サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

7月27日の天候が怪しい。そして続々中止も
 昨年より長期予報が出るようになって、2019年7月27日に中部地域も「にわか雨と雷雨」の予報が出ているため確定するまで計画を棚上げ中。見るのは何度も見てきたため、なんとか「はみ出さない」写真を撮りたいと思ってるわけで、雨や雨が降りそうな雲であると見るだけでも悲劇が待っているため天気予報が高い確率で出るまで待ったをかけた。

続きを読む ≫
 過去には一宮の七夕まつりが雨天などの保険だったわけですが、人のほうが急激に変わってきてしまって狭まってきたため全体として興味がなくなってきて何年かが経過しており保険にならなくなった。私の場合は思い入れがないとロクな写真が撮れないへなちょこ。フォトコンテスト出品だからと職業カメラマンのよう物体として見ることは大変失礼でできない。

 そんな感じで雨になったときの保険がなくなった。行った場合には花火大会は桑名・岐阜・大垣と同日開催だから選べそうだが場所を確保した時点では不透明でしょう。見るだけになるなら、ゆるキャラのイベントに予算をまわしたい。無理せずに確実を狙うかな。


全国的に同様な理由で中止があるが、関東だけでも既に中止がわかってるのは、
<中止> 鶴見川サマーフェスティバル  (警備費増大につき。五輪で2020年も中止)
<中止> 江ノ島納涼花火大会  (警備費増大につき安全が確保できず中止)
<中止> ふじさわ江の島花火大会  (警備費増大につき安全が確保できず中止)
9/27計画 逗子海岸花火大会  (資金が足りず、どうなるか不明)

 2018年に逗子市が1800万円の補助金をカットして企業協賛を集めたが目標には届かない状態だった。今年は補助金が出たようだが減額され1300万円であるが警備費の増大により資金が足りず9月27日予定で延期してる。さあ、どうなるんでしょう?

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-18 Thu 12:38 | 花火::情報・計画・考察 |
花火の余裕なし申請はどうなった?
 関西方面では数年前から船でやってきて花火観覧後に定置網や生け簀を壊し逃走するまで酷い連中が多数報告されてきたが、ついに熱海にも来やがったかと思ったのが2017年7月28日、私が桑名へ向かう前日。船の安全圏への立ち入りによって開始時刻が十数分も遅れたことだった。

続きを読む ≫
 マンネリ化してるから現場対応は無理かと思いきや 凝縮 打ち上げ。熱海ではないが何度か遭遇したことがあって、原因は違っても開始時刻が遅れたり、開始したけど雨が強くなって中止にするよりかって判断なのか打ちまくり花火を何度か見た。それは見てるだけでも悲劇だから写真なんて無理。煙は消えないし花火は重なりすぎ。だからってシャッターを短くすれば光跡が点になってしまう手落ち撮影同様なダメ写真だ。

 乱発は見てるだけでも悲惨だから、だったら途中を飛ばしてしまったほうが見やすい。各地で雨天でのことを振り返ると中止になったのはゲリラ豪雨と呼べるときだけで、普通の雨なら続行、大雨になったときに急ぎだしたのは3回くらい出くわした。花火は一度濡れると使い物にならないからだが、それで中止でも有料の返金はないため可能な限り打ち上げる方針なのだと思う。業者としても火薬の処理が面倒なので打ち上げちゃったほうが楽。そんな感じでしょう。


 普通は終了時刻が遅くなるんだが、熱海の場合は後から探りを入れたところ、きっちり終了時刻が定められてるようで延長できないのだった。そこそこ風が強くても決行、雨天でも決行、それは街じゃなくホテルの都合だけで開催されてるから。

 マンネリ化って書いたように見過ぎてるから既に行く回数が激減していたが、あれから遅れても大丈夫なように申請をしてるのか、そのままなのか? そういえば今年の3月に久しぶりに写真撮りに行ったが、たまに見るほうが新鮮味があるのだが思い出すだけで実はたいして変わってないんだよね。花火は変わってくれないが街は行くたびにどこか変わるようになった。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-06 Sat 09:25 | 花火::情報・計画・考察 |
今年も計画を慎重に 桑名の花火
 鈴鹿サーキットの予定を見たら、2019年7月25~28日は『2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース』となっており、近年続いてきたように離れた場所でも影響がある。鈴鹿の近くに容易く泊まれるホテルなんてない。鈴鹿サーキットホテルはリゾートホテルだからね一人2万円程度は覚悟だし泊まりたい全員の許容度があるはずもない。過去の例から四日市や津は確実に空きがなく、桑名などころか松阪もなかった。

 7月最終土曜日開催の桑名花火ものだが、伊勢へ行こうと考えると全くホテルに空きがなったのを思い出す。反対に記憶しておきたいのが鈴鹿でレースが開催されてなければ鈴鹿周辺のホテルがガラガラだってこと。近鉄の支線の終点「平田町駅」周辺は、名古屋で1万数千円とか言われたら問い合わせる価値があるかもしれない。外部の予約サイトに登録してたら空きで安値となれば先に埋まるから駄目だろうがね。探せば別の場所にもありそうだ。

続きを読む ≫
 台風は別として雨でも関係がない鈴鹿のレースと違って、こっちは花火大会なので天候が見えてから決めてきた。それも10年前なら成立したが、外国人観光客が激増してから名古屋のホテルが高騰し、出たとこ勝負は不可能になった。とんでもない宿代を払うか、遠くまで移動するかだ。10年前でも岐阜や大垣へ逃れることがあったくらいだが、外国人観光客が増えてからは高山、白川郷など行く人がいるので高山や下呂どころか沿線都市である岐阜のホテルが高騰しちゃった。

 2018年は台風で延期からの中止となったが、通常の雨だったとしても増水によって設置ができず中止になることがわかっただけに、ホテルの確保が必要な側としては事前に決めておいて駄目ならキャンセル料が生じても取り消すか、ギリギリまで決めないで臨機応変に対処するか。10年以上も後者でやってきたが、イタリアの観光被害での騒ぎやら、日本人が京都を避けてホテルの稼働率が落ちたのを知らないのか、限界なのにまだ外国人観光客を増やそうとしてる政府からすると、臨機応変じゃなく、もったいない日帰りをマジに考えるときがきたのだろうか。

 花火撮影の知り合いの自動車に乗ったから無理だったが、混雑ルートを歩かず駅まで時速5キロ維持で歩いて特急電車に乗れば名古屋最終の新幹線に間に合うこと調査済み。ホテル確保してたから実行してないが乗れたことも体験済み。桑名の花火大会は東京から日帰りできる。もしホテルが2万円になったら東京へ帰っても同じ。たぶん電車賃1000円も出せば空いてる土地に行けると思ってるが、1000円って意外と遠くなるので差額が少ないと所用時間から高値に転ぶことがある。



 他の要因からも苦しめられることが増えた。例によって日本人のクズぶりが原因であるが、泊まる気もないのに予約すること。泊まる気もないと言うのは、どれかには泊まるのだが、複数の予約を入れて他には泊まる気がないって意味である。

 不道徳極まりなく、やる奴らは特急電車の予約なんかでも行い、普通電車の指定席なんかだと、料金≒払い戻し手数料 となるためキャンセルしない奴らが現れる。前日の販売状況として満席だったのに、当日には途中から乗ってこないにも関わらず空席が目立ってたこと複数回を実際に見たくらい。乗りたいと思った人が乗れない。

 店が潰れるとニュース番組で話題になったが、ホテルの "NO SHOW" と同じよう居酒屋やレストランにて同日に複数店に大人数の予約し、無言だろうと伝えようともだが当日に行かないという選択は実に不道徳というか損害賠償ものの事件だからね。数百円程度なら不道徳な客には捨てられ止めることはできないので、とりあえずカネは先に取るしかないでしょ。

 飛行機は病気の場合にキャンセル時に伝えておき後で診断書を出せば1ヶ月以内の別便に変更または払い戻しすることができるとのことだ。突然に熱が出て行けないなんてことあるが、それは自分の責任で相手方の責任はゼロなのだからキャンセル料は仕方がない。安いLCCは何をしても戻らないわけだから、安くても1万円は越える普通の航空券ならば一般的な診断書をもらう費用3000円は損ではない。

 病欠対応は客に権利などなく事業者側サービスの一環にすぎず無くても当然。なんだかんだ程度の低い人間が増えなければ、こんな面倒な世の中になる必要もなかった。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-05-07 Tue 23:48 | 花火::情報・計画・考察 |
郷島煙火大会 帰路の交通なし
 調べを進めたけど公共交通がなく断念はよくあることだが、調べて予定したけど行けなくなったより悔しい。路線バスはあるが当日帰るバスはない。せっかく調べたので今回は記録。

郷島煙火大会 毎年8月14日開催
打上500発 手筒50本 19:10-21:00 (過去実績)
静岡市葵区郷島 郷島スポーツ広場 静岡市葵区郷島1213-3 [地図]

帰路、バスは18時台で終了のため周辺の近いところで最も遅いバスを探した。

  [終] 麻機 22:16→22:42 静岡駅前 休日ダイヤ

 そこへは県道27号線をひたすら下り約7km、新東名高速道路をくぐった桜峠入口交差点を東へ県道74号線沿いに1km進むと住宅街に出て右手に団地を見ながら羽高三叉路の信号のところまで計8.4kmで、麻機(あさたば) しづてつバスターミナル 静岡市葵区北2丁目1[地図]

 花火21時終了、猶予1時間16分、距離8.4kmで時速8km以上をキープしなければならない。これは手ぶらで全速力じゃないと不可能。事実上は無理。更にダイヤ改正が5月で今は不透明。途中からバスをあきらめ全行程が徒歩となると約16kmになる。先週末のテレビ東京「ローカル路線バス乗り継ぎ旅Z」で使われたバスだが放送日に廃線になったのがあると タビリス に書かれていた。だから廃線までいかなくても運行縮小はよくあるので怖い。近隣に宿はなく地図上では4.4Km上流にゲストハウスがある。ようするに雑居房状態なので、そこはご遠慮させていただく。

 バスに乗れたとしても 東海道新幹線 静岡 22:24発→23:26着 東京が最終なので静岡駅周辺に宿が必要になる。ならば、最初から21時にタクシーを呼んでおけば当日に帰ることができる。宿泊費よりタクシー代が安ければよい。それほど僻地ではないので呼び出し料金のみで往復分を払えとはならないでしょう。タクシー代は概算で5,560円となった。夏なので「ムーンライトながら」の指定券を取っておけば16kmチンタラ歩くって方法もあるか。

 今のところタクシーに何千円も投じるなら別の所へ行く費用に回す考えで、花火撮影の機材が重たいため公共交通なしも断念している。頭脳労働だと歩くのも大変になり、高田橋→上溝駅(相模原納涼花火大会)4.3km、安比奈親水公園 [対岸]→南大塚駅 [西武線](小江戸川越花火大会)3.6km がすごく疲れた感じに思ったのだが、10年も違えば疲れ方も違うわけで、玉村消防署→新町駅[JR高崎線](たまむら花火大会) 5.8kmが花火大会の帰りでは一番長く歩いた記録のままだった。相模原も川越も単に単にバスの大行列が嫌だってだけだから歩かなくてもよく、川越はJRのほうが近いのに混雑電車を避け遠くまで歩いたから仕方ない。
 撮影機材が最低でも10Kgあるのがいけない。熱望してるのは小型ビデオカメラ(カムコーダー)用の高性能カウンターバランス付き軽量三脚。業務用の小型4Kカムコーダーでさえ1.5Kg程度だし、家庭用なら1Kg以下。画質は十分で問題はカメラワークだけだから。
そんなことで何かのついでで行くってときは撮影を捨てて見に行くだけも増えた。

 ほかにも見つけてるが大井川の上流で徒歩すら無理な距離、観光路線だから花火の何時間も前に電車は終わり、南アルプスあぷとライン は閑蔵を16:12が最終、路線バスはもっと前に終わる。宿泊地探しが重要。もう少し下流でも、駅から2キロで、祭り会場から最寄りの宿までも高低差のある道を3キロ、民宿状態で夏の繁忙期ともなれば空きがないだろうと調査打ち切りもよくある。

| emisaki | 2019-03-19 Tue 22:06 | 花火::情報・計画・考察 |
厳しい冬の花火 調査@新潟
【十日町 雪花火 最大30号】

新潟県十日町市珠川 [地図] 一般車両通行止め
シャトルバス 臨時駐車場および十日町駅西口発着

最終バスは越後妻有会場 20:30-21:07 十日町駅西口
十日町 21:36-21:51 六日町 21:56-22:17 越後湯沢 22:24-23:40 東京 [新幹線最終]
観覧後に北陸方面は直江津、妙高高原までは行けるが、富山、金沢へは行けない。

花火19:00~数分間、他イベント17時開場
雪花火チケット 1,500円、越後妻有 冬 共通チケット 2,000円 (昨年度データ)


<ツアー 越後湯沢~会場>
東京 06:08-上越新幹線-07:24 越後湯沢 [始発]
東京 09:52-上越新幹線-11:11 越後湯沢 [間に合う直近の電車]

2019年3月2日(土) 11:30 越後湯沢駅東口 発 → 12:30 越後十日町 小嶋屋本店(へぎそば/昼食)→ 13:30 十日町市博物館(見学)→ 14:45 越後妻有 雪花火/会場:あてま高原リゾートベルナティオ(夕食は各自)→ 21:30頃 越後湯沢駅東口 着 ツアー料金9,800円
※越後湯沢までの交通費は含まない

越後湯沢 21:40-上越新幹線-23:08 東京 [バスが遅れると危険]
越後湯沢 22:24-上越新幹線-23:40 東京 [最終]



【十日町雪まつり】  <予測。まだ2018年の情報が掲載されてる。日程と時刻表は今年>
2019年2月15日(金)18:00-21:30
2019年2月16日(土)09:00-21:30
2019年2月17日(日)09:00-15:00

雪上花火大会 土曜開催予定 20:00-20:30(実際の打ち上げ時間は短い)
大井田の郷公園(十日町駅西口から北へ2km)

十日町から六日町までは北越急行 330円。六日町から東京は乗車券3,670円(特急券別)
十日町 21:36-21:51 六日町 21:56-22:17 越後湯沢 22:24-23:40 東京 [新幹線最終]
時刻表的には帰宅可能。

ところが無理だと思うのが、スキーしないから耐寒用の衣服がないため経費が倍では済まない。

十日町市観光協会

| emisaki | 2019-02-01 Fri 19:26 | 花火::情報・計画・考察 |