サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2020 - 03  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

詐欺サイトが検索で出るのは困る
・トップドメインが .xyz(疑惑の典型だが確定できず。逆に".jp"取得の詐欺サイトも希にあるから)
・サイト名が全く検索できない (ばれるとドメインを変更を繰り返しか)
・会社概要に書いてある社名が見つからない。住所は似た名前の異分野企業 (違う時点でアウト)
・SSL接続であろうとも自社の証明書ではなく共用 (大企業な訳がない)
・商品の割引率が高い (詐欺の典型/コピー元の割引額から更に割り引いてるから)
・決済方法が銀行振込しかない (今となっては詐欺の典型)
・電話受付と書いていながら電話番号なし。連絡メールアドレスもない (法律違反で違法決定)

続きを読む ≫
 「Rakuten以外のwebサイトは全て違法詐欺業者です」という文書(画像)までコピーしてしまって自ら詐欺サイトであることを証明。深掘りすると似たサイトが次々と見つかり楽天市場へ出店業者の多くからコピーされてしまってるようだ。そこに気づかず会員登録した人はお金を取られる前に情報を取られた。住所氏名電話どころか、パスワードを使い回していたりすると電子メールも乗っ取られる。

 クレジットカード決済になると嘘(=情報かく乱戦法と呼んでください)がつけなくなる…正確には嘘がつきにくくなるが、自宅に届くニセ情報は可能。個人情報保護法なんてない頃、大企業だろうと売買が横行していたため私は1企業に1情報で誰がバラ漏らしたか確定できる仕組みを作っていた。
 同じことやってた人がそれなりに潜んでいたため情報流出事件で出所がすぐ判明してきたのだ。かつてテレビで語っていたが、存在しない子が仮想空間で勝手に育って、全く知らない店から七五三の広告が届いたと語ったのは伊集院光だった。

 個人情報保護法後は法律を守ってないことからわかるように勝手に情報を売買するのは犯罪者だけとなった。限定された業者で横行してるのに、この程度と思われ取り締まってくれない。1件の被害額が小さく被害届を出してない隠れた件数は多く巨額事件なのを認識してない。

 今回、Google検索で最初に出くわした詐欺サイトはドイツのホスティング会社(レンタルサーバー)にあったが、アメリカのサーバーなどの場合もあり所在地は関係ない。中国だと怪しまれるのか、もう中国は国内向けばかりに感じ犯罪は外でやるってことなのか? 近年は変な日本語を避けるために付け加えがほとんどないから逆につじつまが合わなくなってる。たまに変な日本語または変な漢字があるわけで誤変換とは違うところが某国人の仕業である疑いが濃くなった。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-03-21 Sat 22:42 | 生活::防犯・防災 |
感染者、重篤、死者の詳細データ希望
 インフルエンザ、チャイニーズコロナウイルス感染者、入院、重篤、死者の個人を特定しない詳細データを希望である。調べても集計後の資料しか見つからない。せいぜい年代別がいいところなのだ。

 占いなんぞ非科学で価値なしだが血液型には病気から逃れてきた歴史がある。遺伝子レベルなる細かいことよりおおまかにわかる科学的根拠ありなのが血液型の違い。昔から血液型による感染リスクの違いは言われてきた。本筋は遺伝子で、遺伝子が血液型を左右してるかもしれないが、大量の死人を遺伝子解析なんて無理なので最も統計を出しやすいのが血液型ではなかろうか。

生き残ってきた血液型が多いのだが全滅を逃れるため血液型を収束させない生命の不思議か?

| emisaki | 2020-03-15 Sun 19:44 | 生活::防犯・防災 |
ついにファブリーズまで欠品か…検索で別件に
 うちは花王のリセッシュだけど以前に買ってあった業務用詰め替え2リットルが尽きてスプレーに入ってるのみ。買おうかと思ったら一般の通信販売しか在庫なし、しかも価格高騰。更に送料が高くかかる。

 ドラッグストアーに寄ってみたら、いつもの「マスク売り切れ」「入荷未定」なる張り紙はあるが、実のところは消毒関係の品も欠品している。

続きを読む ≫
 「自作」みたいなキーワードで何か見つかるかと思ったら、関係ないところにヒットして自作化粧水なるものとなり読んでみた。やってることを見れば生理食塩水を作ってるだけなのだ。その作り方の元を辿れば医師につながるが、そこから緊急時ならばってところが抜け落ちて伝わってるのだろう。

 水(水道水のことか?)またはPETボトル(ミネラルウォーターのことか)と、何を書いてるのかコイツと不明瞭なところへ塩を入れろと。正確には濃度0.9%だが、そんなこと知らないでコピペされてるだろうから、どこを読んでも500mlに対して5グラムになってる。だからそれは緊急時だから。

 呆れたのはそれよりも手作り目薬で「水道水は塩素が入ってる」からやめろとまでは良かったが、「塩は塩化ナトリウムが入っていないものを選ぶ」と書いてあって炎上して削除したって記事にぶち当たった。そりゃあ大炎上だわな。水は水素と酸素が入ってないものって言ってるようなもんだからな。

大炎上ってことは、読んでる大勢の人が NaCl をご存じで良かった。

 それはバカを通り越してるから笑っちゃったよ。掘り下げて調べたらド素人記事。お詫びの文章にも「誤表記」とは都合の良い言葉だが、知ったかぶりで書いてるからで理解してたらそんな誤表記は絶対にない。特に女性の非科学投稿は多いのでご注意くださいと言いたい。

サンケイリビング新聞社ブログ記事削除についてのご報告

 そんなネタを追っていたら中部大学による「アオサにヒトコロナウイルス増殖抑制効果」にて店からアオサが消えたんだとさ。今回のチャイニーズコロナウイルスでは試しておらず酷い内容だとか各方面から叩かれて、その発表も削除されてました。お約束の事なのだが後ろにいるのが販売業者だとかでも叩かれてたものの当方はそこまでは確認できていない。

 少しでも関わったことがあれば知ってるはずだが、巨額が動く裏には胡散臭い連中が肩書きを持った奴を利用する。だからテレビなど宣伝に絡むところでコラーゲンなんて食っても意味ないとか真実を言うと干されるのだ。前から言ってるが、男はエロに騙され、女は衣料・美容に騙される。
 ナントカ カントカが軟骨にいいとか胡散臭いを通り越したことは数多いからな。たまに週刊誌が叩いてくれる。これも前から言ってきた「真っ当な商売」をしろと。プラセボ効果を越えないから女性はスマホアプリで非現実世界(インターネット内)での捏造(画像修正)を選んだよね。

 危機の時ほどデマが飛び交うとは言われていたものの東日本大震災のときもでしたがバカにアホウの舞い踊りかい!?舞うなら鯛やヒラメにしてくれよ~

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-02-26 Wed 19:10 | 生活::防犯・防災 |
手ぐすね引いて待ってるぜ
 中国製の野鳥や動物避けとされる装置に騙されたため、遠距離攻撃は不可能だがせめて自宅にだけ寄せ付けないために、ネオジム磁石とテグスを発注した。ネオジムは磁力が強い磁石なので、怪しげな鳥避けグッズが使ってる磁力より強力であろう。しかも製品を買うより多数を買える。

 磁力に威力がなくてもテグスによって鳥が近寄らない可能性を保険として考えた。太めのでも数百円で100メートル、細いのなら2000メートルで数百円で売られてた。それで磁石を干し柿のよう吊してみるつもり。やってみなければわからん。

 何千とか何万とか集まって糞害で傘を差さないと通れないところもあるんだろ。反撃を許さない「平成版 生類憐れみの令」とか天下の愚策、いい加減にしてくれないか!目には目をなら鷹でも飼うしかない。

| emisaki | 2020-02-26 Wed 12:50 | 生活::防犯・防災 |
ATM行列もオバちゃん率が高い
 先週はガラガラだったのにオバちゃんたちが行列だ~ 25日だもんな 完全に掌握されてる。 オカン > 子 > ペット > オトン なる家庭カースト制の頂点にいるオバちゃんは男女差別なんて絶対に言いませんな。通帳記入でよかったと思いながら行列を眺めてた。ATMだとあまり音が聞こえないんだがドットインパクト式プリンターの懐かしい音が聞こえる。通帳記入機じゃないと通帳の繰り越しができない。

 電子的より物理的のほうが安全、ウイ ラブ キャッシュ。現金には存在しなかったキャッシュレス決済の手数料に群がるハイエナどもを見ればよくわかる。チリも積もれば南米ってくらい巨額だけにウザイ。

 結局、自分もお金をおろさなければと並ぶも ATMの前で電話する奴っているんだな。聞こえる内容からして詐欺事件ではないが、とっとと操作しやがれって思う。そこで電話する神経が信じられない。これも大勢の人で形成されてる社会を知らない他人がまるで見えない「地方症」の仕業だ。こっちなんてキャッシュカードに通帳のページに指を挟んで速攻で差し込める状態で待ってる。

 別件で詐欺事件の話を聞き、表沙汰にならないのがあることが判明。高齢者だからこそと言えるが詐欺に遭ったのに強情に何もなかったかのよう言うのだと。後期高齢者じゃないほうが騙されたら恥と思うのが強いから被害届も出ずに警察の被害発表も現実ではないな。

| emisaki | 2020-02-25 Tue 20:27 | 生活::防犯・防災 |
SOYJOYは賞味期限からローリングストックへ@災害対策

 期限が迫るためか区役所の放出でタダでもらった保存食の期限がとっくに切れていたため、安くなっていた栄養補助食品「SOYJOY」を買ったのだが時間がなく駄目なら食えばいいと思ったから深掘り調査はしなかった。そんなことで買ってから調べてる。

続きを読む ≫
 災害時のために生活物資3日分確保は時代遅れで7日分以上の保管が必要だから買い増しているが、レトルト食品を用意してあってもエネルギー問題は費用がかかるため手がつけられてない。カセットコンロも期限切れかもしれないし、器具が動作するかも不明。持ち出せる点でキャンプ用のが欲しいが、キャンプする気はないため保存期間や耐用年数が気になる。駄目となれば短時間に遠くまで脱出するための費用に投じる。

 保存食品として先に普通の「カロリーメイト」やら5年保存の「えいようかん」ってのを買ってあるのだが、いくら緊急用でも同じものばかりだと嫌になるだろうから色々な味がある「SOYJOY」を買ってみたが、どうやら賞味期限は製造後1年らしく災害保存袋に入れるには短い。

 届いた段階で2020年10~11月だから10ヶ月では忘れるだろう。カロリーメイト ロングライフでも3年。値段の違いを考えると、これもローリングストック(食べて減ったら最低限の在庫があるよう買い足してゆき、賞味期限を延長してゆく方法)かな。だから買うのは何でもいい。

 カップ麺を在庫してても、かさばるし水と沸騰させる手段が必要。当たり前に溺れすぎてると忘れがちだが、電気、ガス、水道など全てなしで考えないといけない。



 (1923年)9月1日 関東大震災、(1995年)1月17日 阪神淡路大震災、(2011年)3月11日 東日本大震災と同じ月日に近づくとテレビが取り扱うからじゃなく頻発に地震が起きているからで、東日本大震災で戻されたプレートの左右が次と考えるのは当然で北側は既に北海道で起き、南側の関東は最大震度4が多発しようとも解放されたとは思えない。マグニチュードは1違いで約31.6倍だからM7とM5でも約1000倍、M8とM5なら約3万倍。M7は同じ地域でM5が千回起きないと同じエネルギーにならない。そんなところに不安がある。

 昨年末にNHKが数日間に地震の番組を放送したが、それより前に伝わってきていた九州からスロースリップが北上していることから南海トラフと呼ばれてる四国あたりがヤバイってのも同時にある。スロースリップが巨大地震に繋がってるからだ。

 気象庁が近くで地震が起きたとき「関連性はない」なんて言うと、そんな訳ねーだろって言いたくなる。彼らの理論では近場でちょこちょこ歪みが解放されることを関連性がない言うらしいが、人間の大きさからしたら数十キロは遠くでも太平洋プレート等の大きさからすればすぐ隣。たとえ話でアマゾンで干ばつ、サハラ砂漠に豪雨になっても関連性がないって言うようなもんじゃないか?

スロースリップ



 SOYJOYのカロリーは味によって1袋30gあたり132~145Kcal、えいようかんは1本60g 171Kcal。体積的に羊羹のほうが小さく密度が高いため重たい。このあたりを比較せず、SOYJOYのカロリーが高く、えいようかんのほうが低いなんて書いているから困る。SOYJOYはくちの水分をもっていかれるため水が必要だが羊羹のほうは水がなくても食べやすい。

 他の記事も胡散臭いと考えた。防犯グッズを考えるなんて書きながら胡散臭さが噴出してるサイトを調べると2015年1月から短期的に投稿され2016年3月で更新停止。例によって誰が運営しているか全くわからず連絡も方法もない素人でもウェブページが構築できる Word Press によって作られてるレンタルサーバーだ。今でも動いているってことは誰かがカネを払っている。

 そのレンタルサーバーで Word Press が使えると最低で年6千円かかるが、マルチドメインに対応しているから多数に関わっていれば単価は下がる。簡単にブロックされるGoogle AdSense(広告)で運用は無理だろうが、表示される多数の災害、防犯グッズはamazonへリンクされているのでクリックして買う奴がいれば広告費が入る。でもドメインとレンタルサーバー代金が得られるとは思えない。同IPアドレスには投資だの出会い系だの怪しいのが多く見られるから総合的にプラスになるために仕組んでそうだな。ロクなもんじゃない。

このように法律で裁けない情報提供ヅラしながら胡散臭いウェブサイトは沢山ある。

 中にはそれなりの知名度がある社名の商品を業者さながらの方法で宣伝しまくって、誰が作ったかまるでわからず、そのページしかないのも見つけてるが無料じゃないためいったい誰がカネを払ってまで公開してるか怪しすぎる。

 それらを情報を得ようとしている側が見るってことは、不確かな情報であるってことも判断がつかない。信じて誘導されてしまうと誰かの思惑通りってことになる。売り上げのために仕組まれている場合も考えられるため広告費稼ぎとは限らない。

 マスメディアにも当てはまるのだが、今回探ったサイトも個別のデータ(数値)自体は間違ってないが、そこから算出してる論調が狂ってる。比較しながら特定の商品に誘導するよう巧妙に作ってるかもしれない。多数のサイトを読み比べ、確実に自分のために考えて書いてるようなウェブページじゃない限り、おいそれと信用しないぞ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-01-18 Sat 09:13 | 生活::防犯・防災 |