サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<  2020 - 02  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

イルカは肺呼吸ですけど@何だコレミステリー
2019年5月15日放送 フジテレビ「世界の何だコレ!?ミステリー」

 自分の幼少期からを思い出せば、ちょっとしたウソやいい加減な事は、あとで真実を知ったとき怒りの矛先をどこへ向けてよいかわからなくなる。テレビ番組では長崎にあった水族館の話題。別のことをしならがらチラ見をしてきたのだが訳のわからない事を言うナレーションによって画面を凝視した。平然とした感じでエセ科学を語るから2019年になってもまだ金粉騒ぎのよう思った。

イルカ陸上運搬にての番組ナレーション
「皮膚が乾燥すると皮膚呼吸や体温調節ができなくなってしまう」
はぁ? どこから皮膚呼吸なんて話が出てくるの!?

続きを読む ≫
 学識者やうんちく王が雑学と同時に嘘を吐いて世間に広めるのと同じ構図。私が知る限り大型動物で皮膚呼吸とやらが生死に関わるなんて聞いたことがない。厳密に「呼吸」という言葉が使えたとしても、それは生死に関わることではないのをあたかも生死に関わるよう思わせる伝え方をしたテレビ番組。

海水とイルカの皮膚でガス交換をしてるという情報も見つからなかった。
人間よりも分厚い外皮と脂肪に覆われてるのに、どうやって皮膚呼吸してるのか説明希望だ。

 そうして生死に関わる理由をすり替えられてしまう。「007/ゴールドフィンガー」から多く広まったとされる誤認識は、いつまで続くのだろう。若年層が多く見てる番組だけに半分嘘な知識のお披露目、字幕での恥の上塗りは恐ろしい。

陸上運搬の危険は水から出したことで体温調節ができなくなることが原因でしょう。

 肺やエラとした専用の呼吸器を持つ生物を調べても非常に低い値でのガス交換であった。それを「皮膚呼吸」と呼ぶことからして紛らわしい。一部の学者は表現を改めるべきではないのか。代表例に科学的には同じ作用のことを言ってる「腐敗」と「発酵」があるではないか。肺と併用する生物で言うことができても、生存に関係ない部類では皮膚呼吸という言葉を持ち出すべきではなかったのだ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-05-15 Wed 21:58 | マスメディア::テレビ・映像 |
ハッスル黄門お払い箱から次は外国人頼り(1)
 何年か前から外国人には有名って所では、大戦中にビザ発行にてユダヤ人を救った岐阜の杉原千畝記念館に子孫が訪れたり、そこから飛騨高山の投稿動画も多く見た。日本人にも知れ渡った渋谷のスクランブル交差点のような日常の風景もあり、西日本で新幹線が高速通過するのを見る映像なんてのもいくつもある。それは見るというより新幹線に乗りたいって感じが強いと付いてるコメントからは感じた。

 番組で取り上げられた徳島県三好市の大歩危・小歩危は大歩危峡(おおぼけきょう)としても有名であり、「祖谷(いや)のかずら橋」(通行料500円)は知ってても簡単には行けない。

続きを読む ≫


 過去にも怒りの投稿をしたが私たち日本人は使うことができない優遇という名の差別「JAPAN RAIL PASS」があり、外国人は非常に安く旅ができるのである。優遇とは相対する側への差別であるため、もし外国で行われたらデモが起きても不思議ではない。男女差別問題と同じだが、差別だと偉そうに言いながら優遇される側は何の文句も言わずに、過去の待遇の変更には権利かのよう文句が飛び出すほど自己中な連中だということを、よーく覚えておきたい。

 差別ではないなどと抜かす奴がいるのだが、そんなの筋が通らない。為替レートや物価の違いは当たり前に存在していることだから出身地の物価なんて関係ない。ならば我々が物価の高いノルウェーやスイスに行ったら安くしてくれるのか?そんな訳ねーだろ。割引切符くらいなら国内でもあるので騒がないが JAPAN RAIL PASS は飛び抜けて安すぎるのです。そこで日本人客が虐げられるならば損失ですから経営戦略もへったくりもありません。

 もし政府からカネもらってるなら損しないから企業としてやらかすでしょうけどね。新幹線を使わせてまでの財源が胡散臭すぎる。補助金なんか疑いたくなる。JRでも別々だが株式保有で3分の1前後が外資ファンドであるが、ハゲタカは自分の損得勘定だけだから損をさせるような要求をするはずがない。収益に関係なくJR各社共通である JAPAN RAIL PASS は、いったい誰が後ろで糸を引いて提供させているのかだ。

 そうじゃなければ、誰か、論理的に JAPAN RAIL PASS の必要性を解説して欲しい。国有じゃなく株式会社だし、口を挟める株式なんて保有できるわけがないのだから、こうして文句を付けるしかない。お誕生日プレゼントやシニア割引があってもいいが日本人と同じ条件でお金を払わなくては区別ではなく差別と言えよう。

  むしろ観光客のほうが値段が高くなるのは世界的に普通である。

 こっちが仕方なく高いお金を出してグリーン車に乗ってるとき、横柄な態度の外国人客を見たことがあるが、7日/14日/21日間有効の安い乗り放題券を使えてるかと思うと頭にこないはずがない。


 免税を持ち出す奴がいそうだが、それは世界的に同じ考えに基づいてることでもあるし、消費税とやらは国内で消費されるものに適用されるのである。観光客も国内なら消費税は払う。そして、商品そのものの値段が外国人観光客だからって安くなるわけじゃないので比較に持ち出すこと自体が間違ってる。外国人観光客だけの理由で JAPAN RAIL PASS は商品と呼べる交通費自体が異様なほど安い金額に設定されているので差別的だと文句を付けているのである。

多くの日本人が知らないから騒ぎになってないだけだと思う。




 たとえば東京駅から祖谷のかずら橋へ行くならば、新幹線と特急の乗り継ぎで始発電車でも大歩危駅に到着が11時40分(約2万円)、飛行機を利用しても11時02分(約4万円)となる。そこから公共交通は数少ない路線バスか、タクシーだと4~5千円はかかる。電車から路線バスは比較的うまくつながり、12:08→12:35に祖谷のかずら橋の前に着く。仰天計画として日帰りも可能であるが、どこか宿泊するとしても別の場所を周遊するにしても時間がかかりすぎる。

 昔から休むのが下手くそな日本人と書いたが、10連休あっても混雑に加えて費用がかかりすぎる。その点、前出の JAPAN RAIL PASS が使える外国人観光客なら7日間で29,110円、グリーン車用で38,880円でしかない。「のぞみ」と「みずほ」には乗車できないがJR全線で新幹線も特急も乗り放題だ。この例で言えば、東京から大歩危じゃなく、新幹線部分の岡山まで往復だけで元が取れる。だから東京から中国四国地方の要所を廻るのに三泊四日だとして安い宿泊費を含めも10万円はかかるほど交通費の負担は大きく、JAPAN RAIL PASSは定額ですから移動量が大きいほど差が広がり前例で倍額くらい違ってしまう。

僻地ほど外国人観光客に活路を見出すのは必然となった。


 「来てくれと言われても、辿り着けない」と答えを出すしかない場所も多い。ありがちなのが通勤通学のためにバスがあるだけなので、朝に都市部へ向かい、夕方に奥地へ向かうバスの往復のみ。暗くなって宿に着いて早朝に帰路と何の意味があるのか不明や、滞在するには二泊三日で前後は移動だけとなる陸の孤島も多い。

 田舎へ行くのど公共交通の情報が掲載されず、書いてあっても駅からタクシーで何分なる表記である。集落があれば本当に公共交通が無いことはほとんどない。不便だろうが何かしらあるほうが多いのだが、不便なことを書きたくないのかもしれない。その前に失礼ならが自らの発信能力の無能さに気づくべきである。気づいたから外国人YouTuberに宣伝を依頼するのではなく、単にYouTuberによる効果を知ったから利用してるだけだろ。そんなことでは何が悪かったのかも理解できないのだよ。地域にもよるが馬鹿だと思ったのがブロガーやYouTuberを呼び寄せておきながら日本人が連れ回してたこと。それでは日本人の感性のままだからな。


外国人観光客だけで生きてゆければ良いが、世界情勢が変わったらどうするんだろうな。
事情を掴んで宣伝活動をやるべきでしょう。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-05-15 Wed 21:48 | マスメディア::テレビ・映像 |