サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<  2020 - 02  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

クール宅急便の料金に罠が潜んでた
どえりゃぁ~高いなと思って料金を調べてみた。

60サイズ 通常930円 クール1150円
80サイズ 通常1150円 クール1370円
100サイズ 通常1390円 クール1720円
120サイズ 通常1610円 クール2270円 (すべて同一地域間の料金)

 クール便は最大120サイズまで。その120サイズになると一気にクール便の追加料金が倍増していた。220円、220円、330円が、120サイズになると660円にもなっていた。いままで通信販売で買う側として送料が通常より安くなっているため気づかなかったのだが、通信販売においてもクール便の料金だけは通常請求だった。使ったことがないので見てなかったよ。

 今回、自宅から同じ都内へ2個送るのに4千円にもなってビックリしたわけ(100と120)。その荷物を持って行くことを考えたら面倒であるが、交通費の3倍だから安く買った分より赤字かも。もし近所だったら確実に持って行きたくなる送料だ。120サイズはそれほど大きくない。というより100をちょっとでも越えたら120だから。

 段ボール箱を再利用したのが失敗だった。本当に120の容積が必要でなかったなら100サイズに抑えれば550円も安くなるわけで、箱を買っておけばよかった。黒猫なら箱に10とか12とか書いてある箱を売ってる。14と最大のしか自宅に在庫がなかった。ちなみに10の100サイズ190円。郵便局「ゆうぱっく」で同サイズ箱は220円だが郵便局が近ければ箱を持ってきてもらってから集荷と二度手間よりはいい。チルドゆうパックは料金が高いし冷蔵はあるが冷凍はない。

| emisaki | 2020-02-17 Mon 22:37 | 生活::店舗・流通 |
デリバリープロバイダーが二度手間を踏むのはシステムが馬鹿だから
 小さい商店の集まりでしかない非効率な通販業では送料も高いことから独自配送なんてないから大手の配送を使うためバラけた荷物も一つにまとまる。ところが、アマゾンなんぞがデリバリープロバイダーと呼んでる業者は何度もバラバラに届いてきた。それによって同地区に配送する人が同じだと遅延が発生。同じところへ配送の管理がなされてないからだろう。

 ところがクロネコヤマトで別の倉庫から発送された品が集まってくる仕組みを荷物の追跡データを見てきてると、ちゃんと一つにまとめられて同時に届けられる。郵便は郵便番号と細かい住所から配達順に自動的に並び替えると聞いてるが、そこまでは無理にしてもデリバリープロバイダーは馬鹿すぎると言える。それが二度手間を踏み、自分たちの首を絞めている。

 アマゾンの注文履歴から配送状況にて、例えば川越と市川と別の倉庫から発送され、区内の集積所にて管理された時刻が 14:24 と 14:29 であるのにも関わらず、1個が届き、もう1個は翌日なんてことがよくあった。倉庫からの発送時刻から予想するに、もっと前の時刻に別々に届いており、最終の荷物集積所での作業が一定の時刻に行われてるのではないか? それでいて同じ送り先を認識することができず同じトラックに積めない。頭悪すぎ。

 何が起きるかと言うと、1日目 注文、2日目 商品探しから発送、3日目 デリバリープロバイダーに届く、実際に手元に届くのは4日目ってこと。事がうまく進んだときだけ3日目に届く。3日かかっても4日でもいいが、在宅の関係もあるため同じ日に持ってこいという苦情だ。

少なくともアマゾンという同じ業者が送る商品の配送くらい管理できるようシステム提供すべきだ。

| emisaki | 2020-02-13 Thu 17:51 | 生活::店舗・流通 |
公取委が入る前に出店者の動きは始まってる
 出店料を徴収している取り仕切り側が払うんじゃなく3980円以上を購入したら出店者に送料無料を強制するなんて頭おかしいこと、世間に蔓延っている富を独占する異常な連中を敵視してきたこと正しかった。客にそう思われてると知っててやってるなら勝手に自滅すればいい。

「例え政府や公取(公正取引委員会)と対峙しても必ず遂行します」
これは開いた口がふさがらない クズにしか見えない 規制と戦ってるとでも思ってる狂いぶり…

続きを読む ≫
 公正取引委員会が独禁法違反の疑いで立ち入り調査する前から多くの出店者は商品に送料転嫁を開始してしまった。その替わり送料無料であるが計算すれば値上げ。特に問題なのが「同梱」で送料を分散できたのが、1商品に転嫁してるから買うほど割高になる。

 3980円未満だと売価に転嫁された上に送料を払わないといけない。だから3980円以上となる商品抱き合わせ売りで送料無料にしてたが、私が昨年に買った1650円×2箱+送料650円=3950円は今調べたら4250円になっており300円の値上げである。

 見誤ってはならず商品としては 1650円 が 2125円 になってしまった。2個買っても消費できない場合、2125+送料となり、価格差の475円が無意味な値上げとなる。そうなると価格競争力がないので買わないことになる。欧米かぶれの強欲経営者が何を演説しようとも馬鹿としか言い様がない。

客が計算できないとでも思ってるのか?
図式は、値上がりで売り上げダウン → 手数料収入ダウン → Lose-Loseの関係 → くるくるパーじゃん。

 その図式の証拠として、別の倉庫型通信販売業者でも飲料水は送料無料ではなく取り扱い手数料ってのが200~350円かかるのだが、それを足しても別の販売店の方が安いのだ。「送料無料」という嘘(…商品に転嫁だから)によって更に競争力を失ってしまった。
 売り上げが大きい店は発送が多く独自に宅配業者と契約して一般料金よりかなり安い額にて儲けから支払うことができるでしょうが、取扱量が少ないと一般と同じ送料になるため2400円の品が3980円にされ送料無料って言われても、だったら箱買いする意味が失われ、毎回、コンビニか、そこらの自販機で買っても同じ値段。そもそも売り上げが大きな店なら独自に商売を展開すれば良いため仮想店舗なんて必要ない。

金の亡者になると素人にもわかる構図が見えず、低迷理由も理解できず新たに搾取を開始か?

 この話はクソ高い出店料を取られてカツカツの生活をしている商店が可哀想ってだけで、客としては通信販売はいくらでもあるので勝手にすればいいだけの話。IT系なら判決にて収監に至ったアイツあたりから目立ってきたがコンビニ本体といい日本の良さを捨てて高学歴の馬鹿ばかりが集まると異様なことを真っ当かのよう主張し始める。

 経営陣もだが社員も似たような世代になると「人間性を失ってる」人が多く感じる。だから言ってきたんだろうが、玉遊びしてる連中に何億も払ってんじゃねーよと。宣伝?名声?ちょっと何言ってんのかわかんないですけどー。趣味ならば個人のカネでやれと。

世界が羨む日本の優位性は過去の栄光でしかない。
欧米型の人間味のない金儲けが開始され、人間の劣化が製品や企業評価を失墜させた。



商品と同じホテルも予約サイトで探すんじゃなく Googleで探すから独自のほうが見つけやすい

 同じ配下で既に起きたこと。当サイトとして旅行だが、学生時代には携帯電話なんて使えなかったから公衆電話で地方から東京に電話をかけるなど人脈を使うなりして苦労したためにインターネット予約の「旅の窓口」に早くから加入していた。それまでガイドブックや地図の後ろに掲載されてるホテル一覧から手探りで決めるしかなかった。

 ところが「旅の窓口」が買収されてしまった後に出た問題が手数料の値上げ。代理店業という中抜き業は、つつましくしてないといけないわけで、自らの収益を拡大させるために行ったことが結果的に宿泊料に転嫁されると感じたら怒るに決まってる。

 手数料が高いでどうなったかは明白で、多くのホテルが独自に予約システムを持つことで最も安い値段を提供するようになった。手数料がある以上は仲介業は「最も安い」なんて打ち出すのができないこと確認していた。

 そんなことだからウザイほどCMを打って損してないように黒船企業の手数料はもっと高かったり、出張でポイントためたのを自分で使うなんて業務上横領を誘導した黒船企業のCMにも虫酸が走るわけだ。ほかにも裏で経営者が汚い対応や強制を暴露しているから客としても知っておくべきだ。

客に阿呆が多い限り、汚い商売が減ることはない。
世の中に賢い人間を増やすことが真っ当な商売のみを残す方法でしょう。


 もう出店なんてやめたほうがいい。 仮想都市シミュレーションゲームのよう仮想商店なんて時代遅れ。決済も出荷も実はバラバラな「まやかしの商店街」なんぞに価値はない。その証拠が今回の暴挙であり、時代遅れでピンハネ業が立ちゆかない自らの経営責任を業者や客に転嫁しようとしているカネに目がくらんだまま社会を見失った卑しい経営者なのよ。我々は一つのドメイン(ウェブサイト)なんかで商品を探してはいない。インターネットは世界中が繋がっているってこと忘れるな!



<追記 2020年2月13日:
 「送料込み」に修正だとか。「送料無料」が一人歩きしてるとか呆れたこと言ってる。そういう問題じゃないってことを受け止める気がない。急に変わると避けられる恐れから既に対策として多くの店舗が送料込みに売価を修正してしまってるのだよ。3980円以下の品で行われてるから結果的に値上げなのだ。
 開いた口がふさがらないわ、あの会社。


≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-02-10 Mon 20:11 | 生活::店舗・流通 |
コンビニ 07-23時のみ利用を試す
 深夜に道路工事をしている人達の救いの場であることは実際に見ている。泊まり込みで仕事だったときを思い出すと24時間開いてるコンビニが近くになくても成り立っていたのは別の飲食店が開いていたから。むしろコンビニが増えたことで深夜営業の飲食店がなくなってしまった。職場の1階が銀行で出入りが面倒だから籠もるにはコンビニのほうが便利だったのも思い出すな。

続きを読む ≫
 学生時代にバイトで終電帰りが続いたときラーメン屋が01:30(25時半)まで開いていたのが年々と早まり、なんと22:30になってしまった。城東地区、永遠のデフレタウンのため何があろうと物価は変わらず、小さい頃の300円ラーメンが今も400円。あっさり東京しょうゆラーメンだから私はカレーあんかけ(カレーラーメン)をよく注文していたの思い出す。

 年末に元日休業だって騒がれたとき、名前通りに07~23時以外は行かないを試したところ暮らせるには暮らせるが、非常食の動きが激しくなったのと、オッサン化によって朝がつらくなくなったため朝に使えないのが最も困った。

 産まれてずっと毎日混雑の東京だってのに観光地で混雑なんてお断りだいってことで朝活をしてきたが、そうなると日の出の前に出発となり凍り付く駅で熱い飲み物がない。缶コーヒーは缶が熱いだけで価値がないため紙コップの自販機があれば良いのだが、広大な東京駅のいったいどこにあるんだぁーってことで、ずっと駅の外のセブンイレブンを使ってた。

 東京駅は日中の通行量が尋常じゃないため通路になんて大迷惑だから隅っこかプラットホームでしか自販機自体を見たことがない。店舗は腐るほどあるんだけど一般的な営業時刻だから。秋葉原ならあるけど千葉方面。秋葉原と東京駅で乗り換え待ち時間が生じるため冷める問題は解決できない。食べ物はカロリーメイトみたいなのかお菓子。05時台では駅の立ち食い蕎麦が開いてるはずもない。

 自宅駅から買っていけばと思うが、冷めてしまうし、丁度、東京駅の始発で待たされるときが寒い。弁当屋は05:30開店で、東京駅の東海道線始発は05:20。品川発だと04:35、05:10が増える。過去にはフライング開店ガラガラと複数人が待っていて売ってくれたから05:20でも間に合ったが経営者が変わったのか弁当屋祭、踊とか改装されてから駄目になったし、熱い飲み物も売らなくなったから行ってない。紙コップ自販機かコンビニ カフェがない冬に救いの神は伊東駅のお茶くらいしかない。

 早朝にコンビニで出会うのも工事など肉体労働者で06時から見かけるため営業が07時では客をなくす。もちろん夜も23時より24時までのほうがよい。ようするに都会でも電車の運行時刻に合わせた行動するから24時間営業の必要性は低い。以前から書いているように輪番営業すればよい。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-01-26 Sun 22:03 | 生活::店舗・流通 |