サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2020 - 05  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (3)
他者のリツイートにより時を置かずして疑問の一部の答えが見えた。

 記事タイトルからそれてしまったのだが、私の見立てはズバリ的中し帽子は30代から引き継がれたものと判明。そこは更に29代からじゃないかと思うんですけど、すごく似た帽子もある(C96165, C96163, C96285)。実際に見れば違いもわかるが熱海がV字回復してからは混雑を避けるため都合のついた平日にしか行かず今や写真でしか見たことない。観光客と同じ短時間しか接してもないし見てもないからハッキリ見たことがない。夏服は28/29/30代で同じ。31代は今年は出番なしでしょう。

 帽子が引き継がれたことがわかった今、任命式で被ってた帽子は見たことなく その日だけで終わった理由に疑問が残った。1度しか見なかった帽子も、引き継いだのも、善し悪しじゃなく被り方に難があったのではないかと。それでいて任命式での帽子はつばが下向きだったから余計に顔が隠れてた。深く被ったほうが頭(顔)は小さく見えるが、それが可愛く見えるとは限らないから。

→ Twitter > 杉本和香奈 第31代ミス熱海 梅の女王撮影オフショット 2020年5月23日
もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (1)
もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (2)

| emisaki | 2020-05-24 Sun 19:58 | 熱海::考察・批評 |
いつまで営業してたか不明なニュータカハシ解体中
 1月30日、渚小公園を抜けてマリンスパの駐車場である和田川の横を通ったときは全くわからなかった。欲を言えば、ほかにも解体して欲しい汚い建物がいくつかある。

 大野屋の隣であるホテルニュータカハシだが、サンミの隣がずっと廃墟だけに当たり前に受け入れてしまってる側としては、ずっと前から営業してないのかと思ってた。ところがネット検索してかろうじて見つけたのが2017年のが見つかったが、不手際がいくつも記載されてるがそれでも悪評とはなっていなかった。それなりに客がいたこと報告されていたから経営難でもなかったはず。コロナ倒産ならこうも早く解体には進まないでしょう。

続きを読む ≫
 古い作りだけに壁は厚かったのかもしれない。だとすると防音は高評価。ホテル旅館の中には宴会場やカラオケルームの隣(前後左右)だからってワケアリで出すところもあるからね。その点では貴重なホテルがなくなっちゃったかな。

 新型コロナウイルスが蔓延するまでは評価より前に部屋が足りないときもあった。渚館みたいに後継ぎがいないで経営を譲渡ならわかるが、ニュータカハシは経営に行き詰まっていたのだろうか?同じように後継ぎがいなかったのか?

 解体の話を聞いて誰か背景をご存じではないかとマスメディアの目次を数ヶ月を遡っても全くでてこなかった。いくら小さい熱海市でも取るに足りない事だったということだろうか? 熱海新聞の場合、ほぼ有料記事だから中身まで検索に引っかからないので見落としてる可能性もある。


 新型コロナウイルスの収束か終息かは年単位かかるだろうが、コロナ渦が通り過ぎれば「安近短」から始まること確かであろうからホテル需要はある。決断の遅すぎる日本では計画も年単位でかかるだろうから先に跡地の引き合いがあっても不思議ではない。景気が良ければ大野屋が買い取って一緒に建て替えちゃえってなるんだろうけど、あっちの持ち主が居抜き物件で金儲けしてる奴らだけに新しいビルなんて建てるわけがないな。

 さて、ホテルニュータカハシだが私がもう何年も前から営業してると思ってなかったくらい駄目な要素があった。以前より糸川の乱雑さを見てジャングルだと表現し、親水公園で市民に開放している花壇の美的センスの無さに落胆してきたがホテルにも同じ印象だった。誰か管理してるだけだと思い込んでいたが、営業してたってことは客商売として有り得ない状態だったことになる。それは客足が遠のいて当然である。

そういうホテル、稲取とか下田に行ってもある。営業してるのか潰れてるのかわかんない。

 本来、テコ入れしなければいけなかった時期は熱海の客がどん底に向かっていた時期。V字回復の転換点は2011年ですから実際に上向きを感じるようになるのは2013年頃からである。その段階で若年層の熱海ブームに乗る体力は残ってなかったのだろう。かと言って木造レトロ旅館でもないから惹き付けない。

 建物壁面に生い茂った植物の つる が埋め尽くされてるだけで私ならお断りする。初期段階ならどうとでもなったのを放置した時点で体質が見えてしまっていたのです。遮熱効果を言う前に気持ち悪いが先に来てしまうから。部屋で食べたいって人もいるでしょうが、料理がどうのなら素晴らしい店が近くにあれば良いので「居心地」が最優先ではないのか?

さて、どのような理由か、跡地はどうなるのか報道に期待したい。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-05-18 Mon 22:34 | 熱海::考察・批評 |
もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (2)
もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (1) の続き

<帽子も変わってる>

 今頃になって梅まつりの写真を見たから「あれ、ボタンが見えてる」ってことからタスキの方向が変わってることに気づいたわけだが、ほかにも衣装を知ってたのは私が特定のファッションモデルさんを見てたから「愛甲千笑美ちゃんが着てたやつだ」とわかったのでした。

 そこでアンジョアのカタログ上の組み合わせで帽子は型番OP503 となっており2019年12月 起雲閣での任命式とやらの写真では確かにそのように見える。ところが2020年1月の梅まつりから帽子が変わってた!?

続きを読む ≫
 制服のほうも従来のイベントコンパニオン向けから変わりバスガイドかデパートの案内みたいになっちゃったのは事務服が主体のメーカーに変わったからだった。その利点はごく一般にまで広がるため「食いしん坊」にも着られる服がある。

 今まで決して「食いしん坊」とは言えないお方でさえ腕がギリギリって感じでした。着られるのは細身なモデル体型の人だけ。 対応を広げるとなると、ごく普通にいる会社の受付みたいな衣装を選ばないと「食いしん坊」が着られるのを探すのは難しい。

 イベントコンパニオン向けだと最大が13号で、その13号も普通とは違う細さに見え高身長に対応なだけではないかと。当然、一般事務向けならば21号くらいの「食いしん坊」サイズまで用意されてる。同じ号数、同じサイズとは到底思えない感じ。

 かつて途中からしばらく見かけなくなったお方を次に見たとき、良からぬ「デラックス化」に不安が生じたし、他の地域では「太って着られなくなった」なる書き込みを読んだことがある。是非とも反応後の「質量保存の法則」は守っていただきたいと強く願うのであった。




 この2~3年、各所で170cm越えのデッカイ人が選ばれているのだが、それでハイヒールをやめるから更に見た目が悪くなる。高身長を欠点と思い込んでしまうと勘違いするが、ハイヒールは高身長(脚長)なほど似合い、チビほど似合わない傾向にある。

 平均的日本人体系と言うと小さめで小太りだが、中には身長155~160cmでもモデル比率の子がいるからハイヒールが似合う人もいる。チビや短足コンプレックスでハイヒールにするのが間違ってると思う。比率が問題で間違った方法で欠点を隠そうとするから余計に欠点が目立ってしまう。これは「現実派」の男性目線だからわかること。

 不気味でしかないカラコンに、日本人の顔の作りなら全員が不細工に転落の細メガネなど脳内で盲目となり現実も見えなくなり「流行が勝つ」のが女性心理のよう。世間一般論として昔のフジカラーCM「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに…」では済まされず、世間で流行っていれば悪く見える事さえもしたがる傾向にある。

ようするに世間で流行れば酷くなるのに真似してしまう。

 数年前、まるで似合わない顔立ちでも流行れば無視してショートボブとやらの髪型にする人が激増した。あれは「ピノコ」(手塚治虫「ブラック・ジャック」に登場する女の子)の顔じゃないと似合わない。ピノコは漫画で人間離れしてるため現実に近い例では元AKB48の篠田麻里子。

 先日、ショートカットが似合う人は決まってるとテレビ番組 TBS「この差って何ですか?」で伝えられ、耳たぶの下からあご先まで垂直距離が5.5cm以下じゃないとショートカットは似合わないと。それは現実と完全に合致してる。その法則で言うと第31代でショートカットが似合うのは一番小っちゃい子だけ。

 ここにあげたのは代表例だが、そうした失敗は接客業として「感じの善し悪し」につながる。実例だが、何年か前に東京の交通会館の中にある某観光案内所の人がブルー系が混ざるカラコン入れてて、アニメのコスプレじゃねーぞと、あまりの不気味さにドン引きしたことがある。当人は、そこに気づけないのだ。




・帽子の “つば” が下向きから上向きの件

 過去に比べると決定的に少ないネット上の投稿写真から1枚の横向きの写真を見つけた。ところがカタログでそんな帽子は見当たらない。型番 OP109 の “つば” を上向きにしたようなのに近くても頭(クラウン)の形状が異なるし、アンジョアに “つば” が上向き帽子は一つもない。チクマ(U-FACTORY)の C96165 / C96163 あたりに見えてきた。

「もしかして先代からの使い回しじゃないの?」

 大道芸のお猿さんと一緒に撮ったりしたハリネズミちゃん(夏海)以降に自前で真っ当な写真がない。あつお・ぺるりん・てつざえもん なんかの写真ならいっぱいあるんだが、見比べる写真がなく結局はネット投稿に頼ることにした。検索ででてくる写真が少ないんですぐ年代の古いのになるが、第29代あたりから冬の帽子は全く変わってないんじゃない?

「確かに年に最大で数回しか使わないものを使い回さないのは経済的に悪い」

 近年のは制服のデザインと統一ではない汎用性のが多く使い回しが容易。でもカタログに帽子は洗えないって書いてあったよ。たぶん洗うと型崩れを起こす。オゾン脱臭なら問題ないし、特殊な洗濯屋なら洗えると思う。買うより安いでしょ。

 経済性を言い始めると稼働率の高まる冬服に予備は必要でも、全員が揃うことがない夏服を全員に揃えるのは非効率。2年間で夏服を着てるの1度も見たことなかったのがハリネズミちゃん(夏海)でした。過去に比べると夏服で活動する回数が減ってる。それは宣伝する気がなくなったからで観光協会の宣伝は町への客ではなく宿の空室次第で稼働率が高まってれば宣伝しなくなる。


 個人的には “つば” が上向きに丸まってるほうがテレビで過去映像を見てきた昭和の博覧会に感じるんですけど、流行は1周しちゃったんでしょうか? 深くかぶれば、どっちも顔は隠れるので顔が見えなくなると上向きを選ぶ理由にはならない。これは個人的な好みなんで客観的に見ればどちらも悪いってほどじゃない。

 帽子も浅く被ったほうが良い人と深く被るべき人がいる。その理由から逆にしてしまうと変になる。頭(顔)が大きい人が浅くかぶると更に大きく見えてしまうって当たり前の話。


 ちっちゃい写真しか載らないってことで観光協会を忘れていたが、唯一に大きめで写ってる紹介ページは2019年12月に撮影してるのが掲載。衣装を買って帽子だけを使うのをやめたとは思えない。注文したのが入荷せず一時的に借りてた?

 2019年11月23日にオーディションで決定してから注文したと考えると、在庫なしともなれば12月8日では間に合わない予感。本当のところは全くわかってないけど、梅まつりが始まるまでに誰かが「イメージ合わない」とでも言ったのだろうか?

OP503 じゃなく OP109 だったら良かった。OP503 は顔(頭)が小さい子にだけ向いてる。
結果的に帽子を変えたのは正しい選択でしょう。




・15cmくらいありそうな身長差

 人選後に注文したにしては制服のほうのサイズが合ってない。かなり大きさが違うのに9号と11号程度しか違いがなさそうに見える。江角マキコがミニスカなんじゃなく、体の差にサイズを合わせてない「ショムニの法則」が発動してる。

もし衣装を使い回すのなら完全にサイズを合わせると困る事情も考えられそう。

 膝小僧がちょうど出るくらいの膝上丈が丁度よくて、短すぎはエロ度が増し、長いとオバン度が増す。エロ度が増すって点では透けるタイツも駄目。このあたりの制御がずっと効いてない。膝が隠れるほうが良いって言ってるのはお高くとまってるオバサン界隈で、隠すように走るのはオバンくささへの流れになってしまう。

 長さって平均的な人にだけ合うので号数を変えても対処できない。小さい人と大きい人の差は傾向として曲線を描くのに服のサイズは等間隔だから合うはずがない。そもそも横方向と縦方向の違いが用意されてない。プロに依頼する場合は問題にならないが一般公募だと避けられない。

 靴も自前だから揃うとアンバランスになる。こちらの場合は揃ってることに意味があるのだが、一般論だと靴にも顔立ちによって選ぶべきデザインに違いがある。可愛い系(丸顔)の人は角張った靴のが似合い、キツイ系の人は丸味を帯びた靴のほうが似合う。ところが普通は逆を選びたがるため特徴が際立ってしまう。

あ~ 細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖 ©「相棒」杉下右京




・冬は寒すぎる

 ついでに、「寒い話」をさんざん聞かされてきたので冬はコートが必要。上半身はピッタリで中に余裕がほとんどないとのこと。だからコートごと制服化すればよい。マツコ・デラックスまでいかなければムチムチ系でも寒いものは寒い。

 ホカロンを貼ってるなんて当たり前でした。突っ込んだ内容なので書けないけどほかにも仲良くさせていただいた方々から色々お聞きしていた。ズケズケと言える第三者が代弁しておかないと可哀想だから。




 何年か前にテレビで西川史子女医による「ミスコンに出る人は全員腹黒、私を含めて」なる名言があったが、それどころの騒ぎじゃなく、近年は腹黒どころか常態化してしまっており女子アナ狙いミスキャンバス漏れの受け皿に利用されてきた。

 他にもミスコンを毎年渡り歩く人なんてお決まりである。だから学生よりも活動に融通が利かないけど会社員を選んだほうが安全と説いた。既に就職が決まっていたとしても最近の人間性の劣化は避けられない。

 地域ミスコンなのだから地元から選ぶのが当たり前ってのも、そうした意識の違いが関係している。過去は別として、近年のコンテストなんて見てると10年前とはまるで変わって「企業プレゼンテーション」か「コンペティション」と間違えている人が大勢いる。あなた自身がどう活動するかで宣伝計画を第一には尋ねてないのだ。

 中部地域の某観光協会による「お金がかかりすぎる(コストパフォーマンスが悪い)/応募者も減ってる/そういう時代じゃない/プロに依頼したほうが良い」って議論には一理ある。

私が「過去にしか興味がない」ってのはそのあたり人間の急激な変化に理由がありそうだ。


もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (3)

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-05-04 Mon 08:47 | 熱海::考察・批評 |
もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (1)
 当方に、とやかく言われる筋合いはないとは解っております。でも、なぜ着させているのかを考えると言いたくもなる。タスキを白地にピンク文字にしちゃった大失敗もあったしね。

<タスキが右肩、左下がりに変わってた>

 何を今更ってことになるのも過去にしか興味がないから混雑してるに土日は嫌だ~って平日にしか行かなかったから最後に梅園でお姉さんを見たのは2016年に数分。その時点でもほとんど見なくなっていた。

 私は "DD" でないから、何に惹かれるかではなく、誰に惹かれるかしかない。それにしても近年なぜ惹き付けられなくなってしまったのか考えると寝られなくなりそう。そこは本件と関係ないか。

 タスキが左肩からに違和感を持ったのは27代の衣装。左側に寄ったヒラヒラのデザインを上から潰すようだった。見えるようにして更にタスキ掛けの見た目がうざったいと見る向きもあるかもしれないが、だったら服のデザインは必要がなくなる。28代は左右対称(中央)、29代は左寄りだが目立ったデザインなしで問題なし、30代は左右対称、31代でまた左寄りデザインとなった…

続きを読む ≫
一般的にタスキなしで登場することはない。よって一体の見た目で考える必要があった。

 タスキをかける方向ですが、変えたのは正しい。ボタンダブルじゃなく、中央ボタンでもない左側寄り右上重ねの通常女性タイプだからタスキの方向も合わせないと右へ左へと入れ子状態になってしまう。服のデザインを殺しているって指摘したけど女性の服だから右肩のほうが楽でしょう。

 最初にした話も某所のタスキは固くて、しゃがんだり、ポケットを使うとき邪魔になってる姿を何度も見てきたから。特殊衣装だからハイウエストだし胸ポケットだけじゃなく左右のポケットも邪魔になる。実用性のないポケットでも制服によってワンピースの腰あたりにあればタスキがかかっても使えてました。見させてもらったとき上着のは名刺がギリギリ入るくらいだから単なるデザインかも。

 デザイン的には別にどうでもよかったのだが、余計なことを書いてしまった贖罪になるかどうか観光大使で画像検索して1度に出てきた写真から数えてみた。ざっくり数えたが十分な数はあると思う。

『右肩:121 (78.6%) / 左肩:29 (18.8%) / 不定:4団体 右と左が混在』

圧倒的に右肩でした。

 近場だからよく見てた中央区観光大使(東京都)はタスキに第○代と書いてあるから年代がわかりやすく「右→左→右」と変わったが、左肩の時期は 2011~2013年だけでした。

 ほかのところでコサージ(コサージュ)の真上にタスキ掛けてるところがあったから気になっていた。名前を売るのが先ですが、飾りが見えたからって視線を妨害しているわけじゃない。



・左肩のほうが良いデザインの服もある

 目立たせたくないようにボタンとかデザインを隠すなら構わないんですが、右肩から左下へ下げると隠れてしまうデザインの服もある。ですから決まってるわけではなさそうだ。

どっちでもいいかもしれない。
「細かいところまで気になってしまうのが僕の悪い癖 ©杉下右京」 なだけですから。




目立ったところでタスキ以外、もう一つの違いにも気づいてる。
もう一つの当初と変わったのは、長くなるのでパート2にて

もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (2)
もしかして私が指摘したから?タスキが右肩 (3)

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-05-02 Sat 14:24 | 熱海::考察・批評 |
「いまは静岡に来ないで」看板を敷設するならば
 湯河原側(熱海ビーチライン入口)や箱根側(函南町)の段階でやらなきゃ駄目でしょ。街のど真ん中に看板を立てたって、それを見たのなら既に来ちゃってる。「コロナ収束後お越し下さい」…そんなことでは、かなり先になるかと考えられます。一般道はともかく熱海ビーチラインは封鎖できないんですかね?

 価値があるのは報道を通じて伝わったこと。報道を見てなければ何の抑止力もなく、来てしまった人が何もせずに帰りたいと思うだろうか? だからこそ県境で阻止しなければ意味がありません。

 神奈川県が同じことをしてるが東京都と神奈川県の境はほとんど多摩川で太い道路や東名高速道路では変な看板があるほうが危なくて電光掲示板での警告になってるようだ。仮に東京都内在住で家から旅立つような奴が、神奈川県を突破し、静岡県で更に看板を見たからって帰るわけがなかろう。

 耐えて籠もってる人と勝手な言い訳をして自粛を無視するとてつもないクズと二極分化した。要請を無視する奴らは何が悪いのか理解できない哀れな奴らだが、世間の白い目が行動抑制に働いてる。

 大都会では若年層からも暴走族がダサイと思わるようになって時代遅れで消えていったよう、うまく働かせれば世間の目というのは強く働く。根本を理解されぬまま危険な行動は抑制されるであろう。

| emisaki | 2020-04-28 Tue 20:20 | 熱海::考察・批評 |
熱海市が再エネ発電事業…条例(案)に対する意見募集中
遅い!遅い!遅い!何年経ってると思ってるのか? でもやらないよりマシ。
#金儲け第一の発電事業(番外編)

 日本各地に放置して食い物にされてたり、そもそも誘致してる頭おかしい市町村まである。これは旧民主党政権下で東日本大震災が発生したことで、とんでもない判断ミスを犯した大罪の一つである。

 例によって役所のコピペ案には嫌気がさすが、全国各地にて食い荒らす金の亡者なクソ発電事業者を追ってきて、ある種の法律を基にした条例で1000平米とか12000平米ってお決まりの数値が見られるのだが地理的条件によって環境がまるで違うわけで、急斜面だったら狭くてもヤバイわけ。だからもっと細分化して設定しなければいけない。

続きを読む ≫
 「抑制区域内」という言葉でかたづけられるのだが、抑制区域でない場合が恐ろしい。1000平米ですら意外と大きいが、12000平米は約110メートル四方である。ピン子クラブ(仮名)みたいな規模で、地滑りも考慮せず適当に設置されたら下の住民なんて恐怖以外のなにものでもない。

地図で抑制区域を決めてくれるのだろうか?熱海市はほぼ全体が抑制区域じゃないとおかしい。

 再生可能エネルギー発電でも種類によって全く様相が異なる点が触れられてない。どうやら太陽光と風力しか考えてないようだが、風力発電は太陽光どころではない広範囲に影響を及ぼし、最悪は半径1キロ以上で振動および騒音に悩まされる。精神に異常をきたす騒音とは何も爆音とは限らない。このままだと風力発電は素通りに近い。太陽光発電で騙せなくなった業者で大手は海洋風力に進出して更に怖い。このあたりの禁止項目もない。太陽光発電に至っても窪地なんかで反射した場合は山間部の家屋に被害をもたらす。

・海を抑制区域に指定せよ (海は簡単には使えないだろうけど抑えで明文化)
・12000平米以上、それを不許可とするといった無条件不許可を明文化しなくていいのか?
・許可においては撤去費用の積み立てを強制すべき (計画倒産されて逃げられる可能性)
・各地で事故が起きてきた 天災のせいにされ無視の可能性すらある 対策は?
・公表以外に罰則は必要ないのか?できないのか? (各地の問題からクズだらけが見えてる)

 伊東市は被害を受けた場所があってのことだが、熱海市はまだ被害という認識がない。お隣の函南の計画なんて最悪ですぞ。違法じゃなければ何でもいい悪徳業者から得られるお金に比べたら市民が受ける被害のほうが著しく大きく、役所は何の得にもならないってこと既に揉め事が起きた地域が証明している。そればかりかFIT法により電気契約全国民から大金が吸い取られる。熱海市は地熱、軽水力しか選択肢がない。実用化されてないが波力は狭い熱海で漁業や船の航行に支障がある。

 「富士箱根伊豆国立公園」というのがあるが、現在までに伊豆半島で問題になってきた太陽光発電事業からすると何の役にもたってないことなり、太陽光発電事業という環境破壊が横行するとジオパークとやらが剥奪されるのではなかろうか。下田市~南伊豆町の海洋上で風力発電が計画されているが、もし作られたら観光としてオシマイに近い。潮の流れが変わったりすると綺麗な海も悲劇へと変わる。伊豆半島ごと危機感がなさすぎる。

今までの資料の記憶からざっくりでこれだが、精査すれば穴だらけかもしれないので住民頑張れよ。

熱海市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例(案)に対する意見募集について
→ 伊東市 > 伊東市美しい景観等と太陽光発電設備設置事業との調和に関する条例(参考 2018/3/26)
→ 環境省 > 富士箱根伊豆国立公園

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-04-27 Mon 23:03 | 熱海::考察・批評 |
熱海ビール祭り中止が示すこと
 熱海では昨日は8月1~4日予定の熱海ビール祭りが中止と発表。ということは発表されてないにしても花火大会、毎年7月15-16日の「熱海こがし祭り」は当然のこと中止を意味している。関係者のみ神事は有り得る。

続きを読む ≫
 夏くらいでは収束が見えないこと確かであり、東北6大祭りで唯一決断をくだしてなかった山形花笠まつりが4月28日に開催可否を発表すると山形新聞に掲載された。東北地方では青森の苦渋の決断に続いてたが、山形だけが意向も示さなかったため注視していた。

 政府は強制力を発動に向かわない、国民の中にじっとしてられない感染拡大テロリストが大勢いたことで夏祭りの開催なんて有り得ない。中止が嬉しいはずもなく、中止してくれないと困る事態だと言うことだ。

 報道されてきた不要不急の外出自粛要請が出ていても湘南海岸、鎌倉の街に集まったクズ連中のことを考えると感染ピークはまだやってきてないと思われ、下手に気を緩ませるとどうなるかは3月21~23日で判明している。緊急事態宣言後も平気で動き回る気が狂った方々が大勢いたのですから客を呼ぶのは自分で自分の首を絞めるようなもの。勝者のいないチキンレースを行うよりも、耐え忍んだほうが得策なのだ。

 こんなことだと、あれもまた2年延長になりそうか?とか思ったら今年から2年だった。過去しか愛せない俺は完全に疎くなってる。祭りが中止になった平塚、浜松などみんなミスコンも中止になってる。もうそういう時代じゃないから応募者少ないし、お金もかかるから終える時期と某所の議事録にあった。

 熱海は他の市町村観光協会と違い宿泊組織が母体と思われブラックボックスなんでイベント開催、経費とか何もわからない。熱海市役所となれば公表しているわけで約7000万円(総事業費の3分の1超)に加え各観光協会には何かと名目が付き大金が出てる。

 税金を納めてる市民からしてみれば出費した後の使われ方が見えなくなるので大金を受け取ってる事業は公開するのが時代の流れ。専用ページにて資料公開が増えている。事業費率にて役所が委託運営してるも同然だと公開されるのだろうか。法人体系で義務もある。義務がなくとも税金を受け取ってると財務状況の概要を公開してるところが見られる。税金を納めてる側からしてみれば払われてしまってから使途不明は困るからね。

 公平が基本の役所、出資者の意向に沿うの戦いか。そうしたチカラ関係の違いや政治的すったもんだと言えば、彦根市で「ひこにゃん」の活動費止まったり、鎌倉市では役所との対立では汚い人間を知ることになったからなぁ。下田市のように市長の好き嫌いで予算が切られたことも各地で取り沙汰されてるだけに個別に深掘りしないと事実が見えてこない。

 話が逸れて膨らんだが、「熱海ビール祭り」はそんなおおごとではない飲食店団体が行う民間イベント。純粋に民業の収支として赤字が見えたから中止したわけだ。お役所系の場合は「他人の懐」のため、収支より責任が追及されないかが決定要素なところが嫌な部分である。民業は新型コロナより金儲けと、おのおのに悪は渦巻いてると思うよ。


伊豆新聞熱海飲食3団体が夏のビール祭り中止 [有料]
山形新聞山形花笠まつりの中止検討 史上初、協議会が28日に決定

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-04-25 Sat 23:37 | 熱海::考察・批評 |