サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2020 - 01  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

戦時の言論統制を利用した反日反政府作品
 軍事政権下での異常ぶりを否定する人はいないし大勢が教えられてきたであろう。それは今も尚、世界のどこかで続いている。それを伝える作品かと思いきや、過去の言論統制を利用した現代の反日プロパガンダにしか見えなかった。片側の視点からのみで作られている。

 随所にてサブリミナル効果ごとく反日活動家がした場面を印象づけるよう短時間に差し込んでいるなんぞ意図的としか思えない。なぜならサブリミナル効果と書いたように内容と大きく関わりがある映像ではなく刺激的な映像ばかり利用するマスコミのお家芸。批判に使うにしても「シーン」と呼べる長さが足りない。もし使いやすい最近の映像ばかり利用したと言うならば杜撰。

続きを読む ≫
 では、戦後に朝日新聞がした最強の嘘は何なのかと、嘘だったと謝るアクションを国内だけで世界に伝える気もない二枚舌(ダブルスタンダード)は言論統制もされてない状況下だし、嘘は表現の自由でもない。真実を通り越し貶める嘘に発展したのならジャーナリズムの名に恥じる。戦時中も戦後も、することは変わってないじゃん。する人が替わっただけでしょ。

 過去にあった確かな悪である戦時中の言論統制を利用。そこから現在までの政治の流れを追って批判しているわけじゃなく現在の安倍政権の批判としか読み取れない作品と受け取れた。


 戦争と敗戦の流れがあったからこそ今の日本がある。題材は当時の記者のことだが、後世の歴史家(またはマスメディア)とやらが批判するときは語る時代より良き時代だからこそだ。最悪と悪の選択肢しかなかったら「悪」を選ぶのは当然のこと。

 私がかねてより残念ながら政治家の選択肢は目くそ鼻くそじゃなく「大便」か「小便」、お花畑なる選択肢なしと書いてきた。うんちドリルなんて流行ったが「小便」のほうが綺麗に決まってる。歴史の話じゃなく今を語るならば「大便」を推そうとする敵と戦うのは国民の義務と言えよう。
 私は例え飢え死にしようとも社会共産主義なる邪悪な体制はお断りだからな。もし本当の日本人が変な方向に救いを求めるならば「おんぶに抱っこ」と落ちぶれたものだ。主義とみんなで支える社会保険は完全に別問題。

 この作品に限らず傾向として日本を貶める報道方針を取って何の得になるのか真面目に聞きたい。欧米諸国で金儲けの障害になる日本叩きとは違う単なる日本を潰したいだけにしか聞こえないのだ。より良くするためにどうするのかって流れが見えない状態で賞を取る内容には全く見えなかった。軍事政権下での報道の不自由を取り上げるのみであったなら真っ当な歴史作品であった。

 番組では北朝鮮のミサイル発射に対して「およそ非現実的な避難訓練」という言葉を繰り返し使ったが、暴君だけがぶくぶく太る体制が潰されるようなら暴発するわけであり、また、ミサイルが精巧な作りであるとも言い切れない。「非常時」を植え付けたのならば、お前らは頭がお花畑という「楽観」を植え付けようとしているにすぎない。周辺の “紅組” が異常行動に走っているというのに平和ボケが日本を危険にさらしているのだ。自分のしてることを棚に上げて他人に言うのは連中の遺伝子に染みついてることだからって対抗(準備)しないほうがおかしい。

 地球上の国家間における社会構造を無視し、核爆弾をちらつかせて好き勝手なことしようとする暴君に対すること、どこが批判すべき政治なのか意味がわからねぇ。暴君は北朝鮮に限らず暴君こそが地球を支配していると考えることもできる。常任理事国なんて言葉がある連中のことさ。変なふうに批判するのは “紅組” 思想だからである。

敬愛する書籍では以下のよう示される。
「恒久的な平和なんて歴史にはなかった…要するに私の希望は、たかだかこの先数十年の平和なんだ。だがそれでも、その十分の一の期間の戦乱に勝ること幾万倍だと思う。」 出典:徳間書店「銀河英雄伝説」(著)田中芳樹
極左、極右の双方こそが、たかだか数十年の平和をも脅かしているのである。発端は支配階級たる悪党どもが抱く恐怖である。

 過去が軍事政権下での異常ならば、極左メディアでの異常ぶりに気づく必要がある。そこが目立って攻撃してくるようになったから極右メディアが立ち上がるのも当然の流れであろう。どっちも狂ってるのに発信力を盾にしてデカイつらをしているのである。過去を批判するばかりか現在すら批判する資格があるとは思えません。

2019年12月8日 はい!テレビ朝日です (プログレス賞の各作品を取り上げた)
2019年12月28日 テレビ朝日 プログレス賞「言わねばならないこと ~防空演習を「嗤った」男・桐生悠々~」

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-01-02 Thu 22:31 | マスメディア::テレビ・映像 |
手賀沼の計画あっての浦安TDL当時の話を理解
2019年12月7日 テレビ東京「出没!アド街ック天国 ~我孫子~」
2019年12月31日 フジテレビ「実はカットされてました」

 生まれずっと前のことだから初めて知ったが、ネタのパクリからなのか知らないが深掘りされていたことで浦安ディズニーランドが作られるときに大人たちが語っていた意味がわかった。

 浦安ディズニーランドのほうは公式に作られると決まったわけだが「もし失敗しても住宅地にするから大損はしない」なんて話を小耳に挟んだ。幼少期なので後になってその記憶を掘り返した。

 それが単発的な話だと思っていたが、手賀沼ディズニーランドの計画倒れから住宅地に変えたって話を聞いて、浦安で語られた話に繋がった。手賀沼の件があったからの浦安でも同じ保険をかけた計画だったんだな。

 それを知ってから地図を見ると、そもそも何もなかったところだから計画的な住宅街ばかりであるが、手賀沼大橋の西側は碁盤の目のような住宅が建ち並ぶ。その北側は急に高台になってる。我孫子駅から手賀沼へと南下すると徐々に下ってゆくから気づきにくい。

手賀沼の花火大会で2度ほど行ってるが、あの平地が埋め立て地だったとは知らなかった。

| emisaki | 2020-01-02 Thu 17:32 | マスメディア::テレビ・映像 |
猛威を振るい続ける“地方症”:道交法違反喚起のコメントにまで
「チリンチリンじゃねぇよ」歩道でベルを鳴らす自転車に怒りの声、違法じゃないの? 2019.9.25

 記事には書かれてないが、歩道上で自転車に乗った人が言葉で「どけ」のように言っても歩行者往来妨害罪になる。以前に取り上げたが、昔のCM、商店街のアーケード内で自転車に乗りながら歩行者に「もっとはじっこ歩きなさいよ」が一部で問題になったようだが、自転車による違法行為がまかり通っていた時代でもあり私は幼少期なので後で聞いた。

 稚拙コメント問題はちょっと置いといて、記事の本質としては過去に自転車による違法行為がまかり通っていたのに社会問題化されず、今になって事故が多発してる原因、日本人の落ちぶれ加減について追及すべき。

続きを読む ≫
 弁護士ドットコムの記事であるのに自己中が染みついた連中のコメントが見られる。また、別件であったように文章が正しく理解できない連中もコメントにて証明される。正論のコメントもあるが少ない。

 「普通自転車歩道通行可の道路標識があるとき等~」と説明している方がいるのも読解力の低下によるもの。「警察庁長官の国会答弁で時速4-5km程度」は私も聞いており、テレビを通じても語れている。ですから都道府県や下の所轄が勝手に決めるなと書いてきた。

 「自転車乗ってる警官も平気で人を追い越してるけどねぇ? 道交法にそんな規定あったっけ?」ともあるが、警察官が違法行為を犯さないという保証はありません。現に私は警察官に何度も注意してます。お前らが違法行為をするから世間に示しが付かないと。道交法を読んでもない無知のくせにあたかも間違ってるようなコメントは恥を通り越し哀れ。「アホなこと平気で言うようになったら日本もおしまいだな」なんてよく言えるものかと。

 このように狂った概念が通る社会で育てられた結果、自分がイカレてるとも思えずに自分ルールが正しいかのように振る舞ってきたのが “地方症” の恐ろしさなのである。

 「車両」に対して「軽車両」は単なる屁理屈。自転車は車両となるという文章であり、車両とは何かがわかってれば間違ってません。ここでも読解力のなさを知ることができます。日本語が理解できない人達によって不要なコメントが埋まるというのは実に迷惑。これも便所の落書き程度の巨大ネット掲示板が影響しているでしょう。

 よくも自分勝手な主張でしかないコメントを付けられるのかと思う。本当に影響のある間違えと小学生レベルの屁理屈・難癖の区別が付かない体だけ大人が増えすぎた。コメントの年齢(年代)が正しいとすれば、稚拙な人ばかりであり、それこそ日本もおしまいでしょう。

 団塊の世代の前は戦争中で生きるのに精一杯だったろうが、その後の高度成長期とやらに明け暮れて生活環境が大きく異なるにも関わらず、子に対して正しい教育を行わなかった団塊の世代の責任なのだ。だから都会を舞台に団塊の世代の子、更に勘違いしてる孫と“地方症”同士が揉め事を繰り返してきた。

集団社会で真っ当な暮らし方も知らぬ自己中に育てられた哀れさに いつ気づくのか!?


出典:弁護士ドットコム

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-01-02 Thu 16:53 | 生活::社会問題 |