サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2021 - 05  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

消火装置を見直すべき 消火ガスで4人死亡
またもや消火装置で死亡事故が起きた。これは何度も起きてる。

 誤って動作させたとは言え、安全のための消火装置で死ぬとは間抜けでは済まされないでしょう。酸素がなければ燃えないからって空気を抜けって荒技に等しい。閉じ込められるから死んで当然。

 私が遺族だったら消火装置の製造業者を訴える。米国なら多額の賠償を負うはずだ。そうならないから正されない。ケツに火が付かないと真っ当な仕事ができなくなったのだから日本も資産に応じた賠償額にすべき。罰金は額面でなく資産や収入の割合(%)にする。

 閉めきった場所で気持ち悪くなったことがあるが、二酸化炭素濃度の危険を知ったのはテレビで集落の全員が死んだ謎の事件が紹介されたから。発見された状況では外傷など事件性が見えず大勢が死んでいたから謎にされた。死んだ原因は火山によるもので、貯まっていた二酸化炭素が一気に集落へ流れ込んだためとされた。

 こういった状況で防毒マスクは役に立たない。高分子の毒は防げても二酸化炭素を防げるはずもなく。もし防げたら酸素も吸えないだろうね。カルデラ湖の下に大量に二酸化炭素が貯まってたとし、それが出たら麓は壊滅する。一酸化炭素にしろ硫化水素にしろ危険な場所は防毒マスクじゃなく圧縮空気ボンベを置いておくことが必要ではないのか。

 今の二酸化炭素比率は0.04% (400ppm)、論文によると濃度4%(現状の100倍)で頭痛や、めまいを生じ、濃度10%で数分以内に意識不明になるとあった。報道では数百倍とあったが、場所によって前後するだろう。一酸化炭素だとヤバイと思った時には手遅れ、二酸化炭素は大多数が知識を持ってないから危機感がなく、気づいたら倒れて死ぬ。世の中の教育が足りない。

<追記: 装置として40%だが、濃度 21% と報道。そうなると事態に遭遇したら袋を被って火事と反対に立ったまま高い位置からガスで隠された脱出口を探すことになる。イチウムと水は激しく反応するから水で消してはいけないなど思い込みと「逆」を学習すべき。>

| emisaki | 2021-04-15 Thu 22:59 | マスメディア::テレビ全般 |
amazonの偽レビューを避けて次に目立ったのが無知な客
 テレビが伝えなくてもインチキ投稿は見破れていたのだが、そういうのは某国出品。それらを避けてから目立ってきたのが、失礼ながら無知な人達による謂われなき苦情であった。

 老若男女と違った理由があるにしても、特に目立つのが老害によるもの。死んだ爺さんのことを思い出すとわかるのだが「できていた事がいつしかできなくなる」。これを自覚しないと文句しか出なくなる。婆さんは自覚してたから個人差がありそうだ。

続きを読む ≫
 高齢者によるネット通販の利用が高まったことによるものなのか、上記のように以前は判断できていたものができなくなった可能性が考えられる。

 その証拠に、ちゃんと仕様がかかれているのだが、投稿写真からすると限度を超えた利用をしてる。例として、サンシェードをぶら下げるための金具だが、仕様として2個で耐重量は、たったの2Kgであり、風を考えると小窓にしか使えないとわかる。他者の写真でも二畳分くらいらしき物を取り付けてたが、そんなの無理に決まってる。難癖はダメ。

正しい批評としては、その低い耐重量では商品として話にならないって具合だ。

 私が買ったサンシェードはステンレス製の物干し竿に取り付けたが、ものすごい風圧を受けてきてる。上記の商品が10個でも無理なものは無理。台風が来たら、たたむ必要がある。

編み目のや、すだれでも風圧がかかる。これも知らずに天災の被害者ヅラが何件もあった。
実験データが見当たらないが、細かい編み目なら平面も同然ではなかろうか。

 販売上 amazon にも問題があり、使えないものを関連商品として表示するからだ。だからって、それが適合しているとは限らない判断が客にできないといけない。あくまで関連商品でしかなく、それに使えますとは誰も書いてないのだ。数百万点か数千万点かの商品を取り扱っているのであり、機械で可能でも作ってる人間業じゃ無理だから正しく表示されてるのならば客に選択の責任がある。

 日本人の年寄りは金も払わないくせに現代の商売に合わない要求をしてくる。私自身も仕事で何度も出くわしたが、付加価値を切り捨てて価格を安くしているのに要求してくる。そもそも販売店に商品の設置も使い方を教える義務も無い! 自動車を買うから運転の仕方を教えろと同様な要求をする奴らがいる。

  「人は優遇を受け続けると、それを権利だと思い込む」

これは過去の日本の功罪である。だが今は付加価値を取り去れた値段で市場は勝負している。それが無理な人は安値で買う資格がない。差し引かれた分が必要なら対価を支払え。

 私の体験談からすると、テレビ通販なんかで自宅訪問して初期設定しますってやってるが、その苦労が目に見える。決まった時間、決まった説明以外を絶対に要求してくるからだ。新幹線まで使って説明に行って、もちろん口には出さないが「だめだ、こりゃ」ってことで頼むから返品してくれってことになり大赤字だったのを思い出す。
 ソフトウェアを売ったからって使い方を教えるまで料金に入ってねーよ!機械の接続から使い方まで教えるのが当たり前って言うジジイがいるの。こんな災難はそこそこあると思う。

amazon を擁護しないが、客の劣化に自己中も増えてる。

 災害時持ち出し用のリュックサックを買ったが、説明書なし。留め具をどうするかまで自分で考える。これを乗り切れる人しか買ってはいけないが、そこが説明されてない。

 別件であるが、過去の行動を追うと、わざわざ難癖を付けるための“活動家”による異常だとしか考えられずネット社会にて袋叩きに遭って当然のことがあった。世の中が無知だから断片だけ見て異常行動が見えず擁護してしまったりする。本件もそれに通じるのを感じ、曖昧を好む日本だから起きる問題だから NO は ハッキリ NO と示すべきなのだ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-04-15 Thu 21:58 | 生活::店舗・流通 |
JR西日本どこでもきっぷ・JR西日本 関西どこでもきっぷ(2) <販売休止中>
日本人の大多数を占める 馬鹿に阿呆の舞い踊り によって今は妄想旅。

JR西日本どこでもきっぷ・JR西日本 関西どこでもきっぷ(1) の続き

 東京から博多まで往復の乗車券は単純に往復だと28,160円で実際は往復割引にて25,340円。途中下車もできる。東京~新大阪の往復とJR西日本どこでもきっぷを組み合わせる意味があるかはJR西日本にて特急料金の使い方だな。新幹線でこまめな乗り降りがないと損しそうだ。

 JR西日本のフリーきっぷは想定してなかったが、過去の調査を現在の時刻表(平日)と料金に修正してみると以下のようになった。

続きを読む ≫
 「JR西日本どこでもきっぷ」にて新たに考えられるのが上越妙高駅までJR西日本だから北陸を回って東京へ戻る方法。博多をやめて新大阪へ早く戻り、特急雷鳥でも新大阪から金沢まで160分もかかる。この時間を費やせるならば、新大阪から新幹線で東京へ戻るより5千円程度安くなるため使えるお金が増える。安上がりが良いではなく時間をお金に換算して判断。

過去にも今にも、旅行の大部分は交通費と宿代だから。

 これだけ周遊すると福岡空港など格安航空のほうが安いは断片となり意味を失う。空港へ、空港からの移動を含めて考えねばならず、この周遊きっぷに繋げるための格安航空を考えるにしても成田~関空となり、双方で都市部と離れており、都心から辿り着けない早朝出発や帰れない夜間便になったりする。今はコロナ禍にていつでも激安であるが通常は不便な時間帯じゃないと安くない。深夜バスがあっても東京駅に終電もなくなった深夜に到着されても困る。




・先に結論

 山陽新幹線沿い周り、下記に示す二泊三日の計画であると新幹線の特急料金のみで24,000円となり、JR西日本どこでもきっぷ22,000円を上回り、「JR西日本どこでもきっぷ」と東京~新大阪間の組み合わせは東京からの往復割引と途中下車よりも圧倒的に安いことがわかった。




・通常ならば途中下車がお得であるが…

 下記に示すのは早く行ける電車から新幹線の駅まで戻ったりしてるが、それは周遊券だから可能で途中下車だと戻ったりすることができないため別料金で分岐点(途中下車となる駅)から分岐点へ戻らねばならず、下記の行程は実現できない。



・特急で僻地へ行くのでは得しない

 範囲が狭くなり期間が2日の「JR西日本 関西どこでもきっぷ」でも鳥取、岡山(倉敷)、奈良、白浜、新宮、鳥取、城崎温泉、米原と範囲は広いがローカル特急は所要時間がかかる。

 近畿地方で定番となる京都、奈良であると別の割引きっぷが存在する。近鉄、バスに多く頼る場所によって利用価値が薄れる。紀伊半島、パンダか地層か、紀伊勝浦や新宮も新大阪から特急で4時間半もかかるが通常で割引がないから一定の価値はあるでしょう。新大阪~新宮の往復は自由席で13,200円だからこれだけでお得。

 だが、那智の滝、熊野古道は名古屋からのほうが近くて往復+フリーウェアの周遊券が通年で販売されてる。「JR西日本 関西どこでもきっぷ」で各所を想定してみたが、ちょっとお得。この機会に値段の高い新幹線に乗りまくるのが得策。地域限定版でも新大阪から岡山までの区間が乗れる。




【お得度の参考にした旅の経路】

<1日目>
新幹線 品川 0600→0816 新大阪(別会計:JR東海)
新幹線 新大阪 0844→0920 姫路 (自由席1760円、指定席2,500円)
徒歩 姫路駅→1km 姫路城 0930-1200
新幹線 姫路 1218→1253 新倉敷 (自由席2530円、指定席3,060円) 
在来線 新倉敷 1302→1311 倉敷
徒歩 倉敷駅から1km 倉敷美観地区
在来線 倉敷 1603→1611 新倉敷
新幹線 新倉敷 1632→1706 三原(自由席1760円)
三原宿泊 ※倉敷は安価なホテルが少なく取りにくい。倉敷で確保できれば最良。

<2日目>
新幹線 三原 0621→0627 新尾道(自由席1760円)
バス 新尾道 0633→0647 芙美子像前(別会計)

徒歩 芙美子像~歩道橋~尾道市立土堂小学校の西側に沿った道~尾道貸別荘土堂の灯り尾道歴史博物館跡展望台大橋遠望台~戻って猫の足跡空猫カフェ千光寺新道~尾道市文学公園~宝土寺千光寺新道下~国道2号~千光寺山ロープウェイ 山麓駅 09:00~千光寺山ロープウェイ 山頂駅頂上展望台文学のこみち三十三観音堂~千光寺通(下り)~天寧寺三重塔の上の道~猫の細道~尾道駅

※ このルートは過去に掲載された猫目線のストリートビューの場所を参考に、熱海の坂道で培ってきた楽に歩くことを考え、上りなら階段より坂道、別の場所へ行くため上るのではなく徒歩で下ってからロープウェイに乗って上がり、別ルートを徒歩で下る。早朝にてロープウェイが運行しておらず午前9時以降だったら最初からロープウェイを使う。よって往復でしか使えない「おのみちフリーパス」は600円で、ロープウェイ1回300円、新尾道~長江口 140円とお得にならないから使えずとも問題ない。


在来線 尾道 1117→1135 岡山
新幹線 岡山 1148→1313 小倉(自由席4,170円、指定席4,910円)
在来線 小倉 1333→1349 下関(別会計:JR九州)
バス 下関駅 1400→1412 御裳川 (別会計)
徒歩 関門海峡人道
バス 関門トンネル人道口 1556→1626門司駅前 →1646 小倉駅入口(別会計)
新幹線 小倉→博多(自由席990円)
地下鉄 博多→天神(別会計)
宿泊 天神

<3日目>
地下鉄 天神→博多(別会計)
新幹線 博多 0615→0721 広島(自由席3,400円、指定席4,140円)
在来線 広島 0737→0806 宮島口
船 宮島口 0825→0835 宮島 (JR西日本宮島フェリーはJR西日本どこでもきっぷに含)
宮島
船 宮島 → 宮島口 (別会社の船に乗っても180円。ここでケチる必要なし)
在来線 宮島口 → 広島
新幹線 広島 → 新大阪(自由席4,170円、指定席4,910円)
在来線 新大阪→大阪→天王寺
あべのハルカス~難波~
新幹線 新大阪 21:24→23:45 東京 参考:最終便

※ 周遊券でない場合に新幹線の駅へ行くため逆方向を含み重複は別会計
※ バスは書かずとも周遊きっぷに含まれないため別会計
※ 上記の時刻では新尾道および尾道バスセンターは07:30からで「おのみちフリーパス」は買えない
※ 千光寺山ロープウェイ 0900-1715 の15分間隔
※ 平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線は完全な観光路線にて除外
※ 宮島 大鳥居は投稿時点で修復工事中 観光案内によるとまだ2~3年かかる


≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-04-15 Thu 19:54 | 交通::情報・考察・計画 |