サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2019 - 08  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

部屋の等級名称の勉強
スタンダード Standrd/スーペリア Superior/デラックス Deluxe/
ラグジュアリー Luxury/スイート Suite/ペントハウス Penthouse

 これ以外にもエグゼクティブとか細かい違いが見つかったが上記との別の言い方だけかもしれない。スターバックスコーヒーの量の指定みたいに紛らわしい。

 海外や超高級ホテルには縁がありませんから上のほうは知識としてしか知りませんが、日本でビジネスホテルだと飛行機から取ったのかエコノミー Economy と言ってる場合もある。定義が曖昧なのでスタンダードの換わりだったり下に位置してたりし、デラックスは出てるが、スーペリアと聞くのはリゾートホテルな感じ。一般論としては「訳がわからない」が答え。

続きを読む ≫
 日本の場合は旅館の文化であったのと、飲食店のメニューや食品サンプルのように “百聞は一見にしかず” で示されてきたし、不明の場合は大きな差がない。テレビ番組でも説明されてきたが「松竹梅」も本来は等級ではないとか。旅館でお馴染みの「○○の間」は木々草花の名だったり鳥だったり情景名だったり単なる部屋の名前。

 床の間、応接間ってことと同じだから等級ではない。「上中下」なら等級であろうが「上中並」は必ずしも等級じゃない。寿司屋だったら等級だが単に量の違いも多く、家の近くのとんかつ屋も「上」は無印より量が多いだけで、うなぎ屋でも量の違いだった。推測するに「下」って使いたくなかったから「並」を作り出したのではなかろうか。等級が違うのを扱ってる場合は例えば天然、養殖または国産、輸入とか具体的に書かれてたりする感じがある。統計とは程遠いんで誰か調査してくれてると嬉しいんだが短時間では見つからなかった。

 日本人でも嫌気が差すんだが、まどろっこしい遠回しな言い方みたいなのが多いんだよな。商品の場合はわざと不明瞭にして思い込みを狙ってる感じもするし、「上中並」が等級である場合は心理的に「並」を避けさせる手口だから。

 旅館・ホテルの場合、建物や部屋の写真に法的制約が見られない。旅館業法をざっくり検索してそのような文言は見つからなかった。内容からすると景品表示法のようになるのか、そっちは道具や飲食物の販売を前提にしてそうだし何だ? 制限がないから建築や改装当時の新しい写真が載ってるわけだよな。同様に等級の定義も見当たらない。ほぼ気分でしかない温泉に厳しい規定があるのに旅館業法は話にならん内容しかない。


 ペントハウスなんて馴染みのない部屋は富を独占してる悪党しか泊まれんよ。日本に超高級ホテルがないなんて言ってる奴がいるが、それは真っ当だってことを表しているのだ。念のため、社会・共産主義なんて堕落しかさせない社会構造はお断りで、民主主義において横暴を許さないっていうのが私の姿勢である。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-21 Sun 12:31 | 旅・散策と行事::宿 |
ホテル予約のオーバーブッキング問題
 数日前にフジテレビ「とくダネ」でも扱われたホテル予約のオーバーブッキング問題。例によってネット上でのことを取り上げた。それ以前からも予約が入ってないとかキャンセルできないとかも含めて黒船グループ(仮名)や地盤沈下会社(仮名)あたりでさんざん取り沙汰されてきたが、実のところ創業当初と異なり経営が変わってきたりして国内のOTAとて真っ当だとは言えなくなった。そこから先はホテル側の問題であることが多く、よって海外だと悲劇が待っている確率が高まる。

続きを読む ≫
 海外旅行ではないが私も小僧の頃で知識も乏しく海外の通信販売で不良品の返品手続きを説明通りに連絡したのだが無視され続けて終わったことがある。1500USD(15万円)でしたから高い勉強代になった。その当時は化石通信の末期でまだファクシミリでしたから繰り返すだけ国際電話料金の請求が増した。通話では戦えない自分のせいでもあるが800番から始まるフリーダイヤルは米国内とカナダのみで外国からは通じないようだった。

 日本と同じような人間って考えるほうが間違っていたので現在の海外旅行でのホテル予約だろうと似た問題は出て当然。ホテルと予約専門業の双方が他者に なすりつけて変更やキャンセルさせないようにしてるとしか思えない件が多数投稿されていた。連絡なしの不泊は日本より外国のほうが桁違いに多いって話ですからね。それは日本も他人事じゃなく、飲食店予約での件に見られる日本人の堕落に加えて外国人観光客の激増ってことは被害は目に見えている。回り回って真っ当な客へしわ寄せがくる。


 テレビで取り上げられたのは日本国内。ところが外資系の地盤沈下会社(仮名)を通した予約で外国資本のホテルらしいのだ(旅行関係者がテレビを見て断片から突き止めて投稿していた)。オーバーブッキングなのに連絡もなく行ったらホテルをたらい回しにされたと。放送を見たが日本語が通じない中国人専用のホテルっぽく、パスポート見せろって日本人が日本で持ち歩いてるわけねーだろって感じでした。
(※取り上げられたままの表現にしたが、1度くらいではたらい回しとは言わない)


 「どうしてそんなところを経由して予約するかな」ってのがテレビを見てすぐに出た感想。テレビCMをビシバシやってるから信用しちゃうんでしょうか? 他にもネット検索すると、回し者が作ったとしか思えない予約サイトの比較投稿があって「提灯記事か!」、「最初から結果を決めてる」と外部のクチコミにあったが、その通りだと思った。

 なぜなら過去にCMの嘘を指摘してCMのほうも、こっそり言わなくなったのに、その嘘な部分がそのまま利点として掲載されている。他の記事を読んでも「1ヶ月の半分は県外ホテル宿泊」なんて到底思えない程度の知識の低さ。回し者にしては質が悪すぎる。


 真っ当なホテルならオーバーブッキングになる前に対処してる。海外の悪徳ホテルなんかだとオーバーブッキングしてから想定されるキャンセル料をふんだくる仕組みなんか伝えられてて怖い。ざっくりとした統計だと極端にトラブルが見つかったのが、やっぱり嘘が日常な「あの国」のようです。

 オーバーブッキング自体はどこでもやってるが対処しきれないほどやらかしているのが“ヤバイ奴ら”ってことになる。飛行機でも希に起きる。ホテルもだが遅く行った客が外れクジを引く。

 LCCだと直近のキャンセルは紙くずになるから最初から多く売らずオーバーブッキングの点は安全だよね。希だろうから大手航空会社で普通に買ってのオーバーブッキングなんて出くわしたことないが、翌日便になる場合はホテル代まで払ってくれるとのこと。乗れないも困るけど、泊まれないはもっと困る。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-21 Sun 11:59 | 旅・散策と行事::宿 |
想い出:広島市文化交流会館←旧・厚生年金会館 宿泊施設
 広島駅からは今でも路面電車であり、住宅街へ向かって高架橋と南部は地下である新交通なんて乗ったことないな。そういえば以前に泊まったところはどうなったかと思ったら、周辺がむちゃくちゃ変わってた。

 小僧の頃、交通費を周遊券なんかで節約しても大金だってのにホテル代にも四苦八苦していた。当時は「旅の窓口」すらないのも当たり前のインターネットじゃなくパソコン通信って言われてた頃だから、もっぱら情報源はネットよりも旅行書籍である。

 それでも旅館のようなお高い宿のほうの相場はわかるのだがビジネスホテル系の料金は掴みにくく、観光用じゃなく地図に掲載されていた料金の範囲から怖々電話予約で料金を確認していた…。

続きを読む ≫
 誰かから厚生年金が運営してるホテルが綺麗で安いよって聞いて確かにそうだった(大阪とか古くからあった所は古い)。赤字だなんだで風当たりが激しくなるまでは各所の厚生年金会館の宿を利用していた。一般でも少し料金が高くなるだけで泊まれたのだが知られてなかったのが予約しやすかった理由だろうか?

 悲劇なことか、予約しやすかった頃は各所で売却が相次ぎ、平行して通信環境がよくなるごとに空室がなく予約できなくなってしまった。赤字経営については何が原因か不明。なぜなら大きく場所を食っていたのは劇場(ホール)であったからで都市部であるとホテルは建物の隙間に作られてるのが多かった。広島ともなれば土地があったから独立した感じ。

 しかし通信環境が良くなるってことは一般的なビジネスホテルの相場もわかってくるってことで選択肢は広がっていたのだが、当時を思い起こすと客室を比較すれば厚生年金会館ホテルは安かった。


 広島で厚生年金会館(ウェルシティ広島)が広島市へ売却されたあとの広島市文化交流会館はどうだろうと料金を調べてみると今でも安い。

 私が泊まったのはゴールデンウィーク真っ只中の広島フラワーフェスティバル観覧のためなので公共交通は少し不便だが平和大通りからは近くて最適なのに楽に予約できたくらい。広島駅から繁華街とか見ながら歩くような奴が不便なはずないので少々不便は一般論だ。

 今となって値段だけなら似たようなホテルはたくさん見つかるが、平日だったら他のホテルより安く少し広い部屋が見つかる 18m2(18平米)。もし、民間に売却されて儲けを最優先にされていたら改装されて狭い部屋だらけになっていたかもね。
 普通のビジネスホテルのスタンダードかそれ以下のエコノミーだと10~13m2くらいですかね。そう考えると、博多どんたく祭り期間で久留米まで逃れたとき当日に探しまくって最終的に案内所に頼んだから空いてたツインルーム 30m2くらいのところに5千円程度で泊まれたが、それって東京駅周辺は無理だから千葉駅まで行くのと同じなので当然だったかも。


 広島市文化交流会館で土曜日の料金を調べようとしたら全く空室なし。二ヶ月先の9月28日にやっとみつかり、どうやら8,680円。夏休み期間を除く平日ですと4,500円程度でした。もっと地方に行って稼働率が低いと逆に高くなってしまうからね。広島は平日なら滞在しやすい。


さてと参議院選挙の投票にでも行ってきますか。
もう一番は無理だなって思ったら8時じゃなく7時からかよ!

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-07-21 Sun 08:10 | 旅・散策と行事::宿 |