サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

続・通信販売を舞台にしたインチキ高評価疑惑を斬る(2)
 前からわかってるが真っ当な評価は決まった曲線を描く。胡散臭さいのはすぐわかる。テレビ番組批評で前から言ってきたのと同じ、点や線でしか見ないから真実が見えないのであって、面を越えて空間で見ることで文字通りに次元が違って見えてくる。

 今回、絨毯のクリーナーを探していたらテレビ通販でおなじみのケルヒャーなんて大型のとは違い小型のが見つかった。高評価の中に低評価を入れる人もいるのは当然なのだが、高評価だらけの中にポツンと低評価が入ってる場合、低評価にこそ真実がある。

続きを読む ≫
 なぜなら高評価を付けている人たち多人数を調べると、前回に示したように同日または短期間に同種商品を複数購入して評価してる。点じゃなく面や空間で捉えれば商品や評価してる連中に関連性が見えてくるため、これは真っ当な評価ではないと判断するに至る。


 最近、悪党も学習してきたと書いたが、ちょい前の評価はあからさまであって、一つの商品にて最高評価を付けてる奴らを全員探ったところ、他の商品も全て最高評価しかつけない集団であることが見えた。攪乱をねらって入り乱れてはいるものの共通した複数人が浮かび上がる。そして、もはや写真付きだからって信用できなくなった。☆5なら商品を使った結果である確証は最低限に必要。

 真っ当な評価だと思う商品で同じように調べると、普通の人の評価点数は最高から最低まで様々で、一つや二つじゃなく十数商品に評価の投稿をしてる人が全て☆5個なんて奴は簡単には見つからない。


 とりあえず低評価だけを信じて、それが妥協できるかどうか。真っ当な評価の場合には自分とは関係のないところで低評価を入れる人も多いからだ。それも認められないなら買ってはいけないものだ。

 某国製だってコストパーフォーマンスが高い品はある。しかし無駄な経費をかけないため検査は切り捨てるから故障に欠品なんてざらにある。交換しないなんて誰も言ってない。

通販会社が「グル」でなければ胡散臭い評価なんてA.I.で識別できる。
なぜ、やらないのか! 売ればいいからだろ?



・正しい評価を下すには相手に近づきすぎない(注意:批評とは批判ではない。批判も含んではいる)

 胡散臭いと取り上げてきたような計画的でなくとも通販会社から認定を受ける評価人は優遇を受けることから評価を見失う。例に出してきた「スタンフォード監獄実験」の結果にあるように人は役割を与えられると従順に演じるようになるのである。

 正しい評価をするには関係を持ってはならないのだ。客目線での正論評価が目障りと感じると、正しくない売り方をしようと企んでる連中ほど取り込もうとする。この件ではないが、詳細な評価を下したいと思うほど相手に近づくことになるため、そのようなアプローチを実際に受けたこともあるが、そう感じた段階で疎遠になるよう振る舞ってきた。それは人間関係としては非常に残念なことではあるのだが、正当な批評ができない自分を許さないから。

 普通の人間として近づきすぎると悪いことを書けなくなる。それは正しくないことを意味する。評価と称して固有の商品をもらってしまっては話にならん。優秀評価を受けてる人が無料で受け取って付けてる評価を片っ端から調べてみたが、おおむね平均評価より高い点数を付けている。

 タダでもらった商品には大部分が☆5の最高で、ちょこちょこ☆4であり、☆3がたったの1つ、☆2以下は皆無、これだから信用できない。通販会社側も無料でもらってる商品の評価だと知らせてくれるところが微々たる良心か?

 私が狙いを定めた人は数千、推定無料商品も数百ありそうと恐ろしい数の評価を付けていた。全部表示させるのは容易くないためテレビ見ながらスクロールしまくったがエラーしてしまい最新の約1000件で分析を開始したが、最初に感じた疑惑とは別の形な疑惑が生まれ、評価付ける「仕事」なんじゃないかって思えるのが多すぎる読書と評価文(もはや記事)であった。

 書籍においては電子書籍版がないと、いったいいくらお金を使ってるのかと思うほど、そのひとは金持ち、速読能力の持ち主で大酒飲みの暇人ってことになる。盆暮れ正月と休みなしだ。このブログなら時間指定投稿ができるが通販会社の評価投稿にそんな機能はないからな。別に仕事をしてるとなると不可能とも思える評価投稿。それが仕事だと考えないと異常な数。もしも雇われてなくても評価は信用できない。投稿内容が買う人のためじゃなく売るためにあるとしか感じないからだ。

 テレビ出演者にいるように、ナントカ評論家って商売人になった瞬間、もはや真っ当な評価は出来ない人になっているのと同じ。信用できるのは勘違いした評価をしてない普通の客だけだ。個人的な好き嫌いで評価するのが普通ですから☆5もあれば☆1も付ける。数人しか評価ついてないのは良くても悪くても信頼性は低い。真っ当な人ができるだけ多いほうが評価の信頼性は上がる。




・私なりの通販の使い方  騙されるより、そんな品だと認識して利用してやること

 2年ほど前、当時にものすごく明るいLEDを使った懐中電灯を1580円で買ったが、充電器を接触不良で自分修理し、更にロクな性能がなく同じく接触不良なのが18650型の充電池だったので、そこはオマケだと思わないといけなかった。

 なぜならLEDが本物だと仮定すると、LEDは半導体であるのでバラツキが激しく、壊れてない点灯しても特定の性能を持たない規格外が多く、それを安く買っていたとしても部品として値段が高いのがLED。発光させる半導体回路部品は他の製品も共用したものでだいたいの値段は見えた。充電器を修理するため分解したがハンダはかなりの粗悪品だった。ほかにカネのかかる充電池をいい加減なのにするしかない。某国の意外と便利なところは部品の卸値をネットで簡単に知ることができる。販売会社が何個でいくらと業者向け通信販売してるから。

 国内扱いの同等品を5千円で買っても国産ではないのですから、国産の充電池に買い換えるだけで性能は上回った。文句つけてるだけでは何も解決しない。日本人と同一基準で考えるのが間違え。嫌なら保険だわな、間に誰か入れるしかない(高い値段で買うしかないってこと)。この話なら計3千円で済むところ1万円出せば解決するかもしれない。それでは間抜けだ。付き合うには頭の使いようってこと。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-03 Wed 21:06 | 生活::店舗・流通 |
処分品購入、画像に惑わされ@災害時持ち出し用
 災害時の緊急持ち出し用のリュックサックだからと材質が悪い安いのにしていたのだが中国製ではあるもののコンバースの処分品が出たので災害対策用にしようとポチっとしてしまった。

 ここでミスを犯す。写真は鮮やかなオレンジ色でハイキングに行っても撃たれなくてイイし、災害時に目立つ色と思ったのだが、届いた品がどう見ても暗い赤色。


続きを読む ≫
 品名をよ~くみたら 「コンバース キルティング デイパック リュック レッド C1752013」 と羅列の中に「レッド」とあって見落とした。写真がオレンジだからって、これは俺の失態で「なぁ~にぃ~、やっちまったな」と。以前にSNSで晒されたピンクは女の子の色って凝り固まってる時代遅れの女教師に言わせれば「男は黙って青」って言われそうだ。

 品名の長いカタカナと色が紛らわしいことは確かで漢字で「赤」って書いてあったら見落とさなかったし、日常で使うためじゃないから安ければ良いと思ったのもある。食料品から雑貨と細々と30点くらい買った中の1つだったのも見落とすことに。 救いは処分品だから定価らしき8,424円じゃなく2,580円だったことだ。そのくらいだと神田神保町(御茶ノ水)のスポーツ店街での特売と同じ感覚になる。まあ、緊急用だからいいか。

 こっちを緊急持ちだし用にするにしても、10年くらい前に存在した1000円ショップで買ったのに比べて小物ポケットがなさすぎるし定価なりの品質は疑問。1000円ショップ品より定価が違いすぎるから耐久性は格段に良くて当然だがスポーツ店で買った同等価格の処分品よりか弱そう。それは品名が示しており、Climing じゃなく デイパック Daypack と書かれている。まあ、これで安物とおさらばできる。緊急用だってのに重たくて破けたりしたら意味がないですから。

 中敷きや、中で区分けがないのはカメラバッグで使わなくなったマジックテープで仕切りの大きさを変えられるのを利用しようと思うが、購入時点の価格としてはそっちのほうが高いな。欲を言えば、緊急持ちだし用なら高い山へ行くくらいの大きさが必要なのだが、事態によってはそんなの背負って逃げられるわけがない。災害によって変えろって?サンダーバード2号か!?

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-06-28 Fri 12:55 | 生活::店舗・流通 |
続・通信販売を舞台にしたインチキ高評価疑惑を斬る
 自分が使わないものの精通してる商品を調べることになったのだが、「あんた、どこの会社?」って思うところの高評価を見て疑問に思った。そこで評価した奴ら全員をしらみつぶしに調べたら、案の定、共通点のある実体が見えない連中がほぼ全員であった。調べ方さえわかってれば50件(人)調べるのに15分もあれば十分だ。

この問題がなぜ重要か、国内外の反社会勢力のフロント企業である可能性もあるからだ。

続きを読む ≫
 前から変わってないが、「評価付けてる人が短期間に同種の製品を複数購入してる」、「固有商品に対し製品評価が短期間(一ヶ月弱)だけで数十が集中して終息する」、「同じ販売会社の同種製品に同じ複数のレビューが重なる」など大部分の胡散臭い共通点は普通じゃない。

 評価をつけてた人から適当に拾って見ると短期間にヘッドホン5個、掃除機3台、ドライブレコーダー3台、電動ドライバー2台などなど。有り得ないとは言えないが、普通では有り得ない買い方。しかも、そういう人ばかりが見つかる。星5つ評価を入れてて別の品を買い直す必要がないのに異様。日用消耗品じゃねーんだよ 数日から一ヶ月で買い直す品ではないし、良かったから買い足すって品でもない。

購入者: 「いままで使ってた掃除機が壊れたので買いました」
え?1ヶ月前に買いましたよね。亡(某)国製だから壊れるにしても無償交換か修理してくれるよね?

 こんな有様なんだよ。高評価だらけは信じるなの印。亡国製品を販売の方々、悪党のくせにバカですね。バレバレでさ、オレオレ詐欺なんて悪魔に比べたらよっぽど可愛く見えてきたよ。明らかに違いが見えるのは、面と向かって言えない日本人もネットだと良い悪いが明確に書かれているのだが、問題の連中のレビューって抽象的で何にでも使えそうな単文しか書いてない。ちょっとだけ変えてくるコピー&ペースト処理って感じだ。

 この流れから読み取れたのは、こんな酷いレビューであるのに客は総合評価のみで判断して嘘くさい評価を調べないで買う奴が多いってこと。だから内容ではなく評価点数を高めることを狙うのだろう。

 それで売るために先に高評価を入れさせてると考えられるが、釣られて買った人により後から低評価が付き出した商品を記録していたら、いつしか消えて別の所から出品されてる。また反対に低評価が付くと突然に短期間において高評価が続出してる商品も多数見かけた。
 以前にそういう商品を調べたとき会社名は違うが所在地が同じ住所だったり近くだったりした。これが違法じゃなければどうしろって言うんですかね。こんなの野放しにして企業コンプライアンス(道徳・倫理)としては完全にアウトでしょ。
(コンプライアンス △:法令遵守 / ○:法令遵守+社会通念上の道徳)

 こうした限りなく黒に近い疑惑も、若年層と女性向け商品に見られるのは、経験と思考の違いにあると思われ男性は論理的思考だからでしょう。大雑把に騙しやすい傾向として女性は美容、男性はエロって例えたことがあるように一般の通販店だと女性のほうが騙しやすく、犯罪にもならないってことだろう。今回、私が追っていたのは女性向け化粧品の評価だ。なぜなら過去に仕事で知識があるから。

 男性が多いカメラ、ビデオ、コンピューターなんかにニセ評価が付いていたら大勢が「何バカなこと書いてんだボケ」ってなるだけで無駄なのだ。若年層や女性の評価は個人の好きか嫌いかで点数付けしている傾向が高いが、男性の場合た何が良くて何が悪いか具体的に書き、評価も個人よりも総合的に付けてる傾向が見えている。そういう評価傾向から女性向けだと良い商品にも☆1つが付いてるのが見られるが、男性向けで☆1つだったら絶対買っちゃいけない物って思う。ですから評価点数は品質なのか好みなのがは明確にしないといけない。


 通信販売会社は利用者から出店者の情報を隠し始めたに加えて、販売店とグルであろう評価人は悪質なのでバレそうになると対策を仕掛けてくる。評価するために存在させてるから短期的にアカウントが変わるし、評価5だけじゃなく4も混ぜてくるよう学習したようだ。希に写真だけは付けてる奴もいるが、やってることは全く同じ。プロフィールが無いに等しい連中ばかりであり、共有レビューを非公開にしているため数十件のレビューをしていても全体像を掴ませにくいようにした。

 何年間かに渡ってアカウントが存在し、一般的な買い方で評価している人以外は除外すべき。いまのところだが、競合製品を買ってまで悪評を付けて蹴落とす犯罪行為は見当たらない。自社の商品を高評価にしてる「疑惑」だけである。

 しかしながら疑惑が真っ黒に近いって言うのも同じ販売会社の異なる同種製品を探れば同じ奴が評価を付けることがわかる。そうしてパズルを完成させれば考えられない事態が浮かび上がってくる。売ればよいジャングル(仮名)の管理体制には阿呆ヅラしか浮かばないが、客を馬鹿にするのもいい加減にしろ!

ジャングル(仮名)や転落(仮名)なんぞにしか出店社名が見つからないのは信用しないぞ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-06-25 Tue 18:04 | 生活::店舗・流通 |
コンビニ見切り販売 ローソンが実証実験…遅すぎる
もう何年も前から見切り品を「半額」で買ってますけど・・・(それだけ狙ってるわけじゃない)
売れ残りだから当たり外れで試し買いに便利なんだよな。
この期に及んで定価販売の5%ポイントなんて、ぬかしているコンビニもあるようだがな。

続きを読む ≫
 昔から危険なスーパーマーケットなら加工に転用を何度か繰り返してそうだが、真っ当なスーパーなら売り切るのが当たり前でしたよね。10%、20%、半額シールが貼られるなんて大勢が知ってること。店によっては「もってけドロボー」的な値段になることもある。割引いても売り切る店のほうが信用できる。

 だからさ、鮮度に厳しいはずがスーパーのカットフルーツはヤバイね。まるごと販売、売れないと大物は半切り販売、それでも売れないと各種フルーツの加工品として販売するが、最終形がもっとも鮮度が悪いこと見え見えである。加工品は全てその可能性をはらんでいる。この点はコンビニだと最初からすぐ食べられる形で販売するので鮮度は良いが値段がすごく高い。在日の外国人がコンビニは旨いものも多いが、サラダなんて絶対買わないって言ってた。そのものが八百屋で何個も買える値段で切るだけじゃんって。ごもっとも。

 前から文句をつけてるが、本部の小間使いで商売の下手くそな店主は廃棄を恐れるあまりに商品を充実させず客を失うという間抜けなことをやってる。だから見切り販売をやってる店舗のほうが商品が充実してるし、客の動向を掴んだ商品選びをしている。フランチャイズはピンキリかもしれんが、直営店のほうが阿呆ではないかと思ってる。客として使い物になるかどうかが評価点。

 フランチャイズ店主どころか消費者の心をまるで掴んでないって意味で、過去の締め付けや訴訟から理解してないのが本部であり、「客の評価が高い=総合的に売り上げが多い=本部も潤う」の図式が見えないとは、いまどきの頭でっかちしかいない連中だということだな。ブランドイメージね、お前らの考え方が本末転倒だったんだよ。

 ゲーム業界で例えるならばクソゲーを防ぐあまりに門を閉ざしてしまったって感じだな。地域によっては本部から卸す商品じゃないのを売ったって良いと思うわけだ。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-06-11 Tue 18:11 | 生活::店舗・流通 |
通販でティッシュペーパーまで
 薬局で買うというお決まりの流れをついに崩した。一般的なメーカー品ですら鼻水だの花粉症だので使うと皮膚に刺激があるってのにゴワゴワ感の強い安物は買えない。だからって極上品なんて値段が高すぎて買えない。

続きを読む ≫
 普通の5箱がチェーン店のドラッグストアで特売もなく298円(税込322円)と続いていたため待ちきれずに通信販売で買ってしまった。トイレットペーパーと同様に流通コストから避けていたものだが、まとめ買いで計算上で安くなった。そうじゃなくとも安売りを狙って駅前から数百メートル持って帰ってくることを考えたら少し高めでも問題ない。

クリネックスティシュー (2枚重ね180組×5箱)を2つで596円

 価格COMでLOHACO 544円(そのうち送料216円)と記載されているが、2つ買うと1つが298円になる。そして「まとめ買い」をやってると数によって対象品が5%, 10%, 15%引きとなる。この10%引きに相当したため今回の536円(1箱あたり53.6円)となった。買い物全体で3240円以上で送料も無料。

 他の商品も全体的に相場から損がないものを選択している。何がなんでも底値を狙って実は無駄してるような奴の真似はしない。一つの商品が少し高めでも総合的に損をしなければ問題ない。総合的ってのには通信販売で商品を探す時間と現実に店に行く時間や労力まで計算に入れる。

 これは小さい商店の寄せ集めでしかない楽天市場なんぞでは不可能。同じ商店なのに次々と送料が加わることばかりだ。だから地域の特産物ならまだしも日用品で楽天市場にメリットを感じたことは一度もない。ZOZOがそっぽ向かれ始めたように事実上のピンハネ業には限界があるのである。ホテル予約で批判したようにサービス業は集まってる必要は全くなく、物を売ってる商売は商品が集まっていたほうが流通での利点が大きい。当たり前のことでした。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-14 Sun 17:01 | 生活::店舗・流通 |
アスクル詰め込み配送、アマゾン別けがち配送
 アマゾンが別けて配送してくるのは行徳(市川)、川越、大阪などからも届いてるよう倉庫が多数あり置いてある物が違うからだと経験則。アスクルまたはロハコ(今回は家庭用なのでロハコ)は出荷元は不明だがクロネコの記録で埼玉県になってる。埼玉県三芳町の倉庫は2017年6月の火災から2018年8月のGoogleストリートビューで更地となり囲いがされ基礎工事中になってる。クロネコの事業所がその近くだから今でもその近くらしい。

 送料と値段を勘案して別々の商品により通信販売で買っているが、同じクロネコだったから1度に届いてしまってウサギ小屋のはずが犬小屋の狭さ。4月から値上がるって商品を箱買いしたのが原因だが、ロハコが重たい物を巨大な箱に同梱して送っているので運ぶのが一苦労。500ml24本の箱を2つ束ねて送ってきた業者のようだが、大きさと距離で後は30Kg未満なら同じ料金だからですよ。

 水換算した飲料水の内容量だけで23Kgでした。250mlのアルミ缶60とPETボトル12本、ほか軽い商品。少しくらいのへこみはいいよ、問題は持ち運び。入口で開封すべきでした。

箱の大きさは縦横高さの合計140cmサイズの薄い段ボールで材質が弱いため内部荷崩れが発生。

 中身の三ツ矢サイダーの箱が破損(30缶入りが2箱)、レトルトカレーの箱が潰れ、値上げって言われてたカップ焼きそばは軽いけど四角く詰まっていたから特に問題なかった。PETボトル飲料がそのまま入っていたのが中で一番重たい缶ジュースの箱が動いた理由かと思う。別枠で送ってきたスポーツドリンクの箱に三ツ矢サイダーの箱を合体させれば安全だったと思う。もしくは、中身の箱が別れていたり、PETボトル飲料がバラバラに入ってるのを束ねてあれば重すぎて箱が変形することもなかったでしょう。

 贈答品指定でもないのに輸送のためにある外箱にごちゃごちゃ言うおかしな客がいるのが悪い。段ボールなんて輸送用の箱なんだからガムテープで束ねりゃいいんだよ。そんなことだから日本の商品は過剰包装だって外国人に責められる。そういうのは几帳面とは違うよ。

賞味期限記録(一部)  発注日 2019年3月初旬
・アクエリアス(スポーツドリンク) 2019年9月30日 (通常)
・??屋カレー(レトルトカレー) 2021年1月18日 (通常)
・三ツ矢サイダー 2019年12月 (通常、ただしアサヒ飲料キャンペーン中)
・十六茶 2019年9月  (通常、ただしアサヒ飲料キャンペーン中)
・カップ焼きそばUFO 2019年7月24日 (※日清10%引きの品)
・どん兵衛 2019年5月5日と2019年5月28日 (※特価品)


| emisaki | 2019-03-10 Sun 19:39 | 生活::店舗・流通 |
楽天市場よりアスクル(ロハコ)のほうが安かった
 楽天市場へ出店してる飲料水販売店で期限が迫った激安かと思ってお試しで買ってみたわけだが、そこもクーポンとか発行しているわけだが送料が通常のため重くのしかかってくる。アスクル(ロハコ)の場合は3240円以上なら送料無料で、商品のほうも束ねると割引になるため少量でない場合は別に期限切れを狙う必要もなく安かった。

続きを読む ≫
 東京のドラッグストアーって500ml清涼飲料水が106~108円なんだけど名古屋とか大阪に行くと98円。amazonだと、どっかの問屋から直送らしく品代+350円かかると1ケース24本で1本あたり108円と同じになったが、ロハコだと単価が炭酸飲料が1本あたり95円(1ケース2280円)でスポーツドリンクが1本あたり78.75円(1ケース2100円10% OFF 1890円:amazonでは2395円)となり入荷待ちして電子メール連絡にて買ったため古くないはず。PETボトル入りの炭酸飲料は鮮度が命なので欠品しても良いから下手に在庫しないで欲しいからね。

 1月、カクヤスの期間限定特価でコカコーラ250mlが1本約36円(昔ながらの酒屋さん方式で地域店からの配送は無料)、味園サポート楽天市場で250ml缶ジュース(三ツ矢サイダー)賞味期限切れ間近が38円だったが、3ケースまでまとめ買いしても送料760円で1本あたり12円かかり実質50円。ロハコでの場合は通常品の250ml缶の三ツ矢サイダーの単価は45円だったが、今回は指定飲料が10%引き、買い物の全体へクーポン券適用にて更に安く実質40円。

 もちろん容量あたりの価格で考えれば1.5リットルなら150~200円で、250mlが40円なら1,5L分は240円(45円でも270円)と割高に見えるが、飲み干す前に炭酸飲料が砂糖水に変わることを考えたら250mlごとの新鮮さがあり、プラスティックボトル500mlサイズを買うよりは安い。

 お茶なら1.5~2Lで良いが炭酸飲料は開封すれば急激に抜けるという致命的な事があるため量が少ないほうがよく、また、プラスティックボトルより缶のほうが良い。同じものにリサイクルできないプラスティックより、アルミ缶のリサイクル率を調べると異様な高さなので、あまり値段が高くならないのかもしれない。

 スーパーマーケットやドラッグストアと似たような値段だったり、あまり安くないと言ってもそこらで買えない品だけ買ってもそれなりの値段にはなるものだった。送料無料になる金額が上がったが、世間では、そんなにチマチマと非効率な買い方をしているんだろうか?

試しに特価品を箱買いしてみた 2019-01-23 Wed
試しに特価品を箱買いしてみた(結果) 2019-01-25 Fri

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-03-09 Sat 16:30 | 生活::店舗・流通 |