サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2021 - 09  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

JR東日本 2020年度駅別乗車人員が発表されてる
JR東日本東日本旅客鉄道株式会社2020年度駅別乗車人員(2021年7月9日)

 人数ではなく落ち込み率で見ると観光地、接続駅だったが、東京ディズニーランドがある舞浜駅の前年比 51.3%下げは定期外利用者の多さが物語っていて北側の住民による定期利用が激減を抑えた。

 舞浜駅より気になったのが水道橋駅の49.9%下げ。予想される理由の裏付けとして御茶ノ水駅の利用者を比べたところ舞浜駅とは反対で定期利用者の激減が見られた。多くの学生が消えたわけ。

 それでは近年に大学が増えまくった八王子市だが八王子駅が他の駅と変わらぬ下げ率なのは大学が散らばってるのと、駅から離れた場所に点在していて八王子駅を利用するとは限らない。学校の近くに住んでいるってことではないか。

 休日だけでも動きが見えるかと船橋法典駅(中山競馬場)を前年度と比べたら定期外の利用者が平均でも2768人減った。年100万人に相当。痛手は確かだが、それより私のような観光客が止まったほうが桁違いに痛い。会社払いだろうと定期券の金額より、平均で旅行の交通費のほうが高いんだから、どっちがお得意様かも明瞭。私の場合、定期券代は東京~名古屋の新幹線を片道利用で越えた。

 東京駅の定期外利用者だけで計算すると約57%落ち、品川駅も52%。他の駅の事情も考慮して考えると、JR東海 東海道新幹線→JR東日本 在来線の乗り換えで乗車人員としてカウントされる人数の減りが見えてきた。通常ならばJR東日本の新幹線を束にしても東海道新幹線の利用者にはかなわないのだからJR東海によるローカル線へのしわ寄せが気になる。

| emisaki | 2021-07-11 Sun 22:44 | 交通::情報・考察・計画 |
東京九州フェリーと新幹線を現実的比較 <調査>
 宣伝番組ばっかりだし、他局で同じネタが何度も繰り返されてるしテレビがつまらない。これも7月1日就航とか番組でこっそり宣伝となってるから使えるのか調べてみた。

 船の就航ともなれば何年も前から決まってて、まさかの新型コロナウイルスだったのでしょうが、フェリーとしてなら自家用車に固執するなら代金も仕方ないでしょうし、旅客便として考えるとどうなのか?

 交通機関が広告主もしくはステルス マーケティングな情報サイトは価格のみで時間効率を取り上げない。船を楽しむには良いなんて記述が定番である。宣伝だから客の都合は二の次。近年はテレビの衰退からネットメディアで同じ手法を使ってくるが、そんなのお見通しなので私は100%旅行客の都合で考える。その都合とは断じてわがままは含まない。

ひとまず東京駅~博多駅で比べた…

続きを読む ≫


東京九州フェリー
横須賀~新門司港 12,000円 繁忙期日18,000円(ツーリストA カプセルホテル型ベッド)
ほかルームチャージ料金 6,000円~57,600円(3段階4種、1~4人、2期間料金)

東京→品川 170円
品川→横須賀中央 650円
横須賀中央→[徒歩1.0km]→横須賀フェリーターミナル(出港の1時間前まで必着)
横須賀 23:45→[船 所要時間23時間15分]→21:00 新門司港
新門司港 21:00→[送迎バス(無料)]→21:30 JR門司駅 →21:50 JR小倉駅
小倉 22:03→23:10 博多 1,310円

東海道新幹線山陽新幹線】 東京→博多の新幹線料金(正規および会員制EX割引)
普通車自由席 22,220円
普通車指定席 23,390円
グリーン車 30,650円
EX早特 17,720(平日)、17,310(土休日)
EX早特21 15,890円
EX早特21ワイド 16,600円(乗車日2021年6月1日~7月22日)
EXグリーン早特 24,320円(平日) 



・飲食代金は除外

 船を最安値で考えてみるが、およそ21時間も乗船して不必要な飲食代金を払うことになっても新幹線でも食うことは同じ。一般的に船内の飲食や自動販売機って料金が高い。最新の船でも裏付けてくれたのが自動販売機の売り上げ1位を当てるって番組だったが、値段が高い中でも比較的にリーズナブルなのが売り上げ上位を占めていた。所要時間が長くなることで出費が増えることは確かだが持ち込み禁止なんてあるはずもなく贅沢しないと仮定して無視した。

・時間効率を考慮する

 東京九州フェリーの場合、新門司港着が21時、そこから博多駅着は23時を過ぎてしまいホテルに直行するしかない。ホテル宿泊料金を5,000円と格安で見積もるが、繁忙期は高騰の可能性。
 これらを加算した場合、新幹線と大差なく3日前まで予約のEX早特なら新幹線のほうが安くなる。更に高くても時間を金銭に換算すれば圧倒的に得。

・出張じゃなく旅行ならば、そこしか行かないなんて もったいないことはしない

 まるで先が見えないほど前に予約すればLCCは圧倒的に安いが、私の旅行スタイルは予めあらゆる方法を考えておき、天気予報の確率が高まってから決定し、旅の効率も上げるため単純な往復ではない。

 往路に飛行機や船は考えられても、別の観光地にも向かうとなれば復路に使えるのは電車かバスしかない。陸続きで行ける場合は飛行場、港の制約は大きく、LCCで激安に見えても計画に当てはめてみると、そうじゃなくなることばかりだった。本件でもどうであるか比較してみるが、とりあえず単純な往復のみで考える。その後、東京~福岡の経路上にて、山口、尾道、神戸、大阪など立ち寄りも考えたい。

・関連広告で記事にするサイトは信用しない 資料だけ利用させていただく

 旅行サイトの宣伝や、乗り物サイトは料金が安いとか断片でしか語らず旅全体を語らない。それを語ると広告主様に不都合になるからでしょうね。全体で語らなきゃ無意味だ。

 値段だけ考えれば高速バスだって新幹線より安いが、豪華に見える座席だって私の長い脚を収納することはできず14時間ならば拷問かとおもったし、もっとデカイ外人はどうするんだって思うがLCCの座席も拷問レベル。国内で1時間程度なら安さから耐えるだけ。観光が目的なのに拷問状態じゃ意味がない。そこを考慮しなきゃ比較しても無駄 無駄 無駄 無駄ぁー。



新幹線を使っての到着時刻は、
東京 06:00→10:52 博多(東京始発)
品川 06:00→10:46 博多(品川始発)
東京 18:51→23:51 博多(終電)
博多 18:59→23:45 東京(終電)

東京九州フェリーは、
横須賀港 23:45→翌21:00 新門司港 (連絡バス:新門司港 21:00→門司駅 21:30→21:50 小倉駅)
新門司港 23:55→翌20:45 横須賀港 (連絡バス:小倉駅 22:10→門司駅 22:30→23:00 新門司港)



 フェリーだと船内および更にホテルに泊まって翌々日の朝から行動となるが、新幹線だと当日の11時頃から活動できる。定時に仕事を終えれば辿り着けるが、飛行機は相当に前から予約してないと新幹線と同等料金で乗れる会社はなかった。LCCだと成田からにしても都合のよい時刻には運行してなかった。

 飛行機だと手続きがあるため結果的に新幹線で行くより1時間程度しか増やせない。JALやANAの一般的な割引だと格安になるはずもなく株主優待券もしくはANA VALUEで特定日の特定便で2万円弱があったが、安く行くのは相当な前からの割引予約が必要そうだ。

 福岡空港は立地条件が良いが、他所だと移動時間と加算される交通費で飛行機の意味がなくなることも多い。札幌駅~新千歳(直線距離41km)、東京駅~成田(57km)、大阪駅~関空(37km)、名古屋駅~常滑の中部国際(35km)、長崎駅~大村湾(18.5km)、鹿児島中央駅~霧島市の山の中(30km)。飛行機が速(早)くても結局は1時間くらい加算される。電車が使える空港は予定を組むのが安全だが、連絡バスであると余裕を持たせねばならず予定が組みにくい。



フェリー 14,130円(両端の交通費込/範囲19,130~76,730円)+深夜着のため1泊ホテル代
新幹線 15,890円(範囲15,890~30,650円)

 これだと新幹線が21日前予約な料金のため3日前のEX早特17,720円が一般的で、前日や当日にネット予約可能ならば旅行会社で新幹線往復+ホテルで45,100円。ホテルは5000円くらいで良いところがあるから新幹線の料金がどうなるか次第。

 船で楽に寝るため「ツーリストS」な区切りありの6人または8人部屋、ネットカフェの小部屋を広くしてベッドを入れた感じにすると6,000円の追加が必要。そうなると新幹線ではグリーン車にできる。

 船は深夜発の夜間到着のため日数を減らすと1日の朝から出発時刻までしか行動時間がない。新幹線だと帰りの終電は博多18:59発であるため、一泊二日で1日目は11時から夜まで、2日目は朝から晩(出発時刻)まで行動時間がある。

 船で同じ行動時間にすると四泊五日(うち船内2日)となり、ホテルの宿泊料金は5千円程度と安く見積もれたが、失う時間が大きすぎるし、身を任せた移動も結構な疲れを生じる。

 よって夜行高速バスおよび船の選択肢は消えた。青春18きっぷは論外で、状況と金額により新幹線かLCC航空の二択。新幹線も21日前があるが飛行機のほうがチケット購入日で値段差がありすぎる。




 テレビでは旅行客へ宣伝をしてるようだったけど、船室(部屋)は船の規模に対して非常に少なく、車両を運ぶのが主体であることがわかる。宅配や生鮮少量品が使うことは無いが、それほど急がず高速道路料金+ガソリン代より安くなると需要があるのか?

 調べたら東京から新門司までの高速道路料金は普通車で2万円を越え、休日割引でも1万5千円を超えた。自家用車で家族連れだと料金がかさんでしまう。貨物輸送トラックであればと考えたがフェリー料金は意外と高い。高速バスと違って規制を逃れる貨物トラックが途中で休んだとして1200kmも交替なしは危険きわまりなく使うべきにしても値段が高すぎる。

 10tトラックと仮定して日野自動車で調べたところ 全長8.5~12m、フェリー料金は 88,000~132,000円にもなり、高速道路料金は大型車で25,780~36,930円(ETC~通常料金)+ガソリン代だからフェリーの利点は運転しなくても良いだけだった。

 そこで追加費用10万円だったとしよう。それでキャベツが1000個を運べたとすると、100円であったものが200円になってしまうのだ。航空便だと1トンのカーゴと相当小さく見積もっても25万円くらいになるから、それよりは安いがフェリー料金より、荷物を載せ替えない途中交替のほうが安上がりだろう。人手不足の解消なる記事には笑ったがフェリーであり貨物便じゃないから運転手が必要で非効率だ。入港先で別の運転手なら理解できるがね。ネットワークを持たない個人主義の白ナンバー営業車に出来る芸当じゃない。

 雑魚寝じゃないからカプセルホテル型も個室だと言うし、陸路のほうが所要時間は早いのに「当社比」みたいなことで古い船より速いと言ってるだけだし乗り物関係の商用サイトも提灯記事だよね。

基本、交通機関はその名の通り単なる移動手段。船好きなる要素は除外する。
時間がかかりすぎて旅行客として使えるとも思えないから、それでは誰に価値があるのだろう。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-06-29 Tue 19:42 | 交通::情報・考察・計画 |
乗り換え案内が避ける理由、繋がらない近鉄
 前から疑問だったのが益田岩船や吉野へ行くのを調べていて京都方面から全てが橿原神宮前止まりであったこと。「線路、繋がってんじゃん」と思ったのだが行かない。

 そこから周遊経路を地図を見ながら各種路線で行けそうに思っても、なかなか乗り換え案内が表示しないと思ったら乗り換えロスが生じるためだった。その場所は王寺駅

 生駒から大和高田を探ると布施駅<鶴橋駅<へ戻るよう進んでから大和高田駅へを教えてくる。「生駒から南下してる路線があるじゃん」と思って王寺駅を拡大してみたら、繋がってなかった!

 JR大和路線は繋がってるのだが、近鉄は西側が王寺駅、東側が新王寺駅で完全分離されてた。「乗り換えればいいじゃん」は甘かった。新王寺駅から先を辿って西田原本駅の地図を拡大すると、また繋がってねーよ。近くだが近鉄 橿原線の田原本駅まで歩くことになる。

これじゃ都営地下鉄 浅草線と大江戸線の蔵前駅の乗り換えは外に出るってのを怒れなくなった。

 ほかにも道明寺駅柏原駅は駅こそ繋がってるにしても、途中に柏原南口駅なるのが1駅あるだけで3駅を行き来してるだけ。疑問は近鉄から繋がってる柏原駅はJRで、東へ300mに近鉄大阪線が走ってる。土地買収問題ってよりも当時国鉄な柏原駅と繋げることに利点があったのかも?迷惑な古墳は無い。古墳があるのは道明寺駅の西側。

 繋がってるだけマシと考えるべきか? 東京の場合は異なる事業者の路線が放射状に延びており、間を繋げる路線がほとんどなく路線バスで移動するしかない。個人的には「住めば都」とは考えてないし住んでもないから旅行での善し悪しで語ることになる。

| emisaki | 2021-06-15 Tue 18:12 | 交通::情報・考察・計画 |
サンライズ出雲・瀬戸だと姫路まで行くことになるから
 寝台特急サンライズ出雲・瀬戸で東京からだと大阪で停車せず姫路になることで更に調べを進めていたところ、今後は固定概念を捨てねばならない情報にぶち当たった。姫路から神戸や大阪に向かうには何の関係もないのだが、似たことが発生すれば奇抜な乗り換え方法が出てくるかもしれない。サンライズ出雲は姫路に05:26着で姫路から大阪方面で次の特急が06:21の「らくラクはりま」だった。

 固定概念とやらは、各駅停車、快速、急行、特急などあって、通常なら特急が停車する駅には全てが停車するよう上下関係が確立しているが、なんと新快速が止まらないのに特急が止まる駅ができたとの情報であった。新快速が通過するのに特急が停車するのは西明石の更に西の「大久保」って駅との投稿。話題だったのか「らくラクはりま」で検索しようとすると追加ワードに大久保って表示された。

続きを読む ≫
 こんな変な停車が増えたら乗り換え路線を繋ぐのが大変になりそう。いままでも、早く行くため特急の停車駅まで戻るだの、次の停車駅まで行けば特急料金が下がるだの考えてきたから、自動検索の乗り換え案内じゃ無理だった。

 普通に考えても乗り換え予定のない途中駅の時刻表なんて見えにくい。本になってる時刻表でも持ってないと前後の時刻が見えず、乗り換え可能かや早く到着する電車も見えない。鉄道オタクじゃなくたって有用なのに乗り換え案内は1本の線でしか見せてくれない。



 それにしてもJR西日本の名称は訳がわからないね。姫路駅の時刻表を見る限り、滅多にない無印の各駅停車、そして「快速I」、「快速N」、「快速G」ってのは快速でも普通電車に分類されてる。ごく一部の駅だけ通過するのが快速だった。通過駅が異なるから分類されてるようだが、本当の快速は「新快速」。私鉄にある「準急」「区間快速」なる表現が必要。



 変なところに停車する特急「らくラクはりま」(全席指定)とやらだが、調べると平日しか運行されてない。更に朝と夜だけ。ようするに有料で座席指定の通勤快速ですよ。なのに特急料金だから1520円と相当な割高。チケットレスで200円引きの1320円。だとしても新幹線自由席特急券は1,760円、指定で2,300円。東海道新幹線に比べたら山陽新幹線の乗車は激減するが、乗車時間帯もあるが観光シーズンでもなければ座れるため、最小240円しか違わない。

 所要時間は姫路→大阪で、特急が約60分、新幹線は姫路→新大阪28~45分+大阪までの移動時間。遅いのは途中駅で追い越され待ちの停車でしょうね。「のぞみ」系統なら28分。新快速で約70分だから特急は絶対に座る必要があるとならなければ時間的利点がない。新幹線は新大阪着となるため在来線か地下鉄御堂筋線を使うことになる。



 コロナ禍で販売が停止中の「JR西日本 関西どこでもきっぷ(大人1万円2日間有効)」を使うなら特急も新幹線も乗り放題(指定は6回まで)だから気にすることもなくなるんだが、どーせ利用者が戻れば、こんなお得な切符は廃止されるんだよ。

 東京からは関西へ向かうのに別途費用がかかるから「関西どこでもきっぷ」を圏内まで行くのが金額的には安上がりだが、日本人特有の短期間の休日に急いで各所を回る方法だと時間を有効に使うには夜行便を使うことだった。



 当日に向かうと最速で京都に08:02着、これはコロナ前の外国人観光客で溢れてた頃を考えると遅すぎる。今頃、夏至の近辺では04時から明るくなり、05時には活動可能。06時には入れるお寺もある。旅館や観光ホテルで朝食、さあ出かけるかなんて間抜けもいいところ。

 世間にインバウンドなる言葉が出回り混雑で避けられるようになる前から有名な場所は早朝しか活動できなくなっていた。サンライズ出雲で姫路05:26、倉敷06:47着。お寺に比べると観光のお城が開くのは遅めで姫路城も09時からだから3時間半もあり無駄になってしまう。倉敷であると徒歩で行けて入場時刻は関係がないが、ここも時間を持て余す。

 サンライズ瀬戸で四国に向かって瀬戸大橋を見てから倉敷もある。そうすれば本当かどうか知らんが「ことでんなんて要るかー」って言われて自虐的に誕生したとか言う「ことちゃん」が見れるかもしれない。公式サイトには「大人の事情」と書いてある。確かに模様が涙目に見える。

 でも鉄道キャラは滅多に出てこないからなぁ。「さぬどん」とかも出るイベントが丁度あればね。何年先になることやら。タイミングを待ちすぎるとジジイになっちゃうよ。

 別に収集家ではないがIruCaカードも欲しい。Suicaで、ことでんには乗れますが、IruCaでJRには乗れない。過去に良く行く地域の交通系ICカードを買ってたのも相互利用ができないとチャージもできないから旅行だと残高に注意しないと。

高松琴平電気鉄道ことちゃん・ことみちゃん

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-06-09 Wed 12:46 | 交通::情報・考察・計画 |
個室 夜行バス ドリームスリーパー vs. 寝台列車 サンライズ出雲・瀬戸
 東京(池袋駅・新宿駅)~大阪(難波・大阪駅)ならや夜行バス ドリームスリーパー東京大阪号があった。普段ならば、そんな高い値段(18,000円~20,000円)では新幹線で前乗りしてビジネスホテルに泊まったほうが良いに決まってるだろと意見になる。それがコロナ禍においては選択肢として浮上した。

 料金の違いは閑散期の平日、週末、繁忙期のように運賃の違い。早期割引だと15,000円になる。運賃の変動で個室料金は11,000円に固定されていた。

池袋 22:50→新宿 23:20→南海なんば高速BT 06:53→大阪駅前 07:00→門真車庫 07:40
門真車庫 21:50→南海なんば高速BT 22:40→大阪駅前 23:05→新宿 06:25→池袋 06:55
(※ 投稿時点は新型コロナウィルス感染拡大に伴い運行休止中)

 こんな事態だから以前に寝台列車で個室だと料金高くなるが「サンライズ出雲」の出雲へ行くわけではない目的外利用ってのを考えたわけ。寝台特急サンライズ出雲・瀬戸は、リーズナブルな個室で寝台料金 ソロ6,600円、シングル7,700円でした。ほかにもあるが、個室の夜行バスに相当で考えてみる。

 その寝台料金に乗車券と特急料金が加わる。大阪→東京だと、乗車券8,910円+指定席特急料金3,490円だが指定席分は寝台料金に含まれるため530円引きの2,960円。すると合計はソロで18,470円、シングルで19,570円。

 個人的に気になるのは、ソロの天井が約145cm、シングルだと約185cm。ベッドの幅は70cmとのことだが足下はソロ 55cm、シングル60cmに縮まってる。解説するウェブページを見て1階と2階でも善し悪しがあったが、景観に関して夜間であり、いつもの東京~大阪だから快適性のほうを選ぶ。

東京 21:50→横浜→熱海→沼津→富士→静岡→浜松→姫路 05:26→岡山→倉敷→(略)→09:58 出雲市
出雲市 18:51→(略)→姫路 23:33→三ノ宮→大阪 00:33→静岡→富士→沼津→熱海→横浜→07:08 東京

 難点は上りと下りで姫路~静岡の間の停車駅が異なり、東京から大阪へ向かうにも姫路まで停車駅がない。先に姫路観光が決定することを受け止めることになる。それなりに料金増。

 個室のバスより圧倒的に広く、圧迫感が小さい。大阪で止まらなくとも姫路から新幹線で戻れば06:31、在来線で07:11。それは間抜けだから姫路、神戸など観光を組み込むことになる。

 列車事故と交通事故の確率も考える。ビジネスで行き先が大阪と定まってるなら夜行バスになるが、大阪から東京や観光ならばサンライズ出雲・瀬戸を利用したほうが良いと考える。

どうせ使えるのは1年以上先のことだろう。今のうちに色々と探っておこう。

| emisaki | 2021-05-31 Mon 21:43 | 交通::情報・考察・計画 |
JR西日本どこでもきっぷ・JR西日本 関西どこでもきっぷ(2) <販売休止中>
日本人の大多数を占める 馬鹿に阿呆の舞い踊り によって今は妄想旅。

JR西日本どこでもきっぷ・JR西日本 関西どこでもきっぷ(1) の続き

 東京から博多まで往復の乗車券は単純に往復だと28,160円で実際は往復割引にて25,340円。途中下車もできる。東京~新大阪の往復とJR西日本どこでもきっぷを組み合わせる意味があるかはJR西日本にて特急料金の使い方だな。新幹線でこまめな乗り降りがないと損しそうだ。

 JR西日本のフリーきっぷは想定してなかったが、過去の調査を現在の時刻表(平日)と料金に修正してみると以下のようになった。

続きを読む ≫
 「JR西日本どこでもきっぷ」にて新たに考えられるのが上越妙高駅までJR西日本だから北陸を回って東京へ戻る方法。博多をやめて新大阪へ早く戻り、特急雷鳥でも新大阪から金沢まで160分もかかる。この時間を費やせるならば、新大阪から新幹線で東京へ戻るより5千円程度安くなるため使えるお金が増える。安上がりが良いではなく時間をお金に換算して判断。

過去にも今にも、旅行の大部分は交通費と宿代だから。

 これだけ周遊すると福岡空港など格安航空のほうが安いは断片となり意味を失う。空港へ、空港からの移動を含めて考えねばならず、この周遊きっぷに繋げるための格安航空を考えるにしても成田~関空となり、双方で都市部と離れており、都心から辿り着けない早朝出発や帰れない夜間便になったりする。今はコロナ禍にていつでも激安であるが通常は不便な時間帯じゃないと安くない。深夜バスがあっても東京駅に終電もなくなった深夜に到着されても困る。




・先に結論

 山陽新幹線沿い周り、下記に示す二泊三日の計画であると新幹線の特急料金のみで24,000円となり、JR西日本どこでもきっぷ22,000円を上回り、「JR西日本どこでもきっぷ」と東京~新大阪間の組み合わせは東京からの往復割引と途中下車よりも圧倒的に安いことがわかった。




・通常ならば途中下車がお得であるが…

 下記に示すのは早く行ける電車から新幹線の駅まで戻ったりしてるが、それは周遊券だから可能で途中下車だと戻ったりすることができないため別料金で分岐点(途中下車となる駅)から分岐点へ戻らねばならず、下記の行程は実現できない。



・特急で僻地へ行くのでは得しない

 範囲が狭くなり期間が2日の「JR西日本 関西どこでもきっぷ」でも鳥取、岡山(倉敷)、奈良、白浜、新宮、鳥取、城崎温泉、米原と範囲は広いがローカル特急は所要時間がかかる。

 近畿地方で定番となる京都、奈良であると別の割引きっぷが存在する。近鉄、バスに多く頼る場所によって利用価値が薄れる。紀伊半島、パンダか地層か、紀伊勝浦や新宮も新大阪から特急で4時間半もかかるが通常で割引がないから一定の価値はあるでしょう。新大阪~新宮の往復は自由席で13,200円だからこれだけでお得。

 だが、那智の滝、熊野古道は名古屋からのほうが近くて往復+フリーウェアの周遊券が通年で販売されてる。「JR西日本 関西どこでもきっぷ」で各所を想定してみたが、ちょっとお得。この機会に値段の高い新幹線に乗りまくるのが得策。地域限定版でも新大阪から岡山までの区間が乗れる。




【お得度の参考にした旅の経路】

<1日目>
新幹線 品川 0600→0816 新大阪(別会計:JR東海)
新幹線 新大阪 0844→0920 姫路 (自由席1760円、指定席2,500円)
徒歩 姫路駅→1km 姫路城 0930-1200
新幹線 姫路 1218→1253 新倉敷 (自由席2530円、指定席3,060円) 
在来線 新倉敷 1302→1311 倉敷
徒歩 倉敷駅から1km 倉敷美観地区
在来線 倉敷 1603→1611 新倉敷
新幹線 新倉敷 1632→1706 三原(自由席1760円)
三原宿泊 ※倉敷は安価なホテルが少なく取りにくい。倉敷で確保できれば最良。

<2日目>
新幹線 三原 0621→0627 新尾道(自由席1760円)
バス 新尾道 0633→0647 芙美子像前(別会計)

徒歩 芙美子像~歩道橋~尾道市立土堂小学校の西側に沿った道~尾道貸別荘土堂の灯り尾道歴史博物館跡展望台大橋遠望台~戻って猫の足跡空猫カフェ千光寺新道~尾道市文学公園~宝土寺千光寺新道下~国道2号~千光寺山ロープウェイ 山麓駅 09:00~千光寺山ロープウェイ 山頂駅頂上展望台文学のこみち三十三観音堂~千光寺通(下り)~天寧寺三重塔の上の道~猫の細道~尾道駅

※ このルートは過去に掲載された猫目線のストリートビューの場所を参考に、熱海の坂道で培ってきた楽に歩くことを考え、上りなら階段より坂道、別の場所へ行くため上るのではなく徒歩で下ってからロープウェイに乗って上がり、別ルートを徒歩で下る。早朝にてロープウェイが運行しておらず午前9時以降だったら最初からロープウェイを使う。よって往復でしか使えない「おのみちフリーパス」は600円で、ロープウェイ1回300円、新尾道~長江口 140円とお得にならないから使えずとも問題ない。


在来線 尾道 1117→1135 岡山
新幹線 岡山 1148→1313 小倉(自由席4,170円、指定席4,910円)
在来線 小倉 1333→1349 下関(別会計:JR九州)
バス 下関駅 1400→1412 御裳川 (別会計)
徒歩 関門海峡人道
バス 関門トンネル人道口 1556→1626門司駅前 →1646 小倉駅入口(別会計)
新幹線 小倉→博多(自由席990円)
地下鉄 博多→天神(別会計)
宿泊 天神

<3日目>
地下鉄 天神→博多(別会計)
新幹線 博多 0615→0721 広島(自由席3,400円、指定席4,140円)
在来線 広島 0737→0806 宮島口
船 宮島口 0825→0835 宮島 (JR西日本宮島フェリーはJR西日本どこでもきっぷに含)
宮島
船 宮島 → 宮島口 (別会社の船に乗っても180円。ここでケチる必要なし)
在来線 宮島口 → 広島
新幹線 広島 → 新大阪(自由席4,170円、指定席4,910円)
在来線 新大阪→大阪→天王寺
あべのハルカス~難波~
新幹線 新大阪 21:24→23:45 東京 参考:最終便

※ 周遊券でない場合に新幹線の駅へ行くため逆方向を含み重複は別会計
※ バスは書かずとも周遊きっぷに含まれないため別会計
※ 上記の時刻では新尾道および尾道バスセンターは07:30からで「おのみちフリーパス」は買えない
※ 千光寺山ロープウェイ 0900-1715 の15分間隔
※ 平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線は完全な観光路線にて除外
※ 宮島 大鳥居は投稿時点で修復工事中 観光案内によるとまだ2~3年かかる


≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-04-15 Thu 19:54 | 交通::情報・考察・計画 |
JR西日本どこでもきっぷ・JR西日本 関西どこでもきっぷ(1) <販売休止中>
売るのが1年早いわ。どうせ行かない=行けないから。

 現在は関西での新型コロナウイルス変異株の陽性者が1日1000人を越えてしまったこともあり4月12日にて販売休止。でもお得なので内容を調べた。

JRおでかけネットトクトクきっぷ 【e5489専用】JR西日本 どこでもきっぷ
JR西日本どこでもきっぷ・JR西日本関西どこでもきっぷ

続きを読む ≫
 予定では「JR西日本どこでもきっぷ」は2021年4月16日から6月21日まで販売、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」は2021年4月16日から6月22日まで販売で利用期間が2021年4月27日から6月30日、利用日の1週間前までに購入の必要があった。

 値段は「JR西日本 関西どこでもきっぷ」連続2日間有効が大人10,000円、「JR西日本どこでもきっぷ」連続3日間有効は大人22,000円。特急、新幹線も乗り放題で6回まで指定席がとれる。


 これって東日本大震災前の新幹線が全線開通するまで発売されてたJR九州の「ケギ★ヤス土日乗り放題きっぷ」を土日じゃなく期間にしたJR西日本版じゃん。ならばこそ得だ。


 指定席は6回までだが自由席なら特急も乗り放題。これで割に合わない短距離も特急乗車の予定を組める。週末出張を利用して観光を仕組んでいた身からすると、ゴールデンウィークやお盆安いなど特別な期間を除き土日でも問題ない。路線によって平日のほうがガラガラってのはビジネス客より観光客で成り立ってることを意味した。


 このような割引きっぷを活用するには「ローカル線には乗らない」こと。飛行機の値段が高く、時期的に混雑でスカイメイトも効かないから学生時代に割引切符で博多どんたくへ行ったのも学生だったからだろうし当時は6時間近くでも「のぞみ」誕生から5時間を切った。問題はそれから20年も変わってないことで、その間に LCC の誕生にて東京~福岡はほとんどの人が飛行機。

 LCCがあって飛行機は安いが途中下車の旅はできない。ところが何年経っても旅行会社は往復プランしか打ち出さない。単純な立ち寄りすら無いも同然なのだ…使えねぇだろ。存在しても現地で観光バスに乗って周るような決まったコース。

 旅行会社の窓口で個別設定をしたところで事前に決めた予定通りを進むしかない。旅行会社がまとめて安価に買い取って提供しているのはわかるが、インターネット上で商売しても単純処理が楽になっただけで人間が介在しないから退化したと言える。だから自分で決めるしかない。

 私にとっての計画(プラン)とは、枝分かれした多次元構造となっており「無計画な計画」と言えるため凝り固まった計画は使い物にならない。臨機応変へ、いかに多くの手段を持っておくか。英語で言うなら プランB 程度じゃなく プランZ。

そんな用途に「JR西日本どこでもきっぷ」「JR西日本 関西どこでもきっぷ」は使いやすい。

JR西日本どこでもきっぷ・JR西日本 関西どこでもきっぷ(2) へ続く
≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-04-13 Tue 22:53 | 交通::情報・考察・計画 |