サイト内の移動
最新投稿
当年度ブログの検索
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2024 - 07  >>


2024 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2023 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2022 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
分類
月別の記録
状態
現在: ゲストモード

ネコいぬワイドショー@BS朝日 また終了直前で大雨
2023年9月22日 BS朝日「ネコいぬワイドショー

 前は台風接近の大雨だったから ほとんど見えなかったが今回は終了間際だけで済んだ。途切れるギリギリ前に告知が見えて次回は2023年10月6日22時とまた放送時刻が変更になった。何やら裏番組と被りそうな時間帯になってしまったが他局の改変が解らない。

打ち切られなかったのが救いと言えよう。

 衛星放送(BSデジタル)であるがゆえの問題であるが、近年はゲリラ豪雨のよう密集した雨雲に襲われると分厚い雲で電波が防がれ急に見えなくなる確率が激増した。一般より一段階大きい直径60cmのパラボラアンテナを取り付けていても電波が全く入らないため強力なブースターも意味がなかった。

# TVerで放送後1週間のみ無料配信あり

 現在の地上波だとジャニーズ系や坂上系で動物のつもりが実は人間が主軸になってしまってる。こちらの番組も含めてだが今は動物番組ではなくペット番組しかない。TBSがやってた「どうぶつ奇想天外」、古くは学校行ってた頃に見た「わくわく動物ランド」のような番組がなくなってしまった。

| emisaki | 2023-09-23 Sat 16:47 | 大衆媒体::テレビ全般 |
新型コロナウイルスXBB対応ワクチン接種の予約が満杯
 2023年9月20日からXBB対応の新型コロナウイルス ワクチン接種が開始されたが、私のところにワクチン接種券が届くのが遅かったからかもしれず予約サイトにアクセスしたら10月中まで予約で埋め尽くされてた。

 増えてきた予約もすぐに埋まってたと思える。ワクチン接種券が届いてから動いたのが遅かったわけだが、律儀は美徳なので問題ない。むしろ「馬鹿に阿呆の舞い踊り」をやってきた集団社会を知らない連中にワクチン接種して欲しいが、そういう奴らに限ってワクチン接種をしない。

 2021、2022年と違ったのは役所が用意するワクチン接種会場がなくなって全て病院になってしまった。過去4回全てが集団接種会場だったため病院だと相当に人数が減る。婆ちゃんの付き添いでは大きめの病院へ行ったが、週の特定日だけで30分ごと十数人が1日2回だけだった。高齢者だけから全体に拡大したのに予約状況から接種体制は変わってないのだから予約満杯は当然の結果でした。

 末端の医師がテレビで語るのではなく研究者による科学番組を見ていると同じ系統で変異してもワクチンの価値がある。目的の抗体が多いのは当然だが近い系統に反応する抗体も自動的に作られるのだという。

| emisaki | 2023-09-23 Sat 16:14 | 生活::防犯・防災・防疫・犯罪など |
リップサービスなんて和製英語は放送禁止用語であるべき
 テレビでリップサービスなんて言うとは開いた口がふさがらないよ。長年と続いて誰も止めない。昨日も芸人がハートウォーミングと正しく使ったと思った矢先に和製英語を言いまくってた。

 外国と関わってる企業は後になって気づけるが最初に気づけない阿呆だらけだった。私の場合は社会に出たての若年期に外国でも販売するとき内容に関して注意しなければならない分厚い説明書を読んだのが幸いだったかもしれない。宗教的な表現も多々あったが性的表現においても多くあった。

 仕草、サインにも注意が必要だから以前から反対向きのピースをやる奴らの馬鹿ぶりを指摘したが世界には日本人以上のお馬鹿さんが多いため侮辱サインを知らない。

 サムズアップさえ多くの国で侮辱サイン。テレビ番組でトルコに行った女の子がやって激怒されてた。日本人って良しのつもりで「丸」ってやるが外国によっては ○=0 (ZERO)=お前は価値がないという侮辱サイン。外国人だから知らないなんて寛容性は無いと思ったほうがいいから日本での常識=世界の非常識は危険なんだ。

続きを読む ≫


 X の数はアダルト系えげつない度を三段階で示してる。知ってる企業ほど避けた。あちらのくせに社名を変えやがった企業もあるがお似合いだね。

 外国では名称が異なる商品、キヤノンのイオスキッス(x を使用)、トヨタ自動車のセリカ ダブルエックス(XX)などがあったが、もし特に米国なら問題だって思ったのが女性下着メーカーが名付けたキスキスキス(×××)だった。中小企業、更に個人が海外に出ると何かしでかす確率が上がる。



 リップサービスなる和製英語を連呼するんだから学がない世間知らず。リベンジが酷すぎる言葉である事も知らないで平然と使う。日本語があるのにカタカナ語を使う奴のほうが阿呆が多い。

 創業者による性加害事件で問題のジャニーズ事務所タレントの「セクシーゾーン」は中国語でも「性感帯」。結局は英語を解ってないくせにYOUはナニしに日本へ?
 過去に取り上げたが "RIP" が「引き裂く」であっても R.I.P.("rest in peace" 安からに眠れ)と墓に書かれるため名前に含めるのはアホ。ほかにも汚い言葉の発音に近いのも避けるのが普通だ。

 電子計算機業界のように日本語に無い物を扱ってると使わないと定まった日本語なく HARD DISK DRIVE を試しに「固定設置型高速回転円盤式磁気記憶装置」だと意味明瞭であるが言いにくいからカタカナ語を使ったほうが良い。

尊敬と言ったほうが早いのにわざわざリスペクトって言う奴らは脳が軽いとしか見えてない。

 政治家から経営者まで誰かを丸め込もうって奴らも使いたがるのは恥の文化を逆手に取った手口なんだ。そういうとき「訳の解らない言葉を使うな」が正しい反応。有識者がテレビは基本的に宣伝しかしないって言うように客を丸め込むために使うのさ。

 近年、誹謗中傷と批判の区別が付かない奴らによって批判するのにも自己防衛で萎縮させられてる。社会、政治、国際的など正しい批判はすべきなのに。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2023-09-23 Sat 15:27 | 大衆媒体::テレビ全般 |
求人情報(仕事探し)インディードのCM音楽があるものにそっくり疑惑
 聞こえてきたときから気にしていたのだが、テレビCMの求人情報(仕事探し)サイト広告で流れている音楽は映画 STARGATE から派生した長編テレビドラマ STARGATE SG-1 のメインタイトルにそっくりなんだ。CMが終わる直前のみが違ってる程度だけだから気持ち悪すぎる。

 似すぎても疑惑としか言えないのは違法性が問われるかは裁判であり、また使用料を払ってるかもしれないから問題提起するしかない。

 CMでの盗用を調べると海外では訴訟になった件も多々見つかるが日本では証明が難しいという作曲家の投稿がみつかった。楽天ラクマが始まった当初のCM音楽は「テレ玉くんのうた」にそっくりだったが、テレビ埼玉を見られない(見てない)人には知らない音楽で比較することすらできないし裁判沙汰も聞かない。だから本件でも私にとっては若い頃から10年間も続いた長い作品の音楽であってもわかる人がほとんどいなければ騒ぎにもならない。多くは似すぎてても似てるだけで終わらされる。

 オマージュ、インスパイア、リスペクトなど都合が良いだけの言葉はたくさんある。別件だが「セルフ オマージュ」はネタ切れの近年の流行でもあり、本国の米国人でさえ嫌気が差しているのがハリウッド映画のリメイクのリメイクでありスパイダーマンなんて短期間に何度作り直しているんだって嘆かれてた。テレビ番組でも業界用語「擦る」が擦りすぎにて嫌気が差してる。

 過去にテレビ番組にて世間で知られた音楽を繋ぎまくってピアノ演奏して4小節以内では著作権は問われないと言い放っていたが、そこは法律で明確にされておらず長い楽曲なら似る場合もあるってだけで意図的であったり、短く作って類似性が高い場合には違法性が問われる。

 結論は訴訟が起きて判決でしか明確にならない。訴訟が起きないから繰り返され、東京オリンピック エンブレムのデザイン盗用事件と事が大きくならないと騒がれない。そうなってから芋ずる式に疑惑が出て当人が認めパクリ確定となった。
 音楽ではないが世間一般の商業で意匠権侵害が多々見られるが、古くなら隠れてバレないだけだったが今では観光客のSNS投稿にてすぐ解ってしまう。意図的なパクリがある一方で、堂々と紹介することもあるから権利が生じてることに気づいてない場合もある。しかし音楽で長く微妙に違うそっくりな場合は偶然と片付けるのは苦しいでしょう。法律の上に道徳性というのが問われる。

<追記 2023年9月30日:続編でも似た調子の音楽であるが当たり障りのない目立たなくなっていた>
<追記 2023年10月7日:疑問視したCMも何か曲調を変えてきてるのが疑惑深まる>


| emisaki | 2023-09-23 Sat 13:16 | 大衆媒体::広告 宣伝 |