サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

TOKYO SUPPORTERS PASS 優遇の反対側は差別
 以前からある「JAPAN RAIL PASS」、もしそれをアメリカでやろうとしたら大騒ぎになるのではないか。外国人観光客ならば有無も言わさず新幹線も乗り放題の激安切符を与えるのだからな。それって会社の自由だと言えるのでしょうか?

 来年は連続する3日間で関東の26社局の鉄道が乗り降り自由になるIC企画乗車券「TOKYO SUPPORTERS PASS」だとさ。値段はまだ決まってないが、訪日外国人専用となれば優遇という名の差別である可能性が高い。日本人は国内か外国人や男女ってだけで分け隔てても優遇するならば逆側に対する差別だと思ってないから…。

続きを読む ≫
 海外の場合は観光客のほうが税金を高く取られるのが当たり前だ。それを知ってれば出国税なんて「たったの1000円」だと思うようになるし、国内においても宿泊税や入湯税なんて激安である。自分の国のことも知らずに自己中が基本の外国人は日本で少額の税金にもブツブツ言う。

 差別をなくすには優遇を捨てなくてはならない。優遇措置には理由が足りなさすぎる。例えば年齢だけが条件のシニア割引はおかしい。金持ちでも割引になるからで、正当なら収入や資産で分けなければならない。

得られるか別として誰でもいつかは回ってくる誕生日プレゼント(割引)ならわからぬでもない。

 東京の路線バスの高齢者乗り放題定期は課税で料金が分けられている。少量なら確認が面倒ってことでしょうが、海外の社会保障番号のようにマイナンバーがあるのだから収入や資産がわかるようにすればいい。後からまとめて払い戻しにすれば知られずに済むし軽減税率なんかもやりやすいではないか。

 鉄道会社のインターネット会員制割引は外国人観光客には使えないを仮定して反論すると、外国人観光客の利用は一過性であり国内利用者はお得意様割引という理由が付く。窓口や券売機で買える割引切符ならば利用者差別は存在しない。

 激安にしか思えない「JAPAN RAIL PASS」の理由は知らないが、「TOKYO SUPPORTERS PASS」の理由を勘ぐると、東京五輪に伴い増大する外国人観光客の応対を減らすための損得勘定の結果だと考えられる。問い合わせが増えるならば乗り放題にしてしまえーって安直な計算だろ? 「青春18きっぷ」と同じで黙ってても走らせてる電車には乗せる切符を売ったほうが儲かる。

キティーちゃんのが欲しいが買えないんだろう。だって日本人だもの。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-19 Fri 21:29 | 交通::情報・考察・計画 |
なぜ京王線は全線止まりっぱなしが長時間?
 私も過去に出くわしたことがある。そのときは京王線の北野~高尾の間で人身事故だったのだが、全線が止まりっぱなしだったので橋本からJRで町田、そして小田急へと逃れた。京王線は大きな駅での折り返しもなかったし、本日の情報でもそれがない。物理的に別れてる井の頭線が減便での運行に復旧しただけ。
(原因:変電所で火災 09:44 京王本線が通常の2割程度で運行開始、橋本~調布は不通のまま)

 京王相模線と小田急多摩線(唐木田~新百合ヶ丘)だけで他の分岐線に影響がなければ歩くと考えるが、歩いた先も止まってるなら意味なし。多摩センターにいると仮定すると、輸送能力が低い多摩モノレールはあるが、JRもしくは動いてる小田急線まで直線距離で6~7キロもあり徒歩の考えは減る。そういうとき、駅から別の線の駅までの路線バスは大混雑するので、駅を通らず別の駅へ行く路線を探し、そこまでは歩く作戦もやったことあるね。

 ひとまずはトラブルが発生したとき京王線は長いこと全線で止まるものだと覚えていれば出くわした際に対処ができる。JRだけの接続でトラブル続きでブツブツと苦情を言ってきたってのに相鉄線がJRと接続する。お願いだから地方へ散れ!企業が移転すればいいんだよな。

| emisaki | 2019-07-19 Fri 08:31 | 交通::私鉄 |
お先にトクだ値スペシャル「とき」「いなほ」 7/30-8/31
 この発表の前に時季外れの上越新幹線や北陸新幹線の低迷があった。開業のご祝儀相場が続くはずもないのに北陸新幹線好調なんて書いたマスメディア記事には大笑いだが、車内販売をやめて余った部屋だけじゃなく空席を利用した物資輸送が伝えられてるほど空席が目立つからだ。現在、着工中では中央リニアを除き、長崎(武雄温泉~長崎)、北海道(仙台~札幌)も赤字路線としか考えられない。

 最大震度6強の新潟(下越沖)~山形沖地震が発生したのは2019年6月18日、それに合わせてこの割引が発表されたのが2019年7月5日となっていたが、購入可能期間条件である「20日前の午前1時40分まで」にたったの5日を切った状態。私はちょっと見落として気づいたのは再度見直したときだった。

続きを読む ≫
地震に関係ない乗車率の低下

 乗車率を知ることはできないが予約状況は知ることができていた。そこから「空席が少ない」「満席」表示にて間接的に混雑状況を推定することはできる。独自調査によると直近の夏休み、お盆休み時期(8月3日と8月10日を調査)では、北陸新幹線はまだ余裕で取ることができ、上越新幹線もほぼいつでも予約することができる。ところが東北新幹線(東京~仙台)になると満席が目立つよりになり東海道新幹線ともなれば満席だらけ。直前にはどれも混雑はするでしょうが、経営的には通常の平日のビジネス客を含めた全体的乗車率で判断すべきで、それも上記に比例している。

 東海道新幹線ですいてるのは「こだま号」だけなのでJR東海ツアーズに「ぷらっとこだま」なんてのがあるわけか。東京~名古屋が通常期8300~8500円、繁忙期9500~9700円。繁忙期であるとエクスプレス予約(EX予約)を使えば10,110円と大差ないため到着時刻が差額610~410円にしては余計に乗車時間がかかる。
 通常期だとEX予約との差額は1810~1610円で考えるかもしれないのだが、「こだま」は30分に1本だから所要時間差+最大30分、改札口も指定されてるから総合的には最大2時間近く差がでる時刻帯がある。値段に釣られると危険だということ。




【東京→新潟→酒田 計画を仮定】  <費用、特典、制約>

酒田花火ショーは2019年8月3日(土曜日)

・通常購入
費用:28,560円=(乗車券8,210+新幹線指定席4,950+特急券[乗継割引] 1,120)×2
制約:一般的なことのみ。 乗継割引は乗継駅で途中下車可能、乗継便は翌日でも可。

・周遊券を使用 (お得なきっぷ)
費用:20,870円=週末パス8,730+(新幹線指定席特急券4,950+特急券[乗継割引] 1,120)×2
制約:周遊券は土日祝日の連続2日。利用開始日の前日まで購入可。
特典:週末パスが定める区間で追加費用なし乗り降り自由

・お先にトクだ値スペシャル (特別に用意される 乗車券と特急券のセットが5割引)
費用:16,220円=(お先にトクだ値スペシャル「とき」5,380+「いなほ」2,730)×2
得: 夜行バスに迫る安さ
制約:
 えきねっと会員になる必要あり。インターネット環境およびクレジットカード決済が必要。
 2019年7月30日~8月8日と8月19日~8月31日のみ利用可(下越沖地震の回復特別)
 利用日の1ヶ月~20日前まで購入可能(この投稿時点で買えなくなった日がある)
 購入後、利用開始日20日前以降の変更は、お先にトクだ値10%引きとなる。
 切符受取後の払戻手数料は50%。受け取り前で購入可能期間中の変更は可能。
 途中下車不可(前途無効:切符を放棄すれば下車できる)
 新幹線と在来特急は別の切符となるので新潟では途中下車可能。


 日付が絶対的に決まってる日程での利用なら安いが観光で周遊するとなると週末パス利用との約4500円差は埋まってくる。3割引になる大人の休日倶楽部は65歳以上の会員制だから当方では長いこと関係ないので論外としてる。大人の休日倶楽部ミドルとかいうのが50歳以上だから15年も早まるにしても確か5%引きでしかないので、だったら年会費もあるからほかの方法があると思う。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-14 Sun 11:14 | 交通::情報・考察・計画 |
魔の交差点に1本柱の一つ目4方向信号設置
 魔の交差点と呼ばれてる一つの埼玉県さいたま市の路地の交差点に黄色点滅(徐行)と赤点滅(一時停止)で一つ目の信号機が4つが1本柱で設置されたとの報道。青黄赤に歩行車両では名古屋の大須が有名だが、そこよりかなり狭いためか通常の信号機は設置されなかった。

 ドライブレコーダーおよび防犯カメラの映像が報道で流されたが、あんな路地をスピード出して走れるような奴の頭はイカレてるのだが、何もない田舎と同じ無謀走行を住宅街でする頭の構造が理解できない。もちろん田舎でも違法は違法だから、誰も見てなきゃいいやとなる社会構造が悪魔を生みだしている。魔の交差点の「魔」は場所じゃなく人間(運転手)のことだからな。

 学生時代に近場の17号線沿い大宮市(当時)に友達がいましたけど若い頃から路地でスピード出せるなんて信じられないって言ってましたから、ちゃんと都会人もいたんですけどねぇ。過去にあった第一次、第二次交通戦争だが、現在の第三次交通戦争は高齢者問題も含め過去とは違う理由で起きている。

埼玉県さいたま市三橋2丁目・4丁目の境界 (画像ではまだだが信号設置)
香川県丸亀市中府町3丁目 (参考 別の魔の交差点)
名古屋市中区大須3丁目 裏門前町通交差点 (参考 1本柱の信号機)

| emisaki | 2019-06-30 Sun 21:10 | 交通::情報・考察・計画 |
社会教育の場を消すJRのお⼦様連れ専用車両
 「臭い物は元から絶たなきゃ駄目」って幼少期に見た脱臭剤のCMだったが、近代の企業や政府は馬鹿、間抜けだらけで「臭いものに蓋をする」政策しか取れない(迷惑な客に対し、お客様は神様ですな対応をする)。そうした社会勉強の場を消す対応の結果がクソガキからヤンキー、そして半グレが激増することになってしまったのである。

 幼少期から青年期に必要なのは道徳教育と少々のことにも小さな罪悪感を持たせることにある。それが本当の悪に転ぶのを止める。ところがバカな警察組織は起きてしまった犯罪の検挙率しか考えず結果的に検挙率を急降下。暴力団員は減らしても犯罪人数は増やしてしまった。だから企業とて社会勉強の場を失わせ公の場に出て身勝手な振る舞いをさせることが、のちのち大きな問題に繋がってることまで全く理解してないようだ。

続きを読む ≫
 我々が幼少期にあった子供の道徳教育なんて消滅に近い状態で、騒ぐからゲーム機やスマホを持たせるなんて良いか悪いか議論になることがあるが、大多数は遺伝的にも後天的にも集団生活能力がない奴らがごちゃごちゃ自己中で論じてる無駄話。その結果が騒がしいなら何の価値も見いだしておらず単なる親の自己中なだけ。ゲームをやってピロピロ、ピーピー音を出したり、スマホで動画再生して音を出して何もとがめない究極のバカ親の登場、過去に取り沙汰されたのとは別系統で地方症モンスターペアレントの激増である。

筋違いの議論の持ち込み方に腹が立つ!

 先日も論点のすり替えが行われており、赤ん坊が泣く話とベビーカーを広げたまま乗車する話を混ぜて正当化しようと展開して、世知辛いだの心が狭いだの、ちょっと何言ってんのかわかんないですけどーと真顔で言ってるべき “地方症”連中が報道コメントで自己中を炸裂させていた。

 結局は“地方症”の鉄道機関が客の「自己中な要求」に負けた形だが、元々、20年、30年前と戻ってみて、ベビーカーを広げたまま電車に乗る奴がいたのか?と思うと、少なくとも東京ではいなかった。調べたが、自分が生まれるよりずっと前からベビーカーは高級品でなく存在していたし、その昔は乳母車という名前だった。このような状況証拠からも不道徳な連中の自己中な行動を裏付ける。

 後から出現した不道徳者が集団になって自己中を押し付けたのであって、過去には子連れも大勢を連れていたのだから大変だったが、高齢者にも子連れや妊婦にも席を譲るのが成立していたから問題にならなかったのだ。誰もが座れる田舎と違って座れないのが当たり前の都会で成立していた数々の道徳を崩しやがったのが大量移民した団塊の世代から激増した “地方症” に犯された連中なのである。

 前々から語ってきたように、自分が過ぎ去ってきた頃には「赤ちゃんが泣くのは仕事」って幼少期から聞いてきたが、そこには条件が伴っていることが認めるために重要であって、現代の究極の自己中なバカ親どもに見られる傾向は、あやしもしないで放置する奴らが一定数いることである。こうした無能ぶりの末路が、昨今、何件も報道されてる虐待事件なのだ。

 以前の職場の隣が幼稚園だったが子に怒ることはなく、怒るとすれば細い道路に駐車、駐輪するバカ親のほう。家の近くには公園があって、楽しいんだが襲われてるんだかわからないくらいキャーキャー騒いでいるが、怒りを覚えたことはない。しかし「場違い」というのはあって“地方症”をわずらった大人の行動からしても大勢の他人がいる場ってのを本質的に理解できないのが大多数。これが当事者は自覚症状がない病的レベルから怒り続けてる。

 子連れ専用車両は「臭いものに蓋をする」だけで何の解決にもなってない。少子化と核家族化、そして無知無能なままの移民が全ての元凶である。道徳の低い奴らが集団でハードルを下げてるくせに何を言う。そんなにクソ野郎でいるのが好きなのか!?

社会という集団生活の場を理解しない連中がルールを決めるなら日本も破滅への道を進む。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-06-27 Thu 21:59 | 交通::JR |
終了直前に知った「海にもあるのぞみきっぷ」@東海汽船
 普通に考えたら、アホか!ってことになるが実質2,000円の値段を考えたらそうでもなく、そんな手に出てもいいのかアホかって思ったのは東海汽船のほうだった。趣旨は不明だが、閑散期を使って一度乗ってもらおうってことなのかもしれない。なぜなら伊豆大島には何のメリットもなく下手すればトイレに行く時間もない。今の時期に入港の元町港のほうが建物まで近いにしても時間がなさすぎる。

続きを読む ≫
熱海→伊豆大島→竹芝桟橋がジェット船 5,000円で、キャッシュバック3,000円。
ただし平日限定、乗船便も限定 例:熱海 1450→1535 大島 1550→1740 竹芝(東京)

 3時間もかける高速船?の船旅なら2,000円であっても東海道線で約1時間45分1,940円。船に乗りたいか、時間を潰したい人にしか意味はない。今の時期の平日に閑古鳥が鳴いているのは知ってるし、定期便は空気を運ぶことになっても走らないといけないが、前にやったのは夕方に着いて早朝に帰ることになっていたから宿は潤っても客として何の旅行だか意味不明だった。それと同じ感じがして東海汽船は何がやりたいんだか考えてもわからない。

【東海汽船創立130周年プレ企画第10弾】海路で行く!東京⇆熱海「海にもあるのぞみきっぷ」(2019.5/13~6/28)



 私が以前に出した案は違う。東京~熱海じゃ何のメリットもない。熱海市~下田市が道路も電車も弱いので、特急料金と同一くらいでジェット船だったらよかったと思ったわけで、値段によっては竹芝(東京)~伊豆大島~下田ってのもアリなのではないかと。
 新幹線、バスとの連携が必要であるが時間的に利点があると思われるのが熱海港~下田港でしょう。可能性を高めるため伊豆大島を含めてるが可能なら立ち寄る必要はない。どこでもなのだが船の課題は電車の駅と船の港までバス、タクシー、徒歩が両端で必要となる不便さがある。
 よって不便を減らすにはバスであるなら完全に目的地まで運ぶ必要があるものの全員が同じ目的地であることはない。団体ツアー状態じゃないと使いにくくなる。伊豆急が複線になることもないし、国道135号線が使いやすくなることもないので、道を作る必要がない船が最有力。ジェット船が相応の台数を製造しないと製造できないとなっていたが、それでも線路や道路より安いし転用が利く。そもそも完璧な案として提案したものじゃなく、そっちなら、こっちのほうがいいだろ的なものだから。定期便だと採算が取れるはずがないので繁忙期の交通分散としての案である。参考として東京から大島へジェット船の6月の料金は7,300円 1時間45分、特急電車で下田までは特急踊り子で6,060円、スーパービュー踊り子で6,440円(片道) 2時間45分前後だが南伊豆フリー乗車券を使うと往復で1,620円安くなる。大島を経由すると時間的利点が消滅する。便数が少なく天候に左右されるという運行上の問題もかかえている。

 水中翼船は浮いて抵抗を減らすが飛ばないわけで、小さい頃にNASAが開発中だとかあった水上飛行機の進化形でトビウオ状態で低空(海面すれすれ)を高速で飛ぶ通常の飛行機より燃費が良く海上なら滑走路が不要と言われた乗り物はどうなっちゃったんでしょうかね。採算が取れないとか安全性がないとか何も聞かないで記憶の彼方だった。水中翼船がクジラに衝突する確率より船が多いから危険そうだけど。


≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-06-24 Mon 22:24 | 交通::船 |
支社情報、掲載するのか、しないのか!?@JR東日本
 結局、東京近郊でも支社の情報を見なければいけないならJR東日本 本社 の地方別ニュースリリースなんていらねぇーよ。いま支社のウェブページで知らない情報を得た。調査の手を抜いたのではなく、JR東日本 本社で掲載されるようになったから支社のサイトが不要だと思い込んだのが失敗。支社のみで掲載されるのが多かったため複数のイベントを通り過ぎることになっていた。

 過去を振り返ると知らないうちに複数の開催があった。群馬県なら “ぐんまちゃん” の情報がしっかりしているから大丈夫だが、多方面では「宣伝するという宣伝」がなされないため知らずに終わってることが多い。都内だと黙ってても人がいるからだろうか?

 JRで物産展(産直市)を知ってから登場予定マスコット(ご当地キャラ)のSNSを見ても書いてないなんてこと当たり前のようにあるので逆引きは宛てにならない。情報が管理されておらず “皮?”の貸し出しのみで後は知らんって所も多そうだから。 JRとは違うが宣伝の在り方として茨城なんて「ハッスル黄門」に印籠じゃなく引導を渡したせいで「ねば~る君」に依頼せねばならず宣伝活動も縮小と不動の47位を感じた。

JR東日本は支社の情報を出すのか出さないのか中途半端ではなく、はっきりしていただきたい。

| emisaki | 2019-06-20 Thu 23:55 | 交通::JR |