サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2020 - 12  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

声優起用 批判だらけの 専門外 吹き替えをやめ原点回帰してくれるか
オリコンニュース『鬼滅の刃』ヒット契機に“声優起用”の原点回帰が加速、花江夏樹がハブ的役割に
“専門外”からの起用に対しては、「本業声優の人に比べると実力差がありすぎる」「過剰な演技が鼻につく」「声だけ聞いてもその俳優さんの顔しか思い浮かばない」といった批判があることも事実。

 アニメはオタク層が恐ろしいチカラを持っているため実現するが、通常の映画(洋画)の吹き替えだと客がナメられており、配給会社などが目先の話題(カネ)欲しさに作品を汚すため外圧こそが正せる道かと思っている。本家に知っていただくことで、有名人だろうとド素人の起用を契約で禁止に持ち込むのである。芸能事務所も目先のカネに溺れて作品を潰している酷評が聞こえないし、依頼側も依頼される側も懲りない。

国内外においてアニメはオタクの声が恐ろしいほどデカイから専門外を排除しやすい。

 悪評として固まってしまってるため常に例に出ることになるが、スーパーナチュラル(元俳優、お笑い芸人)、LIFE!(お笑い芸人)、TIME(元アイドル団体員)、プロメテウス(タレント)、これらはストーリーも頭に入ってこないほど下手の極致で有名になった悲劇の作品。ほとんどが再度プロ声優で吹き替え直されており、聞くに堪えない悪名が轟いたため一部の放送局は新録版(新しい吹替版)だと明確にしている。

 特定の年代から下(若年)は滑舌障害が激増の現実を突きつけてきたが、テレビのナレーターやアニメの声優にも増えてきた。私には即座に感じること、なぜ専門企業が識別できないのか?

 声の仕事で上記より先にあった問題は特にアナウンサー採用。社内規定でテメエのガキを入社させられないからテレビ局・広告代理店・大企業の支配関係トライアングルを利用して ねじ込み合ってると問題にされていた。思い描くコネ入社じゃなくテレビ局側から例え無能でも在籍しているだけでいいから来て欲しいわけだ。それとは別系統で見た目の優先枠にてちょくちょく問題が起きる。しゃべりもおぼつかないのにアナウンサーになってしまうから。
状況証拠は山積みで週刊誌がすっぱ抜く内容が事実であるならば薄汚いどころの話じゃない。

いつまで客(視聴者)は馬鹿にされ続けるのか!?

| emisaki | 2020-11-19 Thu 18:11 | マスメディア::ネット系 |
テレビ局や週刊誌が常にやってきたこと
 政治や事件については個人で可能な限り資料などに基づき書いてきたが、単なる個人的な趣味嗜好も書くのがブログである。芸能人と言えども違いはない。下衆のくせに己が正義と勘違いしてる週刊誌がボヤを大火災にする。

 個人でやったら叩かれるなんて村八分を彷彿する異常ぶりだが、そういう奴らに限ってツッタカタ~って感じに、あることないこと撒き散らしている無責任の実態ではなかろうか。聖人なら言えるだろうがテメエらが常にやってることを他人である芸能人がやって取り上げられたら叩きまくる。

 それにつながる奇病だから絶えないと思ってる「あおり運転」は昨日のニュースでも2件。“地方症”…他人へは異常なほど噛み付き、自分がすることは恐ろしく無頓着な究極の自己中。

「報道の姿勢を叩きながら報道に踊らされる」 これは俺も気をつけたい。

| emisaki | 2020-11-18 Wed 07:49 | マスメディア::ネット系 |
つったかた~は何年経っても変わらなかったのか?
日本国憲法 第21条2「検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」

 何年も前から検閲が持ち上がっていた。もちろん他でも検閲問題が持ち上がってる。画像についてはAIも誤動作ばかり。何でもない画像が問題ありで同意ボタンを押さないといけなくなってる。

 日本が掲げてて米国が守ってなければお笑い。と言っても敵が多い米国としてはテロ対策と称して正々堂々とやることが出来るのかもしれない。「自由の国」じゃなく「勝手の国」だから。

 例えとして、目くそ鼻くそどころではなくなり、大便小便なら小便のほうがいいが、コロナとインフルエンザから選べと言われても、どうしようもないと言ったところだ。

 世界的だが、日本で言うところ20条のほうを認めているから異常な思想の人間ばかりが人殺しや戦争ばかりをやらかしているのだと、いつになったら未開人は理解するのだろうか。

# 連邦セクション31、フェレンギ、カーデシア、ブリーンにロミュランなんかと、まとめて同義語だからな

| emisaki | 2020-11-04 Wed 18:16 | マスメディア::ネット系 |
TV番組投稿のYouTubeアカウントがやっと停止してた
 初期からYouTubeを使ってきた側として結果的に自分の首を絞めることになるから、ダメなものはアップロードしなかったし、アップロードしてからダメだったかと削除するのもあった。

 それでダメかと思ったのが、街中でどこかの店で流されて聞こえてしまう音楽が入り込んでしまっただけで音楽著作の警告が出たことだった。大勢が利用するようになってYouTube側が放送局のように包括的な権利契約をしたため使用できるようになったが、本当に無秩序だった開始当初以外は利用者も大変だった。

 そうは言えども近年のほうが下劣かつ無秩序な連中が使い始めたから事件を起こし逮捕者まで出すようになった。それもネット社会の基本であった ギブ アンド テイク の概念を失って金儲けの場にしてしまったからだ…

続きを読む ≫
 そして伝統的に大勢の人間と接したことがない連中がインターネットによって大勢と繋がろうとしたことで露呈した自己中心的な思想である。例えばTwitterでの繋がりにしても実社会での能力と経験であったため問題の有無は老若男女に区別はなかった。

 私の周辺がインターネットを始めた頃にはオフライン=オンラインと延長線上であったため問題が生じにくかったが、そこへ見ず知らずの人間が入ってくると、やはり問題は生じることになったのだ。

 前置きが長すぎるが、何が悪質だったかは苦労して再編集して番組ロゴを塗りつぶして別途字幕を乗せていたりしたからだ。YouTubeは見てる傾向から右側に関連動画を表示するのでクリックしたわけだが、テレビで見たことがある旅番組だったから制作会社が配信したのかと思ったら、企業が絡んで何も説明がないのは有り得ないため違法アップロードだと思った。

 もう1年は経過するか、思い出したときにアクセスしてみても長らく存在してた。すぐ停止をくらう奴もいるのにずっと残ってるなと思って本日にアクセスしたら…
スパム、詐欺、誤解を招くコンテンツに関する YouTube ポリシーやその他の利用規約に対する度重なる違反または重大な違反のため、このアカウントを停止しました。
と、やっと停止されてた。警告の通知を無視して続けたか、テレビ番組だと確認され一発アウトか、人数が多すぎて見つかるのに時間がかかったかのどれかだな。

 バイトテロだとか迷惑ユーチューバーが現れたように教育で失敗していて、次に本件なら放送局側が時代に合わせず古すぎた。開かれたことによって市場が活性化することも報告されている。違法投稿から本物のDVDが売れたりして企業だから結果的に儲かれば見て見ぬ振りをするくせにね。

 ただし最近は前記のよう若年層の事件を見てればわかる通り人間性を失ってきているため、漫画業界でも渋々認めていた二次創作すら禁止する風潮になってきている。

 そうした阿呆さえ出なければ、ある程度の権利を解放することには意味があった。日本人はガチガチすぎるのだ。特定業界のことで語るなら、オープンソースにパブリックドメイン、日本は少なすぎる。そのくせ守るべき物の権利を主張しておかないんだよな。


馬鹿どもによって私的権利まで奪う傲慢な法律が次々とできあがってきたとなぜわからんのか!
余計に自由が奪われるんだよ。本当に短絡的な思考の馬鹿ばっかりになったな。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-10-21 Wed 21:17 | マスメディア::ネット系 |
日本は米国と違って公務員は肖像権を失ってないから
公務中の公務員に(相応の理由な場合に)肖像権はないとされたのは単に最高裁判例でしかない。
在日外国人が使えるみたいに言ってたが米国においても州法によって異なっているようだ。

 個人的に提示するのと商売に利用するのとでは変わってくるのだが別件で見つかったことによると人物ではなくアメリカの自由の女神は以下のように示されていた。
自由の女神の画像はパブリックドメインであり、すべての人が利用できます。 その結果、1880年代半ば以降の使用は広範囲に及んでいます。 博物館には、何百もの異なる文脈での自由の女神の一般的な使用法を説明するオブジェクト、紙の文書、および織物の大規模なコレクションがあります。(Google翻訳)
The Statue of Liberty in Popular Culture - Ellis Island

 他人が撮った写真はまた別の問題が生じるわけだが、元が権利ないためパブリックドメインな画像もたくさん米国のウェブサイト上にあった。パブリックドメインなので商業利用や加工して使用も自由となる。

 権利がないからGoogleストリートビューが存在できるのだが、希にボカシがかかってる家があるのも訴訟回避より配慮で消してるほうが大きいのでは? むしろボカシがかかってる家が目立って何様なのかのほうが余計に気になってしまうから逆効果が間抜けではある。

 こうした像とかの写り込みは気になるのだが、表にさらしている建物まで権利主張されたらとんでもないことになる。そこは認められてないところが救いだが、どっかの会社のマークとか商標は認められてしまうところがやっかいな部分。宣伝になるために掲げている要素が強いのに景色写真に入って消せなんて言うアホな企業はいないだろうが、商用利用ともなると確認できないほど小さいか、写り込みがない場所を探したほうが安全だろうな。

| emisaki | 2020-10-18 Sun 21:54 | マスメディア::ネット系 |
映画 THE CURRENT WAR 邦題:エジソンズ・ゲーム
 コロナ渦にて映画館は考えにも及ぼす、知っても行く状態ではないが、世界が祭り上げてる陰湿なジジイを偉人呼ばわりしてきた件について認識は変わってくれるのだろうか?

 エジソンズ・ゲーム(THE CURRENT WAR)なる映画が公開され、こんな時代だから早くも8月7日よりネット配信(視聴料 税込1,000円)が始まっていた。

 知ってる人にとっては有名な話、アメリカでの電力の送電方法にて、先に財を成していたエジソンが直流を推し進め、テスラ側が効率の良い交流電送を推し進めたための戦いであるが、エジソンが仕掛けた汚いやり口を知っていさえすれば「エジソンは偉い人、そんなの常識」なんて馬鹿すぎる歌詞に怒りを覚えるほうが常識ってもの。本当は恐ろしい見た目の「アイアイ」を見もせず作詞したのに続く無知が社会に大きな影響を及ぼす。

 本当の天才発明家がニコラ・テスラであること疑いの余地もないが、エジソンは白熱灯も発明しておらず寿命を延ばしただけで特許じゃなく実用新案にて事業化したことにより巨万の富を得た。
 もはや真実も闇の中だろうが、弟子を作ってからは弟子の発明を盗んてきたと伝えられておりテスラもそれでエジソンから離れた。エジソンが本当に発明したものってあるのだろうか?
 IBMが特許を持ってる磁気円盤記録を一部の意匠権を持ってただけで俺が発明したなんてホラ吹きジジイがいたが、結局は汚いカネにまみれてしまうと人間性も失ってしまうってことなのか?

映画の結末が何を言いたいのかは知らないけどね。

 もっと昔ともなれば大衆をコントロールするための嘘だらけではなかろうか。それも知らずに学者たちが文献を信じて、ああだこうだと踊らされているのかもしれないね。「本当は怖いグリム童話」みたいに原本があれば伝えることができようが、エジソンvs.テスラのよう近代でも解らないことが多いのかも。判明していることだけでもエジソンが誇れる偉人ではないこと世間は知るべきである。
 何が怖いって正しい認識をしないってことは、例えば将来に日産を救ったのはアイツだってことにされるようなもんなのだよ。しでかした事を正しく認識しなくてはならない。

 あらゆる報道において、どんなに結果が悲惨であったとしても真実、真相しか知りたくない。だからって個人の問題を暴けば良いと思ってる下衆の週刊誌は豆腐の角に頭をぶつければいい。

| emisaki | 2020-09-06 Sun 06:15 | マスメディア::ネット系 |
ハイパーリンクはリツイートとは決定的に違う
 リツイートの訴訟での判決が時代遅れで頭おかしいってのにWorld-Wide-Web (WWW) におけるハイパーリンクが著作権法違反だなんて狂ったことを言ってる奴がいる。根拠がないくせに騒ぐ奴ってどういう神経してるのか?

 昔から著作権を扱う法律サイトでハイパーリンクは制限されないって書いてあった。総務省が言うのは著作権とは関係がなく別の犯罪に絡めてのことでありハイパーリンク自体に違法性を問うことはできないであろう。それを違法と問うならば例のリツイート訴訟と同様な法律文および裁判官の時代遅れによるものだ。

まるで天動説を信じてる奴らの中で罪に問われ「それでも(地球は)動く」と言うのは悲しすぎる。

続きを読む ≫
 過去にリンクするなら許可を取れってそこらじゅう同じことが書いてあった役所のコピペ強要文に文句を付けたことがあるが、ツイッターによる画像のリツイートと違ってハイパーリンクは同一性の権利を含め何一つとして著作権侵害していない。利用者の意思によって表示されるのである。

 以前から現実社会を例にしているが、それを違法と言うのならば「東京駅はあちら」って看板を出したらJRから訴えられてしまうようなもの。WWWからリンクを取ったら何の意味もなくなる。それも例えれば「電話かけていいですかって確認の電話してこい」みたいに訳のわからない要求。

 こんなことになるのも変な奴らが増えたからだが、ツイッターなんかで人間関係のできない子たちが自分ルールを展開し合ってるわけで、そんなふうに育ってきた人は法律より怖い。

 リツイート訴訟判決の狂いぶりに嫌気が差すように、もしも今後、ハイパーリンクに許可を取れなんてことになったら俺は馬鹿な世界とはおさらばするね。世間一般というおばかさんが埋め尽くすとロクなことがない。大学間の接続が拡大してナントカ値の低い学生が乱入したとき終わったって感じになったが、その先の今は、おばかさんに加えて犯罪という恐ろしい時代。コンピューターウイルスなんて気にする必要もなかった平和な時代が懐かしいなんて当時はガキだったのにそう思う。だったら今の社会は何なんだ!


 賭博には興味ないんだがローカル競馬のサイトを見たらハイパーリンクについて強要する記載があった。当然だが、勝手に書いてるだけで法的拘束力は何もなく契約としても成立しない。

 都道府県市町村サイトもリンクするなら連絡しろって書いてきたのが修正されてきたが違法じゃないなら強要はできないので、無知な一般人が作り出したリンクフリーなる意味不明な言葉を使ってること自体、誤認識がある。リンクはWWWの神髄、そして最初から自由で、リンクが無ければWWWが成り立たない。

 ハイパーリンクとは言わば「参照」先を示しているだけ。これがダメなら、ほぼ全てダメ。書籍で他者の参照を示しただけでもダメってことなのか。ちょっと頭悪いにも程があるぞ。ネットと本は違うじゃなく、共に行為なんだから同じである。


 ちょっと前から世間一般にも変なのが増えすぎた。例えるなら「裸で外を歩いておきながら見たら訴えるぞ」なんてほざいてる奴が激増中なのだ。人間関係、大勢の他人である社会がわからない奴らが原因と言ってしまえば早いのだが、そういう馬鹿が集団というチカラにて幅を利かせてしまうと暮らしにくいったらありゃしない。


文句があるなら下記リンク先を読むべき
経済産業省「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」を改訂しました 2018.7.27
改定されてリンク切れしたら「電子商取引及び情報材取引等に関する準則」で検索。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-08-03 Mon 12:52 | マスメディア::ネット系 |