サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
<<  2021 - 02  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

激落ちくん クエン酸 泡スプレーを使った
 加湿器のフィルターに付着して効果をなくす奴が頭くるのでバスマジックリンで攻撃したのだが、まるで効果なし。そういえば以前はクエン酸の粉をお湯で溶かした中に浸けてた。

 電気ポットの水垢を取るやつだから割高なんで別のを探して見つけたら粉は売り切れだった。そこで激落ちくん クエン酸 泡スプレーってのを買ってみた。「まぜるな危険」と書いてあるくらい効きそうな気がしたから。

 長く浸けてる時間がなかったが数分間浸けてから洗浄したところ加湿性能が戻ったのだが湿度は40%。どうやら外の寒さで窓ガラスに結露しまくりで湿度50%に上げることができない。エアコンを停止させれば湿度が上がることは確認した。

 加湿器なしでエアコン稼働させると湿度20%を下回る。エアコンを使って湿度40%より高めるには加湿器のヒーターを動かし温風をあてることで蒸発を促進させるのだが、一気に電気代が上がる。安定時点でのエアコンより喰いそう。それで結果は湿度45%。だからやめた。

 以前はパソコンの裏から温風が出てたのだが今は冷風なんだよ。世代が変わりすぎてCPUの節電が強化されたのと、電源が850Wと余裕ありすぎで、200W喰う予定のビデオカードも刺さってないってのが原因だろうな。世間がこんな状態だし急ぎの仕事がないのでビデオカードいらないか。ちょっと動画エンコードして30分くらいCPU使用率100%にしてみたのだが温風は出なかった。

寒くてエアコンは止められないから湿度40%の均衡状態を維持させるしかなかろう。

| emisaki | 2021-01-25 Mon 08:45 | 生活::雑貨 |
ついたてが届く ML918
0.9 x 1.8m だから扉2枚って感じ。
コバトン県ふっか市からやってきた。
アイリスオーヤマ埼玉工場 [地図]

後ろにちらっと写ってるのが壊れた竹垣。
古民家じゃないんだから同じのにしなくてよかった。

雨がやんで寒くないときに付け替えよう。
問題は裏か表で機能を選ぶと見た目が悪くなる。

アイリスオーヤマ >>ルーバーラティス
アイリスプラザ(直販ウェブサイト) >> ラティス
 90cm×180cm 直販価格 1枚 9,280円(税抜き)、2枚 12,800円(税抜き)、4枚 18,800円(税抜き)。4枚がお得でも4枚は不要だった。5000円以上送料無料。ただし大型商品は運送会社に到着後、電話にて最短日が告げられ決めることとなり購入から数日かかる。

貼り直せないから「防犯カメラ作動中」のシールが欲しい。

| emisaki | 2021-01-24 Sun 15:16 | 生活::雑貨 |
フェンス購入 送料5000円のはお断りした
 古く設置してあった裏のマンションとの目隠しだが竹垣のような感じだから経年劣化に強風がトドメを刺して壊れた。20年は経過しているはずだがネットで同型のを見つけたのだが15,000円で送料が5,000円!

 竹垣だと完成品なので畳みたいな大きさで小物の引っ越しみたいな料金になっちゃうわけだ。しかも小さい商売じゃ輸送業と取引も少ない。結局、現代風の木製のにしたが、アマゾンで(0.9x1.8m)1枚12,000円、4枚28,000円ってどういうこと?2枚は無いのか。

調べを進め直販にて2枚14,000円の送料込みだったため注文。

 ホームセンターで木材買ってきて、切って、防腐剤塗って、防水加工して、なんだかんだと考えると相当な安上がり。完成品を買うのは安いが作業を依頼すると高い。床の張り替えなんて見積もりだと電動工具を買ってまでDIYしても安い計算になったが作業時間はかかるよね。

 切ったりしなければ組立キットでよかったのに買ったのも完成品らしい。送料込みは企業体が大きいからでしょう。金属製なら組み立てがあったが、目隠しじゃなく面積半分が隙間だった。窓のブラインドみたいにしてくれたらよかったのにスカスカだから斜めで風が抜ける木製となった。

 本来は支柱も必要なのだが地面が土じゃないから打ち込めず、既にある80cmのフェンスに括り付け、上部は今までどおり軒下と接続するため支柱は不要。ビル風の通り抜ける場所にあり台風が来たとき取り外せないと風を受けない対策をしないといけないから面倒なのだ。ウサギ小屋だと土地も狭いし、隣の家の人と手が届くくらい家の周囲に空間がなく設置作業すら大変。近所の一軒家なら足突っ込ませてくれぇ~って断り入れるけどマンションだとややこしいから関わり合いたくない。壁を塗り替えたとき、業者はさすがプロで敷地内ギリギリに足場を組んだからすごい。

| emisaki | 2021-01-19 Tue 08:02 | 生活::雑貨 |
アイリスオーヤマvs.タニタ 医療機器認証 非接触体温計
タニタ 非接触体温計 BT-540 税込み5,500円 医療機器認証番号 301AFBZX00069000
アイリスオーヤマ 非接触型体温計 DT-103 税込み14,080円 医療機器認証番号 302AGBZX00102000

 2020年3月頃から一般社会で無知な連中が「温度計」(物体用 放射温度計)のくせに体温を測りやがって、高熱のみを探り、無症状感染者は野放しにしたのだが、放射温度計で人体の表面温度を測ると誤差が大きいことを訴えかけてきた。それは物体と人体では放射率が異なるから。

続きを読む ≫
 コロナ以前から趣味において温度が高すぎると素子を壊すためハンダの温度を測りたかったので放射温度計を調べていたから若干の知識があり、ハンダの温度は測れないことに辿り着き購入はしなかった。熱したハンダの表面はツルツルとなり放射率固定の安物では計測できない。パソコンにおいても表面がアルミ合金が多くて駄目だったが、そうこうしてるうちにマザーボード、CPU、ハードディスクと温度計が内蔵されてしまって必要なくなった。

この流れで安物の放射温度計で人体も測れないことを知った(体温が測れるのは専用認可品)。

 人体表面の放射率は0.97(発表組織によって微妙に異なる)と言われているが、物体はばらばらであり、表面がつるつるな金属の放射率が異様に低く状態によるが研磨された金は0.01だが酸化金は0.85~0.96と急激に上がってた。アルミニウムなんて地球の常温(25度)で0.02となり酸化しても金のようには高くならず最大でも0.34。これでは正しい設定なしに放射温度計ではまともに測れない。
 このためある企業では温度を測るため放射率が定まってる熱伝導が良い黒色テープを販売していた。だとしても放射率を細かく設定できないと正確に測ることはできない。ちゃんとした放射温度計は高額なのだ。人体に合わせた製品でも当然ながら誤差が出る。

 多くの入場施設などが2000円程度で販売されてた安物の放射温度計をインチキ体温計として使って判断しやがったわけだが、それが一定の機能をしていたのも放射率が0.95に設定されていたからだと思う。この場合、40度Cのを測る誤差は機器自体が持つ誤差プラスマイナス1度Cに放射率が間違ってるための誤差プラスマイナス1度Cが絡んだ誤差を含んだ温度が表示される(誤差数値はおよその値)。

 おのおのの誤差が反対方向に働けば大きな誤差にならなかっただけ。そんなことだし表面温度だから私は35.7度Cと出されたことがある。当然、そんな低さではないし逆向きに誤差が出れば平熱で発熱扱いされる。
 冤罪にて「温度計」で体温を測るなと俺が怒った病院だが、ちゃんと「体温計」に入れ替えられたと同時に首で測るよう指示されたのであろう。額だと寒空の中に晒されてきたからね。

 さて、アイリスオーヤマでは医療機器認証を取得した非接触型「体温計」を発売していたが、無駄を省いて低価格方針のはずが専門業者より割高である。それに認証は取ってるものの同じく「温度計」モードも搭載しているタニタのほうが半額以下である。業務で使用するにおいて複数台を買うとなると金額差がありすぎる。そうなるとインチキ体温計=物体温度計を使い続けるだろうね。

 何か違いはと探すと、誤差の範囲が異なるアイリスオーヤマが販売してるのは 35.5~42.0度、タニタのは 36.0~39.0度が誤差プラスマイナス0.2度の範囲である。その前後は誤差0.3度。これ、体温である以上はアイリスオーヤマのほうが誤差の小さな範囲が広くていいねとはならない。元々が体温であっても表面温度でしかないことと、39度にもなってれば細かい誤差なんてどーでもいいからだ。

 冤罪と見逃しを減らすためにも、知りもせずに使って勝手に判断してきた奴らには、インチキ体温計を使った差別的判断をやめなくてはならない。熱が高まらない無症状感染者(無自覚感染者)を自由にさせてきたほうが桁違いに恐ろしいのだ。

というわけで体温計は5,500円でも高いのに1万4千円は出せない。
リーズナブルな正式「体温計」は未だに品薄であった。

アイリスオーヤマピッと測る体温計 DT-103
タニタ体温計非接触型体温計



 上記で示す製品は医療機器認証を受けた「体温計」であるが、いまだにロクでもない奴らがネットで「温度計」にて体温を測るべき誤解させる写真を掲載して販売ページを作ってるが、景品表示法違反の誤認を誘う不当表示にて取り締まることができるだろう。役所は今まで何をやっていたのか?

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-01-18 Mon 12:16 | 生活::雑貨 |