サイト内の移動
新規投稿
当年度ブログ内の検索
カレンダー
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2021 - 06  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

記録:仕事用PC 新しいハードディスクへデータの移動にて
リトライを何度かやっても無駄だったため時間をかけて媒体検査をした。



コピーが止まったファイルにて不良が見つかった。HDVのMPEG-2TSファイルだ。

 2017年7月に2台購入した 東芝 MD04ACA300 (3TB)で、常用から外され保存用にしたものだが2台共に不良セクター(不良クラスター)が発生した。よってこれも、消えても良いのを入れる。

続きを読む ≫


 旧機種の問題は故障によってスリープができなかったため電源投入時間が増えてしまった。今はこまめに切れるようにしたため電源投入時間より電源投入回数が激増しそう。

経験からすると、十分に冷却し、つけっぱなしのほうが壊れないんだが電気代がねぇ。

 同時期に購入した WD40EZAZ(4TB) 2台も13000時間だが S.M.A.R.T. 機能にて特に問題は見えてない。2018年に買った WD60EZAZ (6TB)は2年で8000時間。2019年からの WD60EZAZ-RT (6TB)は4000時間。

 東芝は7200回転で同等の場所で空冷してもウエスタンデジタル5400回転より10度くらい高かった。年末に買い増した WD60EZAZ-RT (6TB)2台を保存用に回してしまったため、内蔵4TBが消耗しないうちに新しくしなければ。

ここに記して買うのを忘れないようにしなければ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-12-31 Thu 20:40 | 生活::電化製品 |
裸族の水冷 (ハードディスク)
東芝の7200回転のをフル稼働で4時間くらい動かしているので44度まで上がっていたのだが、41度まで下がって安定した。もっと密着すれば温度下げられたかも。

 小さい放熱板があったんだが、放熱板全体に温度が馴染んだら温度上がったのでペットボトル水冷やってみたら少々の効果はあった。



| emisaki | 2020-12-30 Wed 21:23 | 生活::電化製品 |
S-ATA端子が足りない
注文してあったハードディスク2台が届いた。

 同時にフォーマット(クイックではない)をかけようとしたのだがS-ATA端子に残りがない。旧機種では一時的な存在だった eSATA 端子のために2チャンネルが追加され8つだったが、今はチップセットの6チャンネルのみ。BDドライブ、ハードディスク4台、交換用ケースで6つ全部。

 これで起動用SSDがS-ATAだったら外さなければいけないところだった。ハードディスク1台外せばよいわけだが、これが面倒くさい。ケース側面の扉を両方開いてネジを外さないといけない。仕方ないから1台ずつ初期化と検品することにした。今の進行だと12時間はかかる。

 今の製品は出荷前にチェックされ、不良セクターは代替えされて出荷されてるので通常フォーマットにて不良セクターの検査をする必要もないのだが、保険にも入るくらいだから買ったときくらいは検査の時間を惜しんでいられない。

 液晶のドット欠け補償があるなら購入時点でハードディスクに不良セクターが見つかったら交換して欲しいものだ。データ記録媒体なので液晶モニターのドット欠けより桁違いに重要である。

| emisaki | 2020-12-27 Sun 11:32 | 生活::電化製品 |
値下げ値上げ、泣き笑い@PCパーツ
 RTX3060Tiが売り切れちゃって、どうせハードディスク残量もひっ迫していたため WD の 6TB を2台注文し、怖々と10月中旬に買ったPCパーツの売価を探った。

品名 購入10月16日→再確認12月25日 税込み価格
電源 12,078→10,978円 -1100円 (PS-TPG-0850FPCGJP-R)
CPU 20,770→20,793円 +23円 (Core i5-10400)
M/B 21,091→20,995円 -91円 (Z490 Steel Legend)
メモリ 12,780→14,595円 +1815円 (F4-3600C19D-32GSXWB)
FAN 3,278→3,828円 +550円 (SCKTT-2000虎徹MarkII)

 電源は値下がり、メモリーが高騰し、CPU FANは購入時点で特売、結果1,197円のお得と損失なし。ハードディスク WD60EZAZ-RT は2019年8月17日 11,650円で、2020年12月25日 10,106円でした。
 懲りずに保険掛けてる。保険かけてもデータ消えたら意味ないんだけど、壊れて商品も使えなくなったら踏んだり蹴ったりじゃん。

| emisaki | 2020-12-25 Fri 19:12 | 生活::電化製品 |
素人は迷惑 商品評価にコメント付けられず@USBメモリー
 USBメモリーの商品選別を開始した。業者も汚いって思うのは読み取り速度の最良値を掲げて起きながら、書き込み速度がどこにも書いてない。そこでクチコミに CrystalDiskMark の計測結果が乗っているのは参考になるが、ないのは不明である。

 そこで別ルートや、メーカーを探ることになるが、SSDに比べるとUSBメモリーは書き込み速度がノロノロだ。読み取り150MB/sを謳う商品の書き込みが10~15MB/sだったりもする。 SanDiskでも遅い値が掲載されており、それなら手元にあるSDカードのほうが早い。

 「それならSDカード使えよ」ってことにならないのはSDカードは短期記憶用だから。USBメモリーだって何年は無理にしてもSDカードより良いでしょう。バックアップ用だから保管したい。

続きを読む ≫


 先に見るのは大事な「悪評」であるが、無知による悪評は迷惑。「64GBを買ったが32GBしかない。容量間違えてる」なんて苦情。ここで10年以上前に忘れ去ってた問題が出てくるとは思わなかった。

 確かではないがWindows2000あたりから容量32GB以上に対して FAT32 を選べないようになった。NTFSを選べばよいだけだが、それだとパソコン用途。NTFSだと向いてないのとマイクロソフトにライセンス料を払うことになるからだと思うが、オーディオ製品のUSB端子に接続して認識できるのはFAT32。最近のカメラ機器だとexFATに対応。



 知識ある人なら FAT32 の管理上限は 2TB で、Windowsが実装している初期化ソフトが容量32GB以上に対して許さないだけと知ってる。これを知らず強制的にFAT32を選択して初期化するから 64GBを買ったのに32GBしか使えないなんて馬鹿騒ぎが起きる。

 素人に売るなら Windowsパソコンで32GB以上の場合、FAT32で初期化するには専用ソフトが必要と明記すべきなのか、それとも買う奴の程度が低いだけなのか?



 デジカメのときは FAT32 のほうがアクセスが早いため、わざわざFAT32を選び、更にメモリーカード容量が2GBなんて時代は FAT16 を選んでいた。ファイルシステムが複雑なほうが書き込み速度が落ちたからだ。

 ところがビデオになって FAT32 では問題が起きた。一つのファイルの大きさの上限が 4GB だったから。長いこと 4GB ごと分割して録画され、専用ソフトで結合させてた時代を思い出す。だから知りもせずFAT32を選ぶと大きなファイルが書き込めないって騒ぎ出す奴がいる。



 NTFSはコンピューター用だからメモリーカード用なんかで大容量向けのexFATに対応したのは4Kビデオカメラが発売された頃だと思う。Windows7から標準で実装して初期化の選択肢にexFATがある。

 大容量メモリーカードを認識させ初期化しようにもNTFSとexFATしか選べないのだが、古めのカメラは大容量(32GB以上)を認識してもexFATに対応してないから使えない事態にもなる。新しくてもライセンス料のかかるexFATに対応してないことが多い。例えば音楽で32GBにするのは途方もない曲数になる。

こんなことが USBメモリー で再燃してたとはね。



 256GBのUSBメモリーを買おうとすると500GBのSSDが買える値段なのだが、SSDだと差し替えが面倒になる。保管っても定期的にバックアップ作業をするのだから差し込み式に利点がある。

 SSDが余っていればUSB接続を可能にする入れ物を買えば良いのだが、それも数千円だから値段が高くなっても高速書き込みのUSBメモリーを選ぶしかないんだ。128GB 3300円でポチっとな。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-12-25 Fri 17:51 | 生活::電化製品 |
Win7機からWin10機への移行は一難去ってまた一難(15)
 金儲けに加担する側が言いそうなことだ。2016年の記事に出くわした。要約は、Windows10無料アップグレードしなかったら2年後に悔しがるだとさ。関連の提灯記事が複数あった。

 Win7やWin8の脆弱性がどうにもならなかったのか知らんがWin10へ無料移行は贖罪ってよりも将来的な戦略、損して得取れであったと感じた。

続きを読む ≫
 それでは2018年に悔しがったのか?いや全く悔しくなかったし、困ってもいないし、保安上の問題もなかった。悔しいではなく圧力に怒りを覚えただけ。2020年、電源トラブルからマザーボードが調子悪くなり、新しいのはWindows7が動作しないから仕方がない。

 という訳で、困ったというよりも外堀から埋められ、社会的に脅されて仕方がなかったのだ。そもそも保安上の問題も無作為の攻撃ではなく利用者の落ち度がほぼ全てだ。
 黒電話を使ってる人は今でもいるわけだが、携帯電話であると、乗じた客も加担して社会的な圧力、および通信会社の都合によって強制的に交換させられ続けてきた。

 WindowsXPの時代、Windows7の時代にしても、それらの安全強化のためにお金を払うのは良いが、その更新限界でアップグレードする必要が生じ、お金を取る口実のためにと訳の解らない機能、小さな親切 大きなお世話と、いらねー機能の押し売りが大迷惑なのだ。

 過去からだが、遅いOSを動かすため新しいハードウェアが必要になるからインテルと結託しているかのよう。CPUの高速化で劇的に早くなるものもOSが重たくて早くできない。だから軽くしたLinuxなんぞ動かすと爆速を感じる。

 大部分で何をするためにパソコンを使っているかを考えると市販のアプリケーションソフトウェアさえ動けばOSなんて関係がない。いままで、無駄、無駄、無駄の集合体で終わるまで使わないソフト(アプリ)が多々ある。OSだけでなく、Officeアプリケーションの馬鹿みたいな肥大化を見ればよくわかる。

そうした結果が大量バグ無償バンドル! そんなの頼んでねぇ~

 本質を忘れちまってるんだから無駄機能の結果 Excel で絵を描く奴が出てくるわけだよ。それ、小さな子がアルファベット読めないので『ひらがなの「か」を打つには「の」と「ち」』って覚えてるくらい遠回りな無駄に等しい。

金儲け一辺倒の欧米人も、もっと頭をマシな方向に使ったらどうかね。

 お金払わないなんて言ってないんだよね。余計なことするんじゃねーってだけ。几帳面なんて言葉が辞書にあるとは思えない欧米人が考えるからだが、日本人って、なぜOSのよう根幹を作る才能がまるでないんだろうか?

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-12-25 Fri 09:05 | 生活::電化製品 |
Win7機からWin10機への移行は一難去ってまた一難(14)
早速、働いた回復ドライブ。chkdsk を Cドライブに行ったら起動しなくなった。

 オプションを含め約7GBの「Windows アセスメント & デプロイメント キット」に加え、4.5GBのWindows ISOファイルまでダウンロードして作った回復ドライブだったが、何か設定が悪くSSDに作った回復パーティションを選択できず、結局はBD-Rに焼いていたのから起動し「スタートアップ修復」にて事なきを得た。

 Googleで「起動しなくなった時の回復」で検索してみたら、Windows実行画面から回復ドライブの作成方法ばかり出てくるんだよ。対策してたら苦労しないだろ。私は対策をとっていたが、多くの人は起動しなくなってから慌てる。検索に「回復」の文字を入れたのがいけなかったかも。


続きを読む ≫
 これだとWindows10のインストールディスクを使うのと大差ないため、USBインターフェース接続メモリー(USBメモリー)を買って回復ドライブにしようと思う。光学ディスクは遅いからメモリー。

 独自の回復環境を作るのは面倒くさすぎてやめた。その労力を時給換算したら、ちょくちょくバックアップを作るのに苦労しないUSBメモリーやSSDを買ったほうがよさそう。

 ただし、高速型でもUSB接続だからOSの起動ディスクの複製(クローン)を作るだけでも時間がかかりすぎて、ちょくちょくバックアップなんて無理。そうなるとバックアップ専用の M.2 NVMe SSD を用意すべき。データ記録用のドライブなら普通のバックアップでいいけどOS起動ディスクはクローンを作ったほうが早いし確実。

 128GBもあれば十分なんだけど、今は同等価格のまま大容量化して256GBでも500GBでも売価に大きな違いがなく、500(512)GB、1TB、2TBのラインナップ。128GBや256GBの小容量は新製品にはほとんどない。部品代より流通コストだから現時点では1TBのコストパーフォーマンスが高い。



 「スタートアップ修復」を選ぶにせよ、最悪の場合は予めバックアップしておいたクローン ドライブから書き戻すにしても別途、SSD・ハードディスク・USBメモリー・CD/DVD/BDなど起動可能な修復用ディスクを作っておかねばならない。

 メーカー品だったらリカバリーディスクは付属するだろうが、そいつは修理じゃないため起動ドライブで今まで設定したことは消えて初期化。「買ったら、まずはこれをしろ」、「ある段階になったら、こうしろ」って説明すべきだ。なぜ文句を言いたくなるのかだが、販売メーカーがくだらない説明をしているから。



・緊急持ち出し用

 日頃のバックアップは早く処理したいが、持ち出し用となると小型と安全性。フラッシュメモリーだと何年か放置すると消えてしまうが、それで消えるほど読み取らないなら近代文明が終わってる災難ってことで考える必要なし。

 お金を掛けずに戦力外となったCFカードを緊急保存用にしていたが、この機会にUSBメモリーへ集約しようと思う。IP55防滴に2m落下衝撃に耐えるのがあったから。ただしIPX5やX6では水没でアウトだから "8" までいかないと意味ない。そこは外付けの入れ物で安くあげられないか? 防水の分厚い袋に閉じ込めてしまうだけで絶大な効果あると思うのだ。豪雨水害とか見てると30分くらい耐えても価値ない。

 花火大会を待っている間の豪雨でカメラが壊れた体験が2度もあるだけに、通電してしまうバッテリーを持った機器のほうが更に心配なこと。

 モバイルバッテリーくらいの大きさなら2TBのSSDも手頃ってもまだ高値、USBメモリーも256GBや512GBの大容量があるが分散したほうが安全。USB3.0から3.1、3.2とめまぐるしく変わり、速度が最新でなくてもいいなら旧製品が激安になってたりする。アクセス速度が遅いのに値段が高いのもあるから注意して探してる。

 どうせBD-Rを緊急事用のリュックサックに入れても耐水性はあるが極薄12cmでは物理的に危険。M-DISCを買っておいてなんだがM-DISCは家で長期保管するためのもの。単層BD-Rで22GB、三層100GBでもUSBメモリーのほうが記録密度は高い。

また結論を出すには調査が足りないな。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-12-22 Tue 07:42 | 生活::電化製品 |