サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2019 - 04  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

新説!所JAPANで紹介された一本桜を調べる
2019年4月22日放送 フジテレビ「新説!所JAPAN」

福島県田村市 小沢の桜
大分県竹田市 墓守桜
富山県黒部市 黒部市役所の桜

続きを読む ≫
・福島県田村市 小沢の桜 ソメイヨシノ 樹齢100年 老木 (個人的評価:優)
福島県田村市船引町船引大日良 [Google ストリートビュー]
JR磐越東線 磐城常葉駅より3.0km 路線バスなし (住民専用 乗合タクシーのみ)


・大分県竹田市 墓守桜 枝垂れ桜  (個人的評価:良)
大分県竹田市会々2335−1 [Google ストリートビュー]
JR豊肥本線 豊後竹田駅より10km
竹田営業所 発 → 直入支所前 行き 1~2時間に1本 土日祝 減便
竹田駅前(大分県)→笹川(竹田市) 路線バス17分 バス停から徒歩 3km


・富山県黒部市 黒部市役所の桜 ソメイヨシノ 樹齢110年 老木 (個人的評価:可)
富山県黒部市三日市1301 [Google ストリートビュー]
市役所の北東の角だと思われる。紹介された中ではもっとも行きやすい。
当然であるが不便と景観の良さは反比例。




 ほかにも小学校、石割り桜など一本桜は複数知ってるが名所紹介に載ってないという意味で価値があった。多くの一本桜は山奥で行くのが難しい場所にある。でもまだネットですぐに調べられる範疇であるのでテレビ制作には労力を使うことが必要。インターネット全盛時代にそれができなければテレビの価値なんてないでしょう。

 それにお約束として田舎へ行くほど交通手段が自家用車で行く方法しか説明しない。調査に最も時間がかかったのが公共交通があるかどうかだった。車に溺れた地域ほど歩きたがらないので徒歩3kmだと公共交通がないことにされてしまうから確認が必要なのだ。これは有名な観光地でも言えることなので、テレビ番組の「ローカル路線バス乗り継ぎ旅」でバスの案内所のくせに路線を探すのに手間取るくらい無頓着だってことだ。

 これが日本中の地域に見られるため、路線バスを探すことから始まり、次に時刻表を探り、電車などから接続して行けるかどうか判断するまで時間がかかる。この無駄を多数の人にやらせているのである。

 テレビ番組「タモリ倶楽部」で駄目な観光パンフレットを取り上げたとき「田舎の人は自分のところを日本中の人が知ってると思ってる」ような名言が飛び出したが、パンフレットなら紙面の関係ってのがあるが、ウェブサイトのページには実用上で制限はないのにパンフレットと似たような説明だから使い物にならない。だいたいわからないのは地元に入ってからなんだ。

 「あなたたちが知ってるだけで、みんなは知らない」という意味で過去に指摘したことがあるのが、公衆電話もないようなところで「連絡先 電話○○-○○○○」と市外局番が書いてない電話番号だった。お笑い芸人のネタで持ってるのじゃなく、携帯電話が小さくなってから30年近く経つわけで、携帯電話は同じ地域でも市外局番が必要なわけです。そのあたりの問題は「井の中の蛙、大海を知らず」で片付けられるでしょう。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-24 Wed 21:13 | マスメディア::テレビ・映像 |
運転免許証を取り上げるにはあと何人殺されればいいのか
第三次交通戦争  高齢者ばかりではない。若年層から能力がない人間が蔓延ってる!

 先に強く主張しておくが、たまに大きな事故を起こすからマスコミが大騒ぎする高齢者の問題より、毎日ありすぎてニュースにもならない暴走チャリから無謀運転、都会に住む田舎者は桁違いな殺人級で、そんなガキどもは自転車から自動車へ、概念を持たされず育ってきた中高年も高齢化する。現に自転車事故件数はうなぎ登り。認知症と別の意味でボケてる!

 東池袋の事故は昼のワイドショーから大騒ぎ。直後から、わからないと言いながら憶測で語るのがワイドショーですから事実に近づくまで時間がかかってる。どちらの方向から来たか真逆の事を言っており、何が正しいか不明。夕方か夜のニュースまで待つ必要がありそうだ。

東京都豊島区東池袋2丁目[地図]日出町第二公園 交差点[ストリートビュー]

続きを読む ≫
 乗用車と事業ゴミ収集車の衝突が起きたのは東京メトロ有楽町線 東池袋駅がある上の道路、道の規模が違うため丁字路に見えるが十字路だ。学生時代の友達が都電の駅の近くに住んでいたからちょくちょく行ってたし、サンシャインシティー(ワールドインポートマート)での展示会で定番の地域。再開発前は奥につけ麺で有名な大勝軒があって行列をよく見ていた。

 池袋駅側から直進してきて手前の信号で横断歩道の通行人をはね、信号無視のまま高速で直進し続けて、サンシャインシティー側から来て交差点を右折しようとしたゴミ収集車と衝突したってことらしい。その手前でも自転車の親子を跳ね飛ばしている(死亡)。乗用車の運転手は80歳代と伝えられ、衝突までのブレーキ痕なし、衝突後に回転してから滑ったタイヤ痕のみ生中継で映ってた。

私が知る限り車道が危ないと思ったことはない場所。高齢の問題と断定できる。


 再開発後は地下鉄の駅からサンシャインシティーまで地下道が通じたため地上を歩くことがなくなっていた。怖いのは自動車だけじゃなく、標識があろうが、なかろうが関係なく日本中で繰り返えされる歩道を爆走する自転車がいるところは遠回りだろうとも地下道が安全なんだ。

 再開発によって歩道が広がり通行人が少ないがゆえに自転車により歩道の爆走を可能にしてしまった。日本人ほぼ全員が自転車は歩道を走るという間違った思い込みによる道路と歩道の設計ミスは随所に目立つ。自動車が脅威であるより、弱者ぶったママチャリの通行区分違反もしくは徐行「のろのろ運転」義務違反は高齢者歩行者や子連れ歩行者の脅威となっている。

 近いように思える地下道はサンシャインシティーに達してから迷路のように内部を移動するため本来なら地上に出て公園、西友を横目にして向かったほうが早いが歩道が危ないんだから地下道のほうが安全なのだ。

 事故ではトリアージが必要になったと伝えられているが、症状ではなく被害者を優先にしなければならない。8名(加害者と同乗者の妻を含め10人死傷)でトリアージって東京の救急車の台数や病院の受け入れの恐ろしい現実を表している。付き添いの体験談だが救急なのに「お金」の問題にされた。大部屋なしで差額ベッド代を払うなら受け入れられるってことだ。病院へ搬送できずに死んだと思われる人がいた秋葉原で起きた無差別殺傷事件も思い出した。


 ワイドショーで交通事故鑑定人への電話にしていたが、推定で時速70~80キロ以上(後日再計算、追記参照のこと)は出てないと重たいゴミ収集車が回転してから横転し、乗用車も滑ったまま進む距離ではないと言っていた。例によって何の言い訳にもならないのに繰り返されるが「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」。そんなのが長く続くようでは運転免許証など持つ能力がない。不慮の事故ではなく避けられた事故。もし認知症で責任能力がないなんて事になったら怒りの矛先がない。

 もはやほぼ自動で飛べるようになった飛行機だって宇宙船だって大部分は緊急対策の訓練なのだ。なぜ日本は自動車運転で義務化されないのか!? 相当に前のことだが海外の番組で、自動車メーカーが、坂、水たまり、凍った路面での運転教習を行っていた。対処法として逆ハンドルなんかも教えていた。ブレーキとアクセルなんて絶対に間違えないように潜在意識下に植え付ける必要がある。

 上があれば下ものだが、年々と幼稚化してきただけに16、18歳という年齢が低すぎるようになってきた。運転免許証などなくても生活および仕事はできるのであり、酒、タバコと共に22歳への引き上げを検討すべき。


  高齢者運転のみならず、飲酒運転、ながら運転など故意の原因をひっくるめて
  あと何人殺されれば強制的に免許証を「生涯 取り消し」にするのか!?


 自主返納なんて待ってられない。自動車 運転免許証は強制的に年齢で取り上げろ!必要だなんて言う自己中にとやかう言う資格はない。そういう奴らが死傷者を出している。そもそも100年前には1万台そこそこしかなかった。近代に麻薬のように自動車に溺れた連中がとやかく言ってることになる。


 交通事故死亡者は減少したものの、現在その大半は誰が殺してるのか? その答えを知ってるからこそ免許を取り上げろって言ってるのだ! 過去の子たちより危機回避能力を持たなくなった子が能力を失った老人に殺されているのだよ。

 そして老人が交通事故で死ぬ原因も多くが違法横断だの自己中心的な行動によるものだ。老人に接してきた経験からわかるのが、動けなくなってるくせに恐ろしく自己中かつ短気になる。遺伝的、生活上で不必要な能力は培われてないため若年層にしても時間的予測能力が欠如している。

 しかも年齢に関わらず地方の奴らになると最初からロクに信号も守らないし、歩道橋を使わず車道を横断する。大通りだと危険だから信号を守ってるだけで車がいなければ見ててドン引きする信号無視。東京はそんな奴らが高齢化してきたんだ。恐怖しか見えない。




 ワイドショーのコメンテーターに呆れた。現実社会が見えてなさ過ぎる。「青信号だから安心して渡ってる」 はぁ? それで安全だったら事故なんて起きてない。もう誰も習ってないのか?

  青信号になったら「右見て、左見て、もう一度右を見てから横断歩道を渡る」

 幼少期の道徳の絵本の基本でしたよ。やはり、脳みそ(潜在意識レベル)で誰もいない世界で育った無能ぶり。当たり前だが無能な奴らが加害者と被害者になる確率が高い。

 私は自動車の減速を確認できないなら逃げ切れる状態でなければ青信号だろうと横断しないようにした。最低限の確認事項である。やはり本物の都会人と能力の違いを感じることが生活の一つ一つで数十万、数百万項目と言えるほど違いが見える。

  なぜ、右を見て、横断歩道の中間にさしかかったら左を見ないのか?

そうしてても不慮の事故とは起きるものだが、そうしていれば、たいがいの危機からは逃げられるのである。

 テレビ番組なんぞが田舎の人を都会へ呼び寄せて意見を聞いたりするのだが、とんでもない勘違いをしてるのが、道路が怖いと語ること。単に車両台数が多いから怖く感じるだけであって、運転という意味では地方から田舎のほうが桁違いに無謀運転なのである。それは人口、車両台数と事故数からの率が証明。本件のように加齢症状もしくは認知症の疑いじゃなくても、地方から都会へやってきた連中の運転は殺人レベルなのである。

 自動車という必要悪は止めることはできず、しかも、どんな奴が運転してるかもわからないほど免許を取ったら取り上げられることもない。例えるなら暴走族のクソガキも免許が取れて、犯罪者へは一生涯、免許を与えなくても構わないものを取り上げることもできない。そう極端な例を出さずとも、あおり運転行為で世間に広まったよう危険分子は相当数が潜んでいるので、ぼけっとして歩くなんてことはできない。

  高齢者に限らず老若男女、まともヅラして運転したり歩いたりしてる

 私は小さな頃から培ってきた能力によって命拾いしてる。減速音を感じなかったから無意識に反応し、大通りの横断歩道を小走りで半分まで渡ったら右から来た自動車は赤信号を減速せず私の後ろを通り過ぎていった。早朝だったから居眠り運転らしき信号無視だった。怒り爆発したが、走ったところで車は追いかけられない。

 路地すら平然とスピードを出して走れるような都市生活不適合者は俺が生まれる前からやってきていたのだから、どこの誰が信じられる水準に達してるとでも言うのか? 信じられる奴なんていないと思ったほうが安全だ。学習するどころが衰退の一途である。

 過去にも自転車の親子連れがトラックの側面に引き込まれて死亡と、ありがちな事故があったが、何の状況も把握せず子連れだから一方的に可哀想だなんて思わない。こっちにしれみれば当然で、毎日のように子連れの「歩道 暴走ママチャリ」を大量に見ているのですから確率としては、ほとんど同情の余地がない。そうした無法者を弱者と呼ぶな!
(※本件の場合ではなく世間一般でよく見る話として)

 だから事態が把握できないと可哀想にはならない。人間が落ちぶれすぎたから、バイクにひかれた歩行者のほうが信号無視してバイク運転手を重傷に負わせたから重罪に科された時代だ。それは真っ当な判決になったのではなく、クズどもが増えすぎたがゆえの結果。

 私は自分をロクな奴だとは考えてないが、世間の大半は自覚できる社会で育っておらず桁違いに酷いってだけ。被害者じゃなく、ほとんどの場合は自分が加害者の側に立っていることを自覚しなければならない。




 小学校の前に勝手に停止線を付けた校長が略式起訴で罰金刑を受けたが、それは違法であっても子供のためにやったことで、世の中で、車両(自転車を含む)運転で犯罪を繰り返す大量な人間に比べたら遙かにマシである。マスコミとしては真似されると困るから警察から何か言われた感じがする。事件の情報をもらう替わりだよ。

 勝手にといえば駐車禁止の標識もだが、パイロンを勝手に立ててる奴らは今でもいる。それも道路交通法違反である。明らかに本物とは別物であっても標識は標識ではないのか。さくっと調べた中では標識の定義がわからなかった。同じ大きさ、形式でなくても車両の運行を左右した時点で罪は成立するはず。

マスコミは違法は違法でも叩きどころを間違えるな。

 校長が勝手に停止線を書いたのは自動車が危険だからでも罰金刑が下ったことで「前科」がついた。これで辞めることになってしまうのだろうか。繰り返すが、自覚症状がない犯罪者のほうが推定1億人以上と桁違いに多いので、そっちをなんとかしてからにしていただきたいものだ。

 マスコミは売り上げや視聴率を気にするから、そうした潜在的悪党である世間のみなさんを敵に回せないのである。特にテレビは全てが教育を目的に免許を受けたと思うが、もはや関係ないのだろうか?


  生活するのに車が必要。 人を殺す権利もよこせと!?


そこまで落ちぶれたか。どうやら日本人、いや世界の人間の寿命は延びすぎた。小さい頃にテレビで見たある映画を思い出した。「2300年未来への旅」 原題LOGAN'S RUN である。30歳で生まれ変わりの儀式、すなわち死であった。それは短すぎるにしても今になって思えばその時点で何か未来が見えていた映画ってことになる。結局、何百年経過しようとも似たようなことは繰り返されるのかもしれない…。





<追記 2019年4月20日:
 一つ前の信号で別の人を跳ね、自転車の親子、ゴミ収集車と接触した交差点時点で時速100キロ近くで走行。直後の段階で70~80キロと言ってた交通事故鑑定人は、一番目の信号無視で自転車を跳ねたところで時速100キロ、親子連れ自転車を跳ね飛ばした交差点で時速120キロと計算していた。防犯カメラ映像からなので誤差あり。

 運転手は87歳で日常的に運転に問題があったとされる。アクセルが戻らなかったと主張してるが車に故障は見られず挟まった物もなかったとの報道。推測するに、パニック状態に加えて高齢者の能力減退が頭と体の機能を分離したか? アクセルが戻らなかったのは当人の頭の中だけで、足を動かせなくなっていただけで故障ではなかろう。

 報道による加害者を知る人へのインタビューでは歩幅30cmも無理な状態でしか歩けなかったと。加害者は言い訳の前にすることがあるだろと思うわけで、やはり還暦以降は赤ん坊すら真っ青になる究極の自己中へ落ちることがまた証明された事件であった。年寄りに働けっても、適材適所、能力ってものはあるんだ。

飲酒のチェックもだが運転免許証を差し込んで各種チェックも車両装備に義務づけよう。
日本の技術をもって走行中に異常の感知で自動車を安全に停止させることも必須。

 まただが、報道番組は運転する高齢者のところで話をきいていたが、案の定、自覚症状がなく自信満々であった。判定で65歳くらいだったと語った高齢者がいたが、65歳で十分に能力減退しております。

 いくら江戸っ子でも頭は回っても体は無理なので、こっちのほうでは通告より前に免許返納が多かった。うちの爺さんはクソジジイだったけど何も言ってないのに自主返納してた。子分に送迎させるという暴挙には出てたけどな。

 免許センターでは一人一人を判別してられないのだから運転免許証は年齢で強制的に取り上げるしかない。そうするまで、これから多くの人が殺され続けるであろう…。


<追記 2019年4月23日
 中部あたりの番組で、例によって大学教授だか名誉教授だか知らないが、ジジイがぐたぐたぬかしている。彼のそうした症状は何年も前から始まっていたが、本人は気づけない。もうずうぶん前からテレビで語る能力がないのに、いつまでテレビに出しているのか? 本件に関しては、またもや出所不詳の事を持ち出し、被害妄想を展開していた。周囲に座ってる出演者になだめられる日々である。

 都会は交通網が発達してるからいいけど田舎はどうするんだ? そんなの関係ない。本文で示したよう100年前に田舎で車が発達してたのか?元々、交通網どころか道路整備もままらないところだったのに、自動車という一種の麻薬を手に入れてしまったがゆえの自己中にすぎない。

 若者は俊敏性があっても運転が乱暴だから事故が多いって話も、それはどこのデータなの?事故件数の資料は公表されてるが理由の詳細までは掲載されてない。しかし、事故件数と死亡事故へ発展するかは高齢者のほうが多いから社会問題してる。大学教授だか知らんがもはやデータを読み取る能力も失っていてテレビで語られてはシャレにならない。他の高齢なテレビ出演者も結局は真っ当な判断能力があるから、こうした問題を正しく見ていて自らも早期に免許返納している。ある人は「事故を起こしてからでは遅い」と語っていた。

 行けばわかるが田舎は老若男女と関係なく恐ろしい運転してる。比較対象がないため自分を理解できないだけなのです。そのことは警察庁の事故件数データが示しており、車両台数、人口が少ないにも関わらず事故率が高いのだ。都会のよう大勢の人が歩いていない誰もいないと思い込んでしまう住宅街の路地を平然と爆走できる無神経、かつ狂気の沙汰が事故を起こす。先日に話題になった香川県の事故が多発する交差点で紹介された防犯カメラ映像を見れば、路地(裏通り)なのに信じがたい速度で走ってる。香川県の事故多発は氷山の一角で、そういうことが地方では横行している。

 もし段階的対策をするならば、田舎の特定地域を私有地のような扱いにして高齢者にはその範囲でしか走行を認めないようにする。ほかにも方法があるかもしれない。将来的には自動運転でスピードが出ない乗り物でしょうが、現状の自動運転は信用できない。

 20歳代の事故が最も多いは確か。加えて田舎から都会へ出てきた奴の運転は狂気である。もろもろの理由で無謀運転する奴が多いから若年層の事故が多いが、これを人間の数で考えてしまうと真相を見失う。ペーパードライバーのゴールド免許と、長時間運転して駐車禁止でゴールド逃した人は、確率として、どっちが信用できる? 多種の環境においての運転時間が全く違うので、それを勘案して判断しなければならない。

 コメンテーターの老人は既に理解できない側に入っており、私には「自分の権利を行使するため、人を殺す可能性を高めてでも自動車を運転します」としか聞こえない。免許を自主返納するような人はまだ持ってても大丈夫な人たちで、本当に恐ろしいのは自分は大丈夫だと自動車を運転する側だ。ずっと指摘してきたが還暦過ぎたら究極の自己中へ進み、いつしか判断できなくなる。

 運転免許証の更新、1~2年、学校の受験問題みたいな、真に判断できないことじゃなく本質を突くテストをしなければ判別できないし、今日明日で認知症が急激に進まなくても、過去を振り返り親戚中の感じからしてみれば1年あれば認知症症状が進行するには十分である。よって運転免許証更新時の検査では見抜けない。繰り返すが100年前に自動車乗ってたか?免許がなければ生活できないは単なる自己中にすぎない。下限16歳、18歳も引き上げるべきだし、上限70歳で強制免許終了を訴えかけたい。

麻薬防止の標語を変えて言うならば「人間やめますか?それとも人殺し(する可能性を)やめますか?」

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-19 Fri 18:58 | マスメディア::テレビ・映像 |
遅すぎる脱丸刈りも進まず@バンキシャより
 当時から言ってたのに、まだやってるのか!時代遅れもはなはだしいってのが第一印象である。私が中学受験の頃はもっとひどくて野球部でもないのに丸刈り(スポーツ刈り)が強要されていた学校があったが、近年にそのスポーツ系のパワハラで世間を騒がせた大学の付属校である。
 こっちからお断りしたが別にロン毛で学校に通わせろって言ってるわけでもなく、時代遅れじゃなければ日本の校則ってのには一理ある。



続きを読む ≫
 学ランってやつも実に学業の邪魔をしてきて、経験としては規律とは別次元で、強制的に体を縛られているようなものだった。特に首は常に締め付けられて学業どころではなかったのを思い出す。そこに全く価値がないのは現在の学生の人間性を比較すれば明白である。

 軍隊式のような教育方法は私の学生時代より前から既に時代遅れだったのも、落伍者を多数出してきた社会を写したドラマ「3年B組 金八先生」での校内暴力で中学生が連行されるなんて内容が物語っていた。学生時代には校則にぶつぶつ言おうとも後になってみれば規律として必要だと感じるのは外国の酷い有様を知ったからである。決めなければできない稚拙化したこともあるが、あまりにも時代遅れな校則が多いのも、また事実。

 外国のほうがイカレた時代遅れが多く「自由」と「勝手」をはき違えてる。日本は外圧に弱くて、よく考えもせずブツブツ言われたら容認って政治のみならず社会全体の傾向として怖い。入れ墨で公共浴場に入れないとか言ってくるわけだが、体への「刻印」や「金属の棒」を突き刺すなど自分で家畜化であり、それをファッションと語るのは単なる未開人である。このような点でも日本においても線引きができない人間が増えすぎた。未開人の代物と言えば「ヤク」もあるがマスコミを賑わす逮捕の相棒も違法じゃないだけで人間性としては同次元だった。外国人自身がよく言うではないか、惑星日本と。「地球とは違うのだよ地球とは!」と強い言いたいところだが、現実には偉そうに言えない筋違いがあり恥ずかしい。

 外国人を客に考えようとも時代遅れな思想に合わせる必要はない。わからせることができるのは地球上に日本くらいしかない。外国人は日本を賞賛するくせに、自分たちに宗教や入れ墨など未開思想があることを認めようとしない。そして未だ欧米優位思想が残る日本は逆行するように真似を開始し腐敗している。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-14 Sun 18:34 | マスメディア::テレビ・映像 |
ドミナント戦略は客として迷惑
2019年4月12日 フジテレビ「Live News it!」を見て (関東ローカル時間帯)

 テレビは宣伝しかしないを物語るようにドミナント戦略による企業の利益を語っていたが、そこに客の利益は何もない。まず住吉駅を東西にローソンが並んでいること、そして豊島区池袋でファミリーマートが通りを挟んで向かい合うと。セブンイレブンは大田区と江東区が取り上げられたが集中してるのが都合良くわかるからでしょう。

 私が前に例に出した亀戸駅前を取材していたが、駅の近くなら他店がひしめき合っていても生き残れるから住宅街で取材すべきだった。セブンイレブンに取り囲まれてると、どの方向へ200~300メートル歩いてもセブンイレブンしかないってことになり、その先もまたセブンイレブンで、他店に行くのに下手すると1kmくらい離れてる場合がある。

続きを読む ≫
 集合住宅が何棟もある地域だと敷地内にコンビニ店舗があることはなく、また隣接して小中学校があると場所を食ってるため更に商店がない。地方の人ならコンビニに行く程度で自動車を使いそうな数百メートルの距離になる。

 ところが一戸建て住宅街となると、自宅を例に語ればセブンイレブンは150、250、500、600、650メートルで、最も近いファミマが650メートル同距離2軒とローソン700メートルである。だからドミナント戦略をされると飽きてくるので駅前で買ってから帰るという従来と同じ買い物スタイルになり、ならばコンビニに行く必要がないとなる。近くに必要だが多様性も必要。

 ドミナント戦略で客が増えるって言うならば、買い物難民は作ってないが独裁化によるもの。客として選択肢が奪われている点で「コンビニエンス」なんかではない。昔を振り返れば別(他社)の店舗もあったが、コンビニ企業も廃業や統廃合により閉店したことでドミナント戦略が色濃く出た。

 少子高齢化ならば今後も東京にしてもガンガン潰れてゆくでしょう。店舗が過剰にあるのだから当然のことで、東京の住宅街であっても特定の地域へ行くと、今度は店舗が必要なのに存在しない場所がある。

 反対に郊外の新興住宅地なんて行けば最初からコンビニなんて考えられてないため、大型店の出店場所が確保されてるだけだから大勢が住みながら、コンビニがあっても開発敷地外になるため最初から立地条件が良い場所に家を買ってないと悲劇。都心部と同じ密度で家が建ち並んでいるのだから人口密度も同じはずなのに、半径500メートルの店舗数は何倍も都心部のほうが多い。

 千葉ニュータウンやユーカリが丘とか言っても計画したのは昭和ですから住宅地の途中に何か予備地なんて概念がない。庭があっても区画としてビッシリ家が詰まってる。そして全国で昭和の集合住宅とかからはスーパーマーケットなど撤退の報道を聞くことがあり、当時の入植者は高齢化して買い物難民を作り出すことになった。特定の住宅地ともなればコミュニティーバスなんかも立ち入らないから自宅の場所によってはバス停まで数百メートルも歩くことになる。郊外に作ったくせに酷すぎる構造はよく見かける。ユーカリが丘は販売をずらして年齢層を変えたってことだが、商業地は駅前にまとまって住宅地は延々と住宅のみと時代遅れの構造。新興住宅地って規模が大きいほど駅前と奥地での格差が激しい。


 どこに出店しようが住んでいる場所によって善し悪しは出るわけだから、出店しても客が集まらない地方ほど各社が既に始めているデリバリーサービスが主力になってゆきそう。もちろん都心部でも高齢化の人数が多いため必要。

 そこで店舗や配達の話とは逆であるが、客のほうを動かすビジネスを考えてみた。コンビニまで行くのさえ大変と同じように、バス停まで行くのさえ大変なのであるのなら、路線バスはルートが限られているから東京でこそデマンド型の交通が必要で、住宅街まで入れるような小型車で病院や商店街へ回れるようにしたらどかと思う。いっそのこと病院に商店をくっつけてしまえばよい。

 昔に言われたギャグそのままで、本当の病人は入院してるか家から出ないかで、そこそこ動ける老人は病院に集まる。土地がある地方じゃないと病院へ路線バスは通ってないことが多い。一部の病院は独自に送迎をやってると聞いた。だから病院へいくついでに買い物も済んだら高齢者は一石二鳥ではなかろうか。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-12 Fri 21:52 | マスメディア::テレビ・映像 |
横断歩道も信号機も理解できない人々
“井の中の蛙 大海を知らず”
“されど空の深さを知る” …はずが、知ろうともせず猛毒を撒き散らすばかりなり。

 横断歩道も信号機も言葉で知ってても脳ミソの奥じゃ何もわかってない。「俺ら、こんな東京さ嫌だぁ~」って替え歌にしたけど原本の歌詞に「俺らの村には電気がねぇ~」って現実には電気があっても何十年が経った今のほうが人間性は荒廃している。「ならがスマホ」を代表とする よそ見するなんて道の歩き方も知らねぇ連中が自転車になんて乗ったら犯罪に走るのは当然で、ましてや自動車なんて「あおり運転」なる精神異常者が現れるのも当たり前。秩序という統制下において生活できない人は他人と関わらなければならない社会で生活する能力がない。

今度は歩行者の悪事。問題を起こすのは人間だから歩行者も車両も同じ。
各局で放送されており春の交通安全週間だし警察からの注意喚起が入ったのだろう。

続きを読む ≫
 私が前々からすべきだと思っていた「車道上で正当に走行している車両に対して不当な歩行者は弱者であろうと重罪に科されるべき」だと言うことが、やっとスケープゴートのごとく警察に立件された。ほかにも信号無視して横断してテメエが車に引かれようとも高額の賠償判決が下った例が紹介された。大多数が罪の意識もない信号無視の責任は重たいのである。

人口密度低→他者と関わらず自己中心的→違反違法→自覚なし→人口密集地でもクズ行為

 基本的に外国は人口密度が低く、列に並ぶとか統制が取れておらず、ニューヨークなる大都会も田舎者の巣窟。テレビ番組の収録にて某タレントがニューヨークではこうだと言って横断歩道でない道路を横断と現地人の真似をしていたのを今でも忘れない。その反応は田舎者の迷惑行為の典型。

   そういうのを「郷に入れば郷に従え」とは言わないのだ。

 間違った物真似が得意でゴミ掃除する日本人が話題にされてるが台湾に住む日本人は平気でゴミを捨てるぞって話になってた。同様に、先にやって来た道徳を知らぬ同族を都会人だと勘違いして真似をして自分も現地(都会)人ヅラをしているだけ。

 今回、ワイドショーで放送された日本での不法道路横断と同じで「他人がやってるから自分もやる」という概念が都市生活不適合者の典型であり、道の歩き方も知らない連中の現実。それに対して報道番組で当事者への聞き取り、注意したことで解るように人間のクズがする反応は逆ギレである。

   謝罪するようなら最初からやってない。悪事と知らないじゃなく確信犯だからな。

 いくら田舎者でも信号くらい知ってる。だが、絶対的に守る必要があるという認識を知らぬ。「みんな無視してる」だの「誰も通ってないから」とか行為の正当化を始めるわけだが自分自身を「無能なクズ」だと言ってるようにしか聞こえない。誰もいないように思えても、どんな所でも四六時中(24時間)誰が出てくるかわからない。

 周囲に注意をはらう確率、必要性の違いが人間を変えるのか? もしそうだったら都会で育てば全員が真っ当な能力を持つはず。ところが現実は東京生まれだろうと「カッペの子はカッペ」と言わせるまで能力が欠如しているとしか考えられない。

 報道番組で横断歩道じゃないところで横断したサラリーマンらしき人にインタビューしていたが、「自己責任」とか頭おかしいこと抜かしやがった。もう害悪でしかない。不法横断をひき殺してもOKにしない限り自己責任は成立しないんだ! それ、戦地へ行くなと強く政府のお達しも無視して行って拉致されるジャーナリストを名乗る奴らが自己責任とか言うイカレた主張と同じ。

   こんな頭おかしい連中を雇ってるんだよ。うじゃうじゃいるから他人事じゃない。

会社自身が迷惑を被らなければ金儲けをするだけが会社で関係ないか。

 自転車運転手がほぼ犯罪者なのは道路交通法を知らないことが多いが、横断歩道も信号も知らないはずがない。そもそも法律を知らないは何の言い訳にもならない。高度な話じゃない。横断歩道と信号の話だ。幼稚園児でもわかることを、わからない奴らはどれほど社会のクズか!

   違法だって言ってんのに自分ルールで喧嘩売ってくる人間のクズが多すぎる
   何が悪いヅラして食って掛かってくる連中へ「犯罪者はテメエのほうだ!」

 半世紀以上前から都会のシステムである「歩道橋」だが、どうにも連中には理解できないようなのだ。無謀運転ばかりだろうが滅多に車両が走行してない地域じゃ歩道橋自体が意味をなさないから設置されてないか?。あえて設置してあるとしても通学路くらいである。安全と交通の効率化のため歩行者と車両を分ける歩道橋がないのは非常に危険で、歩道橋がない所では余計に注意をしなければならない。

   ずっと目の前にあった現実に、てめえらが高齢化したら急に文句を言い出す。
   違法横断が糞野郎どもに真似され、老人だからといたわる価値は消滅。

 以前の東京では歩道橋がある交差点で歩行者が不法横断するなんて事を見ることはなかったが、近代にそういう悪党どもが増えてしまった。前から口が酸っぱくなるほど書いてきたが、団塊の世代という移民者が若い頃は表面的な問題を起こさなかったが高齢化して都会のシステムにケチを付け始めたからである。そうした行為を見た全世代の移民の子孫と近代移民者なる都市生活不適合者が悪事の真似を開始した。

   特殊詐欺電話で騙そうとしてる連中と同じように極悪ぶりに自覚症状がない。
   秘密のケンミンSHOWでも伝えられたが自動車に溺れた田舎者ほど歩きたがらない。

極悪ですよ。無法運転の車両は当然だが、歩行者とて相手を致死傷に遭わせてるんですからね。だから歩行者が立件されたわけ。なぜ解らないのか不思議だが、テレビで見る中国人レベルの呆れた行為と全く同じ。

   頼むから劣等感を逆ギレで返すのではなく、学習という方向性で示してくれよ

集団生活の秩序を守るべく学習も怠り、傍若無人と自己中な行動に走ることしかできないのだろうか?その知ったかぶりは犯罪行為にも等しい。数々の違法行為につながってるのだからな。

 日本では江戸時代に道徳に欠けようと集団生活のなんたるかは自然と身につけた。東京になってからは政治的に教育を行ったとされるが、次々と侵略してくる文字通り「道の歩き方も知らない人」に対して継続的に教育をしなかった。
 ベビーブームから受験戦争へと人間として先にすべき教育を社会が怠って学業を優先させてしまったのが、今の心がすさんだ日本の阿呆どもへと変貌させた。人間教育として過去の日本がした失敗は、鶴光がラジオでよく言ってた「明日の幸せより目の前の銭」である。結果どうなったか言うまでもないが明日の幸せどころか銭すら失いつつある。




・FNNニュース 東武バス逆走 竹の塚駅前交差点

 郊外、地方でよく見かける。都市部では混雑を理由にそういうことをするから恐ろしい。旅の途中で見たことがあるくらいだから常態化しているのであり、路線バスよりも乗用車からトラックまで交差点の角などで信号で止まった際に他人の敷地を利用して通行(ショートカット)して信号無視をする。地方へ行くと商業施設の大きな駐車場が交差点の角にすらあることが多く、そこを勝手に道路として利用する連中がいるのである。

 これもだが、幼少期から都会で他人との関係を感じながら生きてこないで、常に自分勝手が許される環境で育つと信号機で止まることすら虐げられたと思い込むのであろうか。上記本件や、あおり運転と同じだが精神の病ですよ。

   おおらかに思える田舎者のほうが実は強烈に気が短い
   更に高齢者は老化現象で気が短くなり道徳という抑えも外れる

 私はずっと言われてきたよう江戸っ子だから導火線が短いって思い込んでいるだけだった。並びたくないとか都市生活として時間の効率から遺伝子に染みつくほどなだけで、「火事と喧嘩は江戸の華」ってよう喧嘩するのは気が短くとも本当の理由は江戸時代から都市生活不適合者というクソ野郎がいると許せなかっただけだと分析している。

 急激に都市部で起き出した問題はエボラとまで例えたように藪を突いたばかりに蛇が出てきてしまったわけ。そして毒蛇だらけになって毒蛇同士は何が悪いのかすら理解できなくなったと例える。中には猛毒が潜んでいるため報道で騒ぎになるような事件が常態化した。

 幼少期から平然といろいろな違法行為をしてきても被害者に出くわさない、出くわしにくい環境では自分自身が悪党だという認識がなく育つため、そういう連中が都市部に出てきて悪事を注意されると、今までずっとやってきた事ですから悪事だと認識しておらず逆ギレという反応をする。恐るべきは自覚症状のなさなのだ。幼少期から擦り込んでしまったことは、そう簡単には払拭することはできない。ですから信号機も横断歩道もない社会でも、現実を知らずとも反射神経的に行えるよう同じ教育が必要なのである。これは同じ環境下で育った人には親は当然だが先生や役人にも無理なのだ。

 世界はもっと酷いわけで、こんな落ちぶれた日本人でさえ良く見えるから日本旅行を義務化したほうがいいじゃないかって意見を見かけた。「コンパクト・シティー」を謳うならば、小さな都会を作って他人と関わる社会というものを徹底して教育すべきである。でも先生となれるべき人は絶滅寸前だ。


 例えば中国も中国なりに田舎から都会へ出てきた人による自己中が問題になっており、ニュース映像として伝わってくるように、不道徳なんて軽い言葉で表せる状態じゃなく自己中が引き起こす殺人事件なのだ。

 これは人種でも地域差別でもなく、平然と不道徳行動ができるという証拠をもってして生活に必須な能力がない者たちを区別し、幼稚園レベルの再教育が必要であると社会へ警鐘を鳴らすための投稿である。

大多数は本質的に悪くはない。悪党へ転落を止める教育能力および環境がないのである。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-08 Mon 22:11 | マスメディア::テレビ・映像 |
谷瀬の吊り橋3番組
 十津川村がまだ未踏の地なので充電バイクの旅番組を見たのだが、谷瀬の吊り橋から始まって、お約束のネタ切れなのか、もしくは裏で誰かが動かしていると感じる部類である。少しまえには各種番組で台湾への旅が集中していた。同じ時期に集中するのは年がら年中なのでテレビを見ることが少ない人に当たる可能性が高くなる一方、テレビを見ている人にとっては、ほかをお願いとなる。

最近、谷瀬の吊り橋が登場した番組
2019年4月6日 テレビ東京「出川哲朗の充電させてくれませんか」 谷瀬の吊り橋→那智大社(熊野三山)
2019年3月22日 朝日放送「旅サラダ」 天川村・十津川村 古田敦也さんに番組降板するヒロド歩美アナが合流
2019年2月13日 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」 八木新宮線 十津川村宿泊 路線バス代キャッシュバック

 基本のチェック対象なので見てない番組は知りませんから他にもありそう。3月15日まで十津川村が路線バスのキャッシュバックキャンペーンをやっていたため奈良県などが手を回しているのかわからないが、放送から充電バイクは2月15日前後に収録していることがわかった。定番と異なる点では昨日放送の番組が最も参考になった。挙げた3番組は放送時間の差が激しいが充電バイク旅は目的地は定番でも道のりが違うところが大きい。

| emisaki | 2019-04-07 Sun 21:01 | マスメディア::テレビ・映像 |
逆襲温泉@テレビ東京「カンブリア宮殿」より
2019年3月28日放送 テレビ東京「カンブリア宮殿」
  【逆襲温泉SP!伝統の温泉町「草津」と「湯沢」に現れた革新の男】

・観光客への聞き取り調査
・見苦しい廃墟に日帰り温泉施設を建設
・時代遅れの温泉宿の改革...

続きを読む ≫
 草津温泉(群馬県)については、おばあちゃんに連れられて行ってるはずだが物事つく前で全く記憶がないため中学生になるまで数十回は連れて行かれた主に熱海(静岡県)を例にする。地域によって細かく対処法が異なるにしても本質は違わないはず。

 私の場合は小学生くらいまでは裏道を知るまで行ってたが、社会に出た直後は旅する余裕なんてなくブランクがあり、15~10年前の期間は「花火だけ見て帰る客」であり、十何年か前に名古屋で知り合った人から偶然にも東京での知り合いだった人に繋がり久しぶりに会ったことから複雑だが更に熱海へ繋がり、愛しの八重歯ちゃん(ミス熱海梅娘)に会ったことがきっかけで10年前(2009年)に小さい頃から大きく変わった熱海の本格的な調査を始めた。

 幼少期の熱海は遊泳禁止だったのにサンビーチ(人工砂浜)ができてるのは知ってたが、暗くなってから行くため全体像を把握しておらず、ビックリしたのは昼間に行くようになった10年前だった。

 バブル崩壊後から草津は手が付けられない状態だったかもしれないが、熱海は廃業した宿がリゾートマンションになり、海岸線(親水公園、ヨットハーバー)を見たとき「熱海は葉山・逗子じゃねーよ」と落胆したのは忘れない。



 熱海の調査の関係で、草津温泉も越後湯沢も知ることとなった。それは物件(土地・住居)を調べたから同時に他の観光地も知ったがテレビ番組が騒ぐ前から草津よりリゾートマンションが乱立した越後湯沢で中古マンション10万円の叩き売りがズラーッと並んでいるのは見ていた。

 その時点で今回のテレビ番組にあるような再生計画なんて知るよしもないが、番組を見る限り私が考えたり、やってきたことと相当な点で一致している。客だからこそ当たり前に理解していることで自慢話ではない。そこを知ろうとしない観光業者が間抜けだっただけである。



 過去にも書いたが、H.I.S.や星野リゾートが成長したのは自らが客、旅人だったからでしょう。ですから H.I.S.みたいに初心を忘れる、創業者の意向から外れてしまうと変な方向へ進んでしまうのである。だいたい会社が大きくなるとそうなる。
 分野が違うがiPhoneのアップル社より前に日本のアップル社のようだったソニーだが会社を理解しない社員が規模やブランドだけで入ってくると崩されてしまう。ソニー製品をロクに知りもしない経営者に何億円も払って経営のみを考えた結果がソニーの革新性をなくしたと思ってる。ですから市場動向や顧客のことを知った上での指揮者の意向は重要。

 どこを目指すのも勝手なのだが、H.I.S.がJTBを目指してるように感じるから、こっちからすれば初心のH.I.S.の必要性を見失ってどの業者でも変わらないならJTBでいいってことになった。なんでもかんでも収益の拡大を狙えば良いって問題じゃないのも、多くの大企業の失敗が教えてくれる。電器屋にしろ飲食店にしろ出店し過ぎて滅亡した企業がどれだけあったか。

 社会の大企業の経営に対して小僧が偉そうに語るならば天井は見えているのに成長(収益拡大)しか考えないのは馬鹿に見える。それよりも、長く現状維持してゆくことを考えるべきで、そのほうが非常に難しいことでもある。公開株というハゲタカに支配されてないならば正しい選択をすべきでしょう。

 ただ、ホテル業はそれほど大企業ではないから、一度潰れると観光業者に買われてホテル名は残しても裏では同じ経営会社になるが、現状では個人事業主の旅館やホテルより客として選びたい宿となっている。居抜き物件で設備投資額が低いからってよりも、ちゃんと市場動向を探って決めてるからだ。市場動向を見誤らなければ新規出店だって問題ないわけ。



 私は技術畑なので経営学なんて知らないが、恥ずかしくても商売の基本として「地域一番店を目指す」のと「困ったときは客に聞け」ってのは深く残ってた。私が思うことは一人の意見でしかないため、客観的な意見に近づけるため同じ観光客の意見を集めた。自分も観光客だから実に簡単で、地獄耳でぐるぐる廻ってればよいだけ。同じ観光客同士だから本心を聞き出せてきたと思う。日頃から劇辛で綴っている私でさえ思う、ものすごく厳しい意見を聞いてきた。

 イベントやバスの待ち時間だったり、他人のカメラのシャッターを100回以上は押してきたから自分から何気なく聞き出すことも多々あった(「何気なく」が重要)。ですからあからさまに行うアンケート調査ってのは信用せず、そこそこの指標でしかない。苦情に賞金を付けた企業があるように、本当に改善したい事を得るにはアンケート調査では不可能。

 「ないしょ話」以外は過去のブログにて「考察・批評」なるカテゴリーに問題点は綴ってある。そして住民と別荘族からの情報も得てきた。それらの情報を総合して客としての意見なので設備投資の資金面など多くの場合は無視して語ってきた。ある程度の改善が見られたから受け入れられたのだと思う。メディア戦略という宣伝だけでは短期的に飽きられてしまうからだ。

 調査から感じることがあるが一般観光客も感じ取っていると思われることは地元商店の人の感情である。「やる気が失せている」ってのは強く受け取ってしまって人を遠ざけてしまうのであり、回復に転じた際に急速に進むのも急に店員などの感情が良い印象に変わるからである。客なら誰もがわかることだ。



番組で語られる次の点も客として文句を言ってきたこと。

(草津町長)
「日本の温泉地は旅館中心の町づくりをしてきた。旅館・ホテルそのものが観光地化してしまった。宿の中にお客さんを閉じ込め外に出ない仕組み作りをしてきた。それが温泉地の衰退にもつながった。それでは温泉地に行った意味がない。1回行くと飽きてしまう。町全体を豊かにする思いで、とことん外に出てもらう発送をした。」

 全く同感。連れられて行く時代はともかく、社会人になって自分で出かけて行くことになってから旅館で食べきれない飯が出て割高感が漂ったり疑問しかなかった。全てやめろとは言わないが多くの場合は時代遅れの方式だと。

 加えて「休暇」なのに古くさい旅館の制度に振り回されては行った意味がない。江戸っ子家系で行ってますから日頃から人間だらけな訳で、旅館に行ってまで仲居さんだろうが関わるのは残念なことに「小さな親切、大きなお世話」という言葉を使うしかなくなる。それで西洋風ホテルが好きなのだ。こちから要求しない限り、ごちゃごちゃ言ってこないからだ。接待のつもりが、お節介であることも認識したほうがよい。人手不足とか言うなら丁度よいでしょう。お節介希望な人は相応の料金を払ってくれ。



(草津町長)
「店やビルをきれいにすれば客が増えると住民が実感できた」

 それは近年で言うならば鬼怒川のホテルで目の前に廃墟が見えるとキャンセルが相次いだためホテルの自費で解体したくらい意味のあることです。だから熱海での場合も旧・岡本ホテルを市が買い取るとき「買うならそこじゃねーだろ」って思ったわけ。ただし、そこじゃない場所を買うほうが長年廃墟だとしても一等地のため買えない。新たなホテル建設で壁となる高さのビルを許せば裏で廃墟が増えるだけ。臭いものに蓋をするだけで根本的な解決策ではないと文句を付けたが参入する業者は通常「金儲け」しか考えないし、自分だけ良ければ裏で日陰に泣く住民なんて知ったこっちゃねぇ連中でしょう。そう考える奴らから明日は見えるのかと。

 そこで草津に戻るが、「古いと汚い」は全く違うと他人の言葉を借りてきたが、草津は熱海のような道を歩んでる。日帰り温泉施設は古来の木造であるが、商店は「古い=汚い」と思ってるようだから「綺麗=最新」のような動きで、新規出店したような店は「草津温泉じゃない」って感じがする。それが許せたのが草津温泉を知らない若年層であっただけだから「温泉地」の景観を崩すと中高年の客離れを起こす。近代の日本が抱えてる少子化問題からするとカンフル剤(その場しのぎ)にすぎないってことになる。

 何も若者だからって近代風が求められるわけじゃないのは京都が日本人としても一大観光地であることもあるし、各地に古風な温泉街は残っている。むしろ、新しくしてしまったら取り返しが付かない。草津も遠目にみればリゾートマンションと残念な景観になる。



(現地収録映像より)
「歴代町長は旅館関係者」

 これまた、どっかで聞いたような話。それを許してきたのが破滅への道。全国的に見て地域の大きな事業者が議員から市町村の長ってロクなことがない。某所においても誰が財政破綻寸前まで追い込んだのかは明白であり、性懲りもなく関係者が政治家として立候補してくる恥知らずぶり。住民が賢明な判断をしなければ競合相手がいない市町村は独裁政権も同然だからな。正しい時の独裁は早く良い方向へ進められるが、ヤバイ奴の独裁政権となれば特定の方を向くだけで大多数が苦しめられる。



(草津町長)
湯畑への集中投資と駐車場の廃止にて
「嫌なら私の首を取れ。そうすれば止まる。どんな反対があっても強い意志でやりきると言った」

 以前に東国原英夫が宮崎県知事時代の話で「何をするにも反対派はいる」と言っており「やると決めたら進める」と続けてた。ところが現実には多くの政治家や役所は誰にでも良い顔をしようと呆れた態度を示す。東京都で言うならば小池の豊洲へ移転するが築地も生かす発言だ。結果的に築地は別の利用へと当然の流れになったが、節操がない事を言うのが一般的な政治家のお約束であっても、市民としては受け入れがたい。



(テレビ司会者)
東京から草津をイメージして何か思ったことありますか?
(草津町長)
 「東京を見ずして地方を語るなと言ってきてる。東京を見て勉強すると地方で何をしたらよいか何となくわかる。地方の人ほど東京に憧れる。そうすると東京の延長をしようとする。これは大失敗します。地方は東京にない集合体を作るべき」

 当たり前だな。たとえば海外旅行して日本庭園なんて見に行きたくない。外国人観光客でも都会から来た人は東京の風景なんてどうでもいい。東京の延長線上には用がない。必要な知るべきことは、客の多くが都会から来てること。

 以前に紹介されたが熊本県にある広大な土地で「人の気配を全く感じさせない宿」は高額なのに別に富裕層じゃなくても客が来ると。それも東京では不可能なことを提供しているからだ。

 ここに繋がる。熱海が東洋のモナコとか「ちょっと何 言ってんのかわかんないんですけどー」とね。日本の温泉街をやれよってね。草津とは別の手段で復活を遂げているから良いが、城崎温泉みたいだった熱海に戻ることは絶対にない。だからある時点で絶対に選択を失敗してはいけないのだ。
 海外旅行で自国にあるものを見たくもないって点からも西洋風になんてしてはいけないのである。客が若年層のうちは良いが草津は新規の店構えには違和感がある。インバウンド商戦なんて言ってる時代に東京の延長線上、西洋風なんて経営では潰れるのみ。



誰かさんの言葉を借りるとして「テレビは宣伝しかしない」。

 ですから草津も回復を見せたからこそ紹介された。「ただいま草津はどん底で客が激減」なんて報道しない。その点を理解しながら番組から得るものは得てる。

 番組で紹介された湯沢町で宿の改革をして成功したところも、客として思ってきた事、そのものであった。そして、ちゃんと市場調査をしている。宿に限らず、客の求めるものを探らず、販売してるものの水準を理解してないからシャッター通り商店街になるのである。全ては客に聞けばわかることなんだがな。無能で廃業になろうが知ったこっちゃないが、「買い物難民」なんて生まれる社会で無能な店に仕方なく生かされるなんて可哀想だ。

客としての怒りなのである。
反対に言えば、無能な経営者は客のお情けで生かされてきただけなのだ。

 間違ったプライドを持ってるよう見えるが、無能な点を受け入れなければ先には進めない。成功ではなく失敗からしか得るものはないのと同じ。その先にこそ持つべき真のプライドが待っている。

 観光業はコストパーフォーマンスとは縁遠く平均するとボッタクリ感のほうが強いため、先に「行かない、泊まらない」という逆襲に出ていたのは客のほうなんだよね。
 「困ったときは客に聞け」っても日本人の場合は、いざ当事者を目の前にして本当のことが言えるかどうか。文句も言わず去る人から何か得ることができるかどうかだ。
 努力をしたつもりと市場調査もしないで嘆いたり社会の責任にする連中が実に多い。ですから客を呼んだ周囲の真似を始めたってのは本質を理解しているかどうか疑問である。有馬温泉の復活劇も紹介されたが基本的な手法は同じでしょう。草津温泉でも強い反対が起きたと語っていたが、実行できるか、できないかで命運が決まったように感じた。

 草津の町長は過去に自分の商業にて真っ当な市場調査をしてきたからこそ今がある。政治家による役にたたない視察という名の観光旅行に比べたら観光業者が客をやってみることは重要である。「プロ」ってのは、そこそこの範囲内で多くのことに対応でき報酬をいただく人のことだが、「趣味」を突き詰めた人ってのはプロの上をゆくのも決定的な違いは、お金をもらうじゃなく払ってる。そしてプロ(職業)には妥協があるが趣味(マニア)には妥協がない!

だから宣伝費に100万円あったら日本中を調査してくればいい。

 私は開発者(30歳定年説あり)から検査人(デバッガー)へと移った関係から趣味に生かしたと言え、陰湿であるが駄目な観光地が、なぜ駄目なのかを探るのに興味が湧くのであった。同じことをすれば客を遠ざけてる問題なんてすぐ見えるようになるはずさ。もし他人の意見を聞くならば本当の客の意見を聞くことである。どこの業界にもいるが、評論家なんて職業になった瞬間に単なる宣伝マンに成り下がり使い物にならなくなるし、報酬のために評論なんてしてないし、むしろ批判してやったほうが業者のためなんだよ。それを聞き入れず怒るような業者は最初から終わってるんだ。

今は有能か無能かだけで勝敗が決まっており競争じゃない。
全ての観光業が理解してからこそ、本当の競争の始まりだ。


なぜ 小さな子 みたいに 大きな子 を ワクワク させてくれないんだ!?

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-04-07 Sun 20:04 | マスメディア::テレビ・映像 |