サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2022 - 09  >>


2022 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

警察庁 交通事故統計月報を読む(個人的見解)
警察庁 交通事故統計月報を読む(統計編)から続く

 警視庁の「交通事故発生状況」の月別の値を見たが、死者数では現実を見失うため、比例が見られる事故件数と負傷者数を比べてみたのだが、人流が減ったことに同期が見られた。

 もっと減ってもよいはずと思うが、ここ2年間で劇的に報道されたよう地方症を患ってる大多数による究極の自己中な運転、人流が減ったと言えども都会には大勢がいることを忘れた横暴な運転など複合要因によって下げ止まってると考えられる。
 状況証拠は多数、歩道爆走チャリ、住宅街の狭くて視界の悪い道路でさえ猛スピードで走る殺人鬼を目の当たりと言うだけで十分だろ。無能や違反は事件だ。事故とは不慮の事故のみ。

 接触を恐れて公共交通から自家用車を利用するにようなってペーパードライバーが動き出したって理由は限定的だと思う。過疎地や高齢者を見ればわかるように自動車ってのは麻薬のように働くため既に所有していて使わないことは考えられない。反対に都心部では駐車場にも困り、所有率は下がり続けてきた。

続きを読む ≫


 この他に自転車に注目すると確かに事故件数は減っているのだが、長年と生活してきた側からするとデータは受け入れがたいし、そのデータのみを見ると見誤る。ようするに、起訴もされない犯罪者は激増してきたが事故は避けられ、凶悪犯のみが目立ってきた。現実には違反(犯罪)者は増えている。世の中の人間が狂った、世の中の道徳水準が下がったから本質に気づけなくなった。

 年代別死者数を見ると十代後半と高齢者に集中していた。それは利用者数に比例してると考えられるため、若年層の無謀運転と注意散漫な高齢者および歩行者の被害者としての高齢者だと考えられる。決して中間の年代層が安全運転をしているからではない。

 ママチャリ歩道爆走族なるクズどもの存在を忘れてはならない。ワイドショーを見て「ママチャリが自動車にひかれて可哀想」なんて言ってそうな奴らが歩行者への人殺し予備軍なのだからな。防犯カメラ、ドライブレコーダー搭載時代には合わない過失割合の制度が真相から遠ざけてる。

 街で見るチャリンコ巡査が道路交通法違反だって言ってきたくらい地方症の脅威は増してきた。交通関係の記事を読んでいると「赤信号みんなで渡れば怖くない」の劣等種族さんたちは見かけ上の数値を見て自己中な行動を正当化したい。人間の本質が見えてないようだ。



 国土交通省 関東運輸局にて車両台数を調べたのだが、関東地方では全てで減少していた。だが、東京都においては関東のみならず全国からの車両流入があるため都道府県別の保有台数には意味がない。調査が足りないかもしれないが、なるべく正確な所で調べられた流入台数なる資料を見つけることはできなかった。

 日本としては人口減少しても地域的には増加している東京近郊においては公共交通の発達により車両台数の減少は必然かと思う。

 数値から見えることもあれば見えないこともある。交通戦争は知らないが第二次交通戦争なんて言われる時期には学校帰りに外で遊びほうけていたが、今のほうがよっぽど危険である。



 元暴走族だった奴が堂々と昔はワル(やんちゃ)だったとテレビ番組インタビューなんかで言うのがいるが、法的に逃れられるだけで罪は償うことはできない。それに以降が懺悔の日々だった保障なんて無く更正したと勘違いした悪ではないのか。そのように無自覚のまま自己中に育てられた者を理解させるにはカルト教から救い出すに相当する難しさがある。

なぜ、住宅街の路地でそんなスピードが出せるんだ!?
もっと安全にできる。集団生活能力の劇的な向上と人間性が変わればな。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-11-20 Sat 18:48 | 交通::事件・事故・違反 |
警察庁 交通事故統計月報を読む(統計編)
警察庁が公表してるデータより】
・交通事故発生状況
2021年10月中 負傷者数 32,172 前年増減数 -1,961 前年増減率 -5.7%
2021年09月中 負傷者数 27,441 前年増減数 -2,740 前年増減率 -9.1%
2021年08月中 負傷者数 28,941 前年増減数 -1,039 前年増減率 -3.5%
2021年07月中 負傷者数 29,512 前年増減数 -414 前年増減率 -1.4%
2021年06月中 負傷者数 28,527 前年増減数 180 前年増減率 0.6%
2021年05月中 負傷者数 26,563 前年増減数 5,001 前年増減率 23.2%
2021年04月中 負傷者数 29,662 前年増減数 5,075 前年増減率 20.6%
2021年03月中 負傷者数 31,628 前年増減数 -1,805 前年増減率 -5.4%
2021年02月中 負傷者数 27,560 前年増減数 -5,128 前年増減率 -15.7%
2021年01月中 負傷者数 28,073 前年増減数 -4,910 前年増減率 -14.9%

2020年12月中 負傷者数 37,886 前年増減数 -5,171 (12月は個別公表なく年間にて算出値)
2020年11月中 負傷者数 33,770 前年増減数 -5,721 前年増減率 -14.5
2020年10月中 負傷者数 34,133 前年増減数 -5,382 前年増減率 -13.6
2020年09月中 負傷者数 30,181 前年増減数 -6,322 前年増減率 -17.3
2020年08月中 負傷者数 29,980 前年増減数 -8,709 前年増減率 -22.5
2020年07月中 負傷者数 29,926 前年増減数 -7,394 前年増減率 -19.8
2020年06月中 負傷者数 28,347 前年増減数 -7,007 前年増減率 -19.8
2020年05月中 負傷者数 21,562 前年増減数 -15,840 前年増減率 -42.4
2020年04月中 負傷者数 24,587 前年増減数 -14,884 前年増減率 -37.7
2020年03月中 負傷者数 33,433 前年増減数 -7,476 前年増減率 -18.3
2020年02月中 負傷者数 32,688 前年増減数 -3,348 前年増減率 -9.3
2020年01月中 負傷者数 32,983 前年増減数 -5,045 前年増減率 -13.3

・交通事故の発生状況 死傷者数
2016年 622,757
2017年 584,541
2018年 529,378
2019年 464,990
2020年 372,315
2021年 292,180(現在10月末までの値)

関東運輸局のデータより】
・市区町村別自動車保有車両数
東京都 平成23年3月末 2,134,852台 → 令和3年3月末 2,045,497台 -89,335台
埼玉県 平成23年3月末 2,749,131台 → 令和3年3月末 2,692,894台 -56,237台
千葉県 平成23年3月末 2,446,756台 → 令和3年3月末 2,428,787台 -17,969台
神奈川県 平成23年3月末 2,958,904台 → 令和3年3月末 2,851,150台 -107,754台
茨城県 平成23年3月末 1,645,817台 → 令和3年3月末 1,642,255台 -3,562台
栃木県 平成23年3月末 1,108,693台 → 令和3年3月末 1,088,303台 -20,390台
群馬県 平成23年3月末 1,096,505台 → 令和3年3月末 1,070,577台 -25,928台

警察庁 交通事故統計月報を読む(個人的見解)へ続く

| emisaki | 2021-11-20 Sat 18:07 | 交通::事件・事故・違反 |
高齢者から運転免許を取り上げるまで何人殺されるのか!?
高齢者から運転免許証を取り上げるまでに、あと何人殺されれば良いのでしょうか。
もちろん暴走族や飲酒運転など重罪は一生復活なしの免許停止でなければならない。

 「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」とは、もう聞き飽きた呆れた言い訳。政治家の「記憶にありません」レベル。朝の報道では事後の現場からの中継で、夕方の報道でもどうなったのか不明。夜になって防犯カメラの映像が出てきたのを見たら異常だとしか思えない。ひき殺された人が立っていた場所は駐車場でも道路でもない敷地内の通路だ。

 もちろんボカシがかかってるが、建物に当たってから沿うように自動販売機の前にいた人ごと押し倒し、更に突撃、トドメを刺すように押し進め、一転して高速でバックして防犯カメラを取り付けてある細い柱を薙ぎ倒し、すぐ後ろの街灯の柱に激突、また直進してスーパーマーケットの角の柱に激突して停車してる。

 1名死亡、2名重症(大けが)。死亡したのは既に免許証を返納していた高齢者とのこと。いつまでも車を使うことに固執した自己中な老人に正直者が殺される悲劇だった。

<追記 2021年10月18日: 報道によると、ブレーキを踏まないとギアは切り替えられない車種とのこと>

続きを読む ≫
停車していたって時点から間違ってる。 駐車場は反対側にある。
「この付近は歩道、出入口につき、自動車・バイク等の駐停車を禁止致します 黒山警察署」
2020年10月 Googleストリートビュー

 そこからGoogleストリートビューでズームアウトして2020年10月某日の道路を見るだけで違いがわかる「交通モラル無しの関西人」。上記ではなく本物の標識である駐車禁止なんて無視して12台が駐車、もう2台の駐車トラックは荷降ろし中ならば許されるかも。
報道の空撮を見ると、この駐停車禁止を促す看板は事故当日もそこにあった。

 事件を起こした爺さんの頭がヘンではないと言い張るのならば悪魔でも乗り移ったのか、被害者をひいた上に自動販売機へ念入りの突進、バックするならその時点で停車できたのに、バックしてからまた前進して柱に突っ込む。あんなのブレーキとアクセルを踏み間違えじゃない。

 89歳で運転、東池袋の事件報道を見たことがあるのか?奴は当時87歳だ。もうそこまで達したら全員が駄目だってことだ。アクセルに足が張り付いたままを理解しないのと同じ臭いがした。

イノシシやクマが出てくるのと何が違うんだろうな 俺にはそれ以上の脅威に見えるけどな。
だったらなぜ駆除(免許取り上げ)しないんだろうか。

 個人差があるなんて言うのは60歳を過ぎた時点での話であって、80歳以上なんて、もはや自動車を運転できる能力がない。そんなの老人に接していればよくわかる。気配も感じなくなってるし、周囲も見えないし、注意も散漫。歩いててそれなんだから運転なんてできるはずがない。過疎地だと単独事故がやたらとあって事件化しないって聞いたことがあり、誰かいたときに悲劇に見舞われる。

後期高齢者にて免許卒業は必須。

地方症に加え、還暦は赤ん坊に戻る→その先に待ってるのは究極の自己中だと何度言えば解る?

 事故じゃなく事件。役所はこれを止めないのだから殺人幇助である。全年代を通して飲酒運転やら暴走行為の犯罪に加え、高齢者の年齢制限による免許終了が必要な時期はとっくにきている。

 こっちはさ、地方症どもが運転する爆走チャリと戦うだけで精一杯だぜ 車に突っ込まれたら逃げ切れない。自動車からも、こっちには非が全くない状況でひき殺されそうな信号無視車両から2度も事前に察知できたことで回避できた。飲酒か居眠り運転なわけよ。

 過去、集団生活能力がない人達が大挙して都会に押し寄せた結果、無秩序化した。その一つが自動車事故で交通戦争と呼ばれた。高齢問題のみならず「あおり運転」など自己中が目立ちすぎるようになった。同じ理由でまた増えつつあるのではないか。一十五六四どもめが!

いつ被害者にされるかもしれない国民としては加害予備軍を守るのをいい加減にしやがれ!

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-11-17 Wed 23:19 | 交通::事件・事故・違反 |
あんなタクシー運転手はいくらでもいたけど
 数年前には大阪や神戸の繁華街でチンピラか893か区別つかないような運転手も見た。関西弁でそう感じるわけじゃない。こうした話題はテレビより前にJダウンネットがよく扱う。

受け答えがなってないから苦情葉書を取ったのが、そいつにとっての地雷を踏んじまった。

 それで客をなくすかだけだから「ため口」きいちゃいけない理由がない。お客様は神様ですとは客が言う側ではない間違えが浸透しすぎ、それによって客は過度なサービスを求めるようになってしまった。この事例は不明だが、運転手の態度が悪い→客の態度が悪いほうが何桁も多いのは事件でよくわかる。

 確実なやり取りが残ってないか非公開のため推測するしかないが、運転手は若い女を見下した vs. その客はタクシー運転手を見下したのが発端ってようにも見えたね。元々問題ありの運転手に私は客だぞの姉ちゃんだから騒ぎになったわけだが、表面化してない多くの賢い客なら「なんだこの糞ジジイ」でその場は済まして避けてから苦情を入れるでしょう。運転手の行為が異常なのは当然であるが被害者と言う側が各メディアにでまくりにも違和感がある事件だ。

運転手の地雷も踏んだが、客の地雷もふ踏んだ。
そんなことではキレないが、俺なんかクズどもにとっては地雷どころか核爆弾だぜ。

 あとから地域のタクシーセンターに苦情入れれば済んだ話。自滅行為なんだから除名されるべき。横柄な態度が許された時代から逆転し、過度なサービスが「強要」される時代。希に横柄な態度の運転手がいる一方で、「金を払ってるのはこっちだ」と考える日本人が激増したことが残念でならない。これも、地方症=集団生活能力がない連中ばかりになったからである。

 受け答えしたかも聞こえないヨボヨボ爺のに乗ったことがあるが運転能力のほうが怖かった。普通運転免許証で事件が多々起きているのだから二種免許なんて危ない奴から取り上げろ。

 免許証は権利じゃなく許可。暴走族など危険運転、おぼつかない高齢者は二度と持たせてはダメ! それと同時に客の自己中に横暴も許してはならない。

| emisaki | 2021-11-11 Thu 08:32 | 交通::事件・事故・違反 |
池袋暴走車事故(事件)は常に起こりうる危険
 老若男女に関わりなく加害者が自らの保身のみに移るのは当たり前の流れであるが、池袋暴走車母子死亡事件は高齢である被告であり当時から、おぼつかない動きしかできず、言動にも問題があり責任能力で逃げられそうな気がしたが、車両故障で責任なしと仰天主張をしてきたため頭がおかしい(ボケ)という主張はできなかったわけだな。だが、現実はそうであるなら運転させた責任は誰にあるのか?

 池袋の件では上級市民と揶揄されてきたように、そこから自己中心的となった人格が事故当時87歳なんて老人を動かしたのだろう。うちの死んだ爺さんは晩年はクソ爺でしたが、その点はわきまえており世間が高齢者の事故で騒ぐ前に免許は返納していた。なのに金持ちのくせにタクシーも使わないなんて集団社会生活者として失格なのである。

 北が巣鴨なら、東は砂町銀座商店街だが、コロナ以前にヨボヨボ爺が自家用車で来てるって仰天でした。狂気が凶器(自動車)を動かしているのは全国で何千、何万件あるのだろうか?

 地方症=究極の自己中だと自ら証明してくる言いぐさが「車がなかったら生活できない」である。ほほう、だったら人類なんて滅亡してるぜ。マジで言ってんのか自己中どもが!

 余談であるが、他人のことを考えない自己中な育ち方をする人達に自己中を加速させる物を与えてしまったことが終わりの始まりだった。電車は廃線、路線バスも廃線、過疎は誰のせい?

 遭遇確率が低いだけで、田舎に行けば暴走車は沢山いる。制限速度標識がない林道や農道で時速30km以上は違法である。それだけじゃなく、誰からも文句がつかない自分勝手が常態化してるから素行が悪くなり、昨今にネット投稿で世間をざわつかせる奴らが生まれる。

 ある種の地域において「ヤンキーが多い≒交通違反が多い」が成り立つ。違反検挙数に表れない酷さがある。あおり運転や無謀運転があってクラクションを鳴らされたことで逆ギレなども日常的に素行が悪い人の道を外れた子育てをしてるってことを理解してないようだ。沖縄、北海道、その他、車両事件報道を聞くたびに傾向の高さに一致してくる。だったら解決策が見いだせそうだが、警察が注意くらいで見逃すくらいこっちから見るほど悪事に気づいてないのだ。捕まらない犯罪者を把握する必要がある。

 役所に言いたいのは、自動車の運転(免許)は許可であって権利じゃねぇんだから、老若男女関係なしに馬鹿野郎には一生持たせる必要がない! ですから病人から免許を取り上げるのも差別ではない。よく「てんかん」の例があるだが、だったら運転の必要がない職に就かせるってより、自らそうするのが人の道だ。

 世界が羨む日本のくせに人道を外れてる奴らが多すぎるぜ。今、池袋暴走車母子死亡事件の判決を見て被害者側の目線で見ている自覚症状がない奴らが10年、20年と経過すれば高齢化して自己中が進み更に同様な事件が増えると予測している。

他人の存在を理解しない地方症は若年層が気違い沙汰なのだから老人は最悪となろう。

| emisaki | 2021-09-02 Thu 15:10 | 交通::事件・事故・違反 |
チャリカスに後ろから煽られました
 長年と自転車にデカイ面をさせたため、車であおり運転なる異常者が世間を騒がせるより何十年も前からあったと思う。歩道上で邪魔だどけって言いながら走ってるチャリカスを何回も見てきた。

 13時過ぎ、歩道上、私は歩行者。道路はたまにしか車が通らないの危険なしで歩道走行の権利発生せず。橋の上の歩道。私の前に2人が並んでて、近づかないよう3メートル以上離れて歩いてた。

 後ろの気配を敏感に察知して自転車だなと。ならば通してやる筋合いはねぇ!先に行きたければ車道を走れと。きのう報道された北海道のあおり運転の事件が頭によぎっても、だったら法律より上の道徳すら守れないクズなんて余計に通すものか!

 しかしベルこそは鳴らさないがガンガン音を立ててくるわけ、これは歩行者往来妨害の疑い。警音器使用制限違反は付かない。歩道がすごく狭いから自転車から逃れるには思いっきり寄る必要がある。歩道を走る権利がないんだから避けてやる筋合いもない。

「すみません 通してください」ってなら譲るよ。
でも、後ろにぴったり付いて、イライラ感を放出してくる糞野郎に譲ってやる道はねぇ!!

続きを読む ≫
 俺の罠になかなか引っかからない。横に移動して追い抜けば「通行区分違反」確定だと横に避けた。聞こえたか不明だが、追い越しやがったらテメエ犯罪だとと警告はした。まんまと追い越しやがったので「歩道走るんじゃねー」と鉄槌を下した。

 追い越しざまに確認するとオッサンだが70歳を越えてるとは思えないから常に通行できる権利なし。権利あっても時速4~5キロでしか走ってはいけない。ヘッドホンしてやがったし、ケーブル付いてるね。だから補聴器じゃないよな。ならば「安全運転義務違反」と罪状は増えるばかり。

オッサンは無視して左の道へ去っていたのだが、まだ続きがあった。

 暑すぎるからセブンイレブンで凍った麦茶を買ってくつろいでたら、路地の奥からチャリが・・・てめえコノヤロー聞こえてて逃げやがっただろ! さきほどの位置関係から今度は右のほうへ去って行ったのだが別方向へ行くフリをしたんだろうな。この地図に道として載ってない通路の奥から出てきた。しかし、そこは道路側からしか入れそうもない。そこ住んでるのか、なぜいたのか謎だ。

 続いてその場にはヤク中のジジイが更に危ない長い棒を持って自転車で登場。安全運転義務違反、積載の制限違反、自転車は歩きタバコの条例違反。タバコは火の粉が飛んで危険なのも理解せず。開いた口がふさがらない。持ってるものは違えど、新百合ヶ丘でスマホ、ジュースで両手、更にイヤホンで通行人に衝突して死に至らしめた女子大生(当時)と、やってる事は同じ。

こうした大多数の地方症なるルールもモラルもない自己中どもが東京をダメにした!

 この件を「そのくらい」だと思う人が大勢いることは確実なので残念なお知らせがあるね。そういうお前らは腐った人間として育てられた。政治はこれを野放しにしてきたから車での あおり運転やら自己中により人殺しにまで落ちるのだ。小さな罪悪感も捨て去ることが大きな犯罪へと繋がっていることは証明されてる。

この、どうしようもねぇ大勢の存在がいること、解ってくれる人は非常に少ない。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-07-23 Fri 16:56 | 交通::事件・事故・違反 |
周囲に誰もいないのに誰かいる場所に突っ込む謎
以前から非科学的な表現をすると悪魔がそうさせるのではないかと思ってきた。

 千葉県八街市の街道沿いで八街市朝陽小学校の生徒5名が飲酒運転(基準値を超えるアルコール検出)のトラック事故に巻き込まれ死傷した事件。報道によると過去にも同様の事故が発生してると書くが、交通事故は恐るべき件数が起きているため5年前なんてのを安易に結びつけるべきではない。

 避けるしかないわけだが、すぐに避けられる平行した道路が存在しない。ワイドショーが事故現場から生中継をしてるが、その横を(推定[概算で])スピード違反の車がガンガン走り抜けていた。

続きを読む ≫
 速度制限の標識がない場合、2車線以上では時速60キロが最高速度、中央線(センターライン)がない道路は時速50キロとなってるが、それだけで見誤っていけないのは生活道路、林道や農道は時速30キロ制限である。多くのスクールゾーンも30キロ制限にしてる。

<追記: 一部報道が制限時速60kmとしてるが、加害者が努めてた会社あたりから事故を起こした道路にはセンターラインも路肩を示す白線もありません。私が読んだ道路交通法と合致しておらずどこが60kmなのでしょうか?>

 通常の犯罪でも知らなかったと言う奴が実に多いが知らないで済まされる法律など何一つとして存在しない。まして自動車運転ともなれば免許証交付への過程で勉強させられている。

 「ヤク中、アル中、ギャンブル中、そして自己中」と程度の低さに呆れてきたが、それら複合的に恐ろしい人数が病んでいる。加えて多くが中毒の自覚がないこと新型コロナウイルス蔓延防止による規制でよくわかった。なんて酔っ払いのクズが多いこと。酔っ払いは仕方ないって日本の風潮は狂ってる。酔っ払いは外では罪。

 マスメディアは広告主がいるためか報道がダブルスタンダード。特に関西系司会者のアイツはずっと前から酒場の擁護発言を繰り返してきたが、酒提供の飲食店の営業を語り、多すぎる飲んだくれの阿呆どもも語るが、こっちから見れば「ヤクの売人と中毒の廃人」にしか見えない。

 売人なんて無視して、いい加減に未開人でないなら生命に関わる中毒症状を認めるべき。過去にタバコの禁断症状にて「喫煙者の凶暴性」の体験談を書いたことがあるが酒は更に明確。

 ここで本題の過去より繰り返し起きてきてきたから疑問に思ってきたことは、なぜ被害者以外に誰もいない道路で事故に遭われた人がいるのかという疑問。大都会なら大勢歩いてて、どこに突っ込んでも被害者が出るが、こうした事件は田舎道での報道が多く伝わってくる。

 イベント観覧の帰り道で通ったことがある路上で人に自動車が突っ込んだニュースを聞いて仰天したのも、そこは通過する車も見かけない場所だった。私が1km程度の区間を歩いて車1台も通らなかった道路だった。なのに、なぜそこで、たまたま歩いてる人に車が突っ込んだのか?

 事故に遭う側の問題だが、人間は犬猫とか動物と違って逃げられず硬直してしまう事が知られてる。大通りで車にひかれた動物は希に見ることがあるが今回事故が起きたような道路で見たことない。

 二輪車でありがちなのは、見ると、そっちの方向へ進んでしまう。それは二輪車特有で体重移動と意図しない操作、自動車と違ってハンドル操作が車輪と直結してること。だが、四輪車でなぜ? 千葉県八街市の路上で起きたのは飲酒運転だが、そうじゃない事故を何度も聞いた。

 正しい見解ができず疑問としか書けないのは、我々が得られる情報では事故の詳細まで知ることができない。同じような地域での単独事故が解らないと、偶然なのが、人がいるところへ突っ込んでしまう異常心理が働くのか解らない。

 暴走族なる頭のご不自由な方々から一生免許を取り上げないよう、あおり運転なる狂人に対して2~3年しか止められないようヤバイ奴らに免許を交付し続ける制度が恐ろしい。

 運転は権利ではなく、単なる許可。バカほど言う、自動車がなければ生活できない?なら俺たちは存在してませんね。ここでも証明される地方症=究極の自己中。

道路が悪いなんて言ったら日本中が危険地帯だ。何もかも人間が悪いんだよ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-06-29 Tue 12:02 | 交通::事件・事故・違反 |