サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2020 - 09  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

りんご 今期の予約も目前に迫った
 先に買ってしまったが某所の高原りんごは酸味が強く、みずみずしさも低くスカスカな感じであり高い買い物になった。近年の複数の注文にて出した結果は、世間の思い込みを覆し、さくらんぼが青森県で、りんごが山形県や岩手県だってことだ。それは厳選品での話であるから生産量では知れ渡ってる通り。

 ちなみに私は林檎を塩水には絶対浸しません。浸透圧によって水分が抜けるが最大の理由は塩味でまずくなるからで、それに比べたら変色するくらいたいしたことない。同じ理由でスイカに塩なんてアホかって思ってきた。苺に砂糖と同じで不味い時代の名残で無意味。

 もしかすると世間の固定概念があるため生産者は心して育てることが品質に繋がっているのかもしれない。量産体制に入ってるとハズレを大量に出すのだが、丁寧に作ってるところからはハズレが売るほどは出ないのだ。キズものは付きものであるが、出過ぎるのは怪しいと睨んでる。

 流通システムが行き届いてるだけに道路さえあれば都市部に近いは関係ないだろう。地形図を見ると、山形県天童と岩手県江刺は似た地形の場所にある。ならば岩手県なら花巻や盛岡、秋田県の横手周辺でもよさそうだが東西に田園地帯だから作ってないのでしょう。

 さくらんぼ「ジュノハート」だが東京のデパート価格にしても高すぎる値段だったが、クソ高いと言えば白い苺もあるからね。三つ葉クローバーの中に四つ葉が含まれるのごとく、通常の佐藤錦でも大きいサイズはハート型になってるのがある。山形県ではそこに目を付けなかった。

 品種改良して育てたのが青森県なのだが隣の漁港や北海道側でも同じマグロであるのに「大間のマグロ」のようにブランド商品なる「名前」にカネは払いたくない。対価は品質のみである。生産者が増えれば価格もこなれてくるだろうが年単位の時間が必要でしょう。

 反対に、実際に買ってみてリンゴは青森県だとは思い込みだと感じるようになり、山形県の天童や岩手県の江刺のサンふじを注文するようになった。反対になってしまったのは、おのおの作れば売れると「あぐらをかいてしまった」からではないのだろうか?

 疑問なのだが台風で落下してしまったとかでないのに毎年同じよう近所中に規格外を配れるって生産に失敗しているのではないのでしょうか? 生産効率を高めてコストパーフォーマンスを上げることはできないのか?

| emisaki | 2020-09-19 Sat 19:02 | 生活::食品 一般 |
飲み口が付いてもストローは必要だった
 昼飯を買いに行って、お子ちゃまの舌も久しぶりにコーヒーが飲みたくなったのでリキッドシュガー2個と白い植物性油を入れてから「どうやって掻き回すんだ」ってことに。
 「あ、ストローもらってくるの忘れた」 そしてコロナ渦を考えるとクチを付けたくない衝動に駆られた。やっぱりストローは必要だった。箸で掻き回して難を逃れたものの、まるでフォークがなく箸でケーキを食べるみたいに感情的に非常に悪い状態となった。


| emisaki | 2020-09-03 Thu 12:28 | 生活::食品 一般 |
金儲け第一の発電事業(77) メガソーラー事務所を縮小@伊豆新聞
伊豆新聞に「メガソーラー事務所を縮小」とあった。

 事業者の取材反応が意味不明で、工事にあたり出していた道路だかの使用許可を出さなかったと市役所を相手取り起こした裁判の一審が終わったからって、控訴中であるものの奴らは一審では勝訴しているのに事務所というか工事の人達も入る2階建てプレハブを撤去する理由が不明。

 裁判ってよりも、そもそも事業申請にて嘘だらけの資料を提出していた連中であることを忘れてはならない。そして無許可森林伐採などなど。訴えられるのは奴らのほうなのだ。

 伊豆新聞の掲載写真によると完全に何もなくなったわけじゃないがGoogleストリートビューの履歴を遡ると残ってるのは工事前(2017年より前)に建てられた小屋だけだった。

 地元反対派の記述を要約すると、先に資金繰りに困っており工事を強行することもできなかったと読めるのだが、そこに加えてコロナ渦にて完全に資金が絶たれたってことではなかろうか。だとすると朗報である。

 そもそもが、正当な仕事の対価じゃなく通称FIT法という悪法によって我々庶民から強制的にふんだくったカネに群がってきたハイエナどもが再生可能エネルギーなんて大義名分を隠れ蓑に日本および日本人を食い物にしているクソ事業である。

 恥知らずにも大津波という事故だった福島原発より太陽光や風力発電によって大勢の人間が日本中で故意による事業で苦しんでいるのだ。売電して元が取れるなんて言ってきた一般家庭の無知な阿呆どもにこそ伝え、更に、てめらは誰からカネをふんだくって調子こいているのかと言ってやりたい。
(売電じゃなく自宅に太陽光発電パネルを取り付け発電利用するのは近所迷惑でない限り問題視していない)

| emisaki | 2020-09-03 Thu 09:35 | 生活::食品 一般 |
特価に釣られて買って大失敗したもの
牛丼 M屋の冷凍食品。

 同じ冷凍を買ったことがある Y家 のほうがまだマシだった。何が悪いかだが、店で食べてそこまで辛くなかったオリジナルカレーが私にとっては店で辛口感覚が冷凍食品の場合は劇辛だった。舌やノドが痛いし汗だくになってしまうので、辛口が食べられる人に譲ることにした。辛口だったことで大失敗って言えばウイルキンソンのジンジャーエールを思い出した。あれは排水口行きで悲しかったな。

チーズ入れ作戦・・・失敗  辛すぎて追いつかない。

続きを読む ≫
 冷凍の牛丼用の調理済み具材だが、これも店で買ってくるのとは味が全然違って味が薄い。汁の色も薄い。まるで関東と関西風のそばつゆ違いのようだが、もし関西風なら色が薄いだけで塩味は強いですからね。それを御飯にかけちゃうと更に薄味になってしまうため、もしかして醤油を入れて煮詰め直して作るのか確認しちゃったよ。冷凍食品の意味なくなるからそんなはずない。

甘めのタレだからと カレギュー作戦・・・失敗  やっぱりカレーが辛すぎた。

 豚肉の生姜焼きも、肉質はそれほど悪くないと思いますが値段の割にちょっとしかないのに大きな容器に入って冷凍庫に入らず邪魔だから先に喰いまくったのだが、肉と生姜たれは分離して製造されており混ぜて食べることになる。店で注文するのと、かけ離れていた。

TBS「ジョブチューン」的には俺一人で不合格7本立ててやる。
テレビ朝日「美食アカデミー」なら1点だ。


あのさぁー 普通はさぁー 店の味を家庭で実現させようとするんじゃないの!?


 11000円相当が5980円に釣られてしまったのが大失敗。 なになに、今度は13500円分が5999円! やっぱりさ、失敗作の在庫処分じゃないのかい?? 値引きも何も元値が高すぎる。競合他社はそんな高くないし、そんな値引きもやってない。


大幅割引も カネ返せーーーと言いたくなった。


 そんなふうに大失敗しましたので、お盆休みで自宅にいる人向け少し安くなってた過去に何度か買って味は確認済みの「リンガーハットの長崎ちゃんぽん」を発注してあった。

 駅まで行かなくて済む1食分が約425円(通常は500円くらい)が妥協ギリギリだと思うのも、店舗で「ちゃんぽん餃子セット」は690円(日中)だから。でもね、セブンイレブンで売ってる「冷凍 一風堂ちゃんぽん(具入り)」 387円、または、通常の「冷凍ちゃんぽん」(具入り) 350円くらのも かなり旨いんだよ。

 電子レンジで作れる調理済み冷凍ギョーザで おいしいのには出会ってない。冷凍でフライパンで焼くのは旨い。王将だと水なし蓋なしで楽。店で生餃子を買ってきて自宅で焼く技術は持ってないので焼いたのを買うしかないので、いつか焼きを修得したい。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-08-24 Mon 19:29 | 生活::食品 一般 |
PETボトルを潰す騒音の顰蹙を考えよ(飲料水メーカー)
 常々“地方症”なる奇病に冒された残念な人達を扱ってきたが、夜中に帰って来ても自動車のドアや玄関の扉をバタンと閉められる図太い神経が信じられません。そっちが大多数派だから企業側も何かと配慮に乏しい分野がある。ずっと温めてあって書けなかったのも検査機がなくて主観でしか決められないことだったが音量計測ができないまま書くことにした。

 資源ゴミとして出すとき、洗って潰して出せってことになってるが、PETボトルを潰すのが簡単なのは最近に登場した水やお茶が入ってるペラペラの容器だけで、ほかは顰蹙ものである。

続きを読む ≫
「ペットボトル顰蹙大賞」をやってみたかったのだが計測できなかったので主観で大別すると、

・炭酸飲料で胴体部分に細かい凸凹 (三ツ矢サイダー系)
・容器は薄めなのに高周波音が響く (カルピスウォーターなど四角いやつ)
・柔らかいのに形状記憶が強い容器 (炭酸飲料 胴体は円筒形)

潰すのが大変だが一度潰してしまえば大丈夫なのが

・強炭酸じゃないくせに分厚い容器 (オランジーナなど)

ただし潰しが弱くて元に戻ろうものなら固い容器ほど、ものすごい音が出る。


 何が悪いかだが、潰すのは1度の騒音でも「元に戻るときに何倍も騒音」となる。一気に潰しても数度に渡って戻ろうとするやつが何倍にも周囲に迷惑となる。だからアルミ缶は潰しても元に戻らないため同じ本数を処理しても迷惑度が低い。

 ミネラルウォーターやお茶の容器を薄くしたのは簡単に潰せるよりも使用量が少なくて済むって儲け話しか考えられないんでしょ。ラベルが簡単に剥がせるとか考えるならさ、音が静かに潰せるのも考えるべきである。


 小さい頃のクイズ思い出した。映画館で板チョコ 3×4例を12個に割るのに何度 顰蹙を買えばよいのかって問題。クイズの答え(11)がどうのではなく、いまどきの“地方症”に冒された自己中は顰蹙を買ってるとは思わないんじゃないかという恐ろしさ。

 “地方症”、それは「他人からされることには異常に反応し、自分がする迷惑には恐ろしいほど無頓着」と殺人事件にまで進んでしまう迷惑な奇病である。こんなのは氷山の一角、ヘッドホンステレオで音楽聴きながら外を歩けるような頭のおかしい人に解らないこと大量にあるんだよ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-07-11 Sat 23:36 | 生活::食品 一般 |
ラベルなしのほうが1本あたり20円も高いとは
アサヒ飲料 十六茶 630ml×24本
・通常 1箱 1750円(@72.9)
・ラベルなし 1箱 2220円(@92.5)

 流通コストだからそうなる。やめたほうがいい。ラベルに のり を使わないこと。そうすれば東京なら資源として「プラ」マークの日に出しやすい。オチは水より安い。ほかに1箱購入で1割引クーポンが出てる単価90円は81円になるが、6本セットは480円なんだよね。即座に計算ができるので意味がわかんない。

 ごま油も買おうとして、200g 345円、400g 870円 お前は使うほど高くなる公共料金か! 400g 3本セットだと逆転して安くなるのだが、だったら1リットルを買ったほうが安いわけで、意味がわからないことだらけじゃ。どんぶり勘定に引っかかるなよ。

| emisaki | 2020-07-11 Sat 12:16 | 生活::食品 一般 |
松屋 豚生姜焼きも届いた
松屋 豚生姜焼き 冷凍食品 10個3,680円

 競合他社より量が半分程度と少ないだけに肉質は上に感じるが、牛丼大盛くらいのサイズ感覚だと2個(パック)は必要。ですから送料込み、この特売ですら高い。巣籠もり需要なだけで平時だったら駅を通るわけだから店で買う。こんなことならリンガーハットの長崎ちゃんぽん冷凍、餃子の王将のチャーハン餃子のほうが良かったか? 7/20以降発送の牛丼とカレーは大丈夫だろうか。


| emisaki | 2020-07-09 Thu 22:23 | 生活::食品 一般 |