サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2021 - 06  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

聖地巡礼バスは使いにくく、どう利用すべきか
 聖地巡礼バス(高野山~熊野本宮大社)は高野山か熊野本宮のすぐ近くに宿泊してないと使うのは難しい。時刻的に高野山駅を出発の側には余裕があるが、熊野本宮大社発であるとバスを使うには近隣の3温泉に宿泊が必須となる。想定から更に先になるが特定期間で運行される聖地巡礼バスも選択肢に入ってるが1日1便しかない。

高野山駅 09:45→奥の院前 10:01→10:50 護摩壇山 11:05→14:22 熊野本宮大社
熊野本宮大社 08:05→09:00 なかへち美術館前 09:10→10:50 護摩壇山 11:05→奥の院前 11:49→12:10 高野山駅
※ 乗り換え:護摩壇山、なかへち美術館前


続きを読む ≫
 路線バスと書いてあることと上下線の各停留所の時刻から読み取れるのが、高野山駅~護摩壇山の往復便、護摩壇山から通常の路線バスに乗り継ぐ便で構成されてた。熊野本宮大社へは2本(乗り換え1回)、高野山方向へは3本(乗り換え2回)。

 運行側に可能かどうかの説明がないが途中下車は不可能。なぜなら『高野山 奥の院前~28.4km~護摩壇山~14.1km~大熊』の区間は1日1本の聖地巡礼バスだけ。『大熊~4.8km~季楽里龍神』に運行があっても乗れる便がない。

 もし高野山から護摩壇山で乗り継ぎ便に乗らなかったら季楽里龍神まで18.9kmを16:47までに行かないと遭難する。5時間以上あるけどゾッとする。護摩壇山から20kmも歩いたところで民宿は数軒点在しているが泊まれる保証なし。

 ですから聖地巡礼バス部会 公式ページとやらに書かれてる「聖地巡礼バスきっぷの特典」と割引券には「なめとんのかボケ」と言わせていただきたい。それを利用できるのは巡礼じゃないか龍神温泉に泊まる場合のみ。巡礼ではなく紀伊田辺から向かって龍神温泉に辿り着いても、その乗ってるバスが聖地巡礼バスとなるため途中下車なんてできない。
 龍神温泉で下車してしまっても熊野本宮大社へ行くことはできるが、それだと全てが通常の路線バス。聖地巡礼バスと言ってるよう高野山~熊野本宮大社へ一気に進まないと時間効率が恐ろしく悪くなる。

そこで仮の聖地巡礼ルート、
<1日目>
東京 18:21→[新幹線]→20:48 新大阪 20:58→[御堂筋線]→21:18 動物園前・新今宮 21:26→[南海高野線]→22:15 橋本→[タクシー 1.6km]→ホテルルートイン橋本(宿泊)

<2日目>
ホテル→[徒歩 1.2km]→南海高野線 紀伊清水 05:42→[電車]→極楽橋→[ケーブルカー]→高野山→[バス]→06:45 奥の院前→[徒歩 高野山内]→千手院橋東 09:55→[聖地巡礼バス]→14:22 本宮大社前 →[徒歩 熊野本宮大社]→ 本宮大社前 15:15→[バス]→16:07 神倉神社 →[徒歩]→ 熊野速玉大社 → 新宮 → 紀伊勝浦 → ホテル

<3日目>
ホテル→[徒歩]→紀伊勝浦 06:45→[バス]→07:09 那智の滝→熊野那智大社→那智山 08:11→[バス]→08:36 紀伊勝浦 08:55→[ワイドビュー南紀]→11:18 多気 11:33→11:53 伊勢市 →[徒歩]→ 外宮 →[バス]→ 内宮 →[バス]→ 伊勢市→名古屋→東京

 例によって厳しい予定。経験からすると歩きではなく長時間の移動でぐったりする。初日は序章で夜にホテルにチェックインするだけだが、初日も使えるなら京都、奈良も可能。

 仕事終わりで直行するとして18時以降で東京→橋本(和歌山県)にて乗り換え案内の自動に頼ると、東京駅 18:09発の新幹線から名古屋で近鉄特急しか出てこないし23:15着となったため、いつものよう時刻表だけで繋いだところ、南海高野線だから大阪回りで12分遅く、1時間早く着くのが見つかった。交通費も同等だった。最良かは不明だが、まだまだ探る時間はいくらでもある。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-06-02 Wed 22:01 | 旅・散策::計画・調査 |
東京から大和八木駅への追加経路(特急)
先日は乗り換え案内の自動に頼ったため、
品川 0600→[新幹線]→0802 京都/近鉄 京都 0806→[近鉄 急行]→0911 大和八木
というルートが提示された。

 乗り換え案内の自動処理は歩く速度とか多少の設定できるが、一般論から平均的な値で決められるため最良の条件に持ち込めば乗り換えが可能であっても表示されない。

 確実にするため近畿日本鉄道にて時刻表を確認したところ、もっと早く着く方法が見つかった。前は日曜日に探していたが、平日だけの特急が運行されていた。

近鉄 京都 08:10→[特急賢島行き(ビスタカー)]→09:02 大和八木
※ 平日のみ運行 乗車券900円 特急券920円

 もともと4分で間に合わない可能性は低いため金額的に損であるが、これによって乗り換え時間は京都駅4分から8分と大和八木駅で4分から13分に増やすことができる。ただし特急は賢島行きのため手前の分岐線にて近鉄橿原線から近鉄大阪線に入り高架橋に上がるため大和八木駅での乗り換え時間は少々増える。13分間あるので問題ない。

 特急料金のほうが高くつくが奈良交通バスの営業所でCI-CAや168バスハイク乗車券を買う時間は作れる。東京または名古屋から行くとして全体がまだ繋がってない。待ち時間が短くて危なそうでも都市部は問題なく、奈良県南部と和歌山県で運行路線の便数が少なく効率よく繋がらない…。



 かつてフジテレビ「トリビアの泉」だかで取り上げられた東京無線タクシーの提灯の先が切られてる理由、タクシーの提灯殺しと呼ばれた東京都 田町駅と品川駅の間にある電車の線路の下を通る低いトンネル(高輪ゲートウェイ駅と共に高さを確保する工事が始まり消滅)は長さが160mもあるから有名だが短いのは各地にある。
 大和八木駅の近く奈良県橿原市地黄町334−12付近 [ストリートビュー]
にもあったが、自動車は通れないし身長が高い大人だと屈んで歩くのすら大変な場所だが、もっと低いところも多数あるし、乗り換え待ちとか宿泊地として暇つぶし見学場所に記録しておく。

| emisaki | 2021-06-02 Wed 18:05 | 旅・散策::計画・調査 |
猛威を振るい続ける“地方症”:大勢の他人を無視して人権侵害だと宣う
 事情によりワクチン接種ができない人もいるが、根拠ゼロの怪文書が届いていたようにワクチン接種を拒否している人達もいる。日本政府は過去の失敗があってとしか思えない基本的な強制接種を選択しなかったから自由となったが、かねてより言ってるよう「勝手」と「自由」は全く違い、自由ならば責任を伴わねばならない。社会に対して無責任だから勝手なことをやらかしてる。

 なのにマスメディアはワクチン接種をしない側が差別を受けてはならないだけを前面に出し、それに伴う大多数側の危険性、すなわち本当の人権侵害を無視。大多数より自己中を選ぶ。

これが典型的な「地方症」の考え方で集団生活の構造を蝕んできた。

続きを読む ≫
 先に示したように身体的にワクチン接種ができない人もいるだろうが、ならば大勢の他人のために隔絶されるべきであるし、それを差別と宣うほうが頭おかしいのである。

 差別とは根拠がないことを元にすることだが、ワクチン接種をしない(できない)に対しては根拠がある。会社であるならクビは差別でも配置転換なら、どこが差別なのか!

 世界が間違えに気づき始めたLGBT問題では病気に混ざって性癖を認める狂いぶりと同じ、持病などでワクチン接種ができない人に交ざってわがままが差別などと宣ってる。

 法的に処罰されはしないが社会迷惑であること間違えない。持病でもなかったり、推定嘘つきがマスクを付けず、可能な対処もせず自分勝手な主張をして飛行機や電車を止めた奴らと同類であろう。わがままを突き通したいならば自ら社会から隔絶された場所で生きるべきである。

 飛行機のパイロットを例にして、視力が悪くても眼鏡は駄目だから視力回復手術ができないならパイロットはクビで当然。大勢の他人の生命に関わってるからだが、突出した職業だけのことではない。


 先に大勢の他人で構成されている社会というもので生きていることを考えるべきなのだが、偉そうな肩書きをお持ちの方を含め大多数が「地方症」を患っている。言うならば全世界的。

 そもそも我々の社会は恐ろしく、再犯率が高く更生できない病的犯罪者も刑罰が終了すれば簡単に世の中に放つしかなく、いったい何人の被害者が出ているのか。身近なところでは自動車の運転免許証があり、どんな悪事を働く異常者でも何年か止まるだけで剥奪がない。

 ずっと言われてきたが日本は加害者が過度に保護され、可能性だとして被害者側の人権は無視され続けている。逮捕されたら推定有罪のくせに、いくら危険でも推定無罪で狂気に凶器となるのを認める。全体に対しては可能性=確率だが、防げたことまで被害者が出れば災難だったなと言う。新型コロナウイルスの状況でも同じよう言える。


 「勝手」が許される環境で育てられてしまった奴らは「自由」と履き違えていることを理解できぬのだろう。今、世界を蝕んでいるのは「わがまま」なだけなのに少数派(マイノリティ)とした多様性なんて、とんでもない勘違いをしてる お偉いおばかさんたちである。

 本日も不幸中の幸いで死傷者は出なかったが92歳が運転する自動車が事故を起こした。能力(脳力)の減退は明らかだから制度が悪い。世の中には許可であって権利じゃないのに自己中心的な育ちだからこそ権利だと思う奴らが多い。事前に免許証の剥奪はすべき事。そうした人間を止めない制度の犠牲者も多い。

自覚症状がない「究極の自己中」たちが大勢の他人で構成される社会を決め、荒廃させてきた。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-06-02 Wed 17:16 | 生活::集団生活 |