サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
<<  2021 - 02  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

誰もが思うであろう 悪代官と越後屋の関係
 無報酬だなんて会見で宣った瞬間に別口の利益と老人に特有症状の権力の維持にあると思ったが、案の定、雑誌取材によってカネの流れが暴かれている。

 例え役職自体に儲けがなかったとしても権力の座に付き続けることが奴らの脳にエンドルフィンをもたらし快楽を得るのであろう。権力こそ奴ら巨悪に快楽をもたらすから国会を養老院と間違えている駄目な奴らからは権力を奪うことが必須。

 「過去の栄光」があったか怪しいものだが、あったとしても高齢化したら過去は無価値も同然で「現在の屈辱」を知ることができれば老害なんて言われることもない。後任指名されたアイツは己の今を理解してない発言を報道に向かってやったよう衰えを自覚しない。何らか一度でも権力の座についた老人は取扱注意。

 一人一人の欲望が悪を太らせるのだから諸悪の根源である有権者とやらを叩くべきである。投票しなければ権力の座には就いてない。時代劇で定番の越後屋(仮名)なる悪徳商人の存在を忘れてはならないのだ。そいつら共々を成敗しなければ良くはならない。

 別の例では上級市民なんて言われようが、もはや老害しかもたらさず能力も消失したのに自動車を運転し、人殺しの最悪の結果も、責められればエンドルフィンが出る状況と真逆のため、どいつもこいつも自己正当化のイカレた主張を繰り返すのではなかろうか。1件や2件じゃないからね。

 じっとしてろなんて酷なことを言う気はないが、「自動車運転どころか社会を運転するんじゃねぇー糞ジジイどもめ」と大声で言わせてもらう。自己中が加速する高齢化症状は晩年「つつましく生きる」ことすら忘れさせてしまうのか。

NEWSポストセブン「無報酬」と胸張った森喜朗氏 五輪納入業者などから年6000万円献金

| emisaki | 2021-02-15 Mon 18:10 | マスメディア::新聞・雑誌系 |
ゼロリスクを求めて何が悪い みながれ週刊誌よ
コロナだけが特別じゃないが、コロナが

 私は機材に保険をかけてきたし、当然ながら自分の入院保険などもあるが、保険会社とは関係がない旅の計画において何らかの事態がおきても保護策を練ってきた。

 金の亡者の代弁者はコロナ対策の失敗をよそこ現状を見てゼロリスクなんて言う奴がおかしいとか書きやがる。私は2020年3月においてロックダウンなる言葉を知らなかったため「戒厳令を敷け」と要求した。

 金の亡者どもを守りたくてそれができぬ政府に「1兆円を守って百兆円損する」と海外から日本へ入るのを長らく止めなかったことは元より、日本の馬鹿に阿呆を押しとどめなかったのを批判し続けた。広告主たる企業に左右されてる奴らが何か言えるはずもない。

 それより最終的な損失を減らすために一気に勝負をかけるべき働きかけることもしなかった馬鹿で馬鹿で大笑いな企業経営者どもの存在も今回よくわかりました。こっちはまだ日本のキズが浅い1年前から言ってんのに、国会議員、日本を牛耳る企業の経営者どもが揃って くるくるパー ときた。

だから「マスゴミ同士」くせに批判し合ったところでどうにもならん。

 一理ある部分では、病院のひっ迫状態として「トリアージ」という用語もあるが50歳と90歳を同じ命の価値だなんて考えるのが間違ってる。本当にあったかは知らぬが「姥捨て山」があったとすると、どちらを優先して助けるかは明白である。それが同じ命だと言うならば、救助するとき女、子供が先なんてのは恐るべき差別になる。

 地方症によって痴呆症が増大してしまい「究極の自己中」となってしまった。昨今騒がれてきた自動車運転だって身を引く真っ当な人が少々いるだけで、大勢が自分はまだ大丈夫だと思ってる。どうやら人殺しの待ち行列から外れる気はないようなのだ。差別発言とか会長職に現職政治家ども「ちょっと何言ってんのかわかんないんですけどー」なるヨボヨボじじいが何人登場したことか。

日本人は引き際というものを忘れてしまって、往生際も悪くなっちまったのさ。
バカ親が量産してる生かしておく価値もないクソガキが大量にいることも忘れないように。

| emisaki | 2021-02-15 Mon 07:23 | マスメディア::新聞・雑誌系 |
神戸新聞に商店が両替手数料に悲鳴なんて書いてあった
 両替手数料はずっと前からあったことだが、手数料がとんでもなく高くなってしまった。その手数料も価値に関わりなく枚数だからで1円硬貨だとシャレにならない。

 こちら側からビックリしたことは貯金するにも硬貨が一定数を超えると手数料を取られるってことだった。それを知ってからも大量にある1円玉はどうにもならず、大きく減らしたのは500円玉貯金だった。どうやら1円でも500円でも手数料を取られる枚数は同じだったから500円玉貯金は問題なかったのだが、もーいいやって感じ。

 コロナ引き籠もりで余計に使わなくなって全く減らずカード引き落とし額が大金になった。うちにある1円玉、近隣ならあるだけ交換に応じるのに。もちろん手数料なし。地域が協力すれば済むのでは? そうか、関係性が持てない地方症で埋め尽くされたのか。

 休業補助はすべきではないが、政府が主導するキャッシュレスは全面的に支援すべきこと。微々たる利益のミルクスタンドでSuica払いができないなんて怒ったバカ教授を出さないためにもね。

| emisaki | 2021-02-02 Tue 12:14 | マスメディア::新聞・雑誌系 |
教育出版唯一の有害図書によれば
 誰かの予言でオリンピックの開催はないとか。ということは開催されそうだよ。だって結果論だけ並べ立てて、後で読み返すと、ことごとくハズレてるから。こじつけでアタリ、そしてハズレたら無視もしくは別の予言だったとか言い出すのもノストラダムスから変わってない。

 未来から過去の今に来たなんて妄想劇場があったが以後の予言は全く当たってない。さんざん気をつけろって言った頭がご不自由な連中はハズレたらそれを回避したと言う。

 日本で地震とか火山とかは予言にもならぬほど頻繁に起きる。地殻移動の活動期と言える時期になると数年ごとくらい大地震が発生。過去の研究によって関連性があるとしか言い様がない連鎖的にも起きてきたことが発表されてる。同じ移動している地殻上の地域であっても関連性がないと言い切る気象庁は意味不明。あっちがズレれれば、こっちもズレるに決まってる。

続きを読む ≫
阪神淡路大震災から現在まで拾ってみたら、
1995年1月17日 阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)  最大震度7
2000年10月6日 鳥取県西部地震  最大震度6強
2003年7月26日 宮城県北部地震  最大震度6強
2004年10月23日 新潟県中越地震  最大震度7
2007年3月25日 能登半島地震  最大震度6強
2007年7月16日 新潟県中越沖地震  最大震度6強
2008年6月14日 岩手 宮城内陸地震  最大震度6強
2011年3月11日 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)  最大震度7
2016年4月14、16日 熊本地震(前震、本震)  最大震度7
2018年9月6日 北海道胆振東部地震  最大震度7
2019年6月18日 山形県沖地震 新潟県村上市 最大震度6強

 震度6弱を含めると倍に増えるから除外した。2000年には伊豆諸島 三宅島周辺の島で震度6弱が複数回、三宅島が噴火。大地震は定期的に来るので「絶対に当たる予言」 すなわち予言ではない。

 小学生時代に再放送で見たからうろ覚えだが、西遊記で三蔵法師が太陽を消すぞと暴れる群衆を制御すべくチカラを見せつけるシーンがあったが、それは日食という科学を利用したもの。未開人にとって科学とは神がかりに見えるだけで、いつの時代も無知ほど恐ろしいものはない。
 SFドラマ、宇宙探査のスタートレックでMr.スポックが知的生命体と遭遇して人類を例えてる。彼らから見れば我々はアメーバ(原生生物)程度だと。

 科学的に危険視されてから予言したとか言い始める病人が実に多いので注意してる。いくら商売でも害ってかカルト教と変わらない。カウンセラーにもならない(自称)占い師とか非科学をマスメディアが当たり前のように扱うのが恐ろしい。テレビ番組でも扱ってきた。女性とか芸能人は信じやすい。今みたいな状況下ではカルト教や非科学の犯罪が増える。

 非科学っぽく聞こえるが、ガイア理論からすれば過去から続く疫病にしても駆逐されるべき奴らのところで発生し、個人の善し悪しの識別はなく単に害たる種を減らすべく地球自身が動いただけと考えることもできる。自然の摂理ではなかろうか。
日本はマシなほうっても日本の水準では馬鹿だらけにしか見えんがね。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-01-25 Mon 18:44 | マスメディア::新聞・雑誌系 |
リストラ報道で考えるタレントギャラ事情@デイリー新潮
「ビートたけし」リストラ報道で考えるタレントギャラ事情 一番損したのは山瀬まみか 2021.1.4

 昨年、私が取り上げた通りの結末となった。再婚相手の横暴ぶりは既に各社が伝えてきたわけだが、実に頭が悪いことも裏付けられた。もし、正確に見通せていたのなら明石家さんまのよう自ら値下げを申し出て存続を願うのが賢い方法だからな。

戦力と戦力外という決定的な違いに気づけない過去の栄光にすがってる奴らがいる。

 前に書いたように視聴者として急激かつ劇的な老化は明らかだった。話題への切り返しについても「ちょっと何言ってんのかわかんないですけどー」と言い放ってやりたいほどズレた返しをすることが増えた。からくりTVのご長寿クイズみたいな感じ。

週刊誌では費用対効果がないと配慮した言葉になってるが、もう使い物にならないのである。

続きを読む ≫
 俺たちが中学生の頃に聞いてたオールナイトニッポンの頃と比べたらヨボヨボなんだ。なぜもっと前に勇退の道を作ってやらなかったのかと思うが、何か取り憑かれてしまって自分を見失っている。

 芸人界に早すぎる引退があるならば、高値で甘やかして残しすぎた。本人が生放送で語った「ある税額」が事実なら逆算して経費を引いた申告所得は3億8千万円だった。1年でサラリーマンの生涯年収、誰だったとしてもそんな価値があるわけねーだろ。

 過渡期であったとしても、芸能人やプロスポーツなど「価値に見合わない高額報酬」が支払われるのは、競り市みたいに吊り上がってしまうから。これ、きっぱりやめたほうがいい。会社員と芸能人、業種が違うだけで価値に違いはない。大会社のほうでも誰がいたからできたかも忘れて数人で富を独占するクソ野郎問題もあるが本件から話が逸れすぎるからやめとく。

 ワイドショーなんかには経験の浅い若造、もしくは終わってる人がでてくると思うことよくある。専門家ふうのコメンテーターである。本当の専門業者なんてテレビに出ている暇はないから、時代が終わった引退組の登場となり、ジャーナリストだとすると連日各局に出てきて「いつ取材(仕事)してるんだ、お前は?」ってことになる。もはや、人づてに聞いたことから自分の事のように話しているとしか思えんテレビタレントか。あの爺さんなんて“毎朝”叩かれるために出てくる政権スポークスマンだよね。

 例えば医師が延々と外来診療なんてやってちゃ駄目だって思うのも、そんな町医者って免許取ったときの時点で時間停止してしまうからだ。常に勉強している時間も仕事で、受診する我々にとって重要なこと。テレビなんて出ている暇は無い。

 視聴者として、何を言ってるのか解らない人に出られても困るし、時代遅れを繰り返されても困る。コロナ禍での制作費削減によって制作陣がそこに気づいたのではなかろうか。

 視聴者はずっと解ってる。だって制作者たちよりテレビを見ているんだから。なのに視聴者のほうを見ないで、芸能事務所なんかの高飛車なクズどもにゴマすり続けた。鑑賞客を無視してヘタクソなのにタレントを吹き替え声優として使い続けるのも同様の間抜け。

テレビ局は、いつになったら客(視聴者)の方を見るの?

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2021-01-15 Fri 21:53 | マスメディア::新聞・雑誌系 |