サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2021 - 08  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

テレビ録画専用PCの静音化も完了 そしてメインPCの状況
 シャットダウンするタイミングが合わなかったため、ラジオペンチで、そ~っとファンの電源端子に挿した。

 前よりマシだけど、うるせ~って感じもフルスピードで回転。結局、再起動できるまで待ってマザーボードの各種設定ができるソフトを入れ、空冷ファンの自動設定を選んで黙らせた。
 そもそも放熱板のみで動くCPUだから高温にはならないが放熱板は、ケースも小さいし周囲を取り囲むようにSSD、HDD、拡張カードが配置されて熱がこもってるから空気の流れは必要だった。

 CPUに向いた空冷ファンが静かになったことで目立ったのが電源の放熱板に貼り付けた昔のチップセット冷却用の薄型ファンだった。放熱板とファンが一体で30×30×厚7mmくらいと小型で高速回転のため耳障りな高周波音がする。嘘か本当か12000回転で制御不可能。別のファンを入れるにしても80mmどころか60mmでも入る空間なく、40mm角の10mm厚が限界。これが最後の課題。

この記録が何年後かに参考になるかもしれないので記す。

続きを読む ≫


【主に使ってるほうの温度とファン回転数】
CPU Fan1:SCYTHE SU1225FD12M-CHP
 CPU放熱板に付属ファン
CPU Fan2:GELID Silent8 PWM
 ケーブルの距離から使ってるがHDD用
Chassis Fan1:ケース付属品メーカー不明
 外へ逃がすため。旧型12cm 3pin
Chassis Fan3:SCYTHE SU1225FD12M-RHP
 上記とは別のHDD用


 ここで設計が悪いなと思う部分。CPU用はCPUの温度センサーと連動するが、シャーシ用は個別にマザーボードの温度やハードディスクの温度と結びつける機能が無い。動作は不明だが、全てがマザーボードの温度センサーに連動して回転数が制御されるのだろうか?マザーボードも位置によって温度が異なる。CPUに続いて発熱してるのがチップセットだから大型の放熱板が付いてる。



【PWM制御なし時代に比べて温度上昇は平均3度に抑えられた】


 交換前にファンコントローラーで回転を下げてたより風量が減ったから温度が上がっても、これに伴う静音化は劇的であった。ただしハードディスクの場合、温度センサーが搭載された部分と温度が高い部分は5度くらい差がありそう。どっちにしても人が触って温かいとも感じないから良かった。



【D: G: ... HDD WD Blue 6TB 2台】 空冷ファン GELID Silent8 PWM
【E: F: ... HDD WD Blue 6TB 2台】 空冷ファン SCYTHE SU1225FD12M-RHP
 これは空冷の違いなのか、ハードディスクの違いなのか解らなくなった。D: G: は2021年6月購入(WDC WD60EZAZ-00SF3B0)、E: F: は2019年8月購入(WDC WD60EZAZ-00ZGHB0)。

 双方が2019年3月頃から出回った WD60EZAZ-RT で、この時点で SMR方式なのか、このあとにこっそり CMR から SMR に変わったか謎。製造ロットによる違いもありそう。

 ネット上でSMRだって騒ぎになってウエスタンデジタルが機種ごとに公表したのが2020年4月だが、この機種は混在として発表されてたため判断できない。



【C: H: ... SSD M.2 NVMe パーティション分割】 マザーボードに付属の放熱板
 放熱板のみでケース(シャーシ)内の風の流れに頼ってるSSDは温度変化が激しく、単純にファイルのコピーじゃなく CrystalDiskMark などベンチマークテストを行うと温度が跳ね上がって52度になったが、終了したら49度、1分後46度、2分後44度、3分後に43度って具合で10分後には開始前の39度に戻った。

通常の使用で、ハードディスクから500GBをコピーしただけでは50度を超えることはなかった。



【I: ... HDD 差し替え式 (WD Blue 4TB)】 空冷ファン AINEX CFZ-4010LA
 5インチベイ差し替え式は元に付いていた耳鳴りのような音がする空冷ファンから静音型に交換したのに温度が下がってる。元はEVERCOOL EC4010M12C 5000回転、仕様で音は21dB以下となってるのが、それは嘘だと言えるほどうるさかったし、高周波音が耳障りだった。

 新しく静音型に交換したら仕様通りの音の低さであった。以前はハードディスクの温度が上がってしまって、こまめに電源を切らねばならなかったが、今は内蔵と同様にそのままで問題なし。



 850W電源に内蔵のファンの回転は自動にて制御できないが、当初の予定だったグラフィックスカードも品薄と価格高騰で搭載できておらず、低負荷だから静か。



<追記 2021年3月19日: 数時間の使用後に CrystalDiskInfo にて表示された温度


 ハードディスクは誤差程度の模様。E:ドライブに CrystalDiskMark を使って読み書きをした後に温度を調べた。常に回転しているハードディスクでは大きな差は出ないようだ。静音化によって気になる温度上昇はなかった。


≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-07-18 Sun 19:57 | 映像音声::コンピューター関連 |