サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2021 - 04  >>


2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

災害時用品の選定 段階的に進めてる(3)
 災害用途ってことから YouTube で検索を進めたら「Iwatani」という聞いたことがある文字が出てきた。イワタニ? 岩谷産業じゃん! 更にガスボンベは家庭でお馴染みのカセットコンロのスプレー缶みたいなやつ。専用のボンベではその器具で使うしかないが、カセットコンロ用のガス缶ならローリングストックの対象になる。

 YouTubeの動画では取扱説明書が出てきたが「生産国 日本」だよ。それでも使用制約がかなりあるのもガス缶が剥き出しだから。カセットコンロより放射熱の対策は大変になる。遮熱板に類するものが必要でYouTubeではアルミかステンレスの台を敷いてたが、私はキャンプじゃないからそれは持てない。災害用なら病院でやる点滴の袋みたいな水の容器を持ってるはずだから水冷も可能であろう。分離型として安全圏までの長さのガス管があればいい話なんだよな。

 投稿時点で、下記リンク先のページは旧製品。新製品は火力は2300→2000Kcal/h、更に軽量小型化されており274→186g、五徳は棒状になってる。
岩谷産業アウトドア・トーチバーナー・ガスマッチ他カセットガス ジュニアコンパクトバーナー

 2021年3月発売「お知らせ」のどこに書いてある?お知らせの意味がないと怒って新製品はどこで説明されてるのかと Iwatani の最上層ページでスクロール画像が変わるまで待ってやっと判明した。オシャレにウェブページ作ったつもりだろうが、とっとと見せろって側にとってはウザったい。
forewindsPRODUCTSマイクロキャンプストーブ FW-MS01 7,150円(税抜き価格6,500円)

 カセットガス「ノルマル」って何? ガス缶の写真が拡大できないんで仮想空間を泳いでみたら拡大写真があり normal ノーマルじゃん! 本当のところは ノーモゥ で、下手に発音すると no more に聞こえてしまうから どっちもどっちで文句は言えない。リキッドでもリクイドでもない中間って感じなのと同じだから。だが、ノルマルじゃ世間一般に意味が通じないという問題は残る。ノーマルに変えたほうが良いと言ってるのではない…日本語を使ってくれ Rock Valley Industrial Co.Ltd よ。

| emisaki | 2021-04-08 Thu 12:47 | 生活::防犯・防災 |
災害時用品の選定 段階的に進めてる(2)
 コールマン アウトランダーマイクロストーブ PZ 203535 というのが素人として社名を知っており国内品でもあったため良いかと思ったのだが、YouTubeにて複数のバーナーを比較している動画がいくつもあり、それを倍速再生で、一通り見たところガスバーナーの欠点が判明した。

・根元の材質がプラスティック
 根元の材質がプラスティックでは耐熱だったとしても金属とは比較にならない。ただし金属よりプラスティックのほうが熱伝導率は悪いはず。それなりに支柱から熱は伝わるでしょうが、長時間で使ってはならないってことか。

・五徳の上で鍋などが安定できない構造
・五徳が固定できない

 触らなければ問題ないのだが調理となると鍋は絶対的に動かすわけで問題になる。3本が120度ごとに固定できず、どうやら鍋やフライパンを動かすと五徳が一緒に動いてしまって、気づかず手を放すと鍋が倒れる危険性がある。

 今回調べたコールマンのは 5,100円 でしたが、先に調べて7,000~1万円台まであったことから5千円は安い部類に入るようだ。コロナ禍でキャンプが流行、素人に加えて不届き者が大勢いるため禁止行為や後始末をしないってテレビ報道を何度も見た。そんな奴らでも消費者のはずだが、世界的に増えてそうな感じがしてる割にコストパーフォーマンスが悪すぎるままのお値段でした。

ただし私はキャンプで使うことは無い。災害時用の備蓄用具。

| emisaki | 2021-04-08 Thu 12:42 | 生活::防犯・防災 |