サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2020 - 08  >>


2020 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

猛威を振るい続ける“地方症”:年末の東京が平和にならない
 人間に急激な変化を感じたように、年末の東京も過去にあったような良い激変がなくなり、日頃は引っ込んでる連中が出てきたりしてか余計に酷くなってる。もしかすると世代変化の山に当たってるのと、テレビ番組で語られるように帰省よりも都会に出てくるほうが増え始めたのかもしれない。

 きのうはアメ横、いつもと人種が違った。ごめんね、ごめんねー(いや、別に)。混雑を回避すれば俺の逆鱗に触れる奴、人間公害(ヤク中ともいう)。耳も塞ぎ、前も見ないで歩く馬鹿者も当然ながら多数いるからウザい。お前ら全員OUT、ケツバットくらいでは許せねぇーくらい酷い自分らに気づけない哀れな人達。

 元日が休業だからきょうのうちに買い物に行った。ついでに駅にも用事がある。銀玉場の前を通ると大混雑、大晦日に銀玉転がしって人生終わってませんか?地元に戻ってきても平時より荒れてる感じがする。終生遠島の刑を申しつけたい。そうして空いた土地で田んぼと畑で食料自給率を上げたい。

 すげー強風になってきた。電車止まるかと思った(どっかで止まってそう)。通り道に工事現場があって足場にネットが怖かったから遠回りした。倒れるよりも、そこらじゅうから何か落ちてきそうな危険を感じた。大惨事という規模じゃなくとも小さな工事現場の統制のとれない自営業レベルな業者のいい加減さのほうが怖いからね。だって足場だってヤバイもん。俺からすれば杜撰(ずさん)としか見えない。1月6日まで放置されるんだろう。

これはいつもより引き締めて外に出ないと危ない。

| emisaki | 2019-12-31 Tue 16:31 | 生活::社会問題 |
金儲け第一の発電事業(69) 那須塩原にも魔の手
「栃木県那須塩原市、NTT系にメガソーラー建設中止を要望」 日本経済新聞 2019/12/23

 今回の報道で私は、すごい勘違いをしていたことがわかった。ブラタモリのときも那須塩原市と那須町を一緒にされて戸惑ったが、桜並木の場所が同じ那須塩原市でありブリヂストン工場の横という過去の断片的な情報から「那珂川 河畔公園」に辿り着いたわけだが、メガソーラー建設予定地と場所が違うってことでブリヂストン 那須工場黒磯工場(2014年9月末閉鎖、現在は更地)は別に存在していた。

続きを読む ≫
 更に紛らわしいのが、私が2016年に近くまで行ったのはJR黒磯駅なのに那須工場で、今回のメガソーラー騒ぎはJR那須塩原駅から1キロほど南方向なのに黒磯工場って名前だった。黒磯工場の北側には栃木工場ってのもある。全部、栃木だろって言いたくなるぞ。

 「那須塩原市、ブリヂストン工場の近くの桜並木」 3つ揃ってたんだから疑いようがなかった。ところが調べを進めると、私が持ってた情報の桜並木とは、ブリヂストン黒磯工場の半周くらい県道53号線沿いにあったものらしい。

 県道53号線 Googleストリートビューを見ると、かろうじて2013年のがあり緑の葉っぱの並木道だったが、次の年代では全て伐採され更地となってる画像だった。今回の報道騒ぎになってから知るわけだが、現地では以前から「太陽光発電所 建設予定地 株式会社NTTファシリティーズ ソーラープロジェクト本部」という巨大看板が立っていたことを示す写真を検索で見つけた。

 ボーっと生きてんじゃねぇーよと言いたくなる市町村ばかりの中、(遅すぎるけど)那須塩原市市長が事業の白紙撤回を申し入れているわけだが、風力や太陽光利用はエコを隠れ蓑として人民からむしり取る邪悪な金の亡者扱いしてきただけに、誰だろうとも簡単に引き下がるような連中ではありません。今後に注視していきたい。

 今回の場合は森林を伐採したり、傾斜面という心配はない。隣が東那須野公園という景勝地ではあるが、元々工場があったのだから当時と同じように木々で取り囲まれていたなら環境への影響は少ないと思われる。

 だが、FITに基づき我々から強制的に吸い上げ集めたカネで高値買い取りされる以上は邪悪だ。そのNHK受信料の横暴を越える強制力の悪法さえ消し去っていただければ、太陽光発電パネルの設置には大きく影響はない場所と思われる。元の工場よりマシと言えるのではないか。

晴れで日中しか役に立たないものは単なる余剰電力として二束三文で買い取るのが当たり前。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-12-27 Fri 12:56 | 生活::社会問題 |
昔のパワハラに比べたら今は訴える側の程度が低い
 過去の話としてチラっと書いたことがあるが、我ながら良く正解に辿り着いたと思ったのが「デルマ買ってこい」と言われた時だった。「デルマって何ですか?」というのもアリだが、そこはパワハラ体育科系業態でしたから、知らないと言うのも、逆に知識が上回ってても問題が生じる。

 横浜で馬車道の文房具屋へ行く用事だから、DE - RU - MA ... DELMA? DERMA? で、ひらめいた! DERMATO だって。ダーマトグラフペン、柔らか色鉛筆で、ひもを引っ張って剥くやつ。過去よりローマ字読みするから訳のわからない物になってしまってたのがある。

 当時、別会社の知り合いは「知ってます」と答えただけで業務に差し障ることをされて結果的に辞めることになったが、それがまかり通ってた時代でもある。ところが現在では不条理にケチを付けられるのではなく、本当に何度も間違えるような馬鹿野郎を叱っただけでパワハラ扱いされるように反対側に通り越して酷い状況になってしまった。

 逆ギレだとか学級崩壊など始まった世代に育った奴らが親や学校の先生になってワイドショーを賑わす事をしでかしている。子が一人襲われたら日本中で携帯電話を持たせるなど超過保護が子を狂わせた。中国に例えると「小皇帝」・「熊孩子」と呼ばれているが日本の子も同じで他人と関係を持ちにくい社会で自己中に育てたのが「あおり運転」なる精神障害者を作り出した。昔は上司の横暴と相場が決まっていたのだが、今はバイトテロってあるように加害者の傾向はなくなってる。

 インターネット上やマスメディアではコミュ障だの発達障害だの激増した相手の中で、それって本当にパワハラなのか疑問なことが問題化しているが、そうした子が増えたなら社会的な病気であり日本として危機的である。難癖さえも受け入れてしまうほど腫れ物扱いするようになってしまった。

阿呆が独り立ちできないのは勝手だが、それは日本経済のためになるとは到底思えない。


| emisaki | 2019-12-26 Thu 12:53 | 生活::社会問題 |
金儲け第一の発電事業(68) 公文書偽造の疑い
ネットの定期巡回でとんでもないニュースがあった。

 静岡放送 SBS NEWS によると、2019年12月20日 市民団体 函南町軽井沢メガソーラーを考える会の代表4人は函南町町長ら5人を虚偽公文書作成などの疑いで静岡県警に刑事告発した。

 再生可能エネルギー発電事業に関する公文書を作成した際に起案日、決済日、制定日を8月27日と実際の日付より遡った嘘の日付を書いた疑い。市民団体によると告発された一人が「日付は遡って書いた。その理由は言えない」とのことだった。

続きを読む ≫
 日付を遡る偽造ってことで容易に想像が付くのは、「函南町自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例」の条例施行日は2019年10月1日であり、ほかの申請や許可を出すための期間として条例施行前に帳尻を合わせる可能性は十分に考えられる。このあたりが全く語られていない。偽造するなら理由は何か?

 日本各地で同様の問題があるが、土砂災害の危険がある場所ばかりが建設地に選ばれるのは土地取得の問題と住宅の近くなら送電設備費が抑えられるからだと私は考えてる。そして市町村が積極的になるのは、単なる山林でなくなり建物や設備となるため税収(固定資産税)が増えるからだろう。

 想像の域を超えないが悪代官と越後屋の関係の疑いも何百年変わってないのかもしれない。まさか、まんじゅうの下に金色の物が敷き詰められてるのをもらったりしてないよな? この手の犯罪は過去よりずっと繰り返されてきたことだし界隈では前・伊東市長 佃弘巳被告が土地取引における収賄罪で逮捕起訴されてるから真相はともかく疑うのは当然である。

 「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT)」なる悪法に乗じて金儲けのためなら全国で危険なのを作ろうとしてる。違法ではないから? それもあるが、違法行為を働いた上の事業も多々見られた。再生可能エネルギー、もしくは税金が増えるかで止めない市町村役所が市民を危機にさらす。

 「断片の事実は事の真相ではない」と書き続けてきたようCO2は温室効果ガス、太陽光発電はクリーンという断片だけしか見ない阿呆ぞろいだから“温暖化ビジネス”と揶揄すべき連中に利用されてしまう。過去には省エネ、最近では脱プラスティック。脱プラは世界中でそこらにポイ捨てする馬鹿どもが原因なだけ。別の資源に変えるだけで何も変わらない。デポジット制の瓶の飲料をポリエチレンテレフタレート(P.E.T.)にしやがったのは消費者ではないのだ。

動かす連中に正義なんて求められない以上、正しい選択は、すべての人が賢くなるしかない。

市民団体 函南町長らを県警に告発 町内で計画中のメガソーラー建設めぐり ウソの公文書作成か
≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-12-20 Fri 21:36 | 生活::社会問題 |
猛威を振るい続ける“地方症”:除夜の鐘
本日のグッとラック!ほか、昨日のスッキリ、News it!、ひるおび にて取り上げられてるのを確認。
立川志らく: 「除夜の鐘を否定する奴は日本から出て行けばいい」
その通り。 除夜の鐘がうるさいと思ってる奴は煩悩の塊だからさ。

 だが、某番組のコメンテーターの次元が低いのは変わらず。まさに現代人を象徴するようなのばかりだからな。期間契約があっても早期に大改革が必要な部分。

 昼間に変えて人が増えたって、それは除夜の鐘じゃねぇーよ。主張をねじ曲げて寺という営業活動を優先したにすぎない恥ずべき事。除夜の鐘だけじゃなく、年に1度の祭りでも文句が出るとやめたり、以前には音なし盆踊りが問題になってたくらい。

  語るにふさわしい社会問題と、自己中心的な難癖の区別もつかねぇ連中が増えすぎた

続きを読む ≫
 多くの問題の原因が集約されるため、同類の寄せ集めなテレビ制作者が言えるはずもないので代弁するが、大部分の社会問題が犯罪をものともせず自己中に育った田舎者が勝手に集まってきやがって文句を言い出すようになったのが数々の原因。

 公園・幼稚園がうるさいと言う/あおり運転/無謀運転・飲酒運転/ながらスマホ/高齢者に席を譲らない/近所トラブル/違法立ち入り釣り人/不法投棄/勝手に河川敷や公道を自分のものとして使う(ゴルフなど遊び場、畑、花壇、物置)/など、など、など、キリがないが原因は一つで集団生活が不可能な人間に育て上げられたから。
 伝統的に大きな社会を構成したことがない人達によって人口が増えたのだから、コミュ障の自己中によって問題が起きないはずがない。コミュ障、自己中が示す最近の事案が「忘年会スルー」だ。学級崩壊とやらを通ってきた世代。事あるごとパワハラだのセクハラだの言われるくらいなら行わないと負の連鎖。日本企業の生産効率が落ちたり海外勢に負けるのも当然だよな。時代が違うと言って望んだことによる結果なのに未来が不安だとか文句を言うから自己中。望まずともテメエらが選んだ結果くらい受け入れろ。

 ずっと前からだが隣に誰が住んでるかわからないって段階で異常だ。「ポツンと一軒家」にて途中で尋ねた人が山奥に住む人を知ってたりするが、それは地域社会が確立しているからではなく、誰もいなさすぎて知ってる範囲が広くなってるにすぎない。だから全員が知ってるわけじゃない。

 真横に住んでない人達が他人を気遣って育つわけがないどころか、上記番組では大きな音を出しても怒らないって事を何度も耳にした。自分は騒音を出すくせに、外からの騒音には噛み付くようになる。そんな脳の構造を持ってしまった奴らの子孫が都会に出てきても共同体意識なんて無理だから、多くの他人がいる社会で迷惑事を繰り広げることになる。

 そうして育つから警察官すらマトモじゃないのだ。テメエら警察官が歩道爆走チャリだから、世間で起きてる問題に関心が向かない。警察官も含めて全体的に何が悪いか理解できないんだよ。自転車のバカどもは当然として自動車ですらヘッドライト付けてない奴を何度も見かけるが夜は東京も暗いってことがわかってない。

 たちが悪すぎるのが、まるで自覚症状がないことにある。元々の社会への自分勝手なことのみならず、赤ん坊が泣くのがうるさい vs. 車内ベビーカー利用を正当化させる無知のように「田舎者 対 田舎者」の自己中同士の戦いが都会で繰り広げられてきた。文字通り道の歩き方も知らねぇ奴らが悪の根源と状況証拠はカチカチに固まってる。

 そうした自覚なき野郎どもの悪行を示しているのが、ネット上で車内スマホ利用や歩きながらスマホを咎めるコメント対する「そう思わない」の多さである。迷惑行為をものともしない。街中で「ながらスマホ禁止」の看板にOKのよう落書きされてるのを見たことがある。人間のクズぶりを理解してない証拠。
 どうすべきか知りもしない奴が都会のルールを決めるんじゃねーって何度も書いてきた。リュックサックは後ろでも前でも邪魔には違いないの知りもしない。今年も発表された電車内の迷惑行為のランキングのどれを見ても自己中が原因。何をやっても被害者に出くわさない世界で暮らしていた連中が集団社会のなんたるかを理解できるはずがない。人命を奪う事件が多発してきたため「エボラ」と例えたのである。

 痴呆老人に対してボケてまるからご注意と言ったところで理解できないように、幼少期から“地方症”を患ってる人は他人の迷惑を省みない自己中ぶりを自覚できない。ずっと自分勝手が許されて育ち、他人に会わないから叱られたこともないため逆ギレしてくる哀れな人間になる。このどこが子育て環境に良いんでしょうか?だから文句をつけたのが騒げる子連れ専用列車、それは臭いものに蓋をする行為。まるで社会教育にならない。

 大昔には他人と接触しないことが歯止めになっており、近代の過去では集落の形成と大家族化が救っていただけであろう。それが核家族化と少子化で一気に崩壊してしまった。外国のクソガキどもを見ればわかるが放任より放棄に近い。立ち上がれもしない未熟児で生まれてくる人間が、親から子育ての方法も教えられずして親離れするほうが間違っているだ。人間は動物のように遺伝子が働かないようだ。

 同じレベルは求めないが、お前らは傍若無人な特のア~さん連中と大差ないってこと全く理解してない。順応しようと日々努力してるなんて微塵も感じることなく自己中心的な生活を繰り返している。私の人生で知り得る期間中ですら、とんでもなく酷くなった川崎市に川口市が住みやすい街ランキングに入るならば「類は友を呼ぶ」にすぎない。もっと都心部は先に侵された。何度も繰り返すが、団塊の世代の連中まで戻り 都市生活不適合者よ 都心近辺から去れ!

外国はとっくに終わってるが年々と酷くなる日本人も終わったな。
どんな生物が支配しているか100万年後に興味が湧いた。


 長く良い意味だったのに、なぜか最近では悪い意味に変わってしまった「ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー」。こちらは確定的な犯罪者や不道徳者と戦ってるわけだが、自らの悪事に自覚症状がない連中からはそう言われかねない。

社会的公正なくして人間に未来はない …激怒の江戸っ子より

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-12-20 Fri 08:09 | 生活::社会問題 |
各人から学習した売り込み電話撃退法
 知らないとは恐ろしいものだ。太陽光発電のセールスだ。ローラー作戦なら他の番号にもかかってるはずで何らかのリストを手に入れて電話してる。習った主な撃退法だが、

・すぐ会社名を名乗る (騙しにかかるのは基本的に一般宅だから)
・相手が売り込み業者とわかったら反社のフリをする
・外国語で話す (話せる可能性が高くなる英語でないほうが好ましい)

 個人情報保護法なんて悪党の隠れ蓑としか機能してない。問題となるような連中は法律なんて守らない。断ったら二度と電話してはいけないのだが守らない業者が多い。そのくらいだと思って役所も動かないから無法地帯に近い。海外みたい無許可のダイレクトメール一切拒否に加えて、電話にも適用した義務の法整備をして欲しい。

 何かと詐欺事件に引っかかるような高齢者などは登録番号以外は出てはいけないで良いでしょうが、通常だとそうもいかない。別のところの電話を使って連絡してきたり、宅配便が連絡してきたりすることがあるから。そのあたりも留守番電話で対処できる。本当に用件があれば録音するし再度電話してくる。今までの例からしてロクでもない業者は都合が悪いので絶対に録音は残さない。

| emisaki | 2019-12-08 Sun 16:55 | 生活::社会問題 |
金儲け第一の発電事業(67) 京都も魔の手に
京都新聞京都の有名神社の山にメガソーラー計画 市の対応後手「あっという間に丸裸の山に」

 もはや人間のクズどもの巣窟としか思えない太陽光発電事業。地元は善意など求めても無駄である。なぜなら、大規模太陽光発電事業にて地元の反対が理由でやめたなんて聞いたことがない。聞いたことがあるのはメガまでいかない規模で地域内の業者であったため本業への影響を考えてのことか。真っ当ならば知れば知るほど近所迷惑と環境破壊の上に成り立たせながら環境保全なんて頭おかしな主張はしない。

続きを読む ≫
 ずっと前から後手後手だと書いてきたのに京都府で条例を定めてないところがあるなんてビックリしたのも作られそうな北部ではなく、個人的には「くずはモール」で知ってた大阪府枚方市の隣、京都府八幡市橋本東山本であった。

 京都府城陽市にアウトレットモールの建設が計画されているが、周辺はゴルフ場、工場、生コン工場があるので石灰の採石場なのかハゲ山だらけ、住宅街、メガソーラーもいくつか建設済で、そこは漠然と京都と言って思い描く場所ではない。だが、八幡市のほうは周辺が宅地とは言え、切り開こうとしてる山は有名な寺が複数あるところ。城陽市と異なり寺の中には負の遺産を残さないためなんて勘違いも甚だしくメガソーラー事業をやってるところもあるがね。

 最近は大企業ほど風力発電に転換してる傾向がみられるが風力は投資額が大きい割に太陽光より更に発電が安定せず故障や事故も多い。高さ60メートルな鉄柱ごと倒れた事件は記憶に新しいよう金の亡者の施工不備は太陽光発電パネルより格段に恐ろしい。そして稼働時には振動や周囲2kmまでもの住民に低周波騒音公害を発生してきたことにある。どう転んでも「人を幸せにはしない」のである。

 脱原発に自然エネルギーなんて調子のいいことに踊らされ、別の金の亡者に移ってるだけ。頭がお花畑の市町村がたくさんあり、浸食されてから気づくんだろう 希望が持てん。博物館入りのファクシミリなんて時代遅れも使ってることだし東洋のガラパゴスだけにクソ団体の化石賞は名誉として受けようぞ!

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-12-07 Sat 12:35 | 生活::社会問題 |