるが、江戸・明治時代の15歳は今の30歳だと言う精神構造の問題に通じそうである。いい年しても幼児しゃべりなタレントを見ていればわかるが、あの人達は自己洗脳もある。日本人自体の稚拙化はチョーヤCMに登場するOL役と海女ちゃん女優の「幼児しゃべり」が例。ともかく人間自体が稚拙になったが、異様に年代に合ってないCMが増えた理由とは安易に決めつけられない…

続きを読む ≫
 何年か前から急激に変わってきて「炎上」なる騒ぎも起きてきたが「不謹慎狩り」なる不条理な難癖も激増してしまった。 未熟な親と学業一辺倒教育により、ゆとり世代と呼ばれる年代の少し前から全体的に人間の変質(劣化)が急激に進んだのは他の社会問題(事件)を見れば明白である。

 世代ごとに何か言われることはあるが、私の頃に既に言われてたのが「本」から「テレビ」へ移ったことによる読解力の低下。加えて自虐的に言うならば世間一般より先にパソコンを使っていたから比較的に漢字が書けなくなってる。似たようでは「漫画本」から「アニメ」へ移り変わってきたことでも言われてた。

 個人的な救いは小学校の先生でしょう。独自に読み聞かせの時間があって興味を持たせてくれた。もちろん全員に届いてるとは思わないが私の場合は俗に言うドンパチ映画じゃなく戦争が題材でありながら異質な「銀河英雄伝説(徳間書店)」のアニメ版に出会ったことで、そこから結末まで知りたくて原作の長編小説を読むことになったよう逆方向もあった。

 私は筒井康隆、内田康夫などの小説からどうドラマ化してるかに興味があって文庫本からテレビ。ところが今のマンガから実写化って流れでは「興味や批評」ではなく「批判と難癖に集中」してしまってる。時代よりも人間のほうが変わりすぎてしまったのだ。現実に仕事でも「言われてない」とか「書いてない」と勘ぐる能力が欠如してしまってるロボットより酷いマニュアル人間化が進み、本当の批判と難癖の区別も付けられなくなった人間が増えた。そのくせ不道徳なことは勝手にやる。

 広告で放送局が成り立っているなんて当たり前だが、私は小さい頃に番組よりもCMを狙ってる時期もあった。「CM NOW」という雑誌があったが、今は書籍低迷よりも前に雑誌が成立するようなCMがなくなってしまった。人間の変質によって「ロクなCMが作れなくなった」のと平行して視聴者側は勘ぐる能力を失った。勘ぐるほどの作品もなくなったので専門雑誌も生き残れない。

 小説など読んできたなら当然思い描く部分であるが、文字が絵になり動画になれば完全受け身となって考えることも激減。この流れから批判を避けることに重点を置き、訳のわからないCMが増えたのだろうか?

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-30 Tue 12:47 | マスメディア::広告 宣伝 |
なぜ隠蔽するのか? 報道にしてみれば美味しいネタなのに
 過去より小さい集まりから個人による反日活動、特に「私はお前に何をした?」って状況下で個人によるネット反日テロ活動が多分にあることは連中がネット上で自慢したいがため公開してるから誰もが簡単に知ることができたが、そういうこと日本の大手報道では事実上の隠蔽が行われてきたため大勢が真実に接するに至ってなかった。
 連中の両面性を知ってるはずのテレビ局による嘘による日本国民統制が浮き彫りになっていたが、確かに日本人が連中と同じ次元に落ちては困るってのもわかるが、嘘や隠蔽は恥ずべき行為である。むしろ隠蔽してきたことでどれだけ国益を損なってきたのだろうか。終わっていることなので、

 TBS「ひるおび」等に出てる奴なんて平然と「日本の植民地支配」と言い放つのだが日本は朝鮮を植民地支配(武力支配)してないこと日本の主張じゃなく国際的な話じゃないか。「日韓併合」を「植民地支配」にすり替え語るような人をコメンテーターにして訂正する気もないのが大手放送局っていったいどういうことなんでしょうか?
 そうした数々の嘘を繰り返される策略によって我々は生まれてもない時代のないことを日本人特有の恥の文化によって責任のない過去に罪悪感を持たされ続けてきた。恥は恥でも奴らが持っているのは恥知らずの嘘つきであること既に世界は知ってる。地面が繋がってるだけに事実上の共産・独裁国家に吸収されたいようだ。ここでも併合は失敗で間違って殺された伊藤博文が無念。

→ YouTube > 20190725 韓国のテロリストがフジテレビのソウル事務所に侵入する奇襲デモ

続きを読む ≫
<追記 2019年7月31日:
 7月18日 産経新聞ソウル支局に侵入、7月25日 フジテレビソウル支局に侵入。相次ぎ発生したことにより報道された。それもどうやら他国の報道が朝鮮人の愚行に対して危機感を持ったからのようである。自分たちだけだったら報道しなかった可能性が高い。

 経済観の権力を想定すると右派の報道すら止めてると考えられるのは特定企業の金儲け、過去数十年を考えれば国益として朝鮮と国交を持つ価値はないと考える。自分でついた嘘で被害妄想により発狂する未開人が、もし進化するならそれまで関係を絶つべき。

 どこぞの週刊誌に今回の件だけで韓国がついた嘘が箇条書きされていた。見解の相違ではなく嘘と証明されている。私が国内で“地方症”を疫病だと語っていたが連中はエボラさえ越える。もし日本がアメリカのように傲慢な国家であったら、とっくに世界地図から消えていた。先日も「日本の領空」でロシアに威嚇射撃と自滅への道を進みたいようだ。>

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-28 Sun 22:21 | マスメディア::テレビ・映像 |
危惧していたが障害者として利用されたのか?
 パイロットは身長だけでも制限されてしまう。運転手は乗客の命に関わるが、はたして国会議員が持つ権力は直接的に生死に関わらないと言えるだろうか?間接的には大きく関わってることは確かだ。例の理由が異なるにしても職務として国会議員に条件がなさ過ぎる。そこには国民として文句を言う権利がある。

 職務を果たせる必須条件がある業種は存在する。タブー視して何でも言いなりもいけない。国会議員ともなれば働くことができる最低条件は必要であるが、健常者であれ不祥事や考えの狂ってるのが雲隠れしても「民意」や制度を盾にしてロクな仕事しなくても引きずり下ろすこともできない。

続きを読む ≫
 障害者差別を盾にしてくる傲慢な要求というのが一定数あること、お城のエレベーター問題から知ることになったが、そっちではどうやら障害者を利用している活動家が見え隠れしてきた。この党につても「疑い」が現実的になった。もし制度を変えたいと本当に思っていたら現在の立場で国会議員という重責に就く必要がある。

 「民意」を盾にしても比例当選であるし、働くと支援が受けられないなんて当たり前であって、わがままや傲慢にしか見えないことを有権者は知ってて投票したのだろうか? 町議会だろうと国会議員だろうと一定条件下で職務を果たすことができる条件による「区別=条件」が必要。

 ちなみに、高齢者の介護保険料だって高いのだが家族がいると受けられないことがたくさんあり似た立場の高齢者にて他のための税金状態で家族に負担を強いられるのだよ(一人で住んでいるならば買い物や掃除など支援が受けられる)。当事者からしてみれば高齢者も障害者も同じである。そこに比べて国会議員の大金な報酬があって支援が受けられなくなるから国会に出られないって何様で我々の税金を使うのか。立候補した意思って何だったのか?政治活動家に利用されたから意志が弱いのでは?など疑問をぶつけざるを得ない。

 国会議員ともなれば高額な税金によって成り立っており、確か1名の維持費は1年1億円とも言われていた(5000万円~1億円)。政党助成金、政務調査費、秘書の給与などなど。この前に報道されたが昨年の国会議員の平均年収は2657万円。

  「国会議員は自分のためだけの仕事をする場ではない!」

 主張をして職務放棄をするのが国会議員であるはずもない!それは自分の首に包丁を突きつける立て籠もり犯と同じである。探ってみたが、自分のこと以外ではN国党よりも他のことで国会議員として何がやりたいか訳がわからない。党首の主張ならば知ることはできるがな。

 れいわ新選組は国会議員ではなく誰かの下で国民としての主張を続けるべきだ。村議会じゃねーんだ国会議員なんだぞ。非常事態になったとき彼らに指揮できるのか?立候補もだが、浅はかな考えで投票した有権者の責任である。

 冒頭で書いたように国益を損なう発言、パワハラその他事件なんかも増えてきたわけだし、国会議員としての必要条件および国民が決めるなら国民が議員職を剥奪できる権利について決めるべき時が来てる。タブー視、優遇、負い目いろいろ捨て去って真っ平らで考えろ。

ANNニュース臨時国会に「登院できない」重度障害者への制度の壁
アゴラ > 国会議員の介助の費用は、れいわが持つべきじゃないかな早川氏の主張は障害者差別

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-28 Sun 20:58 | マスメディア::テレビ・映像 |
京都と高野山を結ぶ直結ルート誕生@南海電鉄プレスリリースより
 不定期チェックのプレスリリースから南海電鉄にて電車じゃなくバスの情報があった(京阪バス、南海りんかんバス)。高野山は熊野三山と同時期から調べていたが、南海へが難解だからか?

2019年9月20日(金)~2019年11月24日(日)の期間限定運行でした。2,500円、往復4,500円
京都駅 09:20→12:00 高野山奥の院 / 高野山奥の院 09:20→12:00 京都駅
京都駅 12:00→16:20 高野山奥の院 / 高野山奥の院 14:40→17:20 京都駅

続きを読む ≫
・京都からの交通が不便だから直通を作った?

 単に地図を見たら、近鉄で京都→奈良→吉野口、JRで橋本、そして南海、ケーブルカー、路線バスで高野山と考えそう。個々を周遊するならいいが、直に行くなら不便。

・地理的に京都を出発地にしていること自体が間違えでは?

 過去に奈良交通バス八木新宮線を調べてきた過程で高野山へのルートも調べてあるのだが、東京から高野山へ行くならば京都で降りること自体が間違ってる。高野山は京都の南じゃなく大阪の南。


それは乗り換え案内が示してくれる。

<想定日 2019年9月20日>
京都 09:00→09:29 大阪・梅田 09:36→09:44 なんば・南海難波 10:00→[特急]→11:24 極楽橋 11:30→11:35 高野山
所要時間2時間35分 2,830円(うち特急料金780円)

京都 09:00→09:29 大阪・梅田 09:36→09:44 なんば・南海難波 10:02→10:53 橋本 11:00→11:47 極楽橋 11:52→11:57 高野山
所要時間2時間57分 2,050円

東京 06:00-08:22 新大阪 08:30-08:45 なんば-南海難波 09:00-10:32 極楽橋 10:37-10:42 高野山
所要時間4時間42分 15,940円 (このうち、東京~新大阪だと 14,450円)


この所要時間と料金を比べても京都から行くのは非効率だということがわかった。

 同等料金、同等所要時間、新設のバスは1日2往復、乗り換えずに行ける以外に利点がない。旅行者として大阪→高野山→奈良→京都と考えるから往復割引は有利に働かない。一つだけある途中のバス停は「高速京田辺」、推定700メートルでJR松井山手駅。帰りに奈良へ行くのに京都まで戻るよりマシって程度でしかない。直通だけが売り、その利用者は?

 帰りに奈良へ向かうと仮定して交通路を調べてみたが、このバスを使うと14:40奥の院でJR奈良駅は18:22 到着となる。一方、既存路線の“難解”な乗り換え、乗り継ぎですと、奥の院を14:43出発で、バス、ケーブルカー、南海高野線、JR乗り継ぎ、17:34に奈良駅となり、運賃も2,230円で安い。

 “難解”な乗り換えと、いったん新今宮まで行く奇抜な方法は地図を見るだけでは避けたくなるが、途中を挟むJR和歌山線とJR大和路線では運行本数が違いすぎる。奈良交通バス 八木新宮線を調べた段階で大和八木(橿原市)から五条駅(五條市)へバスが間抜けではないとJR和歌山線の本数の少なさは知ってる。当然ながらバスの運行本数も悲劇的である。
 JR和歌山線が悲劇的っても路線バスで橋本から近鉄吉野線のどこかへ路線バスでは無理でJR和歌山線を待ったほうが良く、待つくらいなら大阪へ近づいたほうが良いってことだった。

 高野山~吉野山という移動ならば仕方がないかもしれないが、大阪や京都・奈良が起点ならば距離が長くなっても市街地移動のほうが遙かに早く移動できる。

ということで、このバスの利点は固定の時刻で地理に疎く、乗り換えしたくない向きかな。

南海電鉄インフォメーション一覧 > 2019年07月25日 京都と高野山を結ぶ直結ルート誕生![PDF]

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-28 Sun 20:02 | 交通::情報・考察・計画 |
生の音とテレビの差が変な感じ@隅田川花火
 ここ2年は中部が台風で旅立ってないため隅田川の花火をテレビで見えるが、音が秒速340mと遅いのでデジタル放送で2秒以上の遅れがあっても距離が1キロどころじゃないのでテレビの音のほうが早い。昨年に書いたと思うが、ビルに囲まれてるから音だけでスカイツリーは見えるが花火は全く見えない。

 テレビ東京がアホかって思ったのが副音声が現場音じゃなく、ぐたぐたしゃべり続けるという間抜け。野球中継でも普通のバラエティー番組でも「ウザイ」にかけては日本のテレビはプロである。地上波だし素人向けに説明しているならいいけど副音声の使い方はそういうんじゃないよ。

どこぞが「ぶっ壊す」って言ってる局で唯一連続して見てる番組に切り替えることにする。
ちゃんとカネを突っ込めばどこだってモヤモヤしないでブラブラする番組は作れるから。

| emisaki | 2019-07-27 Sat 19:17 | マスメディア::テレビ・映像 |
猛威を振るい続ける“地方症”:街づくりの失敗が悪を生む
 過去より自分が調査してきたことに加えて旅の調査によって“地方症”の要因として生活環境にあるとの共通点を見つけた。これは政治および役所の無知によるもので、人間の変質によって近年では東京都でも“地方症”行政が見られるようになった。

なぜ自転車が歩道を爆走したり、並んで走る違法行為に罪悪感どころか自覚症状もないのか?
自動車は自動車で、なぜ路地ですらスピードを出すのが狂気であること認識しないのか?

続きを読む ≫
  『日本中の奴らにとっては誰でも歩道は自転車走行可にされてきて犯罪の認識なし』

 地方行政の間抜けとして自転車通学を許しているような地域で狭いにも関わらず歩道上に白線のみで歩行者と自転車を分けてることが多く見つかった。その危険性を記録したものだけじゃなく、何気ない投稿写真の背後に写っていたことから読み取れた。

 それらは警察が行っていない。歩道整備は地方自治体が行ってると思われ道路交通法に無知のレッテルを貼ってやってもいい。もし警察で許可するならば前後に「自転車通行可」の標識を付ける。問題があった場所の近くで歩道が狭い上に自転車が並走している場所を探ったところ標識は見当たらなかった。

 常に歩道を自転車が徐行(=のろのろ運転)できるのは13歳未満と70歳以上だけですので、車道が危険じゃない場合には歩道を走行する「権利がない」。ところが自動車において悪名高き地域を認識してか自転車通学で歩道を走らせるようにしているのだが、そこは最もバカヤローの年代ってことで傍若無人な行為が根付いてしまう。認める範囲を徹底して教えないから何でもアリと思い込む。そうした奴らが後に自動車の運転手になったり大都会に出てきて何が悪いって猛威を振ってるのが現代。「悪の堂々巡り」、「負の相乗効果」である。


 日本は手遅れになってから規制を進めるのが得意で、タバコの健康被害もやっと増やした。窃盗を万引きと言ったり、売春買春を援助交際と言ったりするが、それも罪状を的確に指摘して抑止力を行使しない奴らの仕業と言えよう。ここでも「マスゴミ」と呼ばれるのがふさわしい事をしている。マスコミの表現を揶揄して馬鹿野郎って言うと怒られるから「頭のご不自由な方」や、都会に移民した田舎者の子孫がまどろっこしいので事実の表現として「都市生活不適合者」って書いたりする。
 同様に交通ルールを教えているところは表現が軽すぎる。軽い表現を使っているがゆえに破られてしまう。違反(免許制「反則点制度」がない自転車は即犯罪)に対して 「できればそうしてください」 にしか聞こえないのである。数十年変わらぬ日本社会の大失態。


自転車は車両だから道路の左側しか走れないと明確に法律に定められたって何%知ってるか?
痴呆症の老人みたいな恐るべき逆走をちょくちょく見かける。
「道路の左側を走りましょう」 ではなく 「道路の左側しか走れません」 なのだ。

※ その点、改正が必要なのは自転車も車両なのに原動機付き二輪車まで適用される法律が条文化されてない。よって複数の車線が存在した場合、通行区分として左側の車線の端っこを走れなんて書いてない脱法状態になっている。ただし、現実に自動車と同じように走ったら速度超過、二段階右折しなかったり安全運転義務違反を同時に犯しているはずだ。




 花火と七夕で三重県桑名市と愛知県一宮市のニュースを監視していたところ、先週に自動車が逆さまになるほどの事故があった。時速40キロ制限なのに、どうやったら車幅の広い高級車ハマーがひっくり返るんでしょう。

ちょうと良いことに、そこに「自転車通行可」の標識があるが違反者がたくさん見つかった(2018年2月画像)。

→ 愛知県一宮市 県道 北園通り [地図] [Googleストリートビュー]

を勘違いした奴らが大量に映ってる。「通行(のろのろ運転)」が可能なのであり、「走行」が可能なのではない。そして「並走可」の標識は全くないため並走してはならない。

 自転車専用横断帯がない横断歩道を自転車は走行することはできない! 上記2018年2月Googleストリートビュー裁判所前交差点の朝日が差す写真で中学生らしき自転車2台(2名)が並走して横断歩道を走行(立ちこぎ)している瞬間が捉えられてる。日本中で見つかる酷い有様。

 このように「通行可」が走行から爆走までも良しとさせ、並走まで可能だと植えつけてしまった人間に育て平然と外に出す。

 重篤な後遺症から死亡に至らせてきたわけですから「殺人病原体」呼ばわりまでしてきた脅威を地方行政は重く受け止めなくてはならない。自転車でも殺してきたわけだが若年層が大人になれば多くがバイクや自動車へ移る。「名古屋走り」なるクズどもはこうして作られている。



 地方で事故件数および死亡事故件数は減少しているが、それ以上に人口が減っている。都市部への流入によって都市部の事故件数は減少してたのから増加に転じた。

次々と悪魔が送り込まれてくるのだから俺らがブチ切れないはずがない!



【その他の資料】

警察庁 > 刊行物 > 統計 > 安全・快適な交通の確保に関する統計等
警察庁 > 刊行物 > 白書等 > 警察白書
政府の統計窓口 > 道路の交通に関する統計 および 交通事故統計

 2017年統計にて10万人当たりの死者数は東京都が1.2の最低に対し、最悪は福井5.9、愛媛・山口が5.7と続く。負傷者数となると東京より低いところが出てくる理由も、地方は事故に見舞われたら死ぬことを意味する。安直に救急車がこないから助からないなんて反論ができないのも、全員が生死に関わる事故ではないし地方だろうとほとんどが都市部で起きている。むしろ東京は病院が手一杯で受け入れ先なしで死ぬことがある。

 以前に、人口、人口密度、車両台数、事故件数、死者数を勘案して「茨城県が日本一ヤバイ」と結論を出したことがある。東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪と車両台数(流入を含む)が多いところは事故件数が多いのは当然だから。

 昔から人口が多くてもモラルがない大阪府と兵庫県、そして以前から悪名の愛知県と北海道が危険なのは当然として、各種データに比例せずに事故件数が多いところが「隠れヤバイ地帯」で静岡県と福岡県としたい。
 不慮の事故とは呼べない車両運転による死亡事故が続いた事により報道で扱われた「名古屋走り」、「茨城ダッシュ」、「伊予の早曲がり」等々と言葉になっているのは危険地帯だから。

 日本テレビ「月曜から夜ふかし」だったかで福岡を日本三大都市と思ってる人が大勢でてきて番組でも現実を伝えらたように大都市のデータは適用されない。細分化されたデータは公開されてないのだが福岡県西南部・佐賀県東部・熊本県北部と都市部にヤバイ人達が集まってる気がしてならない。


 第二次交通戦争から減少してきた事故も、大都市圏では少し上昇に転じている。そして自転車の事故は都市部で激増とも言える状態は、そういう人間が育っただけとは考えにくく大量に流入したからと考えられる。そうした人達が自動車も運転するようになることが都市部での事故の増加ではないか。テレビ報道で事故を見ながら文句を言ってるおばちゃんたちも自転車に乗って違法行為しまくりの自覚症状のなさが目に浮かぶ。そこからの教育には何の期待も出来ない。いつになったら無能さを認めて社会レベルで教育しようって気になるのでしょうか? キツイ言い方をすれば、あと何人殺されれば気づくのか。

 運転しながらスマホなんて鬼畜の所業だが、有り得ない長さのよそ見したり、車内で落ちた物を拾ったとか、ぼーっとしてたなんて、できる脳の構造が理解できない。歩行者でも同じであるが、大量にいることからも狂気は潜んでおらず表に大量に出ている。そこに気づかないのは殺人病原体にとって殺人病原体は仲間だからである。心理学者によるとコミュニケーション不足、障害が狂人へと変化させるような事が言われていた。

 “地方症”の無自覚による狂気に対し、24時間 誰かいて、角があれば誰かでてくるなんて、どうやって植え付けるのか!?生まれつきと幼少期から言い続けなければ無理でしょ。大人になってからでは潜在意識レベルでの制御は不可能で常に「指さし確認」が必要だ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-27 Sat 13:04 | 生活::社会問題 |