サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2019 - 11  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

外国語をカタカナにすると同文字異義語が増える
 選挙公約は campaign promises, election promises として知っていたから、また政治家が丸め込むため訳のわからない言葉を使ってるのだと長らく放置してた「マニフェスト」。海外テレビドラマの題名にもあるから、どちらかが英語じゃないのか?という疑問から調べると文字が違ってた。
manifest 語源:ラテン語
形容詞 明白な/はっきり表れた
動詞 (物事を)明らかにする/(兆候・幽霊などが)現われる
名詞 (船舶や航空機の)乗客名簿

manifesto 語源:イタリア語
名詞 (政党、政策)宣言、声明
とあったため、語源も似てるが文字は紛らわしいほど似てる異なる単語だった。米国でも流行で使い始めたのだろうか? 例によって言葉を音色で操る日本人は正しい意味を認識せず選挙公約と政策声明って混同するように使ってるので個人の選挙でもマニフェストなどと言う奴がいるのだろう。

 manifesto を使い始めた当時、同じを避けるためか agenda とか言い始めた奴は更にだが、これに限らず日本語を使わないほうが馬鹿に見える。それを理解したのか最近は聞かなくなってる。
いつもながら「調べないで受け入れる」のは怖い。

| emisaki | 2019-11-19 Tue 21:55 | マスメディア::テレビ・映像 |
帰れマンデー見つけ隊 湯の峰温泉→熊野本宮大社
2019年11月18日放送 テレビ朝日「帰れマンデー見つけ隊」
秘境路線バスで飲食店を探す

 本宮大社へ行くのに、なぜ湯の峰温泉の先が川湯温泉なのかと思ったら「龍神交通バス」は逆廻り。それは紀伊田辺から国道311号線で来るから「渡瀬」が分岐点になり、先に湯の峰温泉へ行き、戻って渡瀬温泉、川湯温泉で国道168号に出て本宮大社へ行く。

続きを読む ≫
 同じく紀伊田辺(白浜)から来る明光バスは分岐点となる渡瀬温泉に停車するものの湯の峰温泉へは行かず、川湯温泉は停車しない。特定の乗降場所だけで調べてると怖いのがこうした隠れ路線で、まさか温泉地を通過するとは思わない。明光バスは朝だけ白浜→熊野本宮大社→新宮があり、ほかは中辺路町「栗栖川」止まり。

 南北に抜ける路線の奈良交通と熊野交通バスしか認可してないと考えられる理由が道路にある。「湯の峰温泉」から北上してから東へ山づたい「大日越登り口」バス停まで進む道は部分的に2車線があるだけで大部分は路線バスがすれ違えないし乗用車同士すら困難な箇所がある。

 だから私が行ったとき単線電車のよう路線バスが通過待ちをしており、停車していたのがテレビ番組でも最初に止まった「将監の峯(しょうげのみね)」で新宮から行くと湯の峰温泉への入口。奈良交通が新宮 05:53→06:57 将監の峯、熊野交通が本宮大社 06:45→06:59 将監の峯となっている。

 本宮大社から15分くらいなので遅れが出るとは考えにくいが、考慮しておく場所の一つだった。ほかに遅れを経験した場所は新宮方面「湯の峰温泉」で大勢の乗車。ここで朝は乗車、午後(夕方)は下車では人数が少なくても支払いで遅れが出ると想定できる。旅館に向かうなら遅れは関係ないだろうが、電車に乗るなら遅れの想定が必要。

 そんなことを思い出しつつ、な~んにもない区間を歩かせることを避けるために龍神バスのルートが都合がよかったのだろう。この番組、あの地域にしては約9kmと短区間。テレビ番組に使えそうな場所探しに苦労しているのかもしれない。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-18 Mon 23:36 | マスメディア::テレビ・映像 |
楽しみにしていた温泉うんちくが程度低すぎ@そこんトコロ
2019年11月15日放送 テレビ東京「所さんのそこんトコロ」
温泉のプロと“うんちく”連発旅

 テレビからは多くの有益なことも聞けると思いますが、本日の場合は出鼻でくじかれた。湯畑は誰が作ったかって、それ「ブラタモリ」でやってたやつじゃん。つまんねぇー奴だなぁ。乾燥する冬場において放出される水蒸気は保湿効果があるでしょうが、そこにずっと住んでいればね。

続きを読む ≫
 調べると含まれる気体は放出されやすくなるが重たい鉱物類が水蒸気と共に舞うには微細ってことらしい。温泉に入ること自体と同じで旅行くらいで帰ってくるならば99.9…%はフラシーボ(フラセボ)効果でしょう。1~2日で帰るなら気分効果のほうが絶大。考え得る効能は「脳への作用」だ。


 化けの皮がはがれるね。「硫黄の香りで血行促進…」 あのぉ~硫黄は無臭ですけど~。よく、ゆで卵が腐った臭いなんて言うのは危険な「硫化水素」のことです。“うんちく”ならそれを語るべきで、このようにテレビ番組は堂々と間違えを雑学かのように伝えるから再検証が必須なのだ。

 硫黄にしても硫化水素にしても何が良いのか理解に苦しむ。毒としか捉えられない。それら「温泉の定義」だと1Kg中に総硫黄と呼ぶ謎の定義で1mg以上含むと温泉と名乗る可能性を得る。草津の温泉成分は強いが一般論として客が「温泉」という言葉だけで判断しているならば効果は気分。

 “うんちく”を語るんだろ。なぜ、温泉を湯船に入れるとき、滝のよう叩き付けるようにして流し込む必要がある決まりなのか? そういうの教えるのが“うんちく”番組でしょう。

この程度で “うんちく” ねぇ。 玄人? 単なる温泉信奉者にしか見えなかった。

 次の続いた事。テレビ東京だろ、「カンブリア宮殿」で草津町長が言ってたことじゃん。見てれば誰も知ってるレベルだよ。見た目をよくするための電柱の地中化に、当初は反対された湯畑近くの駐車場の撤去。

熱海に続き草津のV字回復劇ってことで複数の番組で伝えられてきた。

※2019年3月28日 テレビ東京 カンブリア宮殿 『温泉町の再生! 「草津」と「湯沢」に現れた革新の男たち』



 湯温に順応させる「かけ湯」の正しい知識は伝えられた。本日の番組とは関係ないが、草津温泉でずっとやってきた「時間湯」は非科学だらけで、健康になるためするのではなく健康な人だから拷問的なことをすることができただけ。特に私が問題視したのは頭にタオルを巻いて熱い温泉をかけて温度を上げることだった。そんな非科学ぶりに呆れて開いた口がふさがらなかった。湯畑でもっと湯温を下げるべきなのだ。

 なぜ体に悪いのに爺さん婆さんが熱い湯を好むのかは感覚器官が鈍って脳が感じないから。体としては感じているので茹でダコ状態の爺さんをよく見る。小さい頃、無理矢理に長湯という拷問を受けたこと大勢がいるかと思う。ヒートショックなんてのも、そうした温度差が引き起こす。

 なんで、あんなクソ不味いビールを旨いと言うのかってのと同じ、感覚器官の衰えを知るべきなんだ。自分が通ってきた道さえも忘れるから子に対して虐待まがいのことしてしまうんだよ。
 そのようなことから伝統という名の下に続けてきた大間違いな拷問入浴方法をやめようとしてるなら草津町長の英断だとしたい。



 きょうのテレビ番組は普通の雑学であって “うんちく” と呼べることがなく残念でした。知ってる事ばかりだったからじゃなく、一般教養をうんちくと呼べるかどうか?
 テレビ番組もだがネットニュースの見出しなんて「東スポ」化が激しすぎて困る。オオカミ少年は、そのうち誰も相手にしなくなる。

環境省 >> 温泉の定義 意外と容易く温泉になるんだよな

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-15 Fri 22:05 | マスメディア::テレビ・映像 |
カップ麺の3分@ハナタカ優越感
2019年11月14日放送 テレビ朝日「日本人の3割しか知らないことハナタカ優越感」

 インスタントラーメン専門店によると最も美味しく感じる(感情論)待ち時間が3分らしいと番組は他人の責任にしたが、俺はそれは間違ってると言いたい。1分や90秒で出来上がる商品が壊滅したのは、感情論などではなく出来上がってから食べ終わるまでの時間経過に関係している。

 1分で出来上がる商品と3分で出来上がる商品では劣化速度が大きく異なるから1分で出来上がる商品であると食べ終わる前に麺が伸びて不味くなってしまう。1分で出来上がるのは10~20秒で食べ終えろとは無理。うどんだと5分が多いが、更に置いて柔らかくして食べる方法がネット上に流れてたが一般論としては明らかにぐちゃぐちゃなうどんになり不味くなる。

 インスタント麺は時間が勝負!こんなの喰ってればわかること。レストランで雰囲気と視覚としても喰ってるんじゃあるまいし、カップ麺の感覚は味覚・嗅覚だし食欲だ。インスタントラーメン専門店の奴は妄想に取り憑かれすぎだな。

 大多数の家にはない昆布茶を持ち出す意味がわからない。素直に「味の素」を入れればよいだけの話。味の素って何?グルタミン酸だぜ 頭使えよ。一般家庭には味の素がある可能性のほうが桁違いに高く昆布茶は代用品になるってだけ。ちなみにテレビだから言えないスポンサーは付いてない。

 調べ倒して作ってる大手の販売製造の言うことは大部分で正しいのだ。待ち時間が長くなるほうがイライラするが、早く作れる技術は出来上がってても1分の商品は最後まで美味しく食べられずに商品として失敗し、丁度良いのが3分だったと販売元は説明していた。

 マルタイの棒ラーメンは茹で時間90秒、極細麺だろうとカップ麺は3分になってる。茹でる麺に比べてインスタント麺は時間経過に弱すぎるのが理由。どこに感情論の入る余地があるのか意味不明。

情報番組で本当のボケは最悪。有田とケンコバのボケ解答のほうがよっぽどマシ。

| emisaki | 2019-11-14 Thu 22:37 | マスメディア::テレビ・映像 |
今日のテレビで気持ち悪いのは名前が出ない報道
結婚発表なのに大勢が知ってるはずの嫁の名前が出ない。
引退してたからってそういう問題じゃないでしょ。ある意味「Aさん」か。
十数年前か私の知り合いは秋田まで見に行った人がいたあの人だよ。
どら焼きもらって喜んでる場合じゃないだろ。こんな謎だから
当然、検索させていただいたが、弁護士使ってマスコミ全社に対して
脅しまがいのことをしてるとの記事が本当ならば、あの会社は不気味。
どこに争点があるんだか聞きたいわ。依頼者の都合が悪いだけだろって。
テレビ局は広告主とタレント事務所に牛耳られてる構造を打破しないと
狂った制作は永遠と続く。そうか、テレビは宣伝しかしないんだったっけ。

| emisaki | 2019-11-13 Wed 20:58 | マスメディア::テレビ・映像 |
坂上&指原のつぶれない店 2019/11/10
2019年11月10日放送 TBS「坂上&指原のつぶれない店」

 夜版の「がっちりマンデー」に近いが放送しても録画する可能性が落ちたのは、通常だと「モヤモヤさまぁ~ず2」、「ナニコレ珍百景/ポツンと一軒家」の裏番組だからで、それより見る価値がないと私は判断したから。

 知ってる弁当屋が出たから見たんだが家計の遣り繰りに困るって状況じゃないと旨くはないし、もたれる年齢になったら揚げ物で一色のような品揃えは無理。北へ数百メートルの商店街に胃がもたれない品揃えの総菜屋(弁当あり)があるんだよ。

 抱き合わせ商法は芸能界に多々見られるが視聴者にとって迷惑でしかない。以前、温厚な草野仁さんが許せないほど嫌いと言ってた三又と同じ臭いがしてるのがナダルである。宮下草薙(草薙のほう)も何度も見てるが、真顔で辞めたほうがよろしいと言いたい。共通点は何も面白くないし進行の邪魔でしかないが、なぜ使うのか意味がわからない。あれをディレクターが面白いと思うなら自分を見つめ直したほうがよろしい。

 北野武がたけし軍団を作るとき、ほかでは生きていけないから拾ってると語っていたことがある。放送を見て、一般社会では確かに生きていけそうもない人達がいる。こっちはお笑い番組を好きで見るよう堅物ではないが面白くもなんともないものに愛想笑いしてあげるほど寛容ではない。

TV業界は1時間番組で済むのを不要な企画を入れて2時間以上にしてばかりだね。
早送り、倍速再生で時間短縮させていただいております。

| emisaki | 2019-11-13 Wed 20:13 | マスメディア::テレビ・映像 |
まいどなニュース 興味深い
ボール遊びも大声も禁止…「そして誰もいなくなった」 荒れ行く公園が問い掛けるもの

 という投稿があったので読んだ。ボール遊び禁止ってのは子の安全よりも先に「責任の回避」から始まったこと。表現が暴論ではあるが、誰も怪我しちゃいけない、誰も死んじゃいけないという風潮になったからで、そうなる前に親の教育に対する無知と行動の責任の放棄に原因があった。もはや邪魔なベビーカーにガキを乗せて、テメエはスマホに夢中と自己中で駄目な親ばかりだからな。

 確かに公園でボール遊びをしボールが外へ出て夢中で周囲も見えずに追いかけるのが子供の基本的行動であるが教育する人と言うよりも、教育できる人がいなくなった。危ないのは事実なんだが対処法が「臭いものに蓋をする」だけで教育を怠った。

続きを読む ≫
 ずっと指摘してきたことだが、車に注意する必要もない環境で好き勝手なことをやって育ってきた子が親となり、住宅密集地へと移り住んだところで真っ当な教育なんてできるわけがない。だから公園なんか管理する役所が責任回避で禁止にするのも当たり前だと思える。

 1億総クレーマーなんて言う奴がいますが、怪我と死ぬ事もあるのを認めていただきましょうか。 禁止されて文句、危険だけ文句の難癖と本当にすべき苦情が混同されてしまってる。親が劣化し、更に子が劣化してゆくんだから根源から修正しなければならない。年々と子への教育を放棄してきた親の無責任において人間性が劣化しつづける子では禁止にするしかなくなっている。

 自由の代償として「自己責任」ができれば一番だが自己中どもは拒否するだろ。飛び出しにおいてスピード違反もせず普通に走ってる自動車に過失割合が生じるのがおかしい。飛び出した側が損害賠償をするのが普通なのに、この世の法は不条理なのだ。逸脱した行為は弱者とは呼ばない。そうすべき事件は起きており、それは桶川のひょっこり飛び出し男である。他所で道路に足を出した頭のご不自由な方もいたが歩行者だろうと同罪で損害賠償責任を負うべき。

 さて、うちのほうの公園なんて逆に「そこはもっと親が注意すべきだろ」ってほど子供が騒いでるのが100メートルくらい離れても聞こえる。完全に「騒音子害」だが、大通りを自動車がバンバン走ってる都会は生活騒音が高いため文句を言う人はいないのだろう。

 周囲は道路だからボール遊びは禁止になってる。垣根を高くすれば良いと思うんだが、そこは周囲の目から逸れると不審者が見えなくなる件とジレンマでしょうな。

 コメントにゲートボールの事が書いてあったが、ドッチボールやバレーボールと違って玉が飛び出し、なおかつ追いかけて自動車に引かれる可能性が著しく低いと考えられる。しかしボール遊び禁止ならゲートボールも禁止だから、それも子供に対して示しが付かない。「子害」に対して「老害」と言われるだけのことはある自己中心的な行動である。

 お金のあるところでバッティングセンターやゴルフ練習場みたいに網で囲まれた場所があればボール遊びも何の問題もない。住宅地に点在する小さな公園では無理。また、東京では固定資産税逃れと思われる私設公園(私有地)が多いため役所より責任逃れは大きくなる。だいたい道路沿いに作るからだ。

 私が小学生の頃なら学校の校庭が無理なら河川敷まで行ってましたね。私の時期はボール遊びじゃなくラジコン禁止とかで誰もいないところへ行くのが当たり前で、別段文句もなくルールには従うのが当然でしたから。通称「秘密基地」も大人に潰されたの思い出した。何かを危惧したんだろうな。


公園で遊べなく向かわせた問題も “地方症” 症状の一環である。
周囲と利用者の双方で集団生活の場をわきまえていた時代なら起きなかった問題。




・希望 それを潰すのはアホな大人

「これは正解でしょ!」の声多数。算数テストの解答に「5分前行動」が話題

答えより理由が大切。多くの人が支持しているように算数の答えとして×、人間性として◎
成長過程において後天的な部分さえも潰しているのは大人だった。

 10年以上前に どこかのCMで、日本の出題は「2×3=□」でもイギリスは「□×△=6」のような感じのがあったの思い出した。日本の教育はコンピューターで事足りる人間を作る教育ばかりしてきたことで「口答えすることだけいっちょまえな高学歴の馬鹿」を作り出してきたのだ。IT長者なんかに顕著にみられるが、カネは掴んだかもしれないが尊敬どころか頭おかしいんじゃないかって思える奴ばかりだ。それでいいのか!?

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-12 Tue 12:52 | マスメディア::インターネット |