サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2019 - 04  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

番組化してCM規制逃れ加速(健康補助食品に警戒せよ)
CSを流し見してたら「何 言ってんだテメエ」って宣伝番組があったので掘り下げてみた。

 長きの不況と言われたときからか地上波にも怪しいCMは降りてきてたが、BS、そしてCSとなるほど胡散臭さは桁違い。偉そうな大学の名前を出してこようとも、その大学としての研究でもなく、検索しても名前も出てこないほど業界に名も通ってない卒業生が単に語ってるだけってことになる。特に高齢者層ほど大学名だけで凄いと思い込む人が多すぎる。それに業界の異端者がカネのために企業の宣伝に加担するなんてよくある話じゃないか。

 蔓延している特殊詐欺に対し脱法詐欺とでも呼ぶ恥ずべき商売の方法。商品は渡っており売買契約は成立してようとも、買うように仕向ける方法にとんでもない問題が含まれているのではないか。だから法に触れなくても合法ではなく脱法と呼ぶべき事案ではないかと。

続きを読む ≫
 週刊現代2017年4月29日号に「飲んでも効かないサプリ一覧」 グルコサミン / コンドロイチン / マルチビタミン / ミネラル / 鉄 / プラセンタ / ウコン / クロレラ / コラーゲン / ローヤルゼリー / ブルーベリー / ドコサヘキサエン酸 DHA / エイコサペンタエン酸 EPA / マカ / アガリクス / ポリフェノール / イチョウ葉エキス / 黒酢 というのがあった。

 意味(効能)がないのがほとんどだが、注釈付きもあるため記事を読むべきだ。要約すれば、単なる食品として使うなら構わないが思い込まされる効能はないということ。

 綺麗に見せかけるため肌に悪い塗ったくる物の販売して関連に食品会社もあった有名企業と長く仕事をしていたため研究所のデータを見ること多数あった。知っていながらも売るわけだし、客も薄々は知っていながらでもやめられない。そりゃそうだわ、顔を隠さなければ荷物も受け取れない異常者を生みだしているんだから。
 論理的思考が強い男性に比べ女性は同士の張り合いのほうが強いから間違ったことでも流行る。そうした心理を利用した商売は実に多い。企業側のやり口も知っており、有名企業から胡散臭い会社まで似たようなもので、医師、弁護士、大学教授であれば実績がなかろうとも一般人が勝手に上だと思い込む業種は利用していた。

 そんなことで個人的に知ってることがあり女性を騙すようなことだったからコラーゲンの経口摂取に意味はないと噛み付いてた。同じことは勇敢(無謀?)にも某女医がテレビで語った。それでか知らないが直後にテレビから干された感もしてるだけに、今更ながらだが客のためになることじゃなく、意味があろうとなかろうと、ただ商品を売りつけるための広告主に支配されてるのがテレビだと感じてる。

 某番組が発端か、“家電芸人”なんて呼ばれて製品のことをヨイショしかしない。断片で正しいことを言っても俯瞰して見れば、それは違うだろって言いたくなるのは宣伝マンに過ぎないから。我々に向かってどうこう言う資格がないくせに「1億総評論家」と揶揄してくるテレビ出演者側だが、インターネットによって半分社会主義の一方通行から、言えることが言える社会へと変えてくれたのです。同時に稚拙がガキが多すぎることも露呈されてよかった。

 知らずに「無駄」を掴まされるとか「踊らさせる」というのが大嫌いな私としては、上記で示されたいくつかはサプリメント(健康補助食品)で食べたところで意味はないって研究機関の話は掴んでいたが、既に雑誌で示されてたのを見ると、出るわ、出るわって、カルロス・ゴーンの疑惑かよって言いたくなるほど多かった。2017年以降にも次々と出てきてるんで全てに大いなる疑惑の目を持ってから真実を確かめたい。

 有効性が怪しいって話が世間に伝わると次々と新しいものが登場している。グルコサミンやコンドロイチンはコラーゲンで言われたことと同様で、そのまま体内に吸収されず、誰もがご存じなのにすぐ忘れる「消化」という過程を経てアミノ酸に分解されるわけで、あとは体の中でどう使われるか全くの謎なのである。

 分解されるアミノ酸が小さい単位なのにグルコサミンやコンドロイチンを膝関節(軟骨)などの原材料などとのたまってる広告があり、逆行するかのように、更に桁違いの分子量であるプロテオグリカンなどと言い始めてる。開いた口がふさがらない。だって、それが軟骨の成分だって言うなら「筋肉付けるなら筋肉を喰え」って言ってるのも同然だからさ。言うほうもだが、信じるほうも頭悪すぎだから事業が成り立ってしまう。

 軟骨成分という正しい断片を利用し、喰ったところで軟骨になるとは到底思えない事を思い込ませるのは、宗教や心霊オカルト話の騙しの手法と全く同じではないか。

 効果があるなら効果があるって言えるわけだし、記事にあるよう効能があるなら医薬品に指定できる。勝手に思い込ませるよう、ごちゃごちゃ言ってないで販売会社は歴とした科学的根拠を示せ!

 そういえば昔から「治す(効く)薬なんてない」って言われてませんか。現実は補助、手助けであって、それもままならない程度の代物しか存在してない。西洋医学だって悪い部分を切除することはできても我が身は我が身でしか治せず、SF映画で見るような傷口を塞ぐ技術なんぞいまだに存在しない。

 寿命とか肌の善し悪しとか遺伝が大きく関わっていて、その次が生活環境ではなかろうか。もし医薬品でもないサプリメントでどうにかなるのが存在したらノーベル賞級なんだから簡単に信じちゃだめでしょ。日本より前に薬漬けだったから海外のほうが気づいてるね。

 TV宣伝は客が勝手に事実誤認したんだなんて言える程度じゃなく効能があるよう思い込ませる内容。なんで、そんな宣伝が許されるのか? 番組を装って逃れさせないよう絶対に規制が必要。放送局としては死活問題ってことや法には触れてないから構わないってより、胡散臭い広告を流すようなのは胡散臭い放送局と思われてるほうが大きいところに気づくべきである。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-20 Sat 18:04 | マスメディア::広告 宣伝 |
運転免許証を取り上げるにはあと何人殺されればいいのか
第三次交通戦争  高齢者ばかりではない。若年層から能力がない人間が蔓延ってる!

 先に強く主張しておくが、たまに大きな事故を起こすからマスコミが大騒ぎする高齢者の問題より、毎日ありすぎてニュースにもならない暴走チャリから無謀運転、都会に住む田舎者は桁違いな殺人級で、そんなガキどもは自転車から自動車へ、概念を持たされず育ってきた中高年も高齢化する。現に自転車事故件数はうなぎ登り。認知症と別の意味でボケてる!

 東池袋の事故は昼のワイドショーから大騒ぎ。直後から、わからないと言いながら憶測で語るのがワイドショーですから事実に近づくまで時間がかかってる。どちらの方向から来たか真逆の事を言っており、何が正しいか不明。夕方か夜のニュースまで待つ必要がありそうだ。

東京都豊島区東池袋2丁目[地図]日出町第二公園 交差点[ストリートビュー]

続きを読む ≫
 乗用車と事業ゴミ収集車の衝突が起きたのは東京メトロ有楽町線 東池袋駅がある上の道路、道の規模が違うため丁字路に見えるが十字路だ。学生時代の友達が都電の駅の近くに住んでいたからちょくちょく行ってたし、サンシャインシティー(ワールドインポートマート)での展示会で定番の地域。再開発前は奥につけ麺で有名な大勝軒があって行列をよく見ていた。

 池袋駅側から直進してきて手前の信号で横断歩道の通行人をはね、信号無視のまま高速で直進し続けて、サンシャインシティー側から来て交差点を右折しようとしたゴミ収集車と衝突したってことらしい。その手前でも自転車の親子を跳ね飛ばしている(死亡)。乗用車の運転手は80歳代と伝えられ、衝突までのブレーキ痕なし、衝突後に回転してから滑ったタイヤ痕のみ生中継で映ってた。

私が知る限り車道が危ないと思ったことはない場所。高齢の問題と断定できる。


 再開発後は地下鉄の駅からサンシャインシティーまで地下道が通じたため地上を歩くことがなくなっていた。怖いのは自動車だけじゃなく、標識があろうが、なかろうが関係なく日本中で繰り返えされる歩道を爆走する自転車がいるところは遠回りだろうとも地下道が安全なんだ。

 再開発によって歩道が広がり通行人が少ないがゆえに自転車により歩道の爆走を可能にしてしまった。日本人ほぼ全員が自転車は歩道を走るという間違った思い込みによる道路と歩道の設計ミスは随所に目立つ。自動車が脅威であるより、弱者ぶったママチャリの通行区分違反もしくは徐行「のろのろ運転」義務違反は高齢者歩行者や子連れ歩行者の脅威となっている。

 近いように思える地下道はサンシャインシティーに達してから迷路のように内部を移動するため本来なら地上に出て公園、西友を横目にして向かったほうが早いが歩道が危ないんだから地下道のほうが安全なのだ。

 事故ではトリアージが必要になったと伝えられているが、症状ではなく被害者を優先にしなければならない。8名(加害者と同乗者の妻を含め10人死傷)でトリアージって東京の救急車の台数や病院の受け入れの恐ろしい現実を表している。付き添いの体験談だが救急なのに「お金」の問題にされた。大部屋なしで差額ベッド代を払うなら受け入れられるってことだ。病院へ搬送できずに死んだと思われる人がいた秋葉原で起きた無差別殺傷事件も思い出した。


 ワイドショーで交通事故鑑定人への電話にしていたが、推定で時速70~80キロ以上(後日再計算、追記参照のこと)は出てないと重たいゴミ収集車が回転してから横転し、乗用車も滑ったまま進む距離ではないと言っていた。例によって何の言い訳にもならないのに繰り返されるが「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」。そんなのが長く続くようでは運転免許証など持つ能力がない。不慮の事故ではなく避けられた事故。もし認知症で責任能力がないなんて事になったら怒りの矛先がない。

 もはやほぼ自動で飛べるようになった飛行機だって宇宙船だって大部分は緊急対策の訓練なのだ。なぜ日本は自動車運転で義務化されないのか!? 相当に前のことだが海外の番組で、自動車メーカーが、坂、水たまり、凍った路面での運転教習を行っていた。対処法として逆ハンドルなんかも教えていた。ブレーキとアクセルなんて絶対に間違えないように潜在意識下に植え付ける必要がある。

 上があれば下ものだが、年々と幼稚化してきただけに16、18歳という年齢が低すぎるようになってきた。運転免許証などなくても生活および仕事はできるのであり、酒、タバコと共に22歳への引き上げを検討すべき。


  高齢者運転のみならず、飲酒運転、ながら運転など故意の原因をひっくるめて
  あと何人殺されれば強制的に免許証を「生涯 取り消し」にするのか!?


 自主返納なんて待ってられない。自動車 運転免許証は強制的に年齢で取り上げろ!必要だなんて言う自己中にとやかう言う資格はない。そういう奴らが死傷者を出している。そもそも100年前には1万台そこそこしかなかった。近代に麻薬のように自動車に溺れた連中がとやかく言ってることになる。


 交通事故死亡者は減少したものの、現在その大半は誰が殺してるのか? その答えを知ってるからこそ免許を取り上げろって言ってるのだ! 過去の子たちより危機回避能力を持たなくなった子が能力を失った老人に殺されているのだよ。

 そして老人が交通事故で死ぬ原因も多くが違法横断だの自己中心的な行動によるものだ。老人に接してきた経験からわかるのが、動けなくなってるくせに恐ろしく自己中かつ短気になる。遺伝的、生活上で不必要な能力は培われてないため若年層にしても時間的予測能力が欠如している。

 しかも年齢に関わらず地方の奴らになると最初からロクに信号も守らないし、歩道橋を使わず車道を横断する。大通りだと危険だから信号を守ってるだけで車がいなければ見ててドン引きする信号無視。東京はそんな奴らが高齢化してきたんだ。恐怖しか見えない。




 ワイドショーのコメンテーターに呆れた。現実社会が見えてなさ過ぎる。「青信号だから安心して渡ってる」 はぁ? それで安全だったら事故なんて起きてない。もう誰も習ってないのか?

  青信号になったら「右見て、左見て、もう一度右を見てから横断歩道を渡る」

 幼少期の道徳の絵本の基本でしたよ。やはり、脳みそ(潜在意識レベル)で誰もいない世界で育った無能ぶり。当たり前だが無能な奴らが加害者と被害者になる確率が高い。

 私は自動車の減速を確認できないなら逃げ切れる状態でなければ青信号だろうと横断しないようにした。最低限の確認事項である。やはり本物の都会人と能力の違いを感じることが生活の一つ一つで数十万、数百万項目と言えるほど違いが見える。

  なぜ、右を見て、横断歩道の中間にさしかかったら左を見ないのか?

そうしてても不慮の事故とは起きるものだが、そうしていれば、たいがいの危機からは逃げられるのである。

 テレビ番組なんぞが田舎の人を都会へ呼び寄せて意見を聞いたりするのだが、とんでもない勘違いをしてるのが、道路が怖いと語ること。単に車両台数が多いから怖く感じるだけであって、運転という意味では地方から田舎のほうが桁違いに無謀運転なのである。それは人口、車両台数と事故数からの率が証明。本件のように加齢症状もしくは認知症の疑いじゃなくても、地方から都会へやってきた連中の運転は殺人レベルなのである。

 自動車という必要悪は止めることはできず、しかも、どんな奴が運転してるかもわからないほど免許を取ったら取り上げられることもない。例えるなら暴走族のクソガキも免許が取れて、犯罪者へは一生涯、免許を与えなくても構わないものを取り上げることもできない。そう極端な例を出さずとも、あおり運転行為で世間に広まったよう危険分子は相当数が潜んでいるので、ぼけっとして歩くなんてことはできない。

  高齢者に限らず老若男女、まともヅラして運転したり歩いたりしてる

 私は小さな頃から培ってきた能力によって命拾いしてる。減速音を感じなかったから無意識に反応し、大通りの横断歩道を小走りで半分まで渡ったら右から来た自動車は赤信号を減速せず私の後ろを通り過ぎていった。早朝だったから居眠り運転らしき信号無視だった。怒り爆発したが、走ったところで車は追いかけられない。

 路地すら平然とスピードを出して走れるような都市生活不適合者は俺が生まれる前からやってきていたのだから、どこの誰が信じられる水準に達してるとでも言うのか? 信じられる奴なんていないと思ったほうが安全だ。学習するどころが衰退の一途である。

 過去にも自転車の親子連れがトラックの側面に引き込まれて死亡と、ありがちな事故があったが、何の状況も把握せず子連れだから一方的に可哀想だなんて思わない。こっちにしれみれば当然で、毎日のように子連れの「歩道 暴走ママチャリ」を大量に見ているのですから確率としては、ほとんど同情の余地がない。そうした無法者を弱者と呼ぶな!
(※本件の場合ではなく世間一般でよく見る話として)

 だから事態が把握できないと可哀想にはならない。人間が落ちぶれすぎたから、バイクにひかれた歩行者のほうが信号無視してバイク運転手を重傷に負わせたから重罪に科された時代だ。それは真っ当な判決になったのではなく、クズどもが増えすぎたがゆえの結果。

 私は自分をロクな奴だとは考えてないが、世間の大半は自覚できる社会で育っておらず桁違いに酷いってだけ。被害者じゃなく、ほとんどの場合は自分が加害者の側に立っていることを自覚しなければならない。




 小学校の前に勝手に停止線を付けた校長が略式起訴で罰金刑を受けたが、それは違法であっても子供のためにやったことで、世の中で、車両(自転車を含む)運転で犯罪を繰り返す大量な人間に比べたら遙かにマシである。マスコミとしては真似されると困るから警察から何か言われた感じがする。事件の情報をもらう替わりだよ。

 勝手にといえば駐車禁止の標識もだが、パイロンを勝手に立ててる奴らは今でもいる。それも道路交通法違反である。明らかに本物とは別物であっても標識は標識ではないのか。さくっと調べた中では標識の定義がわからなかった。同じ大きさ、形式でなくても車両の運行を左右した時点で罪は成立するはず。

マスコミは違法は違法でも叩きどころを間違えるな。

 校長が勝手に停止線を書いたのは自動車が危険だからでも罰金刑が下ったことで「前科」がついた。これで辞めることになってしまうのだろうか。繰り返すが、自覚症状がない犯罪者のほうが推定1億人以上と桁違いに多いので、そっちをなんとかしてからにしていただきたいものだ。

 マスコミは売り上げや視聴率を気にするから、そうした潜在的悪党である世間のみなさんを敵に回せないのである。特にテレビは全てが教育を目的に免許を受けたと思うが、もはや関係ないのだろうか?





<追記 2019年4月20日:
 一つ前の信号で別の人を跳ね、自転車の親子、ゴミ収集車と接触した交差点時点で時速100キロ近くで走行。直後の段階で70~80キロと言ってた交通事故鑑定人は、一番目の信号無視で自転車を跳ねたところで時速100キロ、親子連れ自転車を跳ね飛ばした交差点で時速120キロと計算していた。防犯カメラ映像からなので誤差あり。

 運転手は87歳で日常的に運転に問題があったとされる。アクセルが戻らなかったと主張してるが車に故障は見られず挟まった物もなかったとの報道。推測するに、パニック状態に加えて高齢者の能力減退が頭と体の機能を分離したか? アクセルが戻らなかったのは当人の頭の中だけで、足を動かせなくなっていただけで故障ではなかろう。

 報道による加害者を知る人へのインタビューでは歩幅30cmも無理な状態でしか歩けなかったと。加害者は言い訳の前にすることがあるだろと思うわけで、やはり還暦以降は赤ん坊すら真っ青になる究極の自己中へ落ちることがまた証明された事件であった。年寄りに働けっても、適材適所、能力ってものはあるんだ。

飲酒のチェックもだが運転免許証を差し込んで各種チェックも車両装備に義務づけよう。
日本の技術をもって走行中に異常の感知で自動車を安全に停止させることも必須。

 まただが、報道番組は運転する高齢者のところで話をきいていたが、案の定、自覚症状がなく自信満々であった。判定で65歳くらいだったと語った高齢者がいたが、65歳で十分に能力減退しております。

 いくら江戸っ子でも頭は回っても体は無理なので、こっちのほうでは通告より前に免許返納が多かった。うちの爺さんはクソジジイだったけど何も言ってないのに自主返納してた。手下に送迎させるという暴挙には出てたけどな。

 免許センターでは一人一人を判別してられないのだから運転免許証は年齢で強制的に取り上げるしかない。そうするまで、これから多くの人が殺され続けるであろう…。


<追記 2019年4月23日
 中部あたりの番組で、例によって大学教授だか名誉教授だか知らないが、ジジイがぐたぐたぬかしている。彼のそうした症状は何年も前から始まっていたが、本人は気づけない。もうずうぶん前からテレビで語る能力がないのに、いつまでテレビに出しているのか? 本件に関しては、またもや出所不詳の事を持ち出し、被害妄想を展開していた。周囲に座ってる出演者になだめられる日々である。

 都会は交通網が発達してるからいいけど田舎はどうするんだ? そんなの関係ない。本文で示したよう100年前に田舎で車が発達してたのか?元々、交通網どころか道路整備もままらないところだったのに、自動車という一種の麻薬を手に入れてしまったがゆえの自己中にすぎない。

 若者は俊敏性があっても運転が乱暴だから事故が多いって話も、それはどこのデータなの?事故件数の資料は公表されてるが理由の詳細までは掲載されてない。行けばわかるが田舎は老若男女と関係なく恐ろしい運転してる。比較対象がないため自分を理解できないだけなのです。そのことは警察庁の事故件数データが示しており、車両台数、人口が少ないにも関わらず事故率が高いのだ。都会のよう大勢の人が歩いていない誰もいないと思い込んでしまう住宅街の路地を平然と爆走できる無神経、かつ狂気の沙汰が事故を起こす。先日に話題になった香川県の事故が多発する交差点で紹介された防犯カメラ映像を見れば、路地(裏通り)なのに信じがたい速度で走ってる。そういうことが地方では横行している。

 もし段階的対策をするならば、田舎の特定地域を私有地のような扱いにして高齢者にはその範囲でしか走行を認めないようにする。ほかにも方法があるかもしれない。将来的には自動運転でスピードが出ない乗り物でしょうが、現状の自動運転は信用できない。

 20歳代の事故が最も多いは確か。加えて田舎から都会へ出てきた奴の運転は狂気である。もろもろの理由で無謀運転する奴が多いから若年層の事故が多いが、これを人間の数で考えてしまうと真相を見失う。ペーパードライバーのゴールド免許と、長時間運転して駐車禁止でゴールド逃した人は、確率として、どっちが信用できる? 多種の環境においての運転時間が全く違うので、それを勘案して判断しなければならない。

 コメンテーターの老人は既に理解できない側に入っており、私には「自分の権利を行使するため、人を殺す可能性を高めてでも自動車を運転します」としか聞こえない。免許を自主返納するような人はまだ持ってても大丈夫な人たちで、本当に恐ろしいのは自分は大丈夫だと自動車を運転する側だ。ずっと指摘してきたが還暦過ぎたら究極の自己中へ進み、いつしか判断できなくなる。

 運転免許証の更新、1~2年、学校の受験問題みたいな、真に判断できないことじゃなく本質を突くテストをしなければ判別できないし、今日明日で認知症が急激に進まなくても、親戚中の感じからしてみれば1年あれば進行するには十分である。よって運転免許証更新時の検査では見抜けない。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-19 Fri 18:58 | マスメディア::テレビ・映像 |
遅すぎる脱丸刈りも進まず@バンキシャより
 当時から言ってたのに、まだやってるのか!時代遅れもはなはだしいってのが第一印象である。私が中学受験の頃はもっとひどくて野球部でもないのに丸刈り(スポーツ刈り)が強要されていた学校があったが、近年にそのスポーツ系のパワハラで世間を騒がせた大学の付属校である。
 こっちからお断りしたが別にロン毛で学校に通わせろって言ってるわけでもなく、時代遅れじゃなければ日本の校則ってのには一理ある。



続きを読む ≫
 学ランってやつも実に学業の邪魔をしてきて、経験としては規律とは別次元で、強制的に体を縛られているようなものだった。特に首は常に締め付けられて学業どころではなかったのを思い出す。そこに全く価値がないのは現在の学生の人間性を比較すれば明白である。

 軍隊式のような教育方法は私の学生時代より前から既に時代遅れだったのも、落伍者を多数出してきた社会を写したドラマ「3年B組 金八先生」での校内暴力で中学生が連行されるなんて内容が物語っていた。学生時代には校則にぶつぶつ言おうとも後になってみれば規律として必要だと感じるのは外国の酷い有様を知ったからである。決めなければできない稚拙化したこともあるが、あまりにも時代遅れな校則が多いのも、また事実。

 外国のほうがイカレた時代遅れが多く「自由」と「勝手」をはき違えてる。日本は外圧に弱くて、よく考えもせずブツブツ言われたら容認って政治のみならず社会全体の傾向として怖い。入れ墨で公共浴場に入れないとか言ってくるわけだが、体への「刻印」や「金属の棒」を突き刺すなど自分で家畜化であり、それをファッションと語るのは単なる未開人である。このような点でも日本においても線引きができない人間が増えすぎた。未開人の代物と言えば「ヤク」もあるがマスコミを賑わす逮捕の相棒も違法じゃないだけで人間性としては同次元だった。外国人自身がよく言うではないか、惑星日本と。「地球とは違うのだよ地球とは!」と強い言いたいところだが、現実には偉そうに言えない筋違いがあり恥ずかしい。

 外国人を客に考えようとも時代遅れな思想に合わせる必要はない。わからせることができるのは地球上に日本くらいしかない。外国人は日本を賞賛するくせに、自分たちに宗教や入れ墨など未開思想があることを認めようとしない。そして未だ欧米優位思想が残る日本は逆行するように真似を開始し腐敗している。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-14 Sun 18:34 | マスメディア::テレビ・映像 |
あつおも使われてた外国人のゆるキャラ解説動画(誤認識)
YouTube -> Double Yolk -> Why Japan has a mascot for everything [動画]

 英語はロクに話せないし聞こえもしないが、詰め込み教育の成れの果てとして文字になれば理解できる。翻訳ソフトの手助けを借りれば完璧に近づけた。そこで「なぜ日本は何でもマスコットを持ってるのか?」って動画が紹介されており、「あつお」が使われていたので見た。

 最初に自衛隊の映像を使って第二次世界大戦敗戦後の日本には戦力がない(無防備)だから可愛いマスコットが必要だった風の“大間違い”な論調が展開されている。日本にも、ぬいぐるみ系のヒット作は微々たる数で存在していたものの、かなり長い間で輸入品のほうが目立っていた。当時の日本のは真似ばかりで恥ずかしい。

 重要な突っ込みとして「ゆるキャラ」なる存在は「戦後」なんて言葉とは関係がない近代のことである。「もはや戦後ではない」なんて政治家が言ったのは私が生まれるよりずっと前でしょ。

続きを読む ≫
 どこの記事か知らないが英文の画像で日本のサンリオやらポケポンなどキャラクター市場が 1.6 Trillion = 1.6兆円 と書いてあり、くまモンを2016年で 1 billion = 10億円市場と語っているのだが、くまモン商品の売上高は2012年に293億円、2016年には1280億円、2018年は1505億円である。直接の収入はないが間接税と考えても10億円では全然足りないから、その数字は何だ?

 新聞を通じて巨額が発表された2012年に大騒ぎになり、“二匹目のどじょう”どころか、数千匹目のどじょう狙いが群がってきた。これ以前から各地に少々の「ゆるキャラ」が存在していたのだが爆発的に数を増やしたのは、くまモンの売上高を聞いて目の玉が¥マークになった強欲な連中のせいである。

 八百万の神を例にしたのはマスメディア側の人間である「ゆるキャラ」命名者の みうらじゅん氏の結果論であり、現実的に増えた理由は日本人が元から持ってた「かわいい文化」から老若男女に受け入れられた「ゆるキャラ」の価値に目を付けた特に役所が爆発的に増やした(上記の通り)。

 ここで話題にした動画の場合は日本をけなしている気はないんだろうが、外国人の場合は日本人が外国の知識を間違うより桁違いに誤認識やステレオタイプがいると思う。投稿動画チャンネル ASIANナントカや、日本人には見えない顔立ちの人が日本の代表ヅラして外国向け専門で語ってるようなチャンネルもあり、紹介するフリをしながら実は反日要素(若年用語でディスる)を強く感じるYouTubeチャンネルも多い。やはり裏にあの国。



 さて、おじさんキャラとして、「ほく部長」、「ちっちゃいおっさん」、「あつお」が紹介されていたのだが、あつおが40歳代なんて初耳である。40歳代でバーコードはげもいるかもしれないが、「おじさん」でも最初から年齢なる設定はなかった。妖精だから年齢なんてないでしょう。

 「3体は市の代表マスコット」(公的を思わせる流れ)なんて言ってるぞ。日本はほとんど役所キャラですけど、よりによってこの3体は全てが役所ではない。福山北商工会 青年部(経済団体)、民間企業(尼崎市非公認)、民間企業(熱海市の旅館ホテル組合)と企業キャラで市の代表ではない。設定などの捏造、いい加減にして欲しいわ。ちなみに、福山市と尼崎市には市のキャラクターが別いるので動画で語ってることは間違っている。

真っ当に見える動画を作り込んでおきながら情けない上っ面の知識だから間違う。



 他のマスコットの説明においても、突っ込みどころが満載であり、「勝手に決めてんじゃねーぞ、コラ」って言いたくなった。全ての面において間違っていると言う気はないが、正しい認識の上に、とんでもない勘違いを付け加えるという外国人の典型的な動画である。

 村上隆を例にして語っているのだが、彼が作ってる物を棚に上げて ゆるキャラ を馬鹿にするとは到底思えない。ならば動画はいい加減なことを言ってる疑いをかけたくなるが、このあたり私は村上隆(作品)に興味がないので話を聞いたことがなく確証も得られなかった。

 私が社会に出た頃、欧米人はマンガ、アニメは子供のものって言ってた。それで通勤時間にマンガ本(週刊誌)を読んでいる会社員を馬鹿にするかのようなニュースを見たことがある。言葉を完全には理解してないがニュースキャスター(アンカー)の表情が物語ってた。ところが今ならどうだろうか?



 欧米人は「ゆるキャラ」なんて全く理解できないんだよ。当たり前でしょうな 「カツオ人間」なんてのもいますけど、サンリオの「KIRIMIちゃん」なんて魚の切り身だぞ もはや何かの生物でもない。「オレンテくん」なんて手に顔だよ 寄生獣か!?

何にでも顔を描いたらキャラクターは世界中でのことか、それとも日本の得意技か?

 無理矢理に理解しようとして既存の概念に当てはめようとするから頓珍漢な解釈をした動画ができあがる。作るのに時間がかかってるのに日本人から見れば酷い内容だ。冗談じゃなくマジにこういう映像を作るから勘違いした奴らが増えるのだ。迷惑。


 外国人の女性には kawaii が理解されたと思うが、外国人に wabi, sabi なんて価値観がそう簡単に理解できるはずもなく説明は間違え(誤解)だらけ。だから、ゆるキャラも日本の発信能力が悪いのではなく、無理なものは無理なんだよね。ゆるキャラは国内で完結していて構わないと思ってる。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-13 Sat 21:36 | マスメディア::インターネット |
ドミナント戦略は客として迷惑
2019年4月12日 フジテレビ「Live News it!」を見て (関東ローカル時間帯)

 テレビは宣伝しかしないを物語るようにドミナント戦略による企業の利益を語っていたが、そこに客の利益は何もない。まず住吉駅を東西にローソンが並んでいること、そして豊島区池袋でファミリーマートが通りを挟んで向かい合うと。セブンイレブンは大田区と江東区が取り上げられたが集中してるのが都合良くわかるからでしょう。

 私が前に例に出した亀戸駅前を取材していたが、駅の近くなら他店がひしめき合っていても生き残れるから住宅街で取材すべきだった。セブンイレブンに取り囲まれてると、どの方向へ200~300メートル歩いてもセブンイレブンしかないってことになり、その先もまたセブンイレブンで、他店に行くのに下手すると1kmくらい離れてる場合がある。

続きを読む ≫
 集合住宅が何棟もある地域だと敷地内にコンビニ店舗があることはなく、また隣接して小中学校があると場所を食ってるため更に商店がない。地方の人ならコンビニに行く程度で自動車を使いそうな数百メートルの距離になる。

 ところが一戸建て住宅街となると、自宅を例に語ればセブンイレブンは150、250、500、600、650メートルで、最も近いファミマが650メートル同距離2軒とローソン700メートルである。だからドミナント戦略をされると飽きてくるので駅前で買ってから帰るという従来と同じ買い物スタイルになり、ならばコンビニに行く必要がないとなる。近くに必要だが多様性も必要。

 ドミナント戦略で客が増えるって言うならば、買い物難民は作ってないが独裁化によるもの。客として選択肢が奪われている点で「コンビニエンス」なんかではない。昔を振り返れば別(他社)の店舗もあったが、コンビニ企業も廃業や統廃合により閉店したことでドミナント戦略が色濃く出た。

 少子高齢化ならば今後も東京にしてもガンガン潰れてゆくでしょう。店舗が過剰にあるのだから当然のことで、東京の住宅街であっても特定の地域へ行くと、今度は店舗が必要なのに存在しない場所がある。

 反対に郊外の新興住宅地なんて行けば最初からコンビニなんて考えられてないため、大型店の出店場所が確保されてるだけだから大勢が住みながら、コンビニがあっても開発敷地外になるため最初から立地条件が良い場所に家を買ってないと悲劇。都心部と同じ密度で家が建ち並んでいるのだから人口密度も同じはずなのに、半径500メートルの店舗数は何倍も都心部のほうが多い。

 千葉ニュータウンやユーカリが丘とか言っても計画したのは昭和ですから住宅地の途中に何か予備地なんて概念がない。庭があっても区画としてビッシリ家が詰まってる。そして全国で昭和の集合住宅とかからはスーパーマーケットなど撤退の報道を聞くことがあり、当時の入植者は高齢化して買い物難民を作り出すことになった。特定の住宅地ともなればコミュニティーバスなんかも立ち入らないから自宅の場所によってはバス停まで数百メートルも歩くことになる。郊外に作ったくせに酷すぎる構造はよく見かける。ユーカリが丘は販売をずらして年齢層を変えたってことだが、商業地は駅前にまとまって住宅地は延々と住宅のみと時代遅れの構造。新興住宅地って規模が大きいほど駅前と奥地での格差が激しい。


 どこに出店しようが住んでいる場所によって善し悪しは出るわけだから、出店しても客が集まらない地方ほど各社が既に始めているデリバリーサービスが主力になってゆきそう。もちろん都心部でも高齢化の人数が多いため必要。

 そこで店舗や配達の話とは逆であるが、客のほうを動かすビジネスを考えてみた。コンビニまで行くのさえ大変と同じように、バス停まで行くのさえ大変なのであるのなら、路線バスはルートが限られているから東京でこそデマンド型の交通が必要で、住宅街まで入れるような小型車で病院や商店街へ回れるようにしたらどかと思う。いっそのこと病院に商店をくっつけてしまえばよい。

 昔に言われたギャグそのままで、本当の病人は入院してるか家から出ないかで、そこそこ動ける老人は病院に集まる。土地がある地方じゃないと病院へ路線バスは通ってないことが多い。一部の病院は独自に送迎をやってると聞いた。だから病院へいくついでに買い物も済んだら高齢者は一石二鳥ではなかろうか。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-12 Fri 21:52 | マスメディア::テレビ・映像 |
「田舎の人はいい人だ」は、もうやめてくれ
 「東京の人は冷たい」もやめろ。住み着かれたのだから文字の意味は間違ってないが真相は違う。それはお前ら都市生活不適合者の子孫だ! 同じ系統を示してるにすぎないのに、田舎はいい人で東京は冷たいって訳わからん。

 大迷惑に自覚症状がなく能力がない連中を都会に送り込んできて事故で死人が出ることが多いためテロと言っても過言ではなく、殺人的行動すら平然とするため日常的に怒らせ、それでも理解しないからエボラとまで強烈に例える事態となった。当事者はまるで自覚症状がないが恐るべき存在なのだ。

 目を塞ぎ(ながらスマホ)、耳を塞ぎ(ヘッドホンステレオで音楽を聴き)歩くような奴はマトモじゃないことすらお分かりでない。幼少期に備わった自己中かつ危険思想が変わるはずがないため移住しても形を変えて「村八分」につながる思想は続けられている。

なぜ彼らは"仲間外れ"にされたのか? 大分で起こった現代の「村八分」被害者たちは語る (関連リンク)


続きを読む ≫
 たとえば新興住宅地で「御山の大将」か「裸の王様」かのごとくボスに君臨し、楯突くと住めなくするような事件は起きてきた。大多数は表面化せず、出て行く→事実上、自分勝手な精神異常者に追い出されるという「人権侵害」によって終わる場合が多いと推察される。これ以外にも最近では奈良県で村八分が話題になったが、法的に打って出ないと報道には取り上げられない。

 生活環境により恐ろしい精神の病、能力の違い(差)についてタブー視せず、社会問題化しなければならない。言葉は通じるし、そこそこ暮らせてしまうことが気づかせないが、精神構造としては「浦島太郎」。浦島太郎が大勢現れて時代錯誤したことを多数派の理論で筋違いを押し付けて現世を狂わせている状態。現世の人間は絶滅危惧種で何が正しいか伝えられていない。いや、伝えようとしても究極の自己中たちは聞く耳持たない。

 江戸時代のように分離されていた社会では発生しなかったが、職業も居住地も自由となれば必然と発生する問題だった。ここまで読めなかった政治が悪いと言うこともできるが、自己中として一枚も二枚も上手な中国だと死人が出るほど大問題になってるのに田舎者差別だとか思ってる現実の見えない奴が怖い。差別じゃなく恐るべき能力の違いによる「区別」されるべき無能かつ無秩序さを知るべき。

 以前に取り上げたが、犬を飼ってはいけないとか言う地域(似た別件が複数あり)、「写真を撮られると魂抜かれる」と同等な未開思想と恐るべき時代遅れである。通常は半世紀くらいのズレは感じるのだが、数百年のズレもあったのだ。こっちから移民したらとんでもないことになる!

 郊外へ出るほど状況証拠が示してくれるが、「テメエん家(ち)の前は、テメエん家(ち)にあらず」なんて通用しない。自宅前も勝手に定常的に利用するし、町全体が自分たちのものだと思ってる節がある。村という単位であったとしても本当の集団生活など成り立っておらず、即座に被害者が現れないだけで、全員の身勝手が成り立っているにすぎない。その狂った思想が恐るべき人間を作り出してきたのである。

 その身勝手(自分勝手)を取り沙汰した瞬間から村八分のような流れに進み、数々の報道で騒がれたような、あおり運転なる精神異常者を生みだしてきた。ほとんどの社会問題が同じ原因を発端に起きている。

 記事にあるように多くは田舎の人間による「自分(地域)ルール」に異論を唱えたりすると村八分にされ、話し合いの場すらない。町を仕切ってる人だけの話ではなくネット上でも若年層に似た傾向が見られ「人数」で強いわけ。移民しようとも本質的に集団生活を理解しての教育がなされないからだ。本日も、電車内でガキが「ピコピコ」音を立てたおもちゃで、長々と遊んでいるわけだが、ここで示した証拠でもあるよう一言も注意しないバカ親なのだ。公共の場は自宅じゃねーんだってことがわからないのである。

彼らは、いつ、文明開化を迎えるのだろうか? 待てないので頼むから都会から引き上げてくれ。
これは「人間としてどうなんだ」って問題である!

(関連リンク  ほんの一例)
この村八分は人権侵害ーー大分県の集落でのけものにされたUターン男性を直撃! 2017/11/21
地方移住に失敗した人たちが語る、田舎暮らしの“影の部分” 2019/04/03


≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-11 Thu 19:51 | マスメディア::新聞 雑誌 紙媒体 |
iRONNAは意外と真っ当
 産経関連だから完全に右かと思っていたのだが、左な仰天の活動家と思える人も筆者として含まれる。これが反対側になると排除されるように見えてきた。新聞はわかりにくいがテレビは非常にわかりやすくて、テレビ朝日とTBSの出演者は非常にリンクしていて政治に関わってなかろうとも出演者となればフジテレビには出にくいとか傾向が明確に現れてきた。芸能人の場合は事務所の考えかもしれないが政治を語る人たちは違うだろ。

続きを読む ≫
 どちら側のメディアにしろ、自身を分析するような記事は全く信用してない。なぜなら「スタンフォード監獄実験」で役割を与えられた結果にあるように、それぞれの立場にどっぷり浸かった人は客観的に見ることなどできないからだ。以前、テレビに出演して覆面で語った有名週刊誌記者の話、私は「やつら、完全にイカレてる」と思ったからね。

 議論の場を受け付けてるところも素晴らしいが、ネット活動においてはネトウヨと呼ばれる人たちよりもパヨクと呼ばれる人たちのほうが一枚上手どころか桁違いで世界規模で反日活動をしている。頭おかしい書き込みまでを晒しておく必要があるかは運営側が決めることであるが、読者としては、もういい加減 ウザイ ってのが本音である。連中は“活動家”であることが「生きる糧」だってことはわかってます。


 世間の特に若年層だが、実に頭が悪くなった(学業のことではありません)と思ってるのも、「不謹慎狩り」なる言葉が誕生したことで事の線引きの必要性を理解できない連中ばかりになったこと。私もテレビ番組にケチをつけているが、社会的影響があることだと判断してのことであり、誤植に目くじら立てたりはしないが、誤認識は指摘する。

 不謹慎狩りのよう「重箱の隅を突く」ことに快感を覚えるような低次元な奴にはなりたくないのである。ところが真っ当な批判の上っ面だけ取って不謹慎狩りに転落した奴らが増えたがためにマスメディアも狂ってしまったのではなかろうか。

 国内で揉めるより亡国による日本の嘘だらけ記事が国を代表するような通信社で伝えられてることに言及したらどうでしょう。狂いまくってて、いちいち取り上げてる暇がないってことになりますか。新聞社は金づるのネタが減りますが何かにつけて絡んでこようと関わりたくないというのが一般庶民の本音です。大使館も更地だからちょうどよい機会ですよ。

 私は右も左も嫌いだと最初から書いてきた。支持できるかどうかは誰かと言うより筋が通ってるかどうかである。論理的に語ろうとも、左側の人たちから見たら全員が右側に見えると、ごく自然なことだからさ。政権与党に対する野党みたいなもんで、内容度外視で反射的に反対することしか能がなく、それが生きる糧。やめたら自らの存在価値がないことに気づいてしまう。この際、経済的な交流は諦めて、まとわりついてくるのを絶たないと我々の精神も病に冒されてしまう。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-10 Wed 07:01 | マスメディア::インターネット |