サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<  2020 - 02  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
COMMENTS
    小田原~大涌谷通行止め~箱根園~関所
  • emisaki >07.10
  • 秋菜 >07.10
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん

小田原~大涌谷通行止め~箱根園~関所
大涌谷 噴火警戒レベル2にて閑散の箱根偵察

 2015年5月28日、急きょ空いた時間を使って箱根を偵察してきた。狙っていけたわけではないので雲が多すぎ富士山が見えないどころか芦ノ湖を目の前にしてまでモヤモヤしている状態でした。平日だからってこと以上に人影がみあたらず、ひと気を気にせずの見学にはよいが、商店に行くと勧誘の集中砲火を浴びてしまい逆に避けた。おかげで見定めできず熱海でも売ってるものを買うという失態も...
<2016年7月26日 箱根ロープウェイ全線と道路、黒たまご館 営業再開。ただし時間限定とハイキングコースは入山禁止のまま>

小田原駅からは私以外に3名が乗車していたのですが、すぐに貸し切り状態となってしまい、更に終点まで乗ってくる人は誰もいませんでした。ようするに小田原駅で乗った人が降りただけ。



早雲山から湖尻までのロープウェイは全線で休止中なのでシャトルバスが運行しているのだが、全く人がいなかった。有数の観光地のため通常ならロープウェイの便数も多いから少々のバスじゃ追いつかないはずも、今回に限っては使う人もいなくて、いつバスが走るのか気になるくらい。小田急グループ路線を使う旅行者はロープウェイからの景観がないと行く意味がないのでしょう。



大涌谷へ曲がる道のちょっと手前です。

前から煙が出ている場所でしたが1年前に見たときより酷くなってる。木が枯れてる範囲が広がってる。富士山の宝永火口みたいに、大涌谷じゃなくこういう所も警戒でしょう。3年前なら隙間はあっても全体的に木は立ってたような。

そのくらい前から煙が増える状況はあったわけ。道路から見えないところにもあるようだが全く公表されてなかった。


大涌谷へ曲がる分岐点で通行止め。



湖尻

開店休業



箱根 駒ケ岳ロープウェー
到着するまで外国人に取り囲まれてた。

景色をビデオ録画してますが、音が使えないポルトガル語かラテン系流れのマシンガントーク。平均的に日本人以外は声がデカイのかもしれない。外国人旅行者の書き込みから日本は街中でも静からしい。外国だとクラクションや怒鳴り声も響いてるという書き込みもあったし。



山頂への道



大涌谷のほうからと間違えてる人がいたが、これは単なる雲ですから。そういうことろから風評被害って始まるんだろうな。

大涌谷は、ここより高い山の向こう側。



山頂部分



箱根駒ケ岳山頂より南向き
元箱根~箱根関所跡の方向

写真左下が足柄下郡箱根町元箱根、
中央が足柄下郡箱根町箱根(箱根関所跡の周辺)



箱根園の1本桜


実は5本の集合体



箱根園水族館

通常 大人1500円。周遊券「箱根旅助け」にて1回入園できるため入った。11時過ぎてたためアザラシのショーは終わってました。


ピラルク

でかい!

大きいのは4メートルにもなるらしい。

ちんあなご

近づくと引っ込むけど、しばらく待ってれば出てくる

ムサシで634匹もいる すみだ水族館と比べると

数匹で、こじんまりとした感じ

エンちゃん。

平日だから出没しないと思い帰ろうと思ったら入口に!



遊覧船で箱根園から箱根関所跡へ

これも「箱根旅助け」にて乗り放題。

箱根園→関所跡→元箱根→箱根園 と周遊することもできる。


十国丸 遊覧船の3階の上。

貸し切り~

私が乗ったときには、あと一人しか乗客はいなかった。
これは十国丸だけです。船ごとに展望台の形状が異なる。



箱根関所跡の港の施設。

じゅるる


大ざる 820円

十割そば。 こし強め。 つけだれ関東風。



箱根関所の展示施設

箱根関所の港から土産物の施設の手前から近道がある。入ったことあるし、熱海へ向かうバスが1時間に1本なので中は見学せず。



「箱根旅助け」は西武グループで、「箱根フリーパス」で乗れる海賊船は小田急グループ。港が少し離れている。


十国峠ケーブルカーも乗り放題だから予定していましたが、周り中が雲に取り囲まれる視界不良なため通過しました。余った時間は熱海調査に割り当てました(→ 熱海七湯めぐり)。


 火山噴火警戒レベル2にて早雲山~大涌谷~湖尻の全線でロープウェイが運休中ですが、小田原から箱根登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイ(代行バス)を使って芦ノ湖へ行くより、最初からバスのほうが40~50分早く到着します。元箱根や関所跡ならバスで直行したほうが圧倒的に早い。小田急グループと西武グループで路線と便数が異なるので、行きたいルートによって選択することになる。フリーパス(周遊券)を購入してる場合は使える路線は限定される。



 世間が何を騒いでいるかだが、地球なんて高熱ドロドロな上に怪我のあとのかさぶたみたいな地表が乗ってる程度だから、どこから噴火したって不思議じゃないのに、元からもくもく煙が出てるところなんて最初から安全な観光地じゃなく自己責任な場所。

掲示板なんかでは現実社会も知らない自宅警備員だろうか稚拙コメントが飛び交う。

 個人的だが噴火するとは思ってないが安全だと言う気もない。学者が予測できないと言ってるのだから、もし大噴火するなら確率的にやってくるだろう。ならば飛行機が墜落するのも同じような確率だ。 大涌谷が見たかったのなら仕方がないが、この程度で箱根に行くのをやめた側に言いたいが、そこから極端ではない論を展開すると、富士山はそろそろ噴火するって言われてるのだから火山灰だけで大被害をこうむる東京は捨てて遷都したほうがいいって騒ぐべきだろう。

 すぐ忘れちゃうようだが、むしろ浅間山のほうが定期的に噴火してたから鬼押出しなる溶岩がゴロゴロしているところにコンクリート製の避難場所が用意されてる。人間の寿命からして火山のお休み期間が長いと、突然かのよう騒ぎ出す。大涌谷は常にもくもく煙が出てたところ、規模が大きくなっただけで、長い目で見ると平常のことだろう。
 そもそも大涌谷なんて近すぎる場所まで立ち入っていただけではないのか。そういう場所は国内外でよくある。真実かオカルト話か知らないけどイエローストーン国立公園(アメリカ ワイオミング州の北西部)で噴火が起きたら火山灰によって寒冷化し地球滅亡な規模になるといわれてるが、現状は同じよう火山地帯の観光地。日本だって宿が立ち並んでいる温泉地の一帯から水蒸気が出てるところもある。鹿児島県 桜島の噴火は年間数百回。

 原発事故のときと同じ過敏症だが、福島県内の都市部で浴びる放射線より、飛行機で上空を飛んで浴びる宇宙放射線量のほうがよっぽど多い。だから行きたくない奴は絡んでこなければよいだけ。 素人考えだが箱根と御嶽山との違いは、常日頃から蒸気が抜けてるのと蓋をされてた違い。私が知ってる例えでは、爆竹を手を開いたまま乗せて破裂させたらヤケドで済むが、握って破裂させたら指が吹き飛ぶほどになる。ある程度知って正しく怖がれってことだ。

 視聴率のために終末論が好きなマスコミの阿呆の伝え方を信じてどうする。奴らは突き落としてから、しばらくしてロープを投げて助かりたければてめえで這い上がって来いと言うのが得意な人種なんだ。だったら最初から突き落とすなよって。





2015年5月28日現在 大人1人分の通常料金

<交通費および施設利用料>
・新宿→小田原 890円 (小田急線)
・小田原→箱根園 1,310円 (伊豆箱根バス)
・箱根駒ケ岳ロープウェイ 1,080円 (ロープウェイ往復)
・箱根園水族館 1,500円 (入園料)
・箱根園→箱根関所跡 760円 (遊覧船 双胴船)
・箱根関所跡→熱海 1,150円 (伊豆箱根バス)
・熱海→小田原 410円 (JR)
・小田原→新宿 890円 (小田急線)
合計 7,990円

実際の交通出費
・新宿→小田原 550×2=1,100円 (小田急株主優待乗車券 金券屋で調達済みだったもの。有効期限があと1ヶ月ちょっとの時点で買った。購入時期によっては高く売られています)
・箱根旅助け 3,000円 (周遊券 西武グループ交通箱根地域乗り放題、箱根園水族館1回だけ無料)
・熱海→小田原 410円 (JR 切符、SUICA同一料金)
合計 4,510円 (今回のお得額 3,480円)

交通費のお得額はともかく、旅費としては熱海も寄ったし1万円くらいは使ったね。




<今回の移動路線時刻>

新宿 06:27→08:02 小田原 (小田急 急行)
 08時30分にならないと周遊券の「箱根旅助け」が買えないのでぶらぶらする。運転手からは買えない。
 販売は熱海営業所、小田原駅前、湯河原駅前。旅行会社で購入の場合も引き換えが必要。
小田原駅東口 08:40→09:55 箱根園 (伊豆箱根バス)
箱根園駅 10:10→10:17 駒ケ岳山頂 (箱根駒ケ岳ロープウェイ)
箱根駒ケ岳の山頂付近を周遊
駒ケ岳山頂 10:50→10:57 箱根園駅 (箱根駒ケ岳ロープウェイ)
箱根園水族館見学
箱根園 11:55→12:10 箱根関所跡 (遊覧船 双胴船)
昼食・買い物
箱根関所跡 13:05→13:49 来宮神社前 (伊豆箱根バス 元箱根→熱海駅行き)
熱海散策のち帰宅。

※ 時刻は乗車・下車時のメモ書きおよび撮影写真のデータからで誤差あり




<箱根旅助け> ※十国峠ケーブルカーが値上げされたため箱根旅助けも2015年5月1日、2800円から3000円に値上げされました
2日間有効 伊豆箱根鉄道グループの箱根地区周遊券 大人3,000円(中学生以上)、小学生1,500円

販売所:
 小田原駅、湯河原駅、熱海駅近くにある伊豆箱根バス営業所 (営業時間確認)
 小田原駅東口 箱根方面行きバス乗り場前にて08:30頃より販売 (車内での販売なし)
 旅行代理店 JTB、日本旅行、近畿日本ツーリスト、小田急トラベル、名鉄観光、トップツアー。
 他の販売所で購入の場合は引き換えが必要となり、営業所が開くまで利用できません。

 箱根旅助けは車内では販売していません。バスだけの「箱根バスフリー」のみ販売してるようです。
 ロープウェイ、船、ケーブルカーなど使わずバス移動だけなら箱根バスフリーのほうがお得。


・伊豆箱根バス 乗り降り自由区間
 小田原駅東口~湯本駅~小涌園~大涌谷~湖尻~箱根園
 小田原駅東口~湯本駅~小涌園~元箱根
 小田原駅東口~(箱根新道)~箱根関所跡
 箱根園~元箱根~箱根関所跡
 元箱根~箱根関所跡~湯河原駅 ※1日1往復しか運行されてません
 元箱根~箱根関所跡~熱海駅 ※冬季11月中旬~3月中旬1日4往復、その他の季節1日8往復

・遊覧船 双胴船 湖尻港~箱根園港~箱根関所跡港~元箱根港~湖尻港 乗り放題

・箱根駒ケ岳ロープウェイ 乗り放題

・十国峠ケーブルカー 乗り放題

・箱根園水族館 1回限り入園無料 (ショーの時間から食事とか時間つぶしを考えると1日にしてくれてもいいんじゃ)

伊豆箱根バス箱根旅助け

バス乗車券だけなら「箱根バスフリー」というのがある。
「箱根旅助け」を持っているとパンフレットに記載されている美術館や入場施設の割引があるのはわかるが、販売店では何が対象なのか全くわかりませんでした。




・リスク マネージメント 危機管理

 客としても危機管理はできてる。人間の時間経過からして連日となる鹿児島の桜島が安全で、たまに異常になる箱根が危険だと決め付けることはできない。ならば、最近は動きがない浅間山のほうが溜まってるものが抜けてないから危険ではないのだろうか。箱根で登山しているわけでもないし、もし逃げられない状態になるなら、そんなの単に地球上に住んでいるリスクにすぎないよ。特に日本列島なんて危険の塊だし、確率的には自動車事故に遭うより低い。

 大涌谷が危なくて箱根湯本からも客が消えるってのは過去より繰り返す日本人の性格であって、何が危険で何が安全か判断する能力の欠如。だからちょっと問題があるだけで、さーっと人が消えてしまう。過去に伊豆半島で群発地震が起きたときも客が消えた。日頃から有感地震として示されてない地震ってどれだけあるのか知らないのに知識を与えない連中の責任だ。

 今回、箱根で外国人ばかりに取り囲まれてきたように外国人のほうが安全圏と危険な場所の違いを理解している一方、東日本大震災による福島原発事故によって、もう日本には行けないという無知な外国人が多いのもまた事実である。 基本的に外国人のほうが無知だが、正しい知識を与えてやれば行動には至るという違いがある。日本人は何か起きると安全だとか科学的だとか言っても無駄な神経障害(ヒステリー症状)に陥る人が多いのだと個人的には分析している。これは東日本大震災後に「放射“脳”」と揶揄される異常な人たちが出てきたことや、たいしたことない異物混入にまで大騒ぎをすることでわかる。だったら、スーパーマーケットとか蓋もしないて加工品置くなとか、おでんとかあるでしょ。本当の綺麗と汚いの区別がつかない潔癖症と同じ。


<追記: 2015年6月30日
 震度3ほどの火山性地震がなどかあり、小規模な噴火も発生。噴火警戒レベル3の入山規制となった。早雲山~大涌谷~姥子の通行止めに伴い、伊豆箱根バスでは臨時対応するとだけ発表。よって運休となるのか、箱根登山バスのように仙石原を周るかなど何もわかってない。当日のため詳細は問い合わせとなっており、今後の対応はこれからになるのだろう。


<追記: 2015年7月10日
 伊豆箱根バス、箱根登山バスともに芦ノ湖へは迂回して運行中。投稿時(2015年5月29日)の道路も通行止めとなったため、迂回は小涌園ユネッサンから早雲山駅には向かわず東海道(国道1号)を通って箱根園から湖尻への臨時経路となってる。


<追記: 2015年11月20日
 噴火警戒レベル1に下がりました。ただし、大涌谷は立入禁止のままです。


<追記: 2016年7月26日
箱根ロープウェイ全線と黒たまご館 営業再開。
大涌谷までの道路は09-17時まで通行可能。よって早朝のバスは通過になると思う。
ハイキングコースは入山禁止のまま。

| emisaki | 00:01 | comments (2) | 旅・散策と行事::風景・自然 |
コメント
>秋菜さま
 この時点では周辺での危険性は感じず、ものすぎなので偵察に行ってきました。これが危険だったら、町のそこらじゅうから湯気が吹き出してる温泉地とか、地面を触ると熱い温泉地はどうなのかと思ったりしてます。御嶽山の件から政府と客の双方でちょっとでも異常があれば避けるようになったのでしょう。


(バス)
小田原駅東口 08:40→09:55 箱根園

箱根関所跡 13:05→13:49 来宮神社前(熱海市)

 道路も貸し切り状態。途中で時間調整したくらい定刻通りでした。熱海~箱根関所跡の道路は小田原から芦ノ湖へ行く道路よりすいています。4時間もかかるほど大渋滞の時期なら、熱海から芦ノ湖に向かうほうが早いですね。

 渋滞のときも行ってますが、そのとき路線バスは大涌谷へは曲がらず、大涌谷への乗り継ぎ便を用意
| emisaki | 15/07/10 16:40 | IjPo0F8c |

今年、箱根に行ったブログはあまり見かけないですよね。
私は、2013年に箱根に行きました。
箱根園にバスで、行くのに4時間近くかかってようやく着いたんですが……
その時、バスの中はラッシュでした。道路は大渋滞で。(車進まない)
大涌谷も通過していました、その時、富士山が見えていたよ。
今は、迂回してしまうんですね。
とにかく、その時はどこへ行っても人、人、で大大混雑でした。

いや、驚いたホントに貸切状態?
火山の影響が、ここまでとは……
ところで、目的地までバス移動何時間くらいかかりましたか?
| 秋菜 | 15/07/10 14:46 | yh/FQF3A |