サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2021 - 09  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

池袋暴走車事故(事件)は常に起こりうる危険
 老若男女に関わりなく加害者が自らの保身のみに移るのは当たり前の流れであるが、池袋暴走車母子死亡事件は高齢である被告であり当時から、おぼつかない動きしかできず、言動にも問題があり責任能力で逃げられそうな気がしたが、車両故障で責任なしと仰天主張をしてきたため頭がおかしい(ボケ)という主張はできなかったわけだな。だが、現実はそうであるなら運転させた責任は誰にあるのか?

 池袋の件では上級市民と揶揄されてきたように、そこから自己中心的となった人格が事故当時87歳なんて老人を動かしたのだろう。うちの死んだ爺さんは晩年はクソ爺でしたが、その点はわきまえており世間が高齢者の事故で騒ぐ前に免許は返納していた。なのに金持ちのくせにタクシーも使わないなんて集団社会生活者として失格なのである。

 北が巣鴨なら、東は砂町銀座商店街だが、コロナ以前にヨボヨボ爺が自家用車で来てるって仰天でした。狂気が凶器(自動車)を動かしているのは全国で何千、何万件あるのだろうか?

 地方症=究極の自己中だと自ら証明してくる言いぐさが「車がなかったら生活できない」である。ほほう、だったら人類なんて滅亡してるぜ。マジで言ってんのか自己中どもが!

 余談であるが、他人のことを考えない自己中な育ち方をする人達に自己中を加速させる物を与えてしまったことが終わりの始まりだった。電車は廃線、路線バスも廃線、過疎は誰のせい?

 遭遇確率が低いだけで、田舎に行けば暴走車は沢山いる。制限速度標識がない林道や農道で時速30km以上は違法である。それだけじゃなく、誰からも文句がつかない自分勝手が常態化してるから素行が悪くなり、昨今にネット投稿で世間をざわつかせる奴らが生まれる。

 ある種の地域において「ヤンキーが多い≒交通違反が多い」が成り立つ。違反検挙数に表れない酷さがある。あおり運転や無謀運転があってクラクションを鳴らされたことで逆ギレなども日常的に素行が悪い人の道を外れた子育てをしてるってことを理解してないようだ。沖縄、北海道、その他、車両事件報道を聞くたびに傾向の高さに一致してくる。だったら解決策が見いだせそうだが、警察が注意くらいで見逃すくらいこっちから見るほど悪事に気づいてないのだ。捕まらない犯罪者を把握する必要がある。

 役所に言いたいのは、自動車の運転(免許)は許可であって権利じゃねぇんだから、老若男女関係なしに馬鹿野郎には一生持たせる必要がない! ですから病人から免許を取り上げるのも差別ではない。よく「てんかん」の例があるだが、だったら運転の必要がない職に就かせるってより、自らそうするのが人の道だ。

 世界が羨む日本のくせに人道を外れてる奴らが多すぎるぜ。今、池袋暴走車母子死亡事件の判決を見て被害者側の目線で見ている自覚症状がない奴らが10年、20年と経過すれば高齢化して自己中が進み更に同様な事件が増えると予測している。

他人の存在を理解しない地方症は若年層が気違い沙汰なのだから老人は最悪となろう。

| emisaki | 2021-09-02 Thu 15:10 | 交通::事件・事故・違反 |
チャリカスに後ろから煽られました
 長年と自転車にデカイ面をさせたため、車であおり運転なる異常者が世間を騒がせるより何十年も前からあったと思う。歩道上で邪魔だどけって言いながら走ってるチャリカスを何回も見てきた。

 13時過ぎ、歩道上、私は歩行者。道路はたまにしか車が通らないの危険なしで歩道走行の権利発生せず。橋の上の歩道。私の前に2人が並んでて、近づかないよう3メートル以上離れて歩いてた。

 後ろの気配を敏感に察知して自転車だなと。ならば通してやる筋合いはねぇ!先に行きたければ車道を走れと。きのう報道された北海道のあおり運転の事件が頭によぎっても、だったら法律より上の道徳すら守れないクズなんて余計に通すものか!

 しかしベルこそは鳴らさないがガンガン音を立ててくるわけ、これは歩行者往来妨害の疑い。警音器使用制限違反は付かない。歩道がすごく狭いから自転車から逃れるには思いっきり寄る必要がある。歩道を走る権利がないんだから避けてやる筋合いもない。

「すみません 通してください」ってなら譲るよ。
でも、後ろにぴったり付いて、イライラ感を放出してくる糞野郎に譲ってやる道はねぇ!!

続きを読む ≫
 俺の罠になかなか引っかからない。横に移動して追い抜けば「通行区分違反」確定だと横に避けた。聞こえたか不明だが、追い越しやがったらテメエ犯罪だとと警告はした。まんまと追い越しやがったので「歩道走るんじゃねー」と鉄槌を下した。

 追い越しざまに確認するとオッサンだが70歳を越えてるとは思えないから常に通行できる権利なし。権利あっても時速4~5キロでしか走ってはいけない。ヘッドホンしてやがったし、ケーブル付いてるね。だから補聴器じゃないよな。ならば「安全運転義務違反」と罪状は増えるばかり。

オッサンは無視して左の道へ去っていたのだが、まだ続きがあった。

 暑すぎるからセブンイレブンで凍った麦茶を買ってくつろいでたら、路地の奥からチャリが・・・てめえコノヤロー聞こえてて逃げやがっただろ! さきほどの位置関係から今度は右のほうへ去って行ったのだが別方向へ行くフリをしたんだろうな。この地図に道として載ってない通路の奥から出てきた。しかし、そこは道路側からしか入れそうもない。そこ住んでるのか、なぜいたのか謎だ。

 続いてその場にはヤク中のジジイが更に危ない長い棒を持って自転車で登場。安全運転義務違反、積載の制限違反、自転車は歩きタバコの条例違反。タバコは火の粉が飛んで危険なのも理解せず。開いた口がふさがらない。持ってるものは違えど、新百合ヶ丘でスマホ、ジュースで両手、更にイヤホンで通行人に衝突して死に至らしめた女子大生(当時)と、やってる事は同じ。

こうした大多数の地方症なるルールもモラルもない自己中どもが東京をダメにした!

 この件を「そのくらい」だと思う人が大勢いることは確実なので残念なお知らせがあるね。そういうお前らは腐った人間として育てられた。政治はこれを野放しにしてきたから車での あおり運転やら自己中により人殺しにまで落ちるのだ。小さな罪悪感も捨て去ることが大きな犯罪へと繋がっていることは証明されてる。

この、どうしようもねぇ大勢の存在がいること、解ってくれる人は非常に少ない。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-07-23 Fri 16:56 | 交通::事件・事故・違反 |
周囲に誰もいないのに誰かいる場所に突っ込む謎
以前から非科学的な表現をすると悪魔がそうさせるのではないかと思ってきた。

 千葉県八街市の街道沿いで八街市朝陽小学校の生徒5名が飲酒運転(基準値を超えるアルコール検出)のトラック事故に巻き込まれ死傷した事件。報道によると過去にも同様の事故が発生してると書くが、交通事故は恐るべき件数が起きているため5年前なんてのを安易に結びつけるべきではない。

 避けるしかないわけだが、すぐに避けられる平行した道路が存在しない。ワイドショーが事故現場から生中継をしてるが、その横を(推定[概算で])スピード違反の車がガンガン走り抜けていた。

続きを読む ≫
 速度制限の標識がない場合、2車線以上では時速60キロが最高速度、中央線(センターライン)がない道路は時速50キロとなってるが、それだけで見誤っていけないのは生活道路、林道や農道は時速30キロ制限である。多くのスクールゾーンも30キロ制限にしてる。

<追記: 一部報道が制限時速60kmとしてるが、加害者が努めてた会社あたりから事故を起こした道路にはセンターラインも路肩を示す白線もありません。私が読んだ道路交通法と合致しておらずどこが60kmなのでしょうか?>

 通常の犯罪でも知らなかったと言う奴が実に多いが知らないで済まされる法律など何一つとして存在しない。まして自動車運転ともなれば免許証交付への過程で勉強させられている。

 「ヤク中、アル中、ギャンブル中、そして自己中」と程度の低さに呆れてきたが、それら複合的に恐ろしい人数が病んでいる。加えて多くが中毒の自覚がないこと新型コロナウイルス蔓延防止による規制でよくわかった。なんて酔っ払いのクズが多いこと。酔っ払いは仕方ないって日本の風潮は狂ってる。酔っ払いは外では罪。

 マスメディアは広告主がいるためか報道がダブルスタンダード。特に関西系司会者のアイツはずっと前から酒場の擁護発言を繰り返してきたが、酒提供の飲食店の営業を語り、多すぎる飲んだくれの阿呆どもも語るが、こっちから見れば「ヤクの売人と中毒の廃人」にしか見えない。

 売人なんて無視して、いい加減に未開人でないなら生命に関わる中毒症状を認めるべき。過去にタバコの禁断症状にて「喫煙者の凶暴性」の体験談を書いたことがあるが酒は更に明確。

 ここで本題の過去より繰り返し起きてきてきたから疑問に思ってきたことは、なぜ被害者以外に誰もいない道路で事故に遭われた人がいるのかという疑問。大都会なら大勢歩いてて、どこに突っ込んでも被害者が出るが、こうした事件は田舎道での報道が多く伝わってくる。

 イベント観覧の帰り道で通ったことがある路上で人に自動車が突っ込んだニュースを聞いて仰天したのも、そこは通過する車も見かけない場所だった。私が1km程度の区間を歩いて車1台も通らなかった道路だった。なのに、なぜそこで、たまたま歩いてる人に車が突っ込んだのか?

 事故に遭う側の問題だが、人間は犬猫とか動物と違って逃げられず硬直してしまう事が知られてる。大通りで車にひかれた動物は希に見ることがあるが今回事故が起きたような道路で見たことない。

 二輪車でありがちなのは、見ると、そっちの方向へ進んでしまう。それは二輪車特有で体重移動と意図しない操作、自動車と違ってハンドル操作が車輪と直結してること。だが、四輪車でなぜ? 千葉県八街市の路上で起きたのは飲酒運転だが、そうじゃない事故を何度も聞いた。

 正しい見解ができず疑問としか書けないのは、我々が得られる情報では事故の詳細まで知ることができない。同じような地域での単独事故が解らないと、偶然なのが、人がいるところへ突っ込んでしまう異常心理が働くのか解らない。

 暴走族なる頭のご不自由な方々から一生免許を取り上げないよう、あおり運転なる狂人に対して2~3年しか止められないようヤバイ奴らに免許を交付し続ける制度が恐ろしい。

 運転は権利ではなく、単なる許可。バカほど言う、自動車がなければ生活できない?なら俺たちは存在してませんね。ここでも証明される地方症=究極の自己中。

道路が悪いなんて言ったら日本中が危険地帯だ。何もかも人間が悪いんだよ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-06-29 Tue 12:02 | 交通::事件・事故・違反 |
湯河原町:大型トラックが滑り落ちバス停直撃の場所
きのう湯河原で起きた大型トラックがエンストで滑り落ちバス停直撃の場所判明。
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上[地図ストリートビュー]

 何度も行ってるところでびっくりした。独歩の湯へ行くときの目の前。湯河原がどうのじゃなく、あんなところは無数にある。降りてくるのにブレーキきかずに柵を乗り越えて落ちてきそうなところ、山ならどこでもあるでしょ。
 トラックが落ちてる写真があったが、絶妙な位置にトラックが落ち、貨物も電線地中化して地上にあるトランスを避けるよう転がっていた。トランス破壊してたら上流は停電してたかも。何事もなかったかのよう処理されてるけど、もし工事を続けるなら、あのバス停は恐ろしい。

 テレビで周囲の物音に注意しろって言ったって無理だろ。もしバスの停留所にいたとして見えないのに下手に動いたほうが下敷きになる可能性が高まる。

 外国並みに増えてきたアホ作業員(運転手)のほうをなんとかするしかない。東京駅の近くで引っかかったり、ドライブレコーダー映像で大型車が高さ制限に引っかかって横転したり、積んだユンボが引っかかったり、高速道路で荷台から落下が危ないと思ってたらフロントガラス直撃事件。以前から工事でも台風がきて風圧を受けて足場の崩落が何度もあり、細かいメッシュは風圧を受けるのに外さないよう学習しない馬鹿だらけ。
 運行や工事を見てればわかるが奴らに適当はウジャウジャいても几帳面なんて人を見たことない。もっと科学力を発達させ危険人物を事前に止めねばなるまい。

| emisaki | 2021-06-11 Fri 10:59 | 交通::事件・事故・違反 |
一般に周知されず アイドリングストップは東京都では義務
たまたまアイドリングストップを取り上げただけで他の条文をないがしろにしてる訳ではない。

東京都環境局条例等都民の健康と安全を確保する環境に関する条例 第52~54条

 この条例は特定事業者や特定車両のみを対象としたのもあるが、アイドリングストップの遵守では第52条は都内において全ての排気ガス車両が対象と読める。

 第53~54条は事業者に対するものだが、第54条 20台以上収容できる駐車場の設置者及び管理者の義務にて「駐車場の利用者に対して、看板の掲示などによりアイドリング・ストップの周知をする義務があります」となってるが、思い起こせば都内だと条例で規制されない駐車場でもアイドリング・ストップやバックで停車と大きく掲示されてる飲食チェーン店があるものの見かけないほうが多い。

 社用駐車場であっても必要なわけで、Googleストリートビューで条例施行後の撮影年月を確認しながら都内を適当に見たところ、有名な大手コインパーキングには掲示されてるのを見たが、企業の駐車場では大部分が書かれていなかった。見つけた中で書いてあったのは社員を駅から送迎するバスを所有している企業だった。

 大型コインパーキングでも掲示されてないところは多く見られた。例えば2018年2月にはなく2019年5月撮影時に営業してる新しく、大手T社で乗用車70台以上の東新橋にある駐車場では何も掲示されてなかった。

 もし保険なんかの契約書みたいに読ませないようにした小さい文字に薄い印字もだが、掲示方法も規定すべき。小さい文字で運転手が見ないところに書いてあったとしたら無意味。

 違反者へは勧告、続いて違反者の公表となっているが、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」状態であるから公表したら、ずらーっと大量に並ぶだけで市中引き回しの刑にもならない。政府が、ある年月に内燃機関の走行を全面的禁止と掲げればアイドリングなんて関係なくなるのだがな。

| emisaki | 2021-02-04 Thu 12:02 | 交通::事件・事故・違反 |