サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2021 - 05  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

泊まるのにコインロッカーが必要になってしまう理由
 各所で、なぜそんな大荷物が必要なんだと見かけることがあるが、必要には思えない物まで持ち歩く人達が一定数いる。高低差のある土地だと下ったら、もう上りたくないから平地より桁違いに荷物が邪魔になる。

 電車の駅は標高 何十メートルなのに平地へ下ってしまったらもう荷物を預ける場所なんて無いと知っているとチェックイン前であるし宿は離れているから駅前で預けてしまうのは当然の流れ。一般的に観光する場所と泊まる場所は別ってことはよくあるから先にホテルへ向かって荷物を預けられるとは言い切れない。

 路線バスがあったとしても都市部の車両とは構造が異なってる場合があり、いわゆる観光バスのような座席が多くて通路が狭い。大きな荷物なんて持って乗ったら大迷惑。

続きを読む ≫
 この不便に気づかれないのは高齢者ばかりを相手してきたことにある。高齢者の傾向だと、荷物は少なめ、観光地を廻るより宿に行くことが観光と考え方の違いにあると思う。

 過去に探ったことがあるが、探れた限りでは宿泊者の荷物を事前に宿まで運んでくれる宿は無いに等しいほど少ない。一部で見らたのは有料サービスとなってるが、コインロッカーに入れるくらいなら楽だし安上がり。

 送迎のある宿が多数あるのに進められないのも宿泊客が揃って同じ時刻に来るわけじゃないから、いちいち取りに行くことは出来ない。全国平均は知らないが、送迎があるような宿って送迎がないと困る交通の便が悪いからで片道30分くらいざらにある。

 公共交通を基本に考えてる私だと送迎なしで除外とした宿も数多くあった。僻地でタクシーを使うと2~3万円になり諦めて別の場所にしてもう1泊したほうが良いと思えてくる。

コインロッカーがあるのは幸せで、本当に困る場所ほどコインロッカーすらない。




・観光ホテルでも大規模やビジネスホテルだと楽な理由

 宿泊日を荷物(箱)に記載して宅配便で送れるが、旅館風なところになるほど事前に連絡、送り返すときは着払いのみが多い。自分の例だと都市部が多いから近くの取次店に持ち込めば元払いで送ることができる。

 着払いだと置き配や宅配ロッカーが利用できず在宅が必須。支払いの扱いが面倒なのは理解できるが客商売だからね。手数料を上乗せしても元払いにして欲しい。

 ヤマト運輸ならクロネコメンバーズのプリペイドカードから引き落として欲しいが、手書きの伝票だと個人まで認識されないんだよね。だから手書きだと事前に届くと電子メールが入らない。配送側の進化も待たれる。

 宿にいるときしか必要じゃない荷物の宅配便輸送は私にとっては定番。花火を撮りに行って翌日の観光では三脚いらないと自宅へ送ること何回やったか。そして土産物、観光してるのに荷物は持ち歩きたくないから帰宅直前にしか買わない。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-05-02 Sun 13:17 | 旅・散策::考察・批評 |
熊野古道小辺路 荷物搬送サービス 素晴らしい一転、時代遅れも
十津川温泉から近隣の宿泊施設まで荷物の運搬サービスを行っていた。

 人の流れが止まってタクシーが物を運んでるってニュースを見たのだろうか、過去より私は宅配便を利用してきた方法であるが、歩く段階では不要な荷物を送るにしても熊野古道のような場所では受付と到着時刻に問題が出てくる。このタクシーを利用した荷物運搬サービスも宿泊施設へしか送ってはくれない。

 外国人観光客を対象にしてそだが依頼書の大部分が何を書いてあるか訳がわからない。そして申し込みが、なんとファクシミリなのだ…

続きを読む ≫
 宅配業者の地図上では1日で届くことになっていても地方都市、田舎になるほど受付の終了時刻が異様に早くなる。ですから荷物を送ろうとすると午後の遅くでは既に遅く、翌日に自分は帰るが荷物は翌々日なんてことがよくある。単なる荷物ならいいんだが、土産物、食品なんかだと困る。

 それでも旅行中に不要なのは宅配便で家に送れば良いのだが問題になるのは入れ物(箱)。都会のホテルなら箱も売ってくれるが山間部だと難しくなる。そもそも外国人観光客には無理な手段。

 旅行中は必要だが、熊野古道を歩くなど移動中は不要って荷物を次の宿泊地へ送るためだが、タクシーだから値は張るもののグループが複数個で利用するなら単価は下がる。

 自分が使おうと考えると届け先が足かせになる。1日で辿り着くには到底無理や1日じゃ近すぎるのに宿泊施設から届け先も宿泊施設のみだから。必ず二泊三日以上でないと使えない。

 熊野古道小辺路の渡り歩き専用でしたが、日本人よりも外国人観光客には使えるのかもしれないが彼らの感覚だと Very expensive. 依頼書が駄目だと思ったがタクシーを使うにしても十津川温泉からが必須なので宿の人が対処するってことでしょう。そうなると申し込みが化石レベルな時代遅れであるFAXのみってのも問題ないってことになる。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-05-02 Sun 10:30 | 旅・散策::考察・批評 |
テレビが訂正してた件で思い出した 海部。そして、みよし市、東郷町
 投稿時点で放送中のズームイン!!サタデーが島根県海士町を誤植したと謝罪してたが、もしかして海部にしたかな。それも現在は愛知県あま市。学生時代に「かいふ」と言って訂正されたことがあるのも「海部俊樹」がいたから。

 新たな疑問、愛知県出身とのことだが、かつて海部郡(あまぐん)はあって、名字は海部(かいふ)って謎だよな。生まれは名古屋の中心地だが祖先までは不明。間違えるから平仮名で「あま市」にしたのは調べずともわかる。

 2010年だから現地報道で知ってたのは「みよし市」で、既に「みよし」には「広島県三次市」、「徳島県三好市」が存在していたから元は「三好町」だったが平仮名にしたと。なんで合併しなかったんだと思った隣の東郷町だが2020年9月に「ららぽーと愛知東郷」なんて巨大モールが出来た。

 本題を逸脱して東郷町を調べたら、JAあいち尾東とかいうのがなくなってると思ったら奥に建て替えられており、駐車場が広すぎると思ったら、ららぽーとのほうに向かって道路拡幅工事で立ち退きがあった。影響がない場所に建て替えたわけだ。

 複合施設付き高層住宅と安城市役所周辺で見たのとソックリ。ららぽーと愛知東郷から延びてる道路の先は東郷町役場だから。役所と商業施設が太い道で繋がっても関係ねぇーんだよ。古くなって丁度良い建物が区画整理されてるから立ち退き料バブルでも起きてるか?

<追記:テレビ番組だが、よく見れば、士(し)じゃなく土(ど/つち)に間違えてた>

| emisaki | 2021-04-24 Sat 07:52 | 旅・散策::考察・批評 |
警察署からチラシ入ってたが
もはや警察署からのチラシすら疑いの眼差しで見てしまう。
チラシは今回と違ってカード詐欺の件だった。

 以前にメール登録したから今でも電子メールが届くんだが、熱海警察署も市役所の配信を利用して詐欺の電話が多発していると伝えてきた。

それにしても日本にも、どれだけ犯罪者が隠れていたのかと思うと嘆かわしい。

 本日に窃盗で逮捕された奴も反社の顔。カスだけに真っ当な仕事もできず、世間の守りも日増しに強くなり、頭のご不自由なカスだけにコソ泥に転落って感じだ。

だから泥棒以上は全て「動作不良による機能停止処置」でよろしい。
死とは生命体として尊重されてる命に使う言葉でございます。だから害虫は駆除と言うのです。

| emisaki | 2021-03-10 Wed 18:51 | 旅・散策::考察・批評 |
熊本城が2021年4月26日から天守内部公開と発表されてた
 2021年1月28日に熊本城特別公開第3弾開始と発表、天守内部の公開は4月26日からで入場料(入城料)は高校生以上800円、小中学生300円と大修復後にしては値上げも低く抑えられた。

 大阪城の悲劇を知っていたため誤解していたが、現在見学用にも使われているエレベーターとスロープは工事用の仮設で修復が終了したら撤去されるとのこと。仮設とは「特別見学通路」だけで、知らぬところで改悪があるかもしれない。

 交通機関が訴えられたり近年はご不自由な方によるお願いを逸脱した異様な自己中まで見られるようになり、名古屋城の建て替えにおいも怪しげな連中が「天守」なのにエレベーター設置と無意味な復刻へと狂わせる。そんな馬鹿なことをするのは某国だけだと思ったのは間違ってた。文化史跡などにバリアフリー法なんて適用されるはずがない。抑圧したと思われることから逃れるため世界的に少数のワガママを通す世の中を恐ろしく感じている。

 工事のことを調べていたら、大林組、大林組、大林組… 関連しない工事入札まで15件の全部が大林組九州支店となっている理由は何なのだろうか?

熊本城新着情報熊本城特別公開第3弾開始(天守閣内部公開)予定のご案内
熊本県 >> 入札・契約入札・企画提案の公告熊本城天守閣復旧整備事業

是非とも、「天守閣」ではなく、正しく「天守」でお願いしたい。

| emisaki | 2021-02-09 Tue 18:11 | 旅・散策::考察・批評 |
未だに市外局番も都道府県名も書いてない風潮残る
 もう10年以上前に指摘したことだ。その時点で携帯電話時代は到来していたので、電話しろって書いてあっても市外局番が書いてないからどうにもならない看板を見てきた。

 続いての面倒なのがインターネットで観光調査をするのだが、探す行為をしてると場所は特定されてないため固定概念なく出くわす問題。「おい、何県だよ」って言いたくなる市町村および観光サイトがまだたくさん残っている。

続きを読む ≫
 例えにして悪いが、「温泉県」なんて勝手に言われても温泉は日本中のどこでも出るんだよーってことになり、もし日本中の人が知ってる唯一無二な呼び名なら「滑って転んで○○県」なんだよ…これは絶対却下だろうけど。

 テレビ東京のローカル路線バス乗り継ぎ旅にて一定額でタクシーが使えるようになったとき、市外局番が書いてなく電話できないとなった(携帯電話だから)。そこではたまたま公衆電話があったが、偶然でしかない。もはや公衆電話は一般の加入電話、携帯電話、インターネット契約ごとに月額2~3円を強制徴収して守ることになった(ユニバーサルサービス制度)。都市部で公衆電話は500m以内ごとと定められているが田舎になれば昔から存在していない。

 インターネット検索では接点のない点と点が結ばれている。ですから「あんた何県のどこ?」とは当然の疑問なのである。既に取り上げた件だが、テレビ朝日「タモリ倶楽部」では残念な観光パンフレットとして取り上げられ、タモリが「田舎の人は日本中が自分のことを知ってると思ってる」との名言(迷言)が飛び出したが、それが事実である。

 曲がる場所の目印に「○○さんの畑」には、ちょっと何言ってんのかわかんないんですけど~と言いたくなった。それ稲取の話なんだけど東伊豆町の住民は隅から隅までご存じなんでしょうか?住民限定イベントじゃないのに、そういうことやらかす。

 道を教えられたときも「バイオパーク」と言われても俺だからいいようなもので、知らない人ならそんなの無いってことになる。2010年に「アニマルキングダム」に変わってる。施設名称だと国鉄からJRと訳が違って通じなくなる。

 カメボーイがいるところも「アンディランド亀族館」だったと思うんだが今は「iZoo」だ。細かいところでは、伊豆シャボテン公園は気づいた時には「動物」が含まれるようになった。宿もオーナーが変わると引き継ぐってよりも過去を払拭するほうが多いから伊豆半島には名前を変えればよいって風潮が蔓延しているのかもしれない。

ということで、十数年前、大都市から視点を変えたときに見えたが進展してなかった。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-01-31 Sun 08:41 | 旅・散策::考察・批評 |