サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2019 - 12  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
COMMENTS
    ブラタモリ 那須より発信される情報の信頼性
  • tnk >01.29
  • emisaki >01.21
  • tnk >01.17
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

日中線記念自転車歩行者道 しだれ桜並木@喜多方[調査]
日中線記念自転車歩行者道 しだれ桜並木

見頃: 4月25~29日(2017年)
区間: 国鉄日中線跡地 下記3km区間 約1000本
始点: 喜多方駅から西へ線路沿い400m 福島県喜多方市千苅8546-1 付近
終点: 喜多方駅から北へ車道で3.1km 福島県喜多方市青葉台40 付近

喜多方観光物産協会日中線記念自転車歩行者道 しだれ桜並木

【 交 通 】

<電車>
東京→[東北新幹線]→郡山→[磐越西線]→喜多方 (乗車時間 約3時間、所要時間4時間以上)

・全線JR 郡山で65分待ち
東京 06:04-07:24 郡山(福島) 08:29-[磐越西線]-09:40 会津若松 09:53-10:20 喜多方

・郡山からバス 会津若松で1時間20分待ち
東京 06:04-07:24 郡山(福島)07:30-[新常磐交通バス]-08:33 会津若松 09:53-[磐越西線]-10:20 喜多方

会津若松での時短は路線バスの使用で
若松駅前バスターミナル 08:43-[路線バス]-09:40 喜多方駅前
なんと40分も早まった。

待ち時間を有効利用する場所については最下欄にまとめる。



<高速バス>
高速 東京駅八重洲南口 07:10→会津アピオ入口11:33→11:39 若松駅前(土日祝日運行)4,800円
路線 若松駅前 12:13→13:02 喜多方営業所 塩川経由920円
路線 若松駅前 12:23→13:20 喜多方営業所 熊倉経由1040円

 インターネット上の乗り換え案内は、待ち時間がもったいない移動を提示したため人力で探ることにした。会津若松に早く着く方法として郡山からは高速バスを使う。各到着時刻は以下となる。

郡山 07:30→休日08:27 会津アピオ入口→08:31 北柳原→08:33 若松駅前バスターミナル(BT)
※ 平日の到着時刻は+10分。

 道路が渋滞すると更に遅れる可能性があるが、休日も安心してられないのが桜の季節がゴールデンウィーク(GW)だってこと。咲くのが早くなってGW前の週か、平日に行けるなら市街地での道路状況の不安はあるが平日のほうが客も少ないはず。路線図と地図を照らし合わし遅れたときの重複部分として北柳原バス停が浮かび上がった。

若松駅前BT 08:43→北柳原 08:46→[路線バス57系統 熊倉経由]→09:40 喜多方駅前
(北柳原バス停 上り車線→信号 横断歩道→下り車線 130m
 平日だと郡山からの路線で遅れが出てるだろうから間に合う可能性が低い)

若松駅前BT 08:48→北柳原 08:51→[路線バス58系統 塩川経由]→09:40 喜多方駅前
(会津アピオ入口下車、徒歩650mで下荒久田[反対側のバス停しか見当たらず] 08:55、
 不安なら 徒歩850m 10分は必要、会津丸運前 08:56)

 高速道路から一般道に出た直後のバス停が会津アピオ入口で、そこから最も近い路線バスのバス停が下荒久田。その先の道路が渋滞してないならば、歩いて移動するくらいなら北柳原に間に合うはずだ。それもダメそうならば、

若松駅前BT 09:18→会津アピオ入口 09:26→[路線バス58系統 塩川経由]→10:07 喜多方駅前

 上記の次の便なら30~40分も遅れなければ乗れる。他の運行時刻として、平日と休日の時刻が異なる場合、平日のみ、休日のみ運行などあり、行く日を決定する必要がある。当方は基本的に休日ダイヤで考えており、平日の場合は別途記載。とりあえず両面で考えたい。


 バスタ新宿から喜多方営業所まで所要時間は6時間を越える。夜行バスだと会津若松行きだけで05:20着、電車乗り継ぎで06時前には喜多方駅へ到着できる。宿代が浮くってよりも寝られなく景色も見えない夜行長距離バスは疲れるから嫌だ。乗り換え待ち時間が問題なだけで新幹線を使えば乗車時間はトータル3時間。




ローカル路線バス乗り継ぎの旅みたいなことをすると、

郡山駅前 08:45-[福島交通バス]-09:28 熱海駅(磐梯熱海)

早く行っても先がつながらないため、郡山駅に12時頃まで着けばよいことになる。

郡山駅前 12:10-[福島交通バス]-12:53 熱海駅(磐梯熱海)
熱海駅前 13:15-[会津バス]-1413 赤津(勝田内行き1日1本 日曜運休)
赤津 17:03-[会津バス]-17:10 原長谷川前 ※湖南高校登校日のみ運行
原長谷川前 17:10-17:59 若松駅前 ※土日祝運休
若松駅前 18:13-[会津バス(平日)]-19:10 喜多方駅前 ※土日祝運休

 この路線の悲劇は郡山~磐梯熱海は休日増強路線、磐梯熱海~湖南高校~若松駅が平日のみの路線であること。長距離歩行なしでは平日しか辿り着けない。太川・蛭子組は郡山で終わったが会津までは郡山から半日かかる。こちらは高速バスも電車も使えるから時刻表から時間の無駄を極力減らして立ち寄り場所を考える。磐梯熱海に用がないなら会津若松に直行や、猪苗代から裏磐梯。

郡山 08:28→[JR]→09:08 猪苗代
猪苗代 09:10→[磐梯東都バス]→09:48 五色沼入口(裏磐梯ビジターセンター前)
五色沼入口 11:06→[磐梯東都バス]→12:25 喜多方駅 
五色沼入口 14:41→[磐梯東都バス]→16:00 喜多方駅
五色沼入口 15:51→[磐梯東都バス]→17:10 喜多方駅

 五色沼から喜多方へはバスあるが次のバスに乗らないと3時間半もなく五色沼がメインになってしまう。喜多方だと小さい旅館のみでビジネスホテルだと会津若松まで行くことになる。途中で乗り換え待ちが1時間以上あるからって裏磐梯へ行っただけで、もっと時間を食ってた。

 五色沼を回って喜多方を翌日にするなら猪苗代へ戻って電車のほうがよさそうだ。磐梯東都バス時刻表(裏磐梯・桧原方面)にて怪しい部分を発見した。(如風庵)バスセンターの先のバス停で猪苗代病院入口から猪苗代駅までも2km 17分になってて時間がかかりすぎは怪しい。

 そこから読み取れることは猪苗代病院入口で10分くらい停車するってこと。それで途中で降りて徒歩で向かっても1.6kmくらいあるのでバスに追いつかれてしまうから、そのまま乗ってるしかない。うまく繋がるのは、五色沼入口 14:44→15:30 猪苗代駅 15:36→16:09 会津若松だけで、ほかは猪苗代駅で50分は待つことになる。どちらかと言うと郡山方面の電車の時刻に合わせているのだろう。

何年か前に調べたときと同じ感じで酷くはなってない。




<お得な切符>

・「週末パス」8,730円 2日間有効 JR東日本の関東、甲信越、新潟~東北地方南部と一部の私鉄
 使用不可 4月28日~5月6日期間 使用可能最終4月22日 販売4月20日まで
 新幹線の運賃に適用可

 ※2018年4月1日以降の継続販売は現時点で不明

・「小さな旅ホリデー・パス」2670円 当日限り 新白河~郡山、郡山~喜多方、ほか
 使用可能 土・休日及び4月29日~5月5日 範囲までの切符を買えば範囲外で購入可
 普通・快速・在来特急の運賃適用、福島~新庄を除き新幹線には使えない

 ※ 時間を食われるってのに電車に縛られたら意味がない。割引切符はあきらめか。


 東京から山形県、宮城県まで行けば効力があるが「週末パス」料金の半額くらいの距離だと大きな意味が出ない。今回探った場所だと便数から高速バスも考えられるためJR線に縛られると非効率になる。また、新幹線部分は「えきねっとトクだ値」「えきねっとお先にトクだ値」を利用することで割引は得られる。「週末パス」を使っても新幹線特急料金は通常価格のまま。

  東京→喜多方 5,400円+新幹線自由席3,680円 指定席4,200円(東京~郡山)
  郡山→喜多方 1,490円 (高速バス1,400円 10:40、17:50)

新幹線を自由席として喜多方まで通常往復 18,160円、週末パスが利用できたと仮定すると 16,090円、東京~郡山 えきねっとお先にトクだ値30と小さな旅ホリデー・パスを利用 14,430円となる。

 宿泊の場合はホリデー・パスを使ったら損で普通に行くが、それでもJRのみの場合で 14,740円。途中下車を考えたらホリデー・パスは便利だが当日限り有効なので郡山から先は普通に買っても大きな出費にはならない。

 「週末パス」でJR以外のの私鉄は甲信越地方だと手厚い対応が成されてるが、栃木、福島県ではほぼ対応してない。会津鉄道も西若松から会津田島まで。ようするに鬼怒川~日光周りだと会津鉄道、野岩鉄道会津鬼怒川線、東武鬼怒川線は別途支払いとなる。




JR東日本
会津バス (高速バス いわき~郡山~会津若松、路線バス 若松管内 若松~喜多方)
磐梯東都バス

郡山市観光協会
会津若松観光ナビ
さざえ堂 09:00~日没 拝観料400円
→ さざえ堂 地図:福島県会津若松市一箕町八幡弁天下1404
喜多方観光協会
蔵のまち喜多方老麺会 喜多方ラーメン屋 
郡山コンベンションビューロー
→ しだれ桜並木 地図:日中線記念自転車歩行者道 福島県喜多方市




 新たに候補としてあがったところの調査。過去に気になって調べたところも忘れてない。例によって「掛け持ち」先との兼ね合いがある。エンゲル係数ならぬトリップ係数は交通費の占めるところが多いため掛け持ちが基本。調べてる過程で既に知ってはいるものの超優遇されてるのが同時に見つかると、なんだかやりきれない。

 外国人優遇=日本人差別切符(JAPAN RAIL PASS)や年齢差別会員(大人の休日倶楽部)も買えない入れないから効率を上げるしかない。国鉄時代にナイスミディなんてやったわけだが、外国でやったら差別だーって大騒ぎになることを日本は考えもせず行う。優遇を受ける側は文句言わないだけ。

 もしJAPAN RAIL PASS使えたら2週間くらい北海道から鹿児島まで回ってやるんだけど、そこらへん外国人の投稿見てるとうらやましい。14日間で46,390円なら、のぞみ・みずほに乗れなくても他は乗り放題なんだから全然問題ないし、宿だってケチれるし最も大きい交通費と宿が10万円ちょっとで済んじゃう。

 博多どんたく~広島フラワーって二泊三日の交通費と高騰したビジネスホテルで軽く10万円は消えたし、熊野三山へも旅費のみ二泊三日で6万円くらいか。加えて飲食、その他かかるからね。公平に国籍、年齢優遇など収入と資産を元にして行って欲しいものだな。

 大部分の日本人は外国人観光客がものすごく優遇されてることを知らない JAPAN RAIL PASSって何?だろうね。

 そうえば、このまえ女性専用車両に乗って留まったバカな男どもがいたようだが、言おうとしてる事はわかるが痴漢冤罪がある以上はあれはあれでいい。そして抗議の方法がまるでわかってない低能な男どもには同性として迷惑なだけ。低能な団体の奴らよ、トイレが男女分かれてるのにも文句付けてこいよ。もっと例を出そうかってくらいバカ相手にしても仕方ない。駅員もそんなバカを論破できなかったのか。

 私が現場にいたら引きずり降ろしているだろうな。自力救済の禁止って言う奴もいるだろうが女性専用車両に故意に乗って結果的に電車止めてるし緊急避難ってことになれば降ろすくらいの強制は無罪かもしれん。それより威力業務妨害で現逮すればOKか。俺も優遇という名の逆差別を取り上げてきたが、犯罪まがいの実力行使なんて考えもしない。同性としてバカな男どもには迷惑。

おっと、話が飛びまくった。

 えきねっとトクだ値スペシャルが出てるから見たら2月中旬から3月中旬と閑散期のみな上、仙台から新函館北斗までと乗客が激減する区間だから、こっち側には関係なかった。

さてと、めげずにもっと調べるか
| emisaki | 2018-02-25 Sun 06:54 | 旅・散策と行事::計画・調査 |
コメント