サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2020 - 09  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

コロナ渦で低品質CMの悪評飛び交う
宣伝として逆効果に世間も同じように感じているかネット上で調べてみた。

 元々CS放送またはケーブルTV 専門チャンネルなど影で放送されていたCMだが、CS放送は地上波の地方局より更に見る人が少ない。CSでしか見なかったような白々しすぎる低品質CMが大量に地上波に下りてきて、コロナ渦にてテレビの視聴者数が増えてしまったため必然的に酷評されることとなっているようだ。

続きを読む ≫
 既に批評した通り作りが酷いわけだが、なぜCSなどで放送されるCMは大多数が白々しいの極致である作りをしてしまうのか? 地上波ならローカル局を使う小さな会社でもあれほど酷いCMは作らない。

 昔はコーワやハウス食品くらだった隙間に放送の契約も増えている感じがする。その問題は東日本大震災のとき企業宣伝が消え去りACジャパンだらけになったときと同じで「繰り返し放送は拷問」である。よって粗や嫌いな部分が何倍にも跳ね上がってしまう。一般論で可愛い子が出てようとも大企業であっても英語試験の勉強向けCMが理由付きで大嫌いである。

 そのように1度や2度なら気に留めないことも、何度も何度も繰り返し放送されることによって宣伝として逆効果に転じてしまう。低品質なら1度見てアウトだが、大手企業のCMでも繰り返し放送されると逆効果だ。

 ウザすぎるCMなのだ。CSから降りてきた奴らはエゴサーチすべきで、揃って似たような酷いCMを作り続けている理由が解らない。CMの前に白々しい通販番組があるから、その作りのままCMにしてるのだが私には価値が見いだせない。

 既に推察したが、あれで引っかかる奴がいるから修正の必要性を感じてないのだろう。大多数がウザいと思っても、ごく僅かの引っかかる人で商売が成り立つのではなかろうか? そうだったとしても「もっと真っ当なCM作れや」って思いますね。

番組よりCMの方に興味があった時代からすると近年は全体的に落ちぶれてしまった。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-08-21 Fri 19:08 | マスメディア::広告 宣伝 |
テレビCM予測は半分当たり、半分はずれ
 生活というより生存に必要、いわゆる生活必需品の企業が幅を利かせ、なくても困らない企業のテレビCMが消えると思ったのだが、予測したより生活必需品のテレビCMが増えなかった。

 黙ってても来るんだから広告を打つ必要もなく、新型コロナウイルスの蔓延によって感染拡大を防ぐ「三密を避けるため特売を中止」は言い訳にしか聞こえなかった。よってスーパーマーケットは高収益となった。
 食堂のチェーン店が持ち帰りを始めてテレビCMをするかと思ったら全くなし。よって新たに持ち帰りを始めた店に気づくことが難しくなった。行って知るか、調べないと不明。

 予想がハズレた部分に埋められたCMが悲劇的で、地上波でこんなの放送しても良いのか基準が大丈夫か気になる地方局かCS放送でしか見ることがないのが地上に降りてきてしまった。引っかかる奴がいるから放送してるんだろうと言いたい質の悪さで全てにおいて白々しい。その白々しいの極致である通販番組がそのままCMになったような感じだから私から見れば逆効果でしかない。

 なぜBSやCSで多く流れる広告は見ていて腹立つ作りばかりなのだろうか? 演出や出演者の問題、そして低予算だからで済まされる話じゃなかろう。あんなので良いと思ってるわけだからCMを打つ企業の質も低いと思うのが普通である。

「サステイナブルな社会」なーんて言われると持続可能な社会って言え馬鹿!としか思わない。

| emisaki | 2020-08-15 Sat 08:14 | マスメディア::広告 宣伝 |
私の読みは間違っていた (テレビCM)
 コロナ渦の巣籠もり需要にてテレビCMが増えるのではないかと思ってたが、失念していたのが腐ってもテレビCMの料金が高額で簡単には払えないことだった。よって一部の企業のみが持ち帰りのCMを展開することができたが、それまでにCMを流していた企業の落ち込みが予想を超えた。

新型コロナウイルス蔓延前から起こっていたが、CMが激減すると…

 過去に黒船企業が地上波テレビCMの基準を満たしてないであろういい加減な作りであったこと指摘してきたが、CMだと訂正放送もなく字幕で逃れることができるなら何でもアリだから日本広告審査機構(JARO)なんて価値なくなる。社団法人なのに自主規制なBPOより弱い感じがする。
 外資系が業務上横領を幇助(助長)させるCMを流したのに勝手な理論を展開して逃げたのにJAROは何の動きも見せず世間も騒がなかった。別の外資系では最安値が見つかると連発したが最安値ではなかった。やめれば済むのか、「謝って済むなら警察いらねー」って理論と同じだから確信犯ではないのか? そんな連中の広告費にすがっているのは日本国として悪いことである。

 広告は放送局の金づるだから規制なんて「暖簾に腕押し」「豆腐にかすがい」「糠に釘」だ。CMに限らず番組でもだが一般社会に下されるよう何月何日停波とか営業停止処分が必要でしょう。

 今のCMの恐ろしさは怪しげな雑誌に載ってる非常に胡散臭い広告が一流雑誌に載っているような感じに思え、CS放送でしか流れないようなのが地上波でガンガン流れている。正常化するには一般企業の回復が必要条件か。

| emisaki | 2020-06-27 Sat 18:53 | マスメディア::広告 宣伝 |
TOEIC が 東育(とーいく) にしか聞こえないCM
 かつてパソコン用のTOEIC試験対策ソフト制作に関わったことがある。一応の正解はトーイックであるがCMの姉さんからだと「東育」やら「問う行く」を早口にしか聞こえないんだ(「西育」なら丁度よかったのにね)。トイックと言う場合もあったがトーイクなんて誰も言わなかった。CMのお方は当初からはっきりとした日本語発音じゃないんで早口は失敗。

 どうでもいいことじゃないんだ。正しい「ファストフード」 が 「ファーストフード」 と言われたら全く違うし別物になってしまう言葉もある。「狭山」かと思ったら「葉山」だったとかテレビ番組で言われたことだが「かまくら」かと思ったら「たまプラ」だったとか、はっきりしないと困る。

続きを読む ≫
 コンピューター系ではSCSIも強引だったけど英語圏でスカジーと読んでたから。放送系ではSMPTEとかNTSCを読もうとした日本人のほうが仰天だったの思い出した。それは読むんじゃねーって。
 よくあることで台湾PC系のメーカーで ASUS だがエーサスと英語読みしてたのに本家から日本名アスースなんて言われて、みんなずっこけた。日本発では阿波徳島の略なる冗談まじりの噂もあった ATOK も色々と読み方がありましたね。ハイファイブの和製英語を言えば、あちらでは「日立」のことか。

 過去に出した すがすがしい例が DENON デンオンとは読めないから社名ごと変えてしまったのがデノン。そこでキャノンじゃないから嫌みったらしく き・や・の・ん さんとか言ってきた。今、話題のアビガンを作ってる会社はフィルムじゃなく、富士ふ・い・る・む と日本語で書いてあるから正しく読んでやってるだけ。もうどーでもいいから勝手にしやがれだが、キャノンなんて書いてしまうとキヤノンだって文句付けてくるから上記の嫌味をしたくなる。英語表記してそう発音してるから文句が出る。

 CSのオカルト番組で良く見るメ~テレのキャラクターはウルフィーではなくウルフィ。たぶんウルフィーのつもり。プリンターじゃなくプリンタとか書く異様な時期があったからだと思う。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-04-24 Fri 07:15 | マスメディア::広告 宣伝 |
外出自粛でテレビCM花盛り→(事態悪化、後日に急落)
 過去からの興和、ハウス食品なりのCM放送契約が近年になって増えた感じがしてた。それは広告が付かない時間帯に放送するって契約だから深夜が隙間の時刻になるとやたらと特定のCMを見ることになる。最近では個人的に声が嫌いだから悪い方で覚えてるのが乾太くんとビオフェルミンだった。

 従来はCSやBSでしか見ないよう怪しげなCMまで地上波に下りていたが外出自粛にて視聴者数が増えたことを見越したのか有名企業のCMが復帰し始めた感じがする。CM枠を得るにも一定の時間が必要でしょうから今後に増えるのか減るのかは業種による。

 大手が降りて弱小企業がCMを打っていたところ、今度はコロナウイルスによる経済打撃から弱小企業のほうが先に倒れて単価が安い枠が回ってきたから大手企業が飛びついたのだろうか?

 今は人が集まる娯楽や余暇目的のCMを流しても意味ないどころか非難されるだけ。生活品のCMは増えるでしょう。欲しくても買いにでけられないことから生活必需品に限定されそうだ。

 だが日中や深夜には怪しげなCMが残ってるし、必需品の企業とて体力は長くもたないだろう。生活必需品企業が強まるのか、怪しげなCMばかりになってしまうのか? 東日本大震災後のようにならないことを祈る。


<追記: もしかして駄目かも。この時期、そんなもの手を出さないって通販CMに戻ってる感じ。>
<追記: 4月7日に1都1府5県に緊急事態宣言、4月16日に緊急事態宣言を全国に拡大。政府の甘い対応によりCMは急落、東日本大震災以来のACジャパンの広報が増える。一方、巣籠もり需要にてスーパーマーケットの売り上げが激増しライフやイオンは従業員に対して特別手当を出すと発表してる。スーパーマーケットは黙ってても客が来るけど、この事態にこそ売れる商品があるのにな。>

| emisaki | 2020-04-05 Sun 21:39 | マスメディア::広告 宣伝 |
気づくということは目立つ作戦としては成功?失敗?
 先にあったのが、不協和音かつ不快な周波数の音を使うCMで、口にくわえて振るわせる美顔器のCMだったが、それ以前から逗子とか鎌倉から排除を喰らったような連中が海水浴場で流してたような音楽の体を成してない不快な音というのは存在していた。音楽が不快なのは腹が立つからCMとしては大間違い。下手はともかく不快が気を引くために正しいはずがない。

同様に下手やズレってところに気を取られてCMとして重要な中身を覚えてない…。

続きを読む ≫
 CMに予算がないってのも謎だが、あまりにも出演者の下手なしゃべりってのは未だにCSや地方局なら多々あるが、動きが下手ってことでは東京キー局の地上波CMであったり有名人が出てもある。

 真っ先に思いついた2つあげると、昨年に放送されてたパート・アルバイト情報の「パイトル」CMは数人でも酷かったが3人でもバラバラで特にジャンプは最悪だった。そして何年か続いてる自動車用品の「イエローハット」も踊りが適当に加えてバラバラ。

 あれでOKが出るのは制作に丸め込まれてるんじゃなくスポンサー側がOKなんだろう。能力より出演者が優先されてるのはCMとして価値がない。勘違いしてはいけないのが下手より強く感じるのが「やる気のなさ」だから取り上げた。

 田舎へ行くと関係者の子をCMに出演させてるとかあるのだが、ほかにも、どうみても社員にやらせてるなら捨て置くが、もしかして「あの下手くそぶりに何の意図が?」と思った段階で奴らの罠に引っかかってるのかもしれない。

嫌だと思うことには興味が残っても、不快だと思うのは無関心より強いマイナス要因しかない。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-03-06 Fri 21:01 | マスメディア::広告 宣伝 |
客寄せのための格好付け(準備運動)
 テレビCMでも見かける肩の筋肉(筋)を伸ばすためと思われる手をクロスさせる手段。たとえば右手を水平に左側に伸ばし、左手でガッツポーズのごとく右手を自分のほうへ引き寄せる方法。

 肩の筋肉を伸ばす一方、腕の骨が「四の字固め」で関係ないところが痛いだけと間抜け。クロスさせず左手で掴んで引き寄せればよいだけの話。まどろっこしいことをしなくてもラジオ体操の中にあったり、初期の仮面ライダーの変身ポーズそのもので十分である。

 自宅や街中でタダでやってたはずが商売にした連中が客寄せのため格好つけたいだけと推論。なぜなら似たような風潮(無駄)が多々見られたから。そういうの、若いお姉ちゃんほど大好き。論理思考の男と違うからで、すぐ思いつくのがピラティスとかヨガとは名ばかりの体操である。格好が重要なので別にヨガはやりたくないわけよ。芸能人でヨガをやってると言えるのは鶴太郎だけでしょ。

 きっかけとしてが「お金を投じること」なのかもしれない。であったとしても、運動すべき人ほどそういうのに参加しないため、結局は昔のフジカラーCMの名ぜりふ「美しい人は より美しく、そうでない方はそれなりに」であった。ラジオ体操は残ってる ではビリーズブートキャンプはどれほどの人がまだやってるだろうか?基準が高すぎたり流行だからで、筋を通してれば残るし意味がある。

勝手でしょと考えるか無駄と考えるかは自由。

| emisaki | 2020-02-16 Sun 17:32 | マスメディア::広告 宣伝 |