サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2020 - 04  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

コロナウイルスがらみで理性を失い本能を剥き出しにするご老体
 確かにチャイニーズコロナウイルス関連でワイドショーは、まるでオカルト雑誌かのようなっている。政府がテレ朝の番組に反論ってことだが、大きくは間違ってないだけにネトウヨすら政府を支持してない。今のワイドショーは右も左も関係なく、どこぞの国の仕業かと間違えるが、どう行動しようとも批判することを探してるだけ。

 ご老体の件の前に、近年ワイドショーのコメンテーターの質が低すぎ、ネット上だけじゃなく言われてるのだが、だったら裁判員裁判みたいに抽選で一般人を呼んだほうが本当の世間の意見になる。レギュラーコメンテーター又は司会者ともなれば本職はテレビ出演者であり肩書きを替えて欲しい。ワイドショーだかバラエティーだか不明の番組になると超高学歴の世間知らずの逸脱した主張、仰天発言を繰り返すのだが、そんなの面白いと思ってるのか、あえて出演させてるなら大迷惑。

 報道関係においても終わってる人、ようするに引退組がごちゃごちゃ言うのが多い。別件でも書いたが現場を離れた奴らじゃなく本当の専門家の意見が聞きたい。でも、そういう人達はテレビに出ている暇がないというジレンマだな。

続きを読む ≫
 何十年と司会者やっても、自分がしゃべりたくてたまらない病気で、視聴者として聞きたい専門家の話を遮ってばかりいるボケも西のほうにいるが日曜には東にいるな。明石家に名字を変えやがれって思うわ。


番組制作の自己中vs.高齢化症状の自己中

 その引退組って言えば木村太郎がグッディの生放送で出演番組に対して「新型コロナめぐる内容に許すことが出来ない」と発言した件だが、語る「危機感」とは、もはや理性ではなく自分の生存本能が勝ってしまった状態を表していたと感じる。

 先日、電車内で撮影された老人たちの揉め事からわかるように、もう老人は社会を維持、自分の子を生かすため姥捨て山へ向かうことも考えられないほど脳が萎縮した結果、高齢化症状である自己中心的な思考が前面に出てしまう。姥捨て山とは木村太郎が使った言葉なので利用しただけ。


「政府は良くやってる」 …え!どこが?

 何をやっても批判しかしないワイドショーの出演者が良くやってると言えるだけマシではあるが、私は現実に伴ってないと思う。国内外の顔色を窺って決断力なくズルズルじゃないか。外国の政治主導と比べ明らかに劣る。いつものように良くやってるのは下や現場で働いている人だけですよ。

 「政府」という表現がどこまでなのか、内閣だけならご老体なりにと言えるかもしれないが、中央官庁が含むともなれば別途言われてるように総理が決めようとも利権がらみによって足を引っ張ったと言われてる事、そのあたりはどうなのか?

 何をしようとも批判してるのはマスゴミ連中のほうで、こっちは国民として日本人の決断力のなさってどうなってるのかという怒りだった。中国への配慮、中国人客で商売するしか能がない連中の食い扶持の確保なのかしらんが、得をしようとして大損をした決断に、良くやってるとは到底言えない。

 中国人客を狙って全てを失い日本全体を巻き込ませた阿呆ども、毒を食らわば皿まで舐めろ!って言いたくなった。こっちは毒はお断りだから一時鎖国を熱望した。


政府対応は「後手後手」「この期に及んで」という言葉が浮かぶばかり。

 大勢ではないにしても何人かの親族高齢者と関わってきて体力的じゃなく脳の機能として「このあいだまで出来たことが出来なくなる」「物事を多角的に考えられなくなる」「周囲が見えなくなる(処理能力の劇的な低下)」等々、共通することに遭遇してきた。なのに姥捨て山の逆、まだ世間では自動車を運転して特に小さな子を殺し続けている。脳学者がなんと言おうと現実が証明してる身体的に寿命は延びたが脳の健康寿命は延びていない。

赤いちゃんちゃんこの先に待ってるのは究極の自己中(わがまま)

 不道徳、違法行為を叱って何度も逆ギレされたことあるだけに、自分も将来そう劣化が進むのかと考えると本当に嫌な感じだ。何十年後か、どうにもできず自覚することもなくそうなってしまうのだろう。それまでに能(脳)力でも維持できる薬や装置が開発されることを祈るばかり。


与党でこの有様。今の野党とやらが政権を握っていたらと思うと東日本大震災を思い出し背筋が凍る。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-03-06 Fri 21:35 | マスメディア::テレビ全般 |
気づくということは目立つ作戦としては成功?失敗?
 先にあったのが、不協和音かつ不快な周波数の音を使うCMで、口にくわえて振るわせる美顔器のCMだったが、それ以前から逗子とか鎌倉から排除を喰らったような連中が海水浴場で流してたような音楽の体を成してない不快な音というのは存在していた。音楽が不快なのは腹が立つからCMとしては大間違い。下手はともかく不快が気を引くために正しいはずがない。

同様に下手やズレってところに気を取られてCMとして重要な中身を覚えてない…。

続きを読む ≫
 CMに予算がないってのも謎だが、あまりにも出演者の下手なしゃべりってのは未だにCSや地方局なら多々あるが、動きが下手ってことでは東京キー局の地上波CMであったり有名人が出てもある。

 真っ先に思いついた2つあげると、昨年に放送されてたパート・アルバイト情報の「パイトル」CMは数人でも酷かったが3人でもバラバラで特にジャンプは最悪だった。そして何年か続いてる自動車用品の「イエローハット」も踊りが適当に加えてバラバラ。

 あれでOKが出るのは制作に丸め込まれてるんじゃなくスポンサー側がOKなんだろう。能力より出演者が優先されてるのはCMとして価値がない。勘違いしてはいけないのが下手より強く感じるのが「やる気のなさ」だから取り上げた。

 田舎へ行くと関係者の子をCMに出演させてるとかあるのだが、ほかにも、どうみても社員にやらせてるなら捨て置くが、もしかして「あの下手くそぶりに何の意図が?」と思った段階で奴らの罠に引っかかってるのかもしれない。

嫌だと思うことには興味が残っても、不快だと思うのは無関心より強いマイナス要因しかない。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-03-06 Fri 21:01 | マスメディア::広告 宣伝 |
いつもより300万円の問題が簡単
2020年3月6日 日本テレビ「あなたは小学5年生より賢いの?」

 自称百獣の王も筋肉馬鹿になるんだなぁ~と思いつつ見ていた。ふなっしーになり、私としては発芽は間違えたものの、常任理事国は秒殺で答えられるくらい簡単じゃないかい。いままで、ずっと難しかったのに、大金持ちの ふなっしー の問題が簡単ってどういうことなんだー!? そろそろ出ないと視聴率として困る的な? そこで100万円までいったのが、ふなっしーだったと推測してみた。

クーラー付き6号機は自腹で買えるでしょ。

| emisaki | 2020-03-06 Fri 19:56 | マスメディア::テレビ全般 |