サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2020 - 01  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
COMMENTS
    第27回ミス熱海コンテスト 2011/11/23
  • emisaki >02.21
  • きゃな >02.20
    今更ながらCanon HV20の周辺光量の状況
  • emisaki >08.19
  • bukky01 >08.18
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

今年もスカイツリー点灯 12/23・24・31~年越し
 今年も東京スカイツリーのクリスマス点灯があり、加えて大晦日から年越しにも部分点灯が行われる。具体的には12月23日、24日17時30分~22時、31日21時から25時。LED設置台数の約3分の1が点灯する模様。

 昨年は工事用クレーン、室内などLEDでなないであろう明るさの照明でした。一流企業として名が通っていてもLEDとしては“お前誰?”と言いたくなる会社があり、ライティングフェアや半導体部品の展示会でも湧いて出てきたようLEDを扱うメーカーも多い。そこで比べた時を考えると往年のLED開発メーカーより鉄骨がかなり放熱板にされるであろう不安と明るさの不安もあります。いつものようにM&Aで一線に躍り出たのでしょうか?
 昨年10月のごく一部のLED点灯試験よりかは明るく見えてくるでしょうが人間の目は勝手に順応してしまいますがカメラは絶対的な明るさを示す。はたして3分の1で東京タワーと比較してどこまで浮かび上がるか週末には判明します。


続きを読む ≫
 24日は台場で花火があり、花火を前にするとレインボーブリッジの後ろのほうに東京スカイツリーが見える場所もあるにはあるが遠すぎでしょう。近場は倉庫や工場で入れてもらえる可能性はゼロです。船で海から攻めた方が期待できる。

 今更ですが業平橋が「とうきょうスカイツリー」駅に改名は間抜けに思う。ひらがなにしてるところが更にイヤ、同じ会社の代物なんだから登録商標は関係ないだろう。東京駅と間違える可能性を考えてもスカイツリーがくっついてることだし反証ばかり見つかるので関係ない。都心からの接続を考えると東京メトロ「押上」駅や都営地下鉄「本所吾妻橋」駅のほうが圧倒的に便利なので目立ちたいと考えるのが妥当かな。彼らは収益として展望台に登ることに捕らわれすぎだが、一般的には外から見ないと意味がないので、そこそこ離れた地点から攻めるのは当然だ。だから台東区が騒ぎ出したのであろう。浅草寺や吾妻橋など隅田川界隈は当初から私も撮影してきた絶好のポイントである。

 近年は売り買いとか、神戸でも京コンピュータ前駅になったりと元からあった名前が疎かにされている。東急東横線に元住吉という駅があるが時代の名残りであって住吉という町名はなくなってしまったので「元」だからね
≪ 続きを隠す
| emisaki | 2011-12-19 Mon 01:19 | 旅・散策と行事::情報 |
河津は、まだ早すぎ
←2010年の写真です。
昨年は2月21日に行きまして、天気は悪かったのですが桜はちょうどよかった。さきっちょに葉っぱが出てきてるのが見えていたから、あと1週間遅かったら緑が目立ってしまったと。

今年は寒くて遅れていると言われてる通りで、きのうの情報によると河津はつぼみが目立つ状態でまだ早い。だから花びらのピンクより赤という感じ。この点は公式サイトより観光客の写真が頼りになります。営業的な観点であやふやにしたいのかな。
交通費がもったいないけど今日は熱海だけにします。

| emisaki | 2011-02-20 Sun 07:26 | 旅・散策と行事::情報 |