サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2020 - 09  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

本日の報道を受け、旅は遠のいた
まさに「馬鹿に阿呆の舞い踊り」  平時に近い混雑報道、特に高速道路。
感染者数が激減したわけじゃないんだ。なぜ、散らばれないんだ。

 やっとワイドショーも気づいて言うようになったが、重篤入院者が減ったと伝えても死人は報告しなかった。データを見ればわかるが重篤者が減った理由は治ったからじゃなく死んだからが多い。

 目を付けてデータを調べていたが2020年2~4月にインフルエンザ入院者数が過去と比べて激減した結果が出ていたことから気を抜かずに続ければ今期(2020~2021冬期)の新型インフルエンザ感染の激減は目に見えている。濃厚接触とやらがなければ感染力はコロナより低いが死亡率が高いインフルエンザを抑えられれば、過去は単に感染者を野放しにして感染拡大させ、また、無防備にて死人を増やしていただけの人災だったとも言える。

 東京都の町村部が大渋滞だったと連絡を受けた。例年のように農作物を買いに行っただけなのに、過去に出くわしたことがない渋滞だったんだと。自動車の中ならいいが、東京駅の映像を見ると俺の旅への復帰は遠のいた。

こっちが神経質ではなく、大勢が無神経すぎるよう映っていたからである。
喉元過ぎれば熱さを忘れる…じゃねぇぞ 真っ最中。第三次コロナ会戦への小休止でしかない。
こうして馬鹿に阿呆が舞い踊るのだから第三次は避けられない。なぜ、集まるんだ!

| emisaki | 2020-09-19 Sat 17:32 | 旅・散策と行事::考察・批評 |
気をつけよう 宿泊施設予約の取消料に法的規制なし
とんでもねぇ~取消料を設定している施設があったので調べてみた。

 GO TO トラベル キャンペーンの東京都除外がらみで取消料が話題になったときに調べたのは企画型の旅行で、ホテルと実際の宿泊者が直接契約する場合には法的規制も、ひな形もない。ようするに旅行業約款を定めて観光庁の認可を受けなければ代理店業務をする「旅行会社」だけのことだった。旅行者と旅行会社との取り決めであって、旅行会社と宿泊施設との契約は客には関係なく別だ。

 それでも多くのホテルなど宿泊施設は観光庁が出している「標準旅行業約款」に準拠している。損失の関係から当然のことだがビジネスホテルのよう基本が素泊まりだと取消料の規定は低く事実上は無いも同然で、料理が付いてるような旅館だと食料の調達の関係から少し高めの場合もあるが、ほぼ標準旅行業約款で示された割合に近い。

 しかしながら今回見つけたのは1週間前までに取り消さなかった場合は取消料は料金の7割、前日か前々日なら9割、当日なら全額と見たこともないような設定をしている施設があった。
(参考:「標準旅行業約款」 2~7日前は3割以内、前日4割以内、当日出発前5割以内、無連絡不泊は全額以内)

 過去の判例なら記載を探さねばならない場所に書いても効力がない。一般的な契約になるため知らぬところに書いておいても契約は成立しない。予約完了前に提示させる必要があろうが、そこまで頭が回る奴が商売してない。客としては防衛のために契約に関わる部分は探してでも読むべき。そして理由が考えられないのに、とんでもな設定をしてる施設は避ることにする。

| emisaki | 2020-08-21 Fri 21:54 | 旅・散策と行事::考察・批評 |
法的拘束力のない要求を取り下げよ 不道徳でもない
 新型コロナウイルスのような件なら要請がなくても守る。それは法的拘束力がなくても不道徳行動があるからだが、かねてより私が語ってる件は全く違う。前回ちょっと見て役所の病気が治ってたので深掘りしてみたら伝染病は他に蔓延してた。

 リツイートの件での最高裁判決では日本のIT音痴によるガラパゴス化を懸念する声が法律関係者からも出た。しかし私が語るのは現行法上で対処できる件である。

 <IFRAME>タグの動作は同一性保持権の侵害があっても<A>には侵害するものが無い。既に例にしているが「奈良駅はあっち」という看板を出すのにJRに申請許可が必要なのか!そんな要求は頭おかしいにも程があると思いませんか?

続きを読む ≫
 何年か前まで都道府県市町村のウェブサイトでは法的拘束力のない要求が突きつけられていた。それはリンク(ハイパーリンク)するなら許可を取れというWWWの構造を無視する意味不明な要求であった。それが広まったのは役所体質による知りもせずコピー&ペーストで蔓延させた いかにも日本人らしい体質であり、今度はそんな要求ができないことに気づき今ではリンクするなら許可を取れなんて記載は消えた。良くも悪くもお役所仕事は一気に進むようだ。

調べる限り、制限する・しないではなく制限できない

 ハイパーリンクは法律に違反せず、また道徳にも反しないからです。法律に違反するなら全世界のウェブサイトが存在していない。日本のIT音痴のガラパゴス化を懸念する以前に要求が異常である。

 観光協会なんかは体質がお役所そのもので、関係性も深いため真似事をしたのだと考えられるが、直属の機関ではないから、もし通達があったとしても届かない。真似したら放置しっぱなしを多数見つけることができた。それともリンクするなら申請書を出せなんてマジで要求しているのか?呆れて開いた口がふさがらない。

 リンクするのに許可を取れ、申請書を出せなんて狂いまくってる要求だが、こちらは複数の検索サイトで調べていますが、そちらから申請はありましたか?検索もリンクですよ。もう少し教えてやるならば World-Wide-Web とはリンクすることによって成り立っているので根幹を揺るがす行為である。

世間で誹謗中傷が問題なって勝手にまとめられそうなのだが我々は正当に批判する権利もある。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-08-09 Sun 13:24 | 旅・散策と行事::考察・批評 |
ホテル直の予約が最も安いわけじゃないって投稿
 ホテル直接の予約が最も安い訳じゃないって投稿を見つけたのだが、例によって投稿者の姿が予測できない。アフィリエイトなど小銭稼ぎに多々見られる短期的に情報を掲載しながらも特定短期間で誰かに加担している投稿ばかりあるやつだった。

 確かにホテル直接より安い値段で出てる場合もあるが、それは旅行代理店が押さえてしまって空室より安値で出してしまったほうがマシって場合だろう。とんでもなく少人数で働かされてるホテル側が太刀打ちできるわけがない。だがネット対応できなくても現地対応してることはある。あるホテルなんて23時とか24時を過ぎて空き部屋があると安くなる。

 だから通常料金を1万円として旅行代理店(ホテル予約サイト)に10%の手数料を払うとして、1000円の手数料をあてにして予約サイトがポイント割引をして実質9700円にしてたとしても、ホテル直が9500円に割引して客を得れば取り次ぎ手数料支払いがないぶん500円の値引きで済む。客からすれば漁夫の利であり歓迎してきた。

 旅行代理店が年間で部屋を借り上げてない限りはホテル直接予約が安いに決まってるでしょう。変更の融通の利かなさが解消されない限り旅行代理店は俺の眼中にない。安く見せかける技は高い手数料を要求してる予約仲介サイトのほうが仕掛けやすいから注意してる。

| emisaki | 2020-07-21 Tue 20:42 | 旅・散策と行事::考察・批評 |
QUOカード付き宿泊に横領幇助罪が無理なら景品表示法で規制を
まだやってるのかって感じだ。飲料水付きとか社長のカレー付きとは訳が違う。
厳密に言えばホテル代を会社が払って持ち帰り品なら会社の権利となろう。

 もう1年くらい前になるか出張で貯めたポイントで1泊無料となったのを自分で使えと促す業務上横領幇助の黒船企業CMに「なめとんのかボケ!」と怒り爆発したわけで、言い逃れの字幕を放送中には読めない小さな文字で入れて逃れようとしやがったが、広告低迷でテレビCMの規制は、ゆるゆる状態。自浄能力を失ったテレビ局の番組にはBPO、広告にはJAROしかない。

続きを読む ≫
 しかしホテルが予約で特典を付けることに法的規制は掛けられない。なぜならナイフが販売できるのと同じで、その時点で犯罪は成立していない。被害を及ぼしたとき犯罪が成立する。

 横領幇助罪が無理ならば景品表示法を改正して、明らかな横領を助長させ、特典ではない価格体系を規制すべきである。なぜならシングル6000円、QUOカード1000円分付き7000円、2000円分つき8000円、下手すると金券分より高い設定も見られ、業務上横領だけじゃなく故意に会社に損害を与えたことにもなる。

 あるホテルを調べたところ、通常6300円の部屋がQUOカード1000円付くだけで9000円になってた。これは酷い部類に入るが名の通る鉄分の多い企業グループだ。客とグルになって企業からふんだくるプラン?そういうのを ウイン-ウィン の関係だと思ってるなら頭おかしい。

 だったら悲劇的に安い部屋じゃなく最初から9000円の部屋に泊まって疲れを取るなら意味もあろう。それくらいの違いなら、当時、都知事の桝添が移動はファーストクラス、宿泊は超高級ホテルのスイートの非難に言い放った呆れた言い訳とは違う。

 「まだやってるのか」と書いたのは、ある時期に真っ当なホテルほどなくしてサービスに移行したからで朝食を豪華にしたり何らか変化がみられた。有料TV(VOD)を付けてるのは料金が高くなるためQUOカード付きと同じである。ほかにも直接にモノを渡すのから逃れるため予約サイトのポイント増量に逃げてるホテルも多くなった。

マトモに競争できないのか。

 私が会員のホテルを調べてみたら A社はQUOカード付きあり、ほぼ額面分が高くなるだけだが、自社ポイント付きの額面は金額換算で高くなっていた。B社ではQUOカード付きプランは存在しなかった。VOD付きはあったがビジネスマンに対するものではなかったし別途料金を払うより安くなっていたから完全にサービスプランだった。

 各方面でだが、小銭で将来も退職金も失う奴らがいるが馬鹿なの? 取引先だったけど勤続二十数年で賄賂受け取って懲戒免職になったの知ってるが似たような件はたまに聞いた。また、夜の街とやらの管理会社の低俗な奴だったが会社で使う品を某家電量販店で買ってポイントを自分のものにしてクビなった奴もいた。差し引き、大損ですよ。失うものが大きい馬鹿な奴は結構いるようだ。

 線引きが難しいが宿泊に直接関与しないサービス付加で料金を対価以上に値上げするのは規制すべきではなかろうか。違法とならずとも不道徳行為で集客してるホテル経営者もだが、業界として規制できないなら、どうしよーもねぇ状態だよ。

自分でお金を払うと考えたとき、選ぶことがない設定は胡散臭い。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-07-17 Fri 12:57 | 旅・散策と行事::考察・批評 |
GO TO よりも TO GO キャンペーン
 キャンペーンなど敷かれなくても既に開始しているのが TO GO (TAKE AWAY)だ。かろうじて通じる和製英語でテイクアウトだと勉強している。イートインにしても、英語を公用語なんて強制し、白旗を揚げた企業の連中ですら間違って使うわけで、そもそも日本語すらおぼつかない学歴のお高いお馬鹿さんばかり。

似たようなお役所連中だから GO TO なんて中学生レベルの英語を持ち出すわけ。日本語を使え!

 抗菌、除菌、滅菌、殺菌なんてあったが、ねえねえ岡村、この中で一番旅行が似合う大人ってだーれ。トリップ、ジャーニー、トラベル、ツーリズム、サイトシーイングの違いってなぁ~に?
反応としては 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 ってところでしょう。

続きを読む ≫
そりゃそうよ Go To トラベル事業、委託上限 2294億円が狂ってるのに1895億円で済んだとさ。
アベノマスクと類似で、委託費1895億とか「ちょっと何 言ってんのかわかんないですけどー」だ。

 使えるなら使わないと損だけど、どこまで旅行会社を通さないといけないかで無意味と化す。セットで購入しないと旅行代金とならないからであり、先日に考えた「えきねっとお先にトクだ値」など駆使したほうが自由だし、安上がりかもしれん。

 何より怪しいのは、これぞと税金に寄生するのは目に見えており値上げを開始する可能性があるので変動に注視しておきたい。なぜなら商品販売でメーカーがキャッシュバックとかやると売価を吊り上げるのを何度も見てきたからである。

 補助額は「旅行代金2分の1の更に7割」が旅行代金割引、2分の1の3割分は地域共通クーポンだけに元値を2~3割値上げしても客に気づかれにくいのだ。一般の観光客が日頃の相場を知ってるはずがない。

 2万円だと13,000円になるが、これを元値2万5千円にして補助上限が2万円でも13,000 + 5,000 = 18,000円となり安く見える。9月以降にずれ込むとされた地域共通クーポンが元の旅行代金2万円なら3,000円となり18,000 - 3,000 = 15,000円と1万円も安くなってると思うトリックに引っかかると消費者感覚としてヤバイぞ。いつもの大根の値段は知ってもホテルの値段は知らんか。

沈んだのは観光業だけじゃないんだから優遇という差別に乗じた金儲けには注意したい。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-07-11 Sat 07:27 | 旅・散策と行事::考察・批評 |
赤沢八幡野連絡橋って何だ
 土砂崩れのニュース映像を見たら説明に稲取~八幡野が通行止めってのがあったから関連で表示されたと思われるが「廃ループ橋」となってる映像があった。河津ループ橋なら知ってるが、その前に悲劇があったわけだな。場所はメガソーラー問題地点から南南西へ1kmくらいのところだった。

静岡県伊東市八幡野1741 [地図]

 正しくは赤沢八幡野連絡橋とわかり1976年に事業者の倒産によって放棄されたことがわかった。当時の状況が掴めないが立地条件の悪さからも伊豆高原の別荘地開発としては後発であろう。

TOCANA静岡県のレア廃墟へ潜入… 実は完成していた「未完成ループ橋」!

 公道の真横であり、橋けたが落ちて垂直に立ってるというか斜面に引っかかってると見える。いくら私有地内だからって土地所有者の管理責任は大きい。どうせ行政は指導してるとでも言うのだろうけど、メガソーラーどころではない危険を感じた。

| emisaki | 2020-07-05 Sun 20:27 | 旅・散策と行事::考察・批評 |