サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2019 - 09  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

今日まで気づかなかった「じゃじゃじゃじゃーン!」
 テレビをつけたまま寝ちゃった。起きたけどぼーっとしながら「ウゴウゴルーガ」やってると目が覚めたらソックリ番組だった。急いで調べると1年前(2018年10月)に始まってた。この時間帯の録画チェックすらしなくなったのは「フジテレビ批評」の中身が変わって見なくなったから空白時間帯になっていた。放送時刻は無謀で小さい子が起きてるはずがない子供番組。深夜まで飲んだくれがタクシーで帰ったかって 土曜04:52-05:22。

ありゃりゃ、声が onちゃんの中の人!? どういうキャスティング?

 偶然にも誰も見てないと思った通りの展開になったが、視聴者からの意見ってことで「放送してる時間帯が頭おかしすぎ」ってのは賛同するが、「深夜に放送してみてはいかがでしょう?」のほうは頭おかしすぎです。30代 主婦にしては意見の文面が怪しいので演出かもな。子供番組じゃねーのかよ!なに、大きな子供番組なの?

ウゴウゴルーガの時点で大きな子供番組だったような気もしましたけど。

 なんと、2019年9月29日深夜1時55分(9月30日01:55)からスペシャル版の放送が決定したそうで 頭おかしすぎですwww この展開、やっぱり番宣の流れだった。

なんでこんな時間帯に放送してるの 教えてえらいひと。
フジテレビじゃじゃじゃじゃーん!

| emisaki | 2019-09-21 Sat 08:33 | マスメディア::テレビ・映像 |
専門外と戦力外のコメンテーターは必要ですか?
 ワイドショーのコメンテーターは私が危ないと思って勉強した程度でも知ったかぶりで喋ってることが見え見えな程度の低さをよく感じる。同類の奴がテレビで喋ったことを専門外だから無責任に真似してるだけだと思うことが多々ある。

 ゲストやレギュラー出演者が世間一般人として語るのには何の問題もないが、特定分野の専門家であるほど異分野に対しても偉そうなことを言う。代表例とし先生と呼ばれる職に多く感じる。分野は違うがアド街で毎週どこの街でも知ったふうな口調のYにも視聴者として嫌気が差す。医師だって弁護士だって全分野に精通なんて不可能なのだから、知らないことは素直に知らないと言ってくれたほうが信用できる人だ。症状を聞かず診断するのは俺様だ!なる医者は怖い。

続きを読む ≫
 文句を言うために勉強することがあるから異分野の奴だから知らないとは言えないが、ワイドショーに出てくるようなコメンテーターは専門家ではなく、本業が駄目で肩書きを利用してテレビの仕事だけをしてるのではないなら勉強してる時間なんてあるはずがない。だから浅はかな回答を繰り返す。別分野での肩書きを持ってるだけだから。

 そして専門家でもテレビに延々と出演できるような人は最前線で働いてる人ではなく引退組である。情報の鮮度が悪いか取材陣と同じ間接的な情報で語ってるだけ。その点、視聴率が落ちるにしても夜のBS報道番組のほうが上だ。

 爆裂お父さんの乱から芸人を出すなと言うならば美男美女団体のタレントなんて表沙汰だけじゃなく隠蔽してきた疑惑不祥事まで含めたら報道どころかテレビにも出すなってことになる。
 知ってか知らずか反社会的勢力(反社)がいた会合の闇営業で袋叩きがあった一方、売春斡旋して罰金刑と前科ついた反社会的行為そのものの奴は劇的に軽い扱いしかされないのが意味不明だ。頭軽そうな経営陣の何も変わらなかった邪悪なチカラだろうな。

 週刊誌だからどこまで真実か怪しいが爆裂お父さんが番組を私物化で報道から芸人排除?当事者として語っただけだろ。勝手な発言が司会者として不適格ならば、おヅラさん(仮名)なんてどんだけ世間に向けて自分勝手な事や強要する発言をしてきたことか。そのくせ、テリーとか古市とか世間ズレの激しいのを入れないと視聴率が取れないらしいのも不思議でならない。

 夜のBSで、一つの話題をじっくり話すニュース専門番組が増えたのは、失礼ながら昼夜で視聴者の程度の違いがあるからだ。昼間こそ長々と一つの話題を話せるにも関わらず、元は関係者だったリタイア組の出演者ばかりで構成されているため夜に比べたら内容が薄く時間つぶしでしかない。

 仕事の関係で昼夜が逆転することがあると見ることになるのだが、受け身が多い年齢層がほとんどである日中のワイドショーによる大衆への植え付けが怖く感じる。だから日中の番組で堪忍袋の緒が切れて発言をした人達が吊し上げられるのだが、真っ当ならば「よく言ってくれた」と言うべきなのだ。コメンテーターはテレビ局側のイエスマンばかりしか出演させないから誰がどこの局とお決まりになっている。マトモじゃないね。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-09-13 Fri 12:46 | マスメディア::テレビ・映像 |
使うなと指摘してきた言葉、止まず。そして台風報道への苦言
台風のコースによってたまに出ることばが「さい接近」だ。

 クイズ番組で出題されるように日本語には同音異義語という面倒くさいものがある。台風の情報を語るときに何を言ってるのかわからないのが、さい接近で「再」接近」なのか「最」接近なのかがわからない。

 次なる誤解を生んでいるのが台風の西側は風力が弱いなるとんでもないこと。進んでいる方向で相殺されるなんてことは全くなく、秒速40メートルの強風と時速40キロの移動速度ではケタが違いすぎるのだ。素人目に見ても台風の西側で風速が弱まるのは上空の風向きが原因と考えたほうが論理的である。加えて日本の地形と台風の進路に原因がありそう。

 そして繰り返しの苦情だが、これは気象庁が悪の根源だと思うが「上陸」で、台風の中心じゃないと上陸にならず注意喚起になってない。台風って中心だけか! 暴風圏をもってして台風とすべきだ。 それじゃあ、ゴジラが放射能の火を吐いて被害を出してるのに片足じゃ上陸じゃねーのかよ。結局、上陸したか、しねぇかなんて、どーーでもいい。避難するのも、被害が出るのも、そういう問題じゃないからだ。。

 一部しか録画してないが、たまたま見えた FNN News It! で佐々木さんの発音(アクセント)は避雷針じゃなく「飛来」針としか聞こえなかったが、これはほかに言葉がないため誤解しないだけ。地方出身者は名詞に方言が残ることが多いから同音異義語が誤解を招くことも付け加える。

| emisaki | 2019-09-09 Mon 20:28 | マスメディア::テレビ・映像 |
99人の壁って米国のパクリだったのか
記事タイトルを正しい日本語にすると「99人の壁“も”パクリだったのか」でしょう。

 これは知らなかった。ライセンス受けてるならいいけどパクリは駄目ですね。週刊誌記事には100人を99人にして逃げたと。テレビが始まった時から日本も欧米のパクリだらけで平成に入っても変わらずあったが、今は恥ずかしい。わかった時点でボツにすべきでしょ。コンプライアンスとか語る資格ないですね。企画を買ってもほとんど気づかず見るんだから契約すればよい。これからどのツラして番組を海外に売れるのかと考えれば遡ってお金は払わなくてはならない。

続きを読む ≫
 パクリだけに当初は面白かった。日本の悪いところはクイズ番組にしても「芸能人を出して芸能人が賞金をもってゆく」ところで、その点は米国作品のほうが好感を持てる。なぜか日本人は視聴者が参加できるより「見てるだけ」が好きなのだ。

 私はそういうのが嫌いなので、マジカル頭脳パワーだって当初は一緒に考える内容で良かったのに、後年は出演者がゲームやってるだけのつまらん番組になってしまったが、なぜかそのほうが視聴率が上がった。その反動は今の「Qさま」とか「東大王」なる番組だろうが、「たけしのコマネチ大学 数学科」のように深夜番組やCS/BSだけで成立する番組を視聴率が上がったからゴールデンタイムに進出させるって馬鹿としかいいようがなく、必ずと言ってよいほど長続きしない。

 ある期間、フジテレビがBSフジで新人ディレクターに番組を作らせて評判が良ければ吸い上げることをしてた。新しくて楽しいってもBSで放送してた時点で問題点、特に出演者の危険性を感じたのが「逃走中」で、当初は早朝と思われる普通の街中を逃げ回ってたのだ。番組としては楽しいよ、でも、見てて危ないほうが強かった。保阪尚希さんだったかも渋谷でマジで逃げ(隠れ)てましたからね。隠れが禁止とか番組的に面白くないことが更に危険性を増した。事前の考えが甘すぎるテレビ番組制作者側の劣化の例である。既に認められた番組のパクリというのは、それを逃れる手なのかもしれない。


 パクリと言えば現在形でお隣のお家芸ですが、前に指摘したがドラマ「シグナル」は米国の作品をお隣さんがパクったのを日本が筋違いの所へライセンス料を払って日本版を作るという意味不明だった。お隣さんには日本のもたくさんパクられてきたのに、なぜオリジナルの米国に接触しないのか裏を感じた。

 ネタ切れはわかってる。今日のテレ東は多摩川を河口から源流まで行くってやつだが、多摩川も荒川も既にやってる企画である。以前は行ける限り手こぎボードで進んで、行けないところはトラックで輸送ってのもあったな。

 紙製の船にしてどこまで行けるかなら「鉄腕DASH」になる。線路沿いに歩く企画は場所が変わるけど、これは場所が変わらない。10年も経てば街が変わるくらい。そろそろ忘れたと思ってるのかもしれないが、私が忘れないのは当然として、ご老体の方々って昨日喰った物は忘れるけど昔のことは記憶してるんだよね。

 街が変わってるのは人間も変わってるってことだから、コピペ卒論のような世代の連中を新鮮な感覚だとか勘違いし、そのまま取り入れるってのはハイリスク、ローリターンでしょう。

 一般論として、そのくらいいいだろ、と本当の不謹慎を一緒にして考えすぎで視聴者と戦わずして自滅してる。確かにアンパンマンのアンパンチを問題視する異常な親が登場してしまった時代ではある。PTAとやらを敵に回しても「カラスの勝手でしょ~」と言う時代には戻れないのだろうか。それをするには親と子が勉学という意味じゃない馬鹿ではない必要があり、アンパンチを問題視するような出来の悪い親ばかりの現代じゃ無理な相談か。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-09-07 Sat 18:57 | マスメディア::テレビ・映像 |
開かずの金庫開けドリル使いはド素人@ニッポンドリル
2019年9月4日放送 フジテレビ
「林修のニッポンドリルSP 100年開かずの金庫VS天才鍵師!激闘50時間」

 文字合わせの回転鍵ではなく、第二の普通の鍵部分で開けられなかったためドリルを持ち出したのだが、そのドリル使いのあまりのド素人ぶりに日曜大工の俺レベルでさえテレビ画面に向かってバカヤロー呼ばわりした。だって金属に向かってドリルをぐるぐる回転させてるんだから折れるに決まってる。木材じゃね-んだ。ドリルは棒状に加え横方向には弱いのも知らねーのかってね。頭は大丈夫か、何本も折る始末。1~2万円くらいのダイヤモンドコーティングの歯を使えば真っ直ぐ掘れただろう。この選択肢も持ち出せないのか? ドリルは高いがダイヤモンドコーティングの糸ノコなら俺でも持ってる。作業を知らないに加え装備してない時点でプロとして恥ずべきだ。

 結局、ほじくり返しても開かず、グラインダーで切り取る酷い破壊になった。素人目に見ても、ぶったたいてかんぬきを落とすなら切り取らずしても出来た可能性がある。テレビ的に急がねば金庫に大穴を開けなくて済んだのではなかろうか。どこがプロなのか疑う。テレ東の企画を主要局がパクリまくって絶対に結果を出すことが求められてるだけに酷いのが増えた。もちろん依頼主は放送と引き換えに料金を払ってないだろうが、被害を生まないためにも依頼主はよく考えるべき。

こうした流れが番組制作で大事件に繋がってきたこと、すぐ忘れるのが制作の連中。
ニッポンドリル、中身をごっそり変えず、ネタ切れなら素直に終了したまえ。

| emisaki | 2019-09-04 Wed 23:53 | マスメディア::テレビ・映像 |
報酬を数千万円上乗せねぇ、眼力強い奴と同じ穴の狢か
 ホンマでっかTVで、ごちゃごちゃ言ってた姉ちゃんは耳の穴をかっぽじって聞くべきだな。過去にテレビで勇気ある発言をしたお方の名言を再度取り上げることにしよう。
  「年収1500万円以上の人は、ラッキーな人が一握り、後は悪党」
個人的には暴論だとは全く思わない。当事者には自覚症状はあるのだろうか?ないから世界中で悪びれもせず偉そうにしてられるんだろうけどな。社会で本当に駄目な奴らは少なく、ごく一部に牛耳られてる結果だから過去にアメリカでも長期デモが起きるほど騒ぎになってきた。社会として本当に必要な職業ほど報酬が少ない傾向にある。問題が持ち上がれば「ああ言えば、こう言う」が始まるか?

 不正は当然のこと、そもそもの報酬制度が狂ってる。過去に有名になった発言、金儲けして何が悪いんですかに当時即座に突っ込んだのが「悪くないよ。ただ、やり口が汚ねぇ」と。報酬が世界の標準なのではなく、そっちが狂ってるのだ!

| emisaki | 2019-09-04 Wed 23:48 | マスメディア::テレビ・映像 |
天気を表す日本語も知らぬ気象予報士の存在
 テレビ業界内で修正しようって気配がないため目立ったところから気にしていたところ、中年の気象予報士でさえ気象の日本語を知らぬのを一人ではなく複数確認したため取り上げる。

 天気予報をテレビを通じて語る上、明らかに雨が降る意味で「雨模様」という言葉を使っていた。雨模様とは雨が降りそうな状態で雨が降ったら雨模様とは言わない。雨が降っている模様の略ではないし、基本的に現在形で使い、過去形で語ることもあろうが未来形では使わない。

真っ当な人なら「雨模様になります」と言われたら、「どんより雲だが雨は降らない」と認識。

 前回怒ったように、雨が降ってるのか、降ってないのかは重要であり、間違えてる奴らがいるならば「雨模様」という言葉は使用禁止にしなくてはならない。くだらんことまで放送禁止用語なんて定めてるくらいなら、こっちのほうがよっぽど重要である。

| emisaki | 2019-09-04 Wed 12:40 | マスメディア::テレビ・映像 |