サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2019 - 11  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
COMMENTS
    ブラタモリ 那須より発信される情報の信頼性
  • tnk >01.29
  • emisaki >01.21
  • tnk >01.17
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

めんたいパーク伊豆 2018年12月13日オープン
かねふく めんたいパーク伊豆
所在地 静岡県田方郡函南町塚本753-1 [地図]
営業時間 09:00-18:00 (休館日 未掲載) 入場無料

 場所は伊豆縦貫道の伊豆中央道の沿線で、道の駅 伊豆ゲートウェイ函南(かんなみ)の隣。ごはんなしで明太子も役立たずなのだが田んぼが潰されて作られてるが、潰すなら何の生産性もない玉飛ばし場をお勧めしたい。

 地方のお約束で公共交通を使っての詳細が書かれない。最寄り駅 伊豆仁田駅に路線バスは存在しないしタクシーも待ってない。徒歩1.6km(最短経路)で線路と直角に交わる道路をひたすら西へ進むだけで道順が簡単であるが20~30分、歩道橋が1つあり、突き当たりに見える区画がズレた地点さえ避けられれば道は難しくない。道の駅での買い物も考えて荷物を持って1~2キロ歩くとは考えられないため、立地から基本的に自家用車と観光バスに限定の施設である。

 テレビ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で使われたが堂ヶ島~三島は普通の路線バスだが真横を通るものの急行および特急で伊豆長岡~三島の間に停留所は存在せず1日3便しかない。先に道の駅が開業しているのだが路線バスの運行に動きがないところを見ると車社会で利用が見込めないのだと。函南町にはコミュニティーバスがない。

 徒歩1kmで行く方法がある。三島駅から東海バス 新城橋または大平車庫行き、「御園」下車、狩野川を渡る橋の関係で遠回りになり徒歩1km。下車してバスが進むのと違う道へ進むため地図が必要だ。30分に1本くらいあり三島から所要時間は20分なので駿豆線 伊豆仁田駅から徒歩よりはいい。

 外部から函南って聞くと東海道線の函南駅を思ってしまうのだが、そこは僻地のほうであり市街地は中伊豆なのだ。オラッチェだの十国峠だのより交通の便は良いし住宅街なので迷っても大丈夫。

東海バス三島駅時刻表 2018年11月16日時点

| emisaki | 2018-12-11 Tue 19:53 | 旅・散策と行事::街・施設 |
JR線で行けないJR鉄道鉄道館と周辺
・JR東海 リニア・鉄道館 愛知県名古屋市港区金城ふ頭
入館料 大人1000円(近隣商業施設メイカーズピア利用200円割引あり)
名古屋駅より名古屋臨海高速鉄道あおなみ線で終点の金城ふ頭駅 大人350円。

・JR東日本 鉄道博物館 埼玉県さいたま市大宮区
入館料 大人1000円(2018/7/5拡張し新装オープン 1300円に値上がり)
大宮駅より埼玉新都市交通ニューシャトルで一駅、鉄道博物館 大人190円。
または大宮駅から徒歩1.8km。

・JR西日本 京都鉄道博物館 京都府京都市
入館料 大人1200円
京都駅より路線バスまたは徒歩1.8km。この中では最も都市部にある。

 小さい頃は秋葉原(万世橋)にあった所は連れて行かれたが、誰でもある幼少期の興味だから10歳を越えたら興味の対象は変わってる。その先は子連れにでもならないと行くこともない。待ち時間とかあれば入ってもよいが、調べれば、ついでを許さない立地条件であった...

続き▽
| emisaki | 2018-07-01 Sun 18:11 | 旅・散策と行事::街・施設 |
富士山パノラマ ロープウェイ(旧カチカチ山)
 河口湖の花火大会の調査過程で上から見えないものかと思ってた「カチカチ山ロープウェイ」が2018年4月1日より「富士山パノラマロープウェイ」に改名されてしまった。そういう問題じゃないって言うワケのわからん改名が多い山梨県として富士吉田駅が富士山駅や南アルプス市なる呆れた感じよりかは普通の部類かな。

 全国的に経営が傾いて改名のほうが多いが、本件の場合は外国人観光客が増えてのことらしい。しかしながら、業平橋駅→とうきょうスカイツリー駅のように長年地元に馴染んだ名前が消されてしまうことのほうが多い。誰かへの配慮は誰かへの迷惑が理解されない。改名すべきならば群馬県 上毛電鉄「富士山下駅」のほうである。丘程度なのに富士山ってのがあるのだが間違って訪れた外国人観光客が複数いてニュースになった。

 富士山パノラマロープウェイだが「持ち込み禁止手回り品」のところを見ると時代錯誤で現実的に意味のないことが書かれている。改築される前の駿豆線 三島駅の看板と同じだ。おじさんが知らないほど古い話だから三島駅で見たときに調べたら大昔の映画撮影フィルムは発火性が高かったので持ち込み禁止にされてる。火薬なんかも昔に山で仕事をしてた人に対する警告が無意味な部分も含めて改めもせず延々と引き継がれてる。それが必要ならほかに書くべき警告が書かれていない。

料金も別のロープウェイの半額以下 大人800円で河口湖だけに周辺観光地も多い。
富士山パノラマ ロープウェイ 旧・河口湖天上山公園 カチカチ山ロープウェイ


| emisaki | 2018-05-07 Mon 07:12 | 旅・散策と行事::街・施設 |
コインロッカー空き状況案内システム@JR名古屋駅
 JR東海のプレスリリースを見てたら2018年3月20日から名古屋駅のコインロッカー空き状況を知らせるタッチパネル式の案内板が設置されるとのこと。既に東京駅にも似たようなのが設置されてるが、空き案内設置場所=コインロッカーがある場所へ行ってから空きが離れた場所だったらショック。スマートフォンから専用アプリを使うと場所を問わず調べることができるようだ。名古屋駅ならまだいい、東京駅やら新宿駅なんて案内地図があってもカオス(混沌)状態、迷子になったって書いてる外国人投稿を見かける。

 名古屋駅はこの2年あまり新幹線側が工事しており商店ともどもなくなっている。蓄積情報で自分なりに穴場として利用していたところがなくなってるから昨年の夏も観光客が簡単には行かないような場所を使った。こっちにしてみれば空き状況案内で知らない人が押し寄せてきて迷惑かもしれないが、まだまだ手があるから大丈夫、空き案内が通用するのはJR管轄だけだから。

| emisaki | 2018-03-11 Sun 21:37 | 旅・散策と行事::街・施設 |