サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2020 - 10  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

宣伝の意味不明な日本語(誤訳)だが掘り下げれば日本人の恥もある
 ネットゲーム掲示板に海外エロサイト宣伝らしき投稿があったのだが、誤訳部分にて何が「角質」なのか掘り下げてみたら予想がついた。Google翻訳にて「horny」を翻訳すると「角質」と出てくるからだが、よく見ると「色魔」と書いてあるものの他所で隠語とも説明されていたが、むしろこっちのほうが通用語としか思えない。

続きを読む ≫
 Weblio出典によると「角(つの)の、角製の、角状の、性的に興奮した、好色な」の意味としており、例文にあるよう文章で説明しないと意味は通らない。過去よりいろいろ辞書にも騙されてきた経験から例文でも日本人が作った辞書の信頼性は低いと見る。では確実に単語・熟語で「角質」となる英語は何かと調べを進めると代表的には「dead skin」と出た。爪の角質は別の英語があるようだ。角質を除去する商品でhornyなる単語を使って指摘されていたのもあった。ようするに角質を語るなら使ってはいけない英語だったのだ。

 そこで下記リンクを見つけた。画像の下欄に加工が見られるため画像検索すると拡散されており、原本がどこで投稿されたのかは不明。写真の左上の張り紙の日本語を見て日本の恥さらしに残念。
HORNYCARE We don't know what it is, but we're pretty sure you want to try it.
「HORNYCARE 何なのかはわかりませんが、ぜひ試してみたいと思います」と書いてあります。

 「何なのかはわかりません」と書いているのは本質的な意味を捉えているからであり、日本で言うファッションヘルスなる馬鹿なカタカナ語と同じ意味だと捉えているから撮影して投稿されてしまったのでしょう…馬鹿にしている訳だが、その通りだ。

 形容詞でないほうの「horn」にも隠語要素は強いようだから文書化させる必要がある。日本人って、なぜ一般化してない外国語を使いたがるのか?その結果がバカ丸出しじゃ笑えもしないし、意味が正しくても通用してないのを使う連中は格好いいと勘違いしてる馬鹿でしかない。母国語もロクに使えないくせに外国語を使う恥知らずに呆れる。

 同時にわかったのだが、中国にも恐るべき英語が街中に溢れていた。ようするに本件では外国人がエロい意味でhornyを翻訳したら角質になっちゃったわけだ。日本では、元モー娘の子が「尻軽女」と英語で書かれてるTシャツを着ていたように間抜けTシャツも話題になってきたが、なぜ店頭に掲げるってのに突き詰めないのか?

どっちもどっちの世界中が馬鹿だらけじゃい。




 そのあたり外資系企業であると十分に考えており似た言葉を避ける傾向にあった。例えば某石油会社の日本支社での出来事だが、略語の中に SHT となってしまうのがあり、SHIT (糞)に近いから使わないことに決めたことがあった。だが日本企業は外に対してかなりの無神経。

 私はゲームソフトの開発に通じたこともあり、そこでは世界展開するため使ってはならない又は慎重に使う設定や言葉って警告があった。例えるなら「聖☆おにいさん」なんて漫画は海外では有り得ないどころか関係者が殺されかねないからだ。そういう思想を相手にする上では重要なこともある。

 白人至上主義団体と同じ略語を掲げていた廃品回収業者は白装束にとがった帽子も被ってない日本人であるが、アルファベットに英単語を使っている以上は日本国内だから関係ないとは言えないのである。 赤い文字で軽トラに“K**”も10年くらいは見かけないが、それは新聞発行が激減し市町村の資源回収も進み、古くからあったチリ紙交換が成り立たなくなったからでしょう。

 欧米が13を避けるよう日本も4を避けてることがあるじゃないか。なぜ突き詰めて調べないのか?所詮、日本人ってゲームに負けたくらいで憎悪を煮えくり返ってる時に使う言葉(リベンジ)を使うくらい馬鹿だからな。マスメディア(特にテレビ)が裏取りを怠るようになり堂々と日本語ですら間違え言葉を使いまくるようになってから、ますます酷くなった。まかり通ってる(通される)から使ってるが、コロナ渦(か)って日本語は何ですか?渦中ならわかるがな。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2020-09-20 Sun 20:58 | 生活::社会問題 |