サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2021 - 09  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

金儲け第一の発電事業(93) 遅すぎる町村の対応
・佐賀県藤津郡太良町 9月定例会一般質問通告書より
1.太陽光発電の無制限な開発について
太陽光発電は、過疎地における耕作放棄地活用の観点から推進されているが、近年における豪雨災害を鑑みて、本町において長期に渡る影響を考慮し、適切な規制を行う必要性について問う。
出典:令和3年第4回太良町議会 (定例会第3回)一般質問通告書 3ページ2番目より

解答については映像もないし、9月8日のことで議事録もまだ公開されてない状態だから不明。

・伊東市はどうなった?

 静岡新聞のサイトを遡ったら2021年9月2日「伊東・メガソーラー訴訟 工事の差し止め 住民側請求放棄」と題した記事があった。大きな盛り土になるし、申請時には測量数値が都合よくちがっていたり、勝手に伐採したりと胡散臭いを通り越している業者の工事を止めきた伊東市も訴えやがったよう意味不明であって最後まで足を引っ張りやがって退散か。検索して調べれば訴訟の放棄は敗訴も同然ってことらしい。なんで戦いの舞台に現れて誰のカネを使って活動してきた連中なのか謎だな。熱海と違って伊東じゃ情報ルートがない。

・長野県下伊那郡 【喬木村】太陽光発電規制条例案を村議会に提出 2021.9.7

<いろいろと参考になる資料>
地方自治研究機構法制執務支援条例の動き環境・まちづくり太陽光発電設備の規制に関する条例

 何ヶ月か前に「規制条例が全国で急増」って報道があったわけだが、合併で減ったとは言えども日本にある市町村に数からしたら規制条例が少なすぎるし、亀どころかカタツムリのよう遅すぎる。政治だけじゃなく企業にしても例えるならミサイル着弾してから どうしましょうって具合にノロマってより手遅れ決断は日本のお家芸だけど困る。私ならイライラして耐えられない。

 金の亡者の企業が45歳定年を提案してるが、だったらテメエの首をまっさきに切るべきだな。そうくるなら政治家は45~65歳にしてみてはどうだろうか。稚拙化した現代では30歳成人が現実的なのでお子様と老人、重度の身障者など政治家として税金(報酬)分の仕事していただくにはふさわしくないため、必要ならば議員が囲うべきではなかろうか。

 見渡せば国会、都道府県から村まで議会なのか老人ホームなのか区別つかん。私、小さいころに誰かさんの「まぁ~その~」って言ってる間に御飯食べ終わってると例え。時期的に退場してたから過去の映像が放送されてるのを見たんだと思う。

 法律もだが条例も、寿限無 寿限無 五劫のすりきれ…みたいな名称が多すぎるから長くするなって条例もあるのか! さすが平和ボケ国家だけのことはあるな。

| emisaki | 2021-09-16 Thu 08:17 | 旅・散策::旅の記録 |
猛威を振るい続ける“地方症”:自由じゃなく勝手の国、アメリカ
 アーノルド・シュワルツェネッガーが「自由には責任を伴う」と発信してスポンサーに降りられたようだが、アメリカでは自由が尊重されるからって、それは自由じゃなく「勝手」であることが低レベルの国民のみならず企業の異常体質であると証明された。

 それを知ったところで救いはなく、日本人も日本の水準として自由と勝手を履き違えやがった連中に埋め尽くされている。イベント開催についてイギリスは人体実験をしたわけだよ。それでサッカー観戦で感染者数は約6千人、テニスでは10分の1の約600人ってことがわかったって、そんなの実験しなくたってわかる。フーリガンの本拠地だぜ。

元・大阪府知事が日本でも試すべきかのよう発言したが、あんたもバカか、感染者を出して知るの?

 全員とは言わぬも苗場で行われたカスの祭典で感染者を出すこと目に見えてるよう、やる前からわかってる。 さすが江戸より長い都市の歴史のくせに「道徳」ってものを得ることができなかった「烏合の衆」を引き連れてただけのことはあるね。あの人の発言は他人のことより経済だから。一定確率で重傷者、そして死者を出すのだから人殺しにしか見えませんね。

現状の感染対策は大規模イベントを行わないことだけ。 なぜ、集まりたがるのか?

| emisaki | 2021-08-23 Mon 08:56 | 旅・散策::旅の記録 |
猛威を振るい続ける“地方症”:熊さん、猿さん以下じゃん
外れて欲しかったが予想通り「馬鹿に阿呆の舞い踊り」が、またまたまた起きてきた。

 渋谷、新宿に加えて全国の悪名高き繁華街、なぜか人間のクズどもを惹き付ける。ほぼクソガキどもであった。路上飲み、ノーマスク、大騒ぎ、理性がまるで無いから動物以下だろ。

 本日も山奥暮らしの番組が放送されるだろうが、東大卒の塾講師が断片だけで良い人だなどと言う。そりゃあ、番組中で「あれは犯罪です」なんて指摘したとして放送されるはずもないが、遺伝的に都市の集団生活者から言わせてもらうと「子育て環境に良い」なる発言も含めて、彼らはとんでもない間違えをしている。他の番組からも見えたが、子育て環境としては最悪だった。

 まずは信じがたい好き勝手が繰り返されてきた。「三つ子の魂百まで」にて、ああいう環境では加害行為に対して被害者が出にくく、犯罪が犯罪として表面化しにくいなど最悪の環境。自分勝手な人間を作る環境が揃ってるのだ。そうして育った奴らが都市部に出てきても、全く同じことをしでかす。今度は他人がいるのに、脳内では自分しか存在しないのだ。

 そうした状況証拠はいくらでもあり、例えば何千回、何万回と起きてきたであろう妨害運転に至るのは、究極の自己中が辺りも気にできず勝手に車線変更して他者(他の自動車)に危機を与えたのに、クラクションを鳴らされたって激高する気違い沙汰。事件としては大なり小なりあるにしても、自覚せず恐るべき人間性に作り上げられてしまってる。

 かつて明治や江戸時代なら序々に来た人間を社会が再教育してきたであろうが、戦後の集団就職によって、その社会的教育システムは完全に崩壊してしまって地方症=究極の自己中がする無秩序が町を支配した。原因である団塊の世代の子、孫、ひ孫と進んだ子孫ほど、テエメらの何が悪いのかも理解できなくなった。

阿呆で埋め尽くされた環境ではテメエがいかに阿呆であるかも気づかない。

 人間は一人では生活できないのだ。社会の一員として、いかに人間のクズであるか頭で解らないなら体で解らせる必要があるのではないか。責任の取らせ方にもいろいろあるが資産没収やら簡単にブタ箱に放り込めるくらいの法律は作っていただきたいものだ。「自由」とは責任を伴い、問題を起こす奴らがやってるのは「勝手」と言う無責任。勝手に育った奴らは恐ろしい。

 新宿、渋谷、六本木、いつでもクズが集まる場所だけで判断すると見誤る。10年、20年と見れば人間性が狂いまくった新橋のサラリーマンで判断すれば人間性の落ちぶれ加減がよくわかる。

 熊さんは撃たれ、お猿さんも駆除される。気違い沙汰でも人間様なら駆除されない!大バカを小バカが見て自分は真っ当だと間違える。テレビ局は自分たちのこともあって一部の人とか言うが、真っ当なのが一部で残りが全部カス!!

| emisaki | 2021-06-27 Sun 18:45 | 旅・散策::旅の記録 |
テレビ番組に見る自転車の違反から考える (3)
都道府県による違いも調べておかないと見誤るから静岡県に特例がないかも調べた。

 河川堤防、河川敷など法律上の道路ではないところ。法的に道路でなくなると車両の走行が認められないのが普通。あとは管理者次第ということだが例えば伊豆の国市「読売巨人軍長嶋茂雄ランニングロード」は自動車は禁止としかわからない。道路(車道)じゃないから標識もない。

 基本的に河川敷は一般車道ではないため管理者以外の車両は通行禁止となっている。軽車両は通行許可されてることがほとんどだが、バイクなら違法なのに侵入もよくある。バイクは自動車じゃないは屁理屈なのだが国土交通省の警告の表現が悪い。

続きを読む ≫
【静岡県に固有】
・平成28年12月1日から二輪のタンデム自転車の走行が許可された
・平成31年4月から自転車の保険加入義務化(これは多くの都道府県が義務化している)
・児童・中学生通学時のヘルメット着用義務化(第63条の10 法律上は13歳未満へ努力義務)

 静岡県「自転車の安全な乗り方とルール」より静岡県内には並進可の標識は存在しない。並進可の標識は実際には日本に存在しないらしいとの情報があるよう日本では並んで走行できる車道は無いってことだ。法律上の道路でなければ道路交通法で取り締まれないでしょうが道路であれば違法。

 道交法を熟知してないと思われる警察官も並進だけはやらない。また、テレビ撮影ってことではNHK BSの番組でも河川敷堤防など道交法が作用しないであろう場所でも見たことがない。

処罰されなくても道幅をいっぱいに使う並進が不道徳であることは確か。

 どうやら地方症の奴らは誰もいないから何をやっても良いって概念のようだが、こちらの概念としては、この先にどうなるかを考えることであり誰か来たらどうする。このとてつもない違いがお解りにならない。

 このように迷惑も知らぬ大人ってどうよ? 娯楽じゃなく防災として調べ始めた。直火とかしてなかったにしても、この有様じゃ真っ当なキャンプをしているのかも信用できなくなった。

道路交通法
静岡県警察県警について法令・制度審査基準の公表道交法違反
→ 国土交通省 > 安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン[PDF]
警視庁 >> 自転車の交通安全




・世間から見えること

 大都会では皇居周辺で歩行者を邪魔者扱いするランナー、山中ではトレイルランによる歩行者への危険行為、そればかりかマウンテンバイクでハイキングコースを下るという人間のクズまで出現してる。原因は全てつながってる。他人の存在を知らぬ自己中育ちな頭のおかしい奴ら。

 世間の異常性は交通事故や事件報道へのコメントでよくわかる。私のような厳しさや、免許制、罰則強化の意見にはそれなりの反対(そう思わない)が押される。これは恐ろしい。突出した件をあげると自動車によるあおり運転事件に見られるように、無自覚の異常者が大量に育て上げられてる。

 本日に報道された自動車専用道を二重の逆走(逆方向車線と右側通行)をしてる学生が運転する自転車のドライブレコーダー映像が流されたが、そのコメントも異常な奴の率が多すぎる。

 かつて「泥棒死刑で何が怖い、お前は泥棒するのか?」と問いたことがあるが、たぶん反対ボタンを押す奴らはテメエが違法行為をすることが潜在意識下にあるから反対してる。恐ろしいな。

 もしかして世間の大多数が無知との認識は間違っており、幼少期からの自己中育ちによるもので知っててやってる故意な可能性が高くなってきた。だとすると余計たちが悪い。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-05-06 Thu 19:42 | 旅・散策::旅の記録 |