サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2020 - 03  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

安全性が高いのは新幹線か高速バスか?(2)
これはチャイニーズコロナウイルス感染の可能性が残る今だけ通用する話。

・中国が閉鎖空間であるバス車内で感染の危険性を報告していた
・東海道新幹線すらガラガラで何の問題もなくなってた
・金券屋で新幹線など長距離交通チケットの価格が暴落中!
・先にJR東日本は株主優待の率を変えると発表してたから値下がってる
・今、処分に困って値下げされてるのは航空会社の株主優待券(有効期限5月末)
・3月末までだから東海汽船の株主優待券は叩き売り 100円だった

<追記 2020年3月18日: 乗りものニュースに新幹線車両の換気装置の記事が掲載された。乗り慣れてる人ならわかるが空気の流れを感じてきたはず。座席より出入り口のほうが強く感じる。換気を語ろうとも車両単位の空気流動を考えるとエアロゾル感染対策は無理だ。微々たる危険性を減らすなら座る場所も決まってくる。>

続きを読む ≫
 特に期限切れまでに売れる可能性が低いのは回数券の割引率が高く神田の金券屋も生きていた2004年頃までバラ売りされていた値段に近づいた。東京(都区内)→新大阪(大阪市内)の回数券は期間が一ヶ月以上残ってるもので12,000円、期間が迫ってると11,000円で10年以上みたことがない暴落ぶり。

 だっていままではコーヒー一杯(喫茶店基準)分も安くならなかったから回数券なんて価値なく、エクスプレス予約のほうがマシだーって出張サラリーマンどころか旅人まで変わってた。

 「エクスプレス予約」では13,620円で、11,000円ったら「EX早得21」の値段。しかも新幹線のみで在来線は別料金、まるで見えない3週間後より有効期間中ならいつでも乗れる11,000円は恐るべき威力の値段だし、12,000円でも十分安い。どうせ今はガラガラで危険性は低い。減ったと言えども京都とか大阪とか人が多いところへ行かなければよい。もしくは私が得意とする「日の出活動」で、人が増えてきたら退却して田舎へ向かうのだ。

 回数券バラ売りの暴落がJR東海株主優待券を紙くずにした。1枚1割引で2枚まで出せるが、東京~新大阪は14720円、2割引では11780円(11776)に加えて株主優待券を別途調達するとなると赤字である。グリーン席にでも乗らなければ得できない転売価格が阿呆だ。金券屋におけるグリーン席の値段は暴落しておらず、EX予約のグリーン席は18,480円に対してほんの少し安い程度だからグリーン席に限っては株主優待券を入手したほうが安くできる。

 よく買ってた金券屋だと東京~名古屋指定席券で9350円だった。店頭で期限が迫ってるやつを見つければ激安になってるはず。注意点は在庫限りってことで、確認するたび、ちょこちょことなくなってる。東海道新幹線はそこそこ売ってるのだが平時から乗客が少ないJR東日本の新幹線の回数券はほとんど売ってなかった。売れる見込みがないため今は仕入れていないのだろう。販売店が各所にあるため個別の在庫は行かなければならず不明。

 過去から見に行きたいリストに入ってるのが東北だが激安販売なっておらず、今年になって調べていたのが長野県の秘境だから北陸新幹線方面じゃなく中央本線。そこをねじ曲げてまで新幹線を使う行き先に変えるほど価格暴落はしてない。在来線および他社線があるので現状でも土日でJR東日本管轄内ならば「週末パス」を利用したほうが安上がりだから回数券に手を出すのは限定的だ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-03-17 Tue 22:47 | 交通::情報・考察・計画 |
安全性が高いのは新幹線か高速バスか?(1)
 新幹線より高速バスのほうが人がいないって言う人がいるんですが私は高速バスの密閉性と同じ人と長時間共にするほうが桁違いに危険だと思ってる。特に今のバスは窓が開かない。空気感染が疑われてきた今、狭い空間での空調にも危険を感じる。

 東京~名古屋なら、新幹線は最短90分、高速バスは6時間だ。早く到着すると困るので夜行バスのほうが所要時間が長い傾向にある。例えば22~23時発で06時着とか。

続きを読む ≫
 菌と違ってウイルスは単独で増殖はしないと説明されているが、大きさが細菌類の100~1000分の1しかない(体積ならもっと小さい)。インフルエンザウイルスは0.1マイクロメートルで、俗に言うPM2.5とは2.5マイクロメートルのことだからPM2.5がどうのなんて製品は屁でもなく通過である。花粉はウイルスの数百倍の大きさだからウイルス対策をするには次元が違うことをしなければならない。
(一般的な空気清浄機フィルターは0.3マイクロメートルまででインフルエンザ、コロナなどウイルスは通過。メーカーによっては別の商品を用意している。)

 真っ当な学者が言うようにマスクなんて予防には無駄に近く、感染してる奴が飛散させないためのもの。ようするに従来の海外での当たり前が正しかった。海外での当たり前の方が正しいもう一つが「うがい」。外国人は誰も「うがい」なんてしない。上記で示したようウイルスはとてつもなく小さい。侵入されてしまうため「うがい」しても無駄なのだ。だが日本人は平時からマスクしてきたから無自覚感染者が飛散を防ぎ、この騒ぎで手洗いなど日頃してこなかったことをしたから同様にウイルスであるインフルエンザ入院者数が激減した利点もある。

 普通のマスクですら息苦しいってのに本当に防ぐならば防毒マスクが必要になる。あれは最低でも通常の3倍は息をしないといけないと言われてるため強靱な人でも長時間の行動ができない。だからウイルスより更に小さく防いだら空気ごと通さないことになり一酸化炭素など気体を相手にする消防士は空気ボンベを背負って活動するしかない。

 さんざんデマだって報道されたのにトイレットペーパーはまだなくなる。普通にしてたら欠品するはずがないので、バカ野郎が引き続き買いだめをしている。その中でもクソ野郎が「転売ヤー」と呼ばれてる人間のクズ(法律が発動した今日からは犯罪者)。総合的には賢い日本人だが引き続き馬鹿と罵っておこう。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-03-15 Sun 20:01 | 交通::情報・考察・計画 |
曜日での運行問題
 先に調べた「阿智村 駒つなぎの桜」は昼神温泉郷から7.4kmの山奥にある。次に調べたのが「御所桜」。双方の途中が阿智村役場。 昼神温泉郷なんて観光地だから土日は便が増えると考えたら大間違いで、平日は4便だが土日は2便になってしまう。バスを降りてからも往復徒歩3時間となると、朝に出発しても帰りは14~15時となって、もうどこにも行くこともできない。

 旅先での受け止め方や、各種テレビ番組や報道を見てきて個人的に出した答えが、『過疎化させ公共交通を衰退させた理由は「車社会」に溺れた住民』。テレビ東京の秘境駅で地元住民の乗客を探す番組でも「電車なんて乗らない(使わない)」発言が何度も繰り返された。自己中と呼んできた通りで自分たちがした結果のくせに電車の廃線に怒ってるニュース番組さえ見たことがある。

 各地を調べていると路線バスも次々と廃線となってる。コミュニティーバスすら廃線もある。きのう今日で調べた長野県の飯田周辺だけでも3月末までに廃線があった。住民のためってことでは都会に来ていただくのはお断りだが高齢化問題を考えると山奥から人里へ降りてくる必要はある。だが、そうなると観光場所は完全に孤立して自家用車以外では辿り着けなくなる。

| emisaki | 2020-03-12 Thu 08:56 | 交通::情報・考察・計画 |
遠回りに配慮した料金で不道徳者が増えた問題
 路線バスだと短い区間なら日本中にあり、いったん街道沿いから逸れて電車の駅や施設に向かい、同じ道路を通ってまた街道へ戻ってくるような丁字型の運行で、重複区間が長い場所で起きているの問題を発見したので考えてみた。
 路線バスの運行が A→B→C→B→D となっている場合で、B-C間が長い場合に A-D 利用者の出費が大きくなるため配慮して A-B-D という距離において定期券料金を設定したことにより、A-B-Dを購入し C で途中下車を常態化させた不道徳者が増えたという問題。

 B-C間が短いところなら無数にあり、Cが駅・病院・商業施設などで曲がって立ち寄る場合が多い。


続きを読む ≫
 直通ではなく C→B→A と C→B→D が別路線のほうが普通だと思うが、それで私も分単位の計画で乗り継ぎをしたことがあるし「ローカル路線バス乗り継ぎ旅」でも太川陽介がC地点にあたる病院まで向かわずB地点にて乗り継ぎに成功してしたほど地方へ行くほどB-C間にそこそこの距離がある路線がある。

 ローカル地域ほど複数の路線を維持できないため1本で運行するようになり、一筆書きのよう走ることもできずに複数箇所を経由するため同じ道を往復することが増える。


 観光で計画を練っていると、ちょくちょく出くわすのだが、街道沿いで乗り換えのバス乗り場がバイパス道の反対側だとか、同じ停留所名なのに何百メートルも離れてるだとか大変なのだが、Cまで行くと時刻表通りでは乗り換え時間がマイナス(間に合わない)から1~2分となり B地点乗り換えを考えるのは当たり前となった。地方は渋滞じゃなく遅れるから乗り換え時間1~2分なんて無茶を通り越す。事前に調べたピッタリ料金を握りしめ、降り口に陣取っても到着が遅れりゃ無意味なんだ。

 もし電車ならば、そんな運行をする路線を私は知らない。平地でもスイッチバックみたいに別方向へ行く路線はあるが、その間に2つ以上の駅が重複したりはしない。原宿から新宿へ行き、そこから戻って信濃町のほうへ行くようなもんで代々木が重複となるが、そんな乗り換えない路線は聞いたことがない。そして重複した場合は別料金になるのが普通。

 山形県~宮城県の旅をしたとき、私は「週末パス(範囲内乗り降り自由)」を持っていたため何の問題もなかったのだが、寒河江→仙台という切符を買うと、寒河江→山形→仙台と乗ることはできない。山形~北山形が重複しているからで、本件の図で示す B-C間が山形~北山形となる。B-C間の往復を別途購入しなくてはならない。希にあったとしても乗車券は分割になるだろうね。この例の場合、寒河江→仙台に北山形~山形の往復を組み合わせれば良いのか悪いのか?

 ところが路線バスだと経由地のように道路を重複(往復)する路線が多い。本件のバスの例で言うならば、A-B-Dという料金特例定期券に加えてB-Cという定期券も買っていれば文句はないんだろうが、だったら素直にA-B-Cの定期券を買えばよい。とばっちりは、正当なA-D利用客がCで途中下車ができない(または疑われる)ことにある。

 かねてより問題にしてきたよう田舎になると人の目がないからモラルハザード(倫理崩壊)が簡単に起きてしまう。いくら交通違反を繰り返してもサツがいない。ですからロクな人間が育つ環境でない。子育て環境なんて言うバカ親が多いが子育てに田舎は最悪(一生、多人数と関わらないなら別)。都会で規律を叩き込めば田舎へ行っても問題は起こさない。逆方向の無知が押し寄せるとどうなるかは東京を見ればよくわかる。
 青森県タレントの王林ちゃんが東京の人が怖いと言ってるのは、あなたより前にやってきて腐ってしまった注意すれば逆ギレするしか能がない人達のことだよ。だから秩序を持たないところ配慮が悪事に利用される事件が起きて当然と思える。


 さて、某所で問題になった記録を読んだところ、B-C間で定期券を乗務員が確認するしか方法がないってことだった。通常なら別にC地点で途中下車したって良いわけなのだが、A-D間の料金特例を作ったがゆえに起きた問題であった。




 特例は作られなかったが、数年前に熱海市でも路線が変わったとき疑問が生じた。それ以前まで循環するバスは滅多になく、熱海駅から東方向へは山側と海側の路線に分かれていたが伊豆山循環なんてことになり、回る方向によって距離が異なるため料金も変わっている。利点は区間内で見かけ上の運行本数が倍になったことだが、見かけ上と書いたように反対側の停留所にもなる。

 私は現金か回数券のため料金表示通りとなるが、もし定期券の人は片方のバスにしか乗れないのだろうか? 回る方向で距離が大きく違っても170円と190円と大きな差はないため、通常の料金から何らかの配慮がなされていると思われる。

 逆回り配慮の根拠として、熱海駅から伊豆山循環で最長と思われる乗車が190円で約5kmなのだが、熱海駅から中心街へ向かうと、約2kmの親水公園で230円になってしまう。

 それほど距離がなく1周しても20~23分のところ、双方が1時間に1本だから30分に1便となり逆回りに乗る意味があるのです。通常、近場まで乗らないから20分もかからず逆回り必要性は高い。



 各地のコミュニティーバスなんかで、右回り、左回りで距離が大きく異なる場合があるが、だいたいそういう路線は均一料金だから本件のような問題が生じない。よって均一料金である東京都区内でも起きないし、均一料金でなくとも近郊で見かけないため田舎特有の問題と思われる。

 主に観光地であり乗車する住民がいないからか問題となってるのを聞いたこともないが箱根で大涌谷へのルートも同じ道路を往復する。国道からそれて病院へ向かったのち、また国道へ戻るなどありふれている。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-03-03 Tue 12:55 | 交通::情報・考察・計画 |
おトクなきっぷ「鎌倉・江ノ島パス」が廃止される
 おトクなきっぷ「鎌倉・江ノ島パス」が2020年3月31日利用分をもってして終了と発表された。またも最強の周遊券が消されることになる。JR 藤沢~大船~鎌倉の区間、湘南モノレール、江ノ電に1日乗り放題。

続きを読む ≫
 消費税とか小刻みに値上げを繰り返し710円になったが、10年くらい前は680円、それ以前は各駅から往復と鎌倉地域フリーきっぷとして販売されていた。江ノ島へ行くだけなら大船から湘南モノレールが片道320円(フリーきっぷ610円)だが、江ノ電も使って廻ってくれば安くなるため、「大船→藤沢→江ノ島→鎌倉→大船」もしくは「大船→江ノ島→鎌倉→大船」で使ってきた。

 江ノ電「のりおりくん」は自社のみ。小田急のは藤沢まで往復に藤沢~片瀬江ノ島と江ノ電がフリー区間。鎌倉市が行う「鎌倉フリー環境手形A頼朝きっぷ」は江ノ電が長谷~鎌倉のみで江ノ島は除外(江ノ島は藤沢市、直前までは鎌倉市)、あとは鎌倉駅前から路線バスで北鎌倉駅・大塔宮・浄明寺・大仏前・名越までの路線。自家用車の流入へ料金を徴収の話が出てる鎌倉だが、だったら鎌倉駅じゃなく駐車施設のある場所からのフリーきっぷを用意すべき。

 特にJRは観光地の複数箇所で次々と おトクなきっぷ が抹殺されてきた感じがある。今回のように競合路線があるところでの廃止は他社と戦う気がないと言うよりも、たどり着くまでJR線を使うから他路線へ誘導せずとも儲けられる。統計出せるほど割引切符がないため思い込みかもしれないが、JRだけの割引は続くが、他の路線も含んでおり他社とも競合してる観光地のがなくなる。


「鎌倉・江ノ島パス」 こっちは意味があるから使ってきた。

 都内某所→鎌倉駅や藤沢駅より大船駅のほうが1段階料金が安くなった。都内じゃなく熱海へ向かったことも何度かあったが、鎌倉、 北鎌倉 からは1170円だが大船や藤沢からなら990円。JR線のみで鎌倉しか行かないなら意味はないが最初から江ノ島なども行く予定なら周遊券以上の価値が出た。東京→鎌倉 940円、東京→大船 820円ですから「鎌倉・江ノ島パス」を使うなら既に往復240円分が浮くため、江ノ電で鎌倉~江ノ島の往復だけでも損しない。

 湘南モノレールだけなら接点は大船駅だが、江ノ電を使うなら藤沢駅か鎌倉駅になる。途中下車せずとも、大船→江ノ島(湘南モノレール320円)+江ノ島→鎌倉(江ノ電260円)+鎌倉→大船(JR 160円)=740円と単純に廻るだけでも、ちょっとお得。利用者が少ないならば、微々たるトクが割引きっぷを買う面倒くささを上回ることがなかったのかもしれない。

 これっぽっちのお得は関係ないほど鎌倉や江ノ島の「観光地価格」に費やしているに違いないと踏めば、なくしたほうがトクをするJRに廃止を躊躇するところは何もない。そもそもが客寄せとして発売したのだろうが客が来すぎてしまって割り引く必要がない。それで廃止を決めたとすると、中国が原因のコロナウイルスが日本に伝わって外国人観光客が激減してしまったのが長期化したらどうするのだろう?

 狭い区域用としては「湯河原・真鶴パス」は2012年から3年程度で廃止されてしまった。JR線が小田原~熱海、路線バスが真鶴~ケープ真鶴と湯河原~奥湯河原に乗れるきっぷで、「休日おでかけパス」との組み合わせにて使っていた。当日限りだがその組み合わせで東海道線で言うなら東京~熱海が乗り降り自由となった。小田原~熱海の往復だけでは損だが1度でも途中下車すればバスを使わずともよかったし、朝に熱海、昼に小田原、夜に熱海で帰宅と小田原~熱海を2往復したこともあった。

 毎日のことじゃなくても大きな違いはあるもので、何百円の違いを出していれば連日1円でも安い野菜を探すほうが時間と労力の無駄なのだが、世の中そんな考えている人はいない感じ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-02-20 Thu 19:33 | 交通::情報・考察・計画 |
生活環境における感覚の違い
 昨日は報道で羽田空港への飛行ルートの実証実験とやらを取り上げており、経路上でどう感じるかを尋ねて示していたが、どこでも「気づかない」と「気になる」に分かれていた。ウチのほうは最初から航空ルートなので朝になれば音が聞こえるようになる。それだから渋谷や五反田でごちゃごや言う奴らに「お前らにも分けてやる」って気分である。

 既に起きていることを渋谷など上空になったらとんでもない事になったよう騒ぐ典型的なマスゴミ田舎者反応ですな。そんなことより、どうにもならない原因である横田管制にケチをつけたらどうなのか!

続きを読む ≫
 類する話として厚木基地・横田基地における問題と沖縄県の騒ぎの差がある。東京近郊基地周辺は沖縄県人口を軽く上回るが、日常的に多くの自動車運行など生活騒音がある環境と無音に近い環境では決まった騒音に対して相対的に音量差が生じる。
 被害を受ける人数差では沖縄なんて屁でもないわけだから成田空港建設時の紛争くらい起きてもいいはずだが、住民には大問題であってもそこまで狂ってはいない。どっちも爆音と完全に迷惑だから解りにくいが、元々の生活音の差が原因であろうが、それだけじゃない。
(* 別件だが、米軍基地は日本の技術で離れた海上か無人島でも利用して基地を作って本土から退去願おう。本格武装する気がない日本には絶対的な必要悪だから仕方がないところは仕方がない。なぜなら日本はレッドチームに囲まれてる。)

 静かなところに騒音を持ち込むから苦痛に悩まされるのだが、多くみかけるのは逆で、最初から生活雑音の高い都会に来ておきながら静けさを求める。そういう奴らは自分勝手が許される環境で生きてきたため、他人にうるさく、自分が出す騒音に関しては無自覚なので近所トラブルを起こす。

 学生時代から各所のテレビ番組を知ってると人数にも認識の違いがあり、混雑してると思えないところに大勢の人が集まってると表現。宣伝のために大げさに言ってるのかと思ったのだが、複数の事から本当に言ってることがわかった。

 「東山線(名古屋市営地下鉄)の混雑をなんとかしろ」って意見があるのだが、丸ノ内線(東京メトロ)など東京の平日08時台と比べて運行本数は全く同じ29本なのだ。正確な比較条件として6両編成で同じ、車両の長さは東山線が20mに対して丸ノ内線は18m、駅の乗降客数からしても東京は尋常じゃないため、受け止め方が違うだけと言える。

 こうした環境の違いを認識することなく自我を通すことで起こす頭の病気を“地方症”と称した。何度も使い回せるが「井の中の蛙 大海を知らず」と、まるで中国人のよう環境が異なっても自分ルールを持ち込んできやがったゆえに社会がおかしくなった。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-02-04 Tue 07:08 | 交通::情報・考察・計画 |
久しぶりの日比谷線 銀座駅
 銀座は名古屋と違って地上に人がいるから滅多に地下に入らず全然気づかなかったが日比谷線 銀座駅の地下が工事で狭すぎだ。だから物産展の情報がなかったのだと納得。

 銀座線なら何年か前から渋谷駅以外でも工事ばっかりやってたけど、作られてから数十年は他の都市より老朽化が激しく思う。東京メトロだけじゃなくJRにしてもハリボテのように覆い隠してきて危険を感じさせないのが逆に怖い。

 雨でも降ってれば別だが、なぜ地上かは別に問題がある。知らない人ならば渋谷駅kや新宿駅どころか銀座駅でも迷宮だと言いそうだし、段差がやたら多く、交差点で地下鉄改札口の関係で遠回りさせられる。新しくされるごとに遠回りの距離が増えてしまった。だから銀座は地上移動のほうが便利。

| emisaki | 2020-01-14 Tue 12:46 | 交通::情報・考察・計画 |