サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2024 - 05  >>


2024 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2023 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2022 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

過去の写真も蘇らせる新ソフト(操作性には難あり)と捏造機能の功罪(3)
・機能しない項目がある
 古いカメラのRAWファイルでは実行できない機能が複数ある。「アクティブD-ライティング」「美肌効果」「人物印象調整」などと調整項目が減る。

 デジタルカメラにしてから十数年経過してもTIFFで出力させて他の画像処理ソフトにて調整、補正する二度手間から逃れられない。

<追記: 調べたところ「人物に関する調整」は古いからダメどころか現時点でミラーレス Nikon Z8(2023年5月26日発売)から搭載のため、以降に発売の Zf の2機種だけ。


・まだらになってる皮膚炎らしき治療(!?)は難しい

「盛る」のはしないが「(仮想)治療」はする。

 「カラーコントロールポイント」にて全体を指定しても期待した動作をしないため、赤くなってる部分だけに「カラーコントロールポイント」を打ち込みまくった。

 赤みを抜いたら肌の色が無くなってしまったため緩和させることしかできない。作業時間が途方も無いため選りすぐりの画像だけにしか処置は施せない。
 こういうときこそA.I.とやらが普通な肌のところから推定して「治療」してくれれば良いのに悪いことに利用されることばかりやってる。ジキルとハイド(秀才と狂人)は表裏一体の同一人物だから真っ当なものが作れないのか。

 私が「皮膚移植」と呼んでいるPhotoshopの「コピースタンプ」機能だが色加減だけコピーすることができない。色の補正をするにしても範囲指定にて範囲の縁では作用がなだらかになる機能が無い。効果がエアーブラシを使うようにできないが「カラーコントロールポイント」だと周辺は滑らかに作用する。写真専用のソフトを使えば何かあるか?

| emisaki | 2023-11-13 Mon 19:27 | 映像音声::制作・編集 |
過去の写真も蘇らせる新ソフト(操作性には難あり)と捏造機能の功罪(2)
Googleの消しゴムマジックに類する機能は?
 スマートフォンを使ってないため「消しゴムマジック」の性能は知らないが、単純な背景以外にすることはできないと思う。

 例えばこの写真から通行人を消すと考えると背景の宣伝写真を現在のA.I.とやらで推定することは不可能だろう。撮影場所を指定させないならばGoogleストリートビュー等の膨大な画像データから撮影場所を確定して見えない部分を作り上げるような作業が必要になる。
 通行人を消して背景画像に換えるにしても全くのインチキ画像って手段もあるが違和感は出る。人が写ってないと変な場面も多くあり顔だけぼかすのも違和感が強い。背景を正しく検出できるボカシ機能が欲しい。

 人口無能と記述してきたのは犯罪に使われてしまうようなことばかりやってて本当に必要な作業ができないから。あまり期待してないから「連写」というのは絞り調整や人物ならたまたま目をつぶってしまったことを避ける以上の役割も有しており、面という二次元の補正のみならず時間という「三次元」方向にて修正作業を行ってきた。

 映像制作で言うのところの「空舞台」を撮っておくのも意味がある。その画像を利用して映り込んだ人(物)を消すことができるから。そこでカメラを固定で撮影しているわけじゃないから向きや画角の違いによる画面の歪みを補正してくれる機能が必要になる。

 パソコン用の画像処理ソフトにも「消しゴムマジック」みたいな機能を搭載したのがあるが、私が知ってる範囲では自動的であり消すための参考画像を指定できない。

 結局は Photoshop にて2画像間による「コピースタンプ」ツールで背景を移植して消すのだが画角が変わってると合わないため苦労する。絞りで画角は変わらないがピントを変えると画角は変わってしまう(ブリージング現象)。

 消しゴムマジックを調べたらGoogle製のスマートフォンか、別のスマートフォンならばGoogleの月額制有償サービスに加入すると利用可能と書いてあった。

| emisaki | 2023-11-12 Sun 12:52 | 映像音声::制作・編集 |
過去の写真も蘇らせる新ソフト(操作性には難あり)と捏造機能の功罪(1)
 ソフトウェアを新しくしただけでは変わらない。新しく搭載された機能を使って人間の目で見たような感じに近づけさせることが可能になっただけで修正作業の手間はかかる。

 世間では持てはやされてるがカラーブースターなんてのを使うと非現実的になり Capture NX-D では赤みが強くなりすぎた。一見すると綺麗に見えるが現実が見えていれば「そんな人間はいない」。熱い風呂にでも入ってた直後なら別。

 事情が飲み込めてれば変な色じゃないが写真だけ見ると変。その理由は光源が太陽光と蛍光灯の2つあるから。人物に合わせると空、屋外の色が非現実となり、屋外に合わせると何やら顔色が悪くなる。光源の作用が違うのに色温度設定が全画面でしか作用しないから範囲指定での色調整が必要。

 人物に絞りを合わせるため増感して白飛びしてる。増感せずカラーブースターを使うと水色が青っぽくなった。ネット上でよく見かける有り得ない空の色の写真みたいだが「盛りすぎ=捏造」。



 Capture NX-D が登場したときも機能が進化したが、多数の写真を取り扱うと異常終了しまくる問題を抱えていた。NX Studio になって安定性は増したが落ちないわけでもなくバグもある。

 せっかく修正作業を行ったのに動作障害にて台無しにされる。利用者側の回避策では同じフォルダーに1000とか2000枚とかRAW画像を入れないこと。経験として多く入れてるほうが落ちやすい。

 落ちないでいてくれるならメモリーならいくらでも喰わしてやるが利用者にはどうにもならない。メモリーを32GB搭載してから残量がひっ迫したことは動画編集ソフトで4K動画を使ったときしかない。大勢が大容量メモリーを搭載しているわけではないから宝の持ち腐れ。

続きを読む ≫


 NX Studio の環境設定にて保存方法があるが、調整を元画像に保存するは絶対にしない。調整(サイドカーファイル)に保存するを選ぶ。

 痛い経験があるからで、今のパソコンでは動作しない NikonCapture では .NEF (RAW)ファイルに保存することしかできず、のちのCapture NX-D などでは読み取れなくなったRAW画像ファイルが複数あった。

 救われない写真もあったが救われた写真は私が行っていた保護策による結果で無調整のRAW画像を保存してあったから。ようするにコピーしてから作業を行ったから元画像は読み取ることができた。NikonCapture にて調整を繰り返すとファイルに異常が生じるバグだろう。

 RAW画像を調整してJPEG出力させてしまえば元画像なんてもう見ない。新しいOSによってパソコンごと入れ替わり、新しいソフトウェアの登場によって何年後になって発覚するから取り返しが付かない。その時点では古いパソコン(動作環境)も無く、当時のソフト自体で読み取れるのか確証もない。




 Capture NX-D から市販品の時代にあった Color Control Point が搭載されたが作業が面倒くさすぎるため使ってなかった。NX Studio になって使ってみたが操作性が面倒であること何も変わってない。

 スマートフォンのアプリのように指で枠囲みして指定または登録された処理を自動的にやってくれるなんて芸当はできず、楕円形にさえもできず真円でしか範囲指定できない。

 デジタルカメラで撮った写真を何もしないと現実よりぼやけたり色あせたりする傾向があるが、昔のソフトでは「普通」に戻す機能すら付いておらずRAW画像は色温度や絞り補正だけしてRAW現像してPhotoshopで基本的なアンシャープマスクに始まり、化粧(?)や皮膚移植(!?)をした。

人的な作業効率という点では全く進化していない。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2023-11-12 Sun 11:08 | 映像音声::制作・編集 |