サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2021 - 06  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

Photoshop と Premiere、月額料金制と機能限定の買い取り版
 探したんだが Microsoft Store で Premiere Elements が見つからない。「写真&ビデオ」のはずで11ページも掘り下げたが解説書だけだった。 Photoshop Elements が販売されてるから売ってると思ったのだが見当たらない。

 探そうとしたのも Photoshop Elements は公式サイトで19,580円だがMicrosoft Store 11,700円で売られてたから探してみた。Premiere Elements も単品で19,580円、Photoshop Elements & Premiere Elementsで27,280円だが外部販売のキャンペーン特価だと実質22,000円くらいで買えるし、バージョンアップ前には値下げしてるのを何度も見てる。

続きを読む ≫
 毎年10月くらいにバージョンアップされるから Photoshop Elements が11,700円だろうが毎年買ってたら馬鹿を見るのもアドビ公式のフォトプランが月額980円だから。1TB版ってのはクラウド使用。
 買い取り版は何年も限定機能で十分だって場合のみ。ところが Premiere Pro にはお得なプランが用意されてない。VegasProを使っていながら今でもPremiereのユーザーインターフェースが体に染みついているため、もはやこれで仕事はしてないから Premiere Elements で十分ではないかと思った。MPEG-4/AVCエンコードではPremiere Proでも設定の不自由さに不満を持っていたため、別のエンコーダーを通すなら出力対応も非圧縮かMotionJPEGの高品質(低圧縮)があればいい。

 何年も使えるし、古いバージョンでも十分に仕事ができる。過去を振り返ると Photoshop が定価98,000円で7~8万円で売られており何年も使い続けてから買い直したほうが安上がりってほど十分だった。当時バージョンアップ料は25,000円くらいだから4年以上問題なく使えてたら経費は抑えられた。それでアドビは3アウトで排除を導入したから私も複数ソフトのバージョンアップ権が消滅した。それも間もなく月額制を打ち出していた。

 基本機能が確立してしまってからバージョンアップ率も下がって連続的な収益を得る手段が月額制だったわけだが、OSなんかも同じなのだが、多数のバグを搭載したまま売って、バグも取れないうちに新しくするから、またバグが増えたりする。業界全体が談合しての錬金術に思えてくる。この繰り返しだよ。

使わなければ使えないようになるのでお金は払わないで済むのが良いところ。



これをNHKの受信契約と比較してみるとソフト業界はまだマシでNHKの異常さがわかる。

 パソコン(テレビ)を持ってればソフトが動く(受信できる)のでソフト(電波)を強制的にバラ撒いておきながら、使わない(見ない)を無関係に使える(見える)のだから金を払えってのは詐欺師の押し売りでしかなく、いかに阿漕な商売であるかがわかる。

 それを犯罪にせず強行させる放送法は恐るべき悪法。世間の有志がスクランブルと声を上げてるのは組織がバグってるからで、日本か疑う報道やスラップ訴訟に契約にチンピラ派遣と動画投稿されるような異様な組織を真っ当な商売にさせるためだ。今はテレビを捨てて何もTVを見ないかNHKの受信料を払うかイカレた二者択一しかない。二者択一と言うなら国営か民営しかない。

 何かパソコンを買ってもWindowsなるOSすら使わない選択肢があるわけだが、テレビを買ったら選択肢がない。それどころか個人情報保護法にまで楯突いて情報を得ようと画策するNHKは何様だ!?

 若年層のTV離れには複数の理由があるが、理由の一つが今の法律に当てはめれば消費者契約法違反である放送法の受信契約。なのにまた無記名配送と気違い沙汰。オツムの構造はバグの中でもクリティカル。


 職員のクソ高い給与を維持するためオレオレ詐欺や架空請求並みに次々と手段を打ち出すNHKに比べたらソフトウェアの使用料は真っ当なほうである。機能限定版であるPhotoshop Elementsを毎年バージョンアップされたのを買い直すくらいなら同等な出費で通常版のPhotoshopを使えるんだから。しかも月契約なら一ヶ月単位で契約できる。一方、受信設備の所有というキ○ガイ条文では一ヶ月以上の旅行に出ていても取られる。契約したら死ぬまで毟り取られる。

 他国で受信料あるにしても料金は日本の数分の1以下である。日本みたいな大々的に国民が暴れもせず半ば社会主義だから7000億円も集められるだけだ。もしパソコン業界の強欲が似た方向へ進めたらパソコン業界は死ぬだろうね。日本で強行できても世界が許さねぇ。だからって強欲なのも、その世界とやらだからガンガン月額料金制に移行している。

 地上波の局まで有料ネット配信事業に参入し、先にあったCS放送だけでも料金が吊り上がって確実に見たいチャンネルだけに絞るしかない。パソコンのソフトも多くが月額料金制になってくると払えなくなってくる。すなわち使わなくなるのだ。これってバカな未来を選択したんじゃないの? Windows に MS Office のような組み合わせで他に入る余地がなくなり独裁化が進んでしまうのだ。

改革しなければいけないのは携帯電話料金だけじゃないぞ!

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-06-04 Fri 22:24 | 映像音声::コンピューター関連 |