サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2022 - 08  >>


2022 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

土日か平日か、どっちつかずの旅路(交通)
土日休日割引 対 平日のみ運行。

 仕事での利用を防ぐため平日には割引や周遊券がないことが多い。仕事でないと判断できる高齢者向けなら平日適用もあるが一般的には無い。各種催し休日開催となり仕方がないが、それを利用して観光地に行こうとすると立ちはだかるのがコミュニティーバスの休日運休であった。

 もちろん有名観光地ほど交通には苦労しないが新型コロナの今の時期を考えると最優先事項が混雑回避である。「危機的状況にしても集まりたがる異常な人」の多さからも避けねばならない。なんでここで山奥の温泉地じゃなく京都、浅草、箱根、江ノ島、鎌倉等々なのか全く理解できない。

 さてと和歌山県。田辺市にはそこそこ交通網があるのだが、その周辺ともなると行きたくても辿り着けないことがわかってきた。あると言っても月~金運行は少なく山間部では運行が毎週1~2日間と限定されてる。宿を確保したとしても片道しか利用できない。

 みなべ町だとデマンドタクシー(みなべコミバス)のみがあるが大部分は都市部、山間部ではダムまでは行けそう。山を越えて旧・龍神村(現・田辺市)の日高川沿いまでコミュニティーバスがないが家もないから仕方がない。

 印南町でのコミュニティバス(デマンドタクシー)は通勤通学の利用を認めてないくらい高齢者住民向け生活路線らしいが、熊野御坊南海バス日裏線が通っており稲原駅から日裏Googleストリートビュー)までは行ける。

 10km歩いて山越えれば田辺市の市民バスに路線上は繋がるが、どこにでもある山奥だから歩くなら素直に有名な熊野古道に回ったほうがよさそう。

| emisaki | 2022-08-17 Wed 21:21 | 交通::情報・考察・計画 |
惑わせる「長塚」というバス停を例に全国の交通機関へ提言
 長塚バス停を2021年8月のGoogleストリートビューを見ると富士急バスのほかに山梨交通ともある。紛らわしいと調査を進めると2021年9月末で山梨交通(敷島営業所~甲府駅南口~石和温泉駅~山梨県立博物館)は廃線となっていた。

 ところが、一部ダイヤ変更する路線とやらに「(長塚経由)敷島(営)~甲府駅~英和大学~石和温泉駅線」ってのがある。長塚!廃止だろ?

そこで山梨交通の路線系統図の停留所名を目をこらして見てると竜王駅の北側に「長塚」を発見。

 奈良原から甲府駅方面で行き先に「長塚」ってのが出てくるのだが、そこのことだろうか?「誰もが知ってるだろう」って概念で示されてることを紐解くのは難しい。この広い範囲で住民なら知ってるとは思えない。

 これだから全国の交通機関に言いたい。停留所名を並べるんじゃなく現実の地図上に示せと。特にコミュニティーバスは停留所名から場所の連想が難しく、バス停がどこだか不明も多くある。

| emisaki | 2022-08-16 Tue 17:53 | 交通::情報・考察・計画 |
大雨による磐越西線の鉄橋が崩落した件から過去の疑問が説ける
 比較的多く乗車してきた東海道線にて小さい頃から見てきて大人になって疑問になったことがあった。新しく橋が掛け換わった残骸というか跡が見えるのだが「土台」だった。

 地中まで一体化していたら橋けたが壊れることはあっても、そのまま流れて倒れることはない。磐越西線の喜多方駅近くの「濁川(にごりかわ)橋りょう」が倒壊した理由として古い橋は土台が地盤まで達しておらず深くない土台の上に乗ってるだけの状態だからと判明。

 電車に乗ってて古い橋があった跡が見えるのが相模川。調べてみると1923年に関東大震災で倒壊して新たに作られたそうだが、99年前だけのことはあり、次の情報として出てくる架け替え1965年ですら古い。

西暦何年以降なら地盤まで掘り下げて建ててる橋なのかの情報を見つけることはできなかった。

 相模川にある橋けたの跡が平らすぎる理由も昔はレンガや石積みだったことが見えてきた。積んであるなら楽に取り除けて平らに作られた土台が残ったわけだ。近代に作られた橋の支柱を壊すなら、わざわざ平らにする工事が必要だろうね。

 日本中にいくつ残ってるか知らないが古い橋は支柱ごと流れちゃう可能性が高いってことで、危ない場所ほどローカル線で古いという必然が橋の倒壊や崖崩れで長期的に運休となってきた。近年、只見線は復旧しそうになっても、またどこかが弱いところで崩れた。

盛り土の上に線路が引いてあるところが大量にあるって怖さもある。

| emisaki | 2022-08-10 Wed 19:46 | 交通::事件・事故・違反 |
テレビ番組「路線バスで寄り道の旅」から路線を予測してみる
 マニアックなテレ東「ローカル路線バス乗り継ぎ旅」の出演者構成を真似して都市部移動だけで大衆化させたテレ朝「路線バスで寄り道の旅」、ギャンブラーが車内で寝てお金貰えちゃう番組。毎回見てるわけじゃないが、新しく撮影するのと、古いのを再構成してたり、路線バスを貸し切ったりもするから放送内容は違うかも。

 本日2022年7月31日の番組表で「門前仲町~新小岩~浦安」と書いてあったため、私の生半可な知識からだと非効率な移動をしないと行けそうもない。どうやって行くのかが気になってしまった。

 番組表以外で立ち寄り場所が不明だが、門前仲町→新小岩なら乗り継ぎで行ける。私は葛西へ行ったことがあるため荒川を渡ってすぐの交差点で乗り換えれば行ける。

 問題は新小岩から浦安。荒川を渡る難よりも江戸川は県境だし、天災から広域避難にて江戸川にはほとんど橋がない。東京都と接してるのは新葛飾橋(近くは常磐線 金町~松戸間)、市川橋(近くは総武線 小岩~市川間)、江戸川大橋(首都高速道路~京葉高速道路)、今井橋、浦安橋、名前は知らないが首都高速道路湾岸線の横の国道357号線の橋。

 アリオ亀有に行ったとき亀有駅からディズニーランド行きって見たことがある。もう10年前だが新浦安の花火大会の帰りに地下鉄に辿り着きたく本八幡駅行きのバスに乗ったことがある。

 すごい遠回りを考えちゃって、ふと思い出した。デビ夫人と市川から新小岩ってバスに乗ってたと。すると市川へ行ける。葛飾の花火大会で千葉県側から見るので市川から北はわかるんだが南方面のバスが全くわからなかった。市川と本八幡は近いので何かつながるだろ。」

続きを読む ≫


もうお手上げなのでネットに頼った。

 千葉県に入る都営バスなんて1つもないと思ったとおり京成だったが、怒らせてくれる出来事が「京成バス」「京成タウンバス」「京成トランジットバス」「東京ベイシティ交通」と京成グループのくせに縦割り。

 京成バスの営業所ごとの路線図から浦安駅近くは通るが浦安駅行きが全くないと思ったら、その管轄は「東京ベイシティ交通」。テレビ番組としては電車を使わない勝手だから知ったことではないが、住民であったならグループ企業で接続路線を掲載しないのは怒りであろう。



 これを調べたことで失われた3年を思い知る。視界が開ける荒川からの東京スカイツリー撮影で開業後に新設され乗っていた「【有01】亀有駅~浅草寿町」、「【新小 59】新小岩駅東北広場~浅草寿町」の平日運行が2019年7月15日で廃止され休日のみ運行になってた。

 新路線ができたとき自治体の広報誌に載せることができても、客が少ないからって宣伝になるから掲載することはできない。廃線になると例えば亀有から東京スカイツリーってJRで南千住駅か日暮里駅、上野駅(上野公園)でバスに乗り換えになってしまう。

 行き先は東京スカイツリーじゃなく浅草寿町で雷門の前を通っていたわけ。それで総武線沿線の人が浅草へ行くのに新小岩で下りる投稿を読んだことがある。バス停は浅草寺側から見て雷門を直進した道路沿いにあった(下りのバス停は雷門通り沿い)。JR浅草橋駅で下りて都営地下鉄 浅草線へ乗り換え、浅草駅のごちゃごちゃした通路と階段を通る必要もない。朝は運行してなかったが通勤通学に使えず定期客がいないと維持は無理か。



 実証試験なら仕方がないが、定期路線であても都営バスと違って京成バスという民業は辞める決断も早い。そもそも都営バスが撤退するからだ。民業圧迫ではなく、都民の足。

 亀戸、錦糸町から行くは簡単なんだけど、平井、新小岩からって面倒なんだ。都営バスの路線が私が小さい頃は都内なら端っこも多かったが年々と東京23区内でも狭まってきてる。

 御老体に尋ねてみたら昔は新小岩から浦安までバスで行けたんだってさ。 地下鉄 東西線の開業日を調べたら1964年12月23日で最初の東京オリンピックの年だから鉄道としては新しいほう。電車が通ったから乗り継げばよく、いつまでもバスを走らせる意味がないってことか?




<追記 放送後:
 やっぱりコロナ禍なので貸し切りバスで運行路線は無視でした。ちなみに東京ベイシティ交通のバスを貸し切り。門前仲町の店でオープニング、移動して大島の駄菓子屋 ひよこ西新小岩 食事処 島村。立石の町工場 東京和醋手ぬぐい ギャラリー砂町銀座商店街新浦安 トランポランドTokyoベイサイド

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2022-07-31 Sun 13:19 | 交通::バス |
あきたホリデーパスは得になるのかを考える 東北地方北部
 エンゲル係数だのあるよう旅行であるならば「運賃」と「宿代」が大問題。そこにほとんど持って行かれるから現地でロクに遊べもしなくなる。合法な「せこい作戦」は必須。

 同種の乗車券では東北の各県にある。旅行者にとって迷惑なのは、まるで路線バスが自治体の管轄によって区切られてしまってるのと同じだが、観光ルートに県境は関係ない。

あれって自治体からJRに対して補助金でも出てるのか? なぜ県境で分ける?

 年齢に達して「大人の休日倶楽部」に入会しないと使えない有益な周遊乗車券なら特急、新幹線に乗れるのがあるが、「北海道&東日本パス」では「青春18きっぷ」と似たようなもんで基本が普通電車専用、新青森~新函館北斗が特急券だけで新幹線に乗れる特例が付いてるくらいで使いにくい。



 特急電車に対して乗車券として適用できた「三連休東日本・函館パス」は2021年1月の三連休を最後に廃止となった。今でも販売されてる「週末パス」はJR東日本管轄で秋田・岩手・青森は含まれない。共にビジネス利用を防ぐため平日に使えるのが無い。

 平日でも使えるようにして観光客と証明するよう都市部との行き来だけには使えないように何箇所かのチェックポイント設けたらどうかと思う。観光なら途中下車して当然も、下りたくもなければ損になる。条件を満たさねば通常料金って具合。

続きを読む ≫
 東海道新幹線ならビジネス利用客も多いが、JR東日本の新幹線で問題になるとは思えない。ビジネス客だって使える「えきねっとトクだ値」で割引展開してるなら乗ってもらえるほうが先決では?

 高齢者には「大人の休日倶楽部」で平日利用できるのだし、平日解放したって大勢が使えるわけじゃない。個人的都合じゃなく休日集中を避ける分散利用という観点からの主張。

 だが、この考え方は逆方向では破綻する。東京は巨大ビジネス街であり同時に観光地でもあるからビジネス利用客を排除できない。出発地を限定する周遊券なら可能でしょう。



 東海道新幹線など主要路線を除き、観光客で支えられてる地方路線ほど休日のほうが乗客が多くなる。コロナ禍では混んでるのを耐えれば済む問題じゃなく今は平日しか選択の余地がない。

 散らばれってのに集まる地方症が実に多いし、日曜日(休日)しか動けないからって危険でも動く自己中、感染対策したつもりの奴らは危険度が桁違いに上がる。



 東京から秋田だと飛行機か新幹線。LCCがなければ割引を駆使しても新幹線のほうが安いが、半分在来線のため飛行機のほうが早く着く(旅行全体として有利とは限らない)。この御時世であると便が少なく利用者が集中する飛行機より新幹線のほうが密集度が低いのではないか。

 飛行機であると秋田県内のJRに1日乗り放題な「あきたホリデーパス」も生きてくるかもしれないが、旅行を計画するとき1ヵ所と往復なんて非効率な事は考えないため飛行場から秋田市を拠点とすると各地との往復を余儀なくされる。秋田空港は秋田県西部中央、秋田市から由利本荘・由利高原、横手、角館・田沢湖、男鹿、大館へ行くとなると四方八方に分散して路線が周回してない。

 鉄道にすると秋田新幹線~リゾートしらかみ~東北新幹線、東京→盛岡→田沢湖→角館→大曲→秋田→能代→十二湖→川部→弘前→新青森・青森→東京と計画することができる。

 場所によってはバスも組み込めるが道路事情から東北地方南部より北部は高速道路が少なく電車のほうが便利だった。一方向で移動すれば途中下車によって お得なきっぷ「五能線フリーパス」の範囲も含まれる。

 複雑なルート1本で乗車券を買っても分岐地点は途中下車したのち別途乗車券を買い往復すれば行けるが、その途中下車することで時間の無駄だと1枚の切符にして料金の節約に拘る必要もない。



 元となったのは同時期に開催される東北夏祭りの各所を見る計画。上記以外にも東日本大震災発生以降に東北六魂祭(東北絆祭り)として全て回れる日程は考えていた。立ちはだかる壁は所要時間の長さ。

 秋田県内においては秋田内陸縦貫鉄道線を使い沿線観光なんて組み込むと時間がかかりすぎて秋田市を捨てるか1日増やす必要があったが、コロナ禍では絶対に避けるべきが祭りだけに不便な場所へ行く予備計画が生きてきた。

 運行時刻からしても十二湖を外し、五能線じゃなく奥羽本線のまま弘前へ向かったほうがすっきりする。ところが弘前から十二湖、白神山地圏内へ行く路線バスがなかった。地図で見れば近隣の都市は弘前なのだが、弘前からの生き方を探っても電車でぐるっと回ってからバス(弘南バス 十二湖線 4月下旬~11月末運行)としか出てこない。そこでGoogleストリートビューを見たら山奥になるとバスが通行できる道路じゃなかった。

 夏祭り計画を桜や景色の観光に転用で福島県において混雑する「三春滝桜」を捨て「夏井千本桜」を調べたように、経路上に限らずとも有名に隠された場所を探したい。

 東北地方北部より楽になる南部にしても東西の横移動は困難のため、難所を抜け周遊するより経路上になければ一ヵ所ごと東京から行き来したほうが楽なのかもしれない。

まだ練り直しが必要。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2022-07-30 Sat 18:36 | 交通::情報・考察・計画 |
JR東日本が赤字路線の情報を公開した理由は? 五能線の調査中
JR東日本プレスリリースご利用の少ない線区の経営情報を開示します[PDF]

 五能線もだが、この前に調べた夏井駅の磐越東線も当然含まれている。旅先の調査として経路の時刻表を調べるのは必須のため行く前から秘境路線は感じている。

 JR東日本が公表した意図とは廃線にするぞとの前段階で反応を見るためだろうな。自治体が請け負うにしても第三セクター落ちが考えられない場所が多く、維持費を考えたらバス転用がいいところ。

コロナ禍で動けない中、以前からの計画も含め時刻表を繋げてると諦めるしかない場所も増えた。
五能線を調べていた理由は大潟村へ行く別ルートがあるかどうか。

| emisaki | 2022-07-29 Fri 12:50 | 交通::鉄道(運行・乗車券) |
交差点で衝突後に漬け物屋にトラックが突っ込んだ事故報道を見て
 知ってる場所だと気になってしまう。なぜなら銀座、日本橋、浅草など江戸東京を表すような土地が無秩序な奴らが住み着いたため過去のような安全がなくなってしまったから。

 今日、報道された日本橋浜町での交通事故だがビルの隙間の十字路と違って比較的に視界が良い場所。トラックが信号無視だとしても、車体を見るとトラックにぶつかった側は本当に時速30km(そちら側の制限速度)以下だったのか検証も必要。こうした疑問は商業地どころか住宅街の路地でも制限速度なんて守らない恐怖の運転手ばかりになってきたから。

 日本橋三越からでも平気で歩いてた私の買い物の巡回コースとしては本日事故現場より少し北の甘酒横丁の周辺だが、あのへんの道路中央が公園になってて、公園と公園を挟む部分に横断歩道がないため突破する人がいるため公園のほうへ曲がるにも、細い道路側で公園を横切るにしても制限速度だからって上限速度を出してはいけない場所だ。

続きを読む ≫


 既に10年、20年前から狂いは生じているのも、新川、築地など隅田川沿いでも会社なら立地条件が悪い場所から、大規模では晴海、豊洲と高層集合住宅(タワーマンション)という名の都市生活不適合者の住処が用意されてからのことである。

 佃島に建ったくらいでは大きくは変わらなかったが、やはり晴海と豊洲が再開発され住宅が大量供給された後、界隈の秩序は地に落ちていた。金の亡者な不動産屋も新しく建てる場所がなくなり、都心部のビジネス街にまで高層住宅を建てるようになり、更に秩序は崩壊してきた。

 銀座の中央通りに違法駐輪だとかママチャリにひかれそうになったと投稿したことがあるように、劣ってる奴らは大江戸で有り得なかったことまでしでかしてきた。コロナで人流が減るまで自転車事故は毎年増加してきた。



 どっちにしろ社会と言う集団生活を理解できない自分勝手が引き起こすのだが、そこそこカネを持ってる地域の自己中どもと平均的低収入が住む地域では不道徳や犯罪行為の質が違う。

 頭が悪い奴(結果的に貧乏人や罪人)ほどアル中、ヤク中(タバコ)、ギャンブル中毒になる状況証拠は固まってる。きのう禁止されてるタバコを注意したらカスに絡まれたって投稿したよう城西地域より古くから町が形成されてた城東地域は低収入の侵略を受けて秩序も低下。



 小さい頃から駄目な人を認識していたから学生の頃からだが、横断歩道をフライングで出るような都市生活不適合者どもに先にくたばっていただこうと道路を横断するとき先頭を切って歩かないようにした。駅員のよう安全確認してから脚の長さにものを言わせて歩き出してブチ抜く。他者を危険に晒す行為に自覚症状が無いお前らが東京を破壊してきたんだから巻き込まれる気はない。

 現に備わってる察知能力によって信号無視となった自動車を避け命拾いしたことがある。蔵前橋通りの交差点で歩行者の信号が青になったため渡り始めたが、右手から来る車の音から減速を感じなかったため走ったら後ろを自動車が信号無視。逃げ切った瞬間にブチ切れたが、自動車だから走っても追いつけるはずがなかった。

 せっかちな江戸っ子だろうと危険回避に使う時間は無駄ではない。私の若い頃に知る「第二次交通戦争」なんかより、今のほうがよっぽどクズだらけ。死者数と社会秩序、道徳は完全同期ではない。

信号無視で侵入したトラック側の目線 Googleストリートビュー
トラックにぶつかった乗用車側の目線 Googleストリートビュー
自家用側は右折してか、直進して衝突したのかは不明。



 事故を避けるために「詳細」な情報(事故原因)を国民へ公表するのが義務だと思う。日増しに狂っている東京で殺されないために地方症な無秩序連中の生態を研究してきた。

 結局よく解ったのは、逆ギレしてきたり、悪態をついてきたり、胸ぐら掴んでくるような基地外のほうだったけどな。そうした突出したクズ(カス)は当然だが、そいつらがしでかしたことだけでは実際の事故件数には届かないだろう。だからマトモづらした悪魔がウジャウジャ潜んでいる。

 頭の病気だろうから刑罰を死刑にしてもあおり運転は消えそうもない。本件以外でも気違い沙汰の交通犯罪は起きてるが、イカレた犯罪でも繰り返されすぎてテレビも扱わなくなるのが怖い。横で検索してたら案の定のあおり運転だし、また事故を起こして逃走の事件か。これでもまだ私がコロナどころかエボラ扱いしてきたよう恐ろしい子を育て続けるつもりか。

 東京で役人や公務員、情けないことに警察官が道交法をロクに知らない等、あっち側の人間だらけになっては政治や取り締まる側の誰が私と同レベルの集団生活能力を持ってるのか!?

 自分の身は自分で守るしかない。事故検証で持たぬ知識は勉強してでも知りたいと思う人がいるから素人扱いせず専門的だろうと公表するのが警察の仕事だろ。よくテレビ新聞報道で、お馬鹿さんたちは個別の案件には答えないと言う。もちろんそれが体のいい非公表、ノーコメントだと推察するが、まとめた結果じゃなく個別の案件のほうが重要だ。

 旧式車両の公道走行は禁止し、自動運転を義務化したほうがいいだろう。自動車は歩行者へ凶器として強力だから扱われるが、自転車に乗ってる奴らのほうが犯罪者だらけを忘れるな。

免許取得と維持のハードルが低く誰にでも与えてるも同然で罪人から生涯剥奪もしない現状。
『事故が起きるのは必然、事故が起きないのが偶然』

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2022-07-27 Wed 18:48 | 交通::事件・事故・違反 |