サイト内 移動
NEW ENTRIES
Search Box
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2019 - 11  >>


2019 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
CATEGORIES
ARCHIVES
Status
現在: ゲストモード

転倒の恐怖 見た目を優先した歩道も問題だ
 歩くのが苦にならないほうなので履き潰すようだと安い靴に手を出すことになるが、「滑る」という恐怖に遭遇することが日増しになってるため出費がかさむようになってしまった。

 都心部では歩道すら余計なお世話の加工をするため踏ん張って歩くことができなくなっていた。それは日本製の革靴でも起きてきたことで、革靴でありながらも雨天、雪国用やらスニーカーと同じような靴底じゃなければツルツル滑って恐怖。氷の上に立ったときの滑りに似た感じさえあり、後ろに倒れそうになったこともある。

 雨の日なんぞ地下道・地下街(地下鉄の駅)、電車の駅、商業施設、コンビニと「殺す気か!」って言いたくなる。防災無視なガラス張りの建物に匹敵、日常的に襲われる設計欠陥だ。

 検索ではわからなかったが、中国製の靴底は著しく劣ってるらしく靴ごとのクチコミを探っていると「滑る」という文字が多数見つかった。それが、防水、防寒、防滑なんて書いてある靴の評価だからシャレにならない。

| emisaki | 2019-11-18 Mon 08:25 | 生活::社会問題 |
サンふじ@JA天童(山形県)
販売:JAてんどうフーズ
等級:秀 (青秀?)
階級:16 (個数?)
商品:5Kg、14~18玉 4,200円 送料込み
届いたのは16玉(階級って個数か)
普通サイズ 単価263円。

今年は全国的に自然災害が多いので評価は甘め。
 まだ届かないと思ってスーパーマーケットで1個214円で買ってしまったのが失敗に思えるほど林檎の味がした。スーパーマーケットでは産地は不明瞭だったが、そこそこキズがある家庭用品質だっただけに、ちょっとの差が劇的な違いだった。キズものも販売していて、そっちだと10Kg 5000円くらいで、かなりの得になる。
 品物が同じかは定かではないが、もしかすると今回の失敗はJAの総合販売「JAタウン」で購入したことで、「JAてんどうフーズ」の通信販売であると3,800円だった。同時に複数を注文したことで調査が甘くなってしまった。このくらいの差はあることで、楽天市場に出店してると高くなることが多いのは出店経費だろう。
 JAじゃなく農家の直販だとクレジットカード決済の有無や流通量が少ないと送料が高くついたり選択が面倒。5Kgで通常宅配だと1610円も取られるから商品が割高でも結果的に安いことのほうが多いって思い込み。今回は天童でも送料込みだった。


| emisaki | 2019-11-17 Sun 20:37 | 旅・散策と行事::記録 |
上北山村 大台ヶ原<調査>
 紅葉として今期はもう遅いが、テレビで終わり間際だけ見えて一瞬の映像で気になったため調べてみたら完全に見落としだった。奈良県の国道168号に続いて国道169号の秘境路線バスは調べてあり、宿泊は必須となるが村が運行するバスを乗り継ぐと奈良県の吉野から三重県の熊野市へ通じる。そこから周囲の調査が甘かった。

続きを読む ≫
 直線距離としては三重県尾鷲市からのほうが圧倒的に近いが直通道路が全くなく、時計回りに迂回して行くことになると奈良県の大和上市駅からでも大差ないように見える。三重交通バスを調べたら、そのあたりの観光ツアーは全くなかった。

 いままで調べた時期に問題があったようで冬期は閉鎖(通行止め)になるが、4月から11月の観光シーズンに臨時バスの運行があった。コミュニティーバスが遅いのは知ってたが、臨時バスだと定刻で大和上市駅から大台ヶ原まで1時間51分と早く感じた。

 上北山村によると大台ヶ原の駐車場から有名な大蛇嵓まで初心者コースで9km 所要時間4時間となっているため、時間通りだと休日に運行しているバスでは余裕がない。多く見積もっていると思うため人によっては3時間半は十分に可能。大蛇嵓だけを目的とすれば往復で6~7kmほどに短くなるはず。実際に行ってから判断するなら紹介されてる順番ではなく、先に近道で大蛇嵓へ行き、余裕があると思ったら正木ヶ原、更に余裕があれば日出ヶ岳と拡大させることができる。

上北山村 > 観光情報 > 楽しむ > 大台ケ原

<2019年 臨時バス時刻>
大和上市駅 09:00→10:51 大台ヶ原
大和上市駅 09:30→11:21 大台ヶ原(土休日のみ運行)
大台ヶ原 14:30→16:21 大和上市駅(土休日のみ運行)
大台ヶ原 15:30→17:21 大和上市駅

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-17 Sun 12:04 | 旅・散策と行事::計画・調査 |
先日もタレント吹き替えの話が出てた
 無料放送もあるから有料チャンネルを削除しておらず通常はEPGを高速に横スクロールさせて別のチャンネルをチェックするところ「新録版」なる文字が見えちゃったから調べずにはいられない。検索では「映画ファンを激怒させる」なんて文も見つかった。

続きを読む ≫
 剛力、エグザイル、篠田、玉木、木村など酷すぎる吹き替えなんかの悪評なら知ってるし実際に見た(聞いた)のも多い。LIFE!(原題:The Secret Life of Walter Mitty)でも悪評だったのは知らなかった。断らない芸能人にも非があるが、客を無視して吹き替えに起用する映画業界が悪の根源。

 映画だけじゃなく、日本テレビの深夜枠でスーパーナチュラルも主役兄弟の吹き替えが揃ってストーリーが頭に入らないほど酷かったの思い出した。平時からしゃべりがおぼつかない人達を使うなんてまるで理解できない。当然、見るのはやめたから長編になった作品なのに展開を知らない。

 吹き替えの前から怒ってるのは安直に題名を変えることだ。上記の例なら「成功を夢想する秘密の生活」では客が来ないってことでしょうが、ならばLIFE!でも客は来ない。無理矢理になんとかしようって魂胆が大間違い。シリーズものになるほど多くなるのは頓珍漢な翻訳で、作品の世界観を熟知してない奴が翻訳するから嫌気が差す。市場を縮小させたのはDVD、ホームシアターだけが理由ではなく映画業界の自業自得なのだ。

 これからも出るであろう映画会社の犠牲になる芸能人が可哀想。結局、映画をわかってる放送局が吹き替えなおすが、それを見越しているならば最悪の確信犯だ。放映はテレビやネット配信業が引き受けるとして、正す気配がない映画配給会社は消えてなくなったほうが客のためではないか。



 吹き替えは関係なく作品すら落ちてきた。始まったときお子ちゃまだから後で見たスターウォーズも死なないうちに3部作×3が終わるけどオッサンになってしまった。途中は映画館で見たが、進むごとに落ちぶれていって最終の3部作は「そのうちテレビで見ればいいや」状態だから結末を知るのは1年以上先になりそう。

 私の場合はスターウォーズよりスタートレックなので過去の十作ほどの映画と合計数百話のテレビ作品を見てるから J・J・エイブラムス を持ち上げる奴らが理解できない。奴は客層を広げたかもしれないが作品を台無しにした。多数派のアメリカ人らしいと言うべきか、深い作品をチャラい作品に変えるのが得意のようだ。一時期に流行った隕石映画で例えるならば、ディープインパクトに対するアルマゲドンの馬鹿騒ぎって感じ。そうした阿呆どもが多いから収益が増すだけでしょう。

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-16 Sat 23:47 | 映像音声::話題 |
「友好都市宣言 羽生市×下田市」 何これ!?
 「友好都市宣言 羽生市×下田市」って世界キャラクターさみっとの予定だよ。あれれ、ご当地キャラ関係を敵に回した市長は変わったっけ? 何もなければ任期は来年6月くらいまでのはず。来年まで待ったほうがよかったんじゃねぇ? でもな、高齢化社会ほど再選ありうるから怖い。

 一般は知らないにしても多くのマニアは下田市長による拒絶事件を知ってる。もし爺さんが出てくるならマニアの祭典に どのツラさげて出てくるのか! だからあの手のタイプが登場するとは思えない。知らぬところで進んだ話か、奴にとって運が悪くも発表の場が世界キャラクターさみっとになってしまったのだと読むのが妥当だろうな。真相はいかに?

世界キャラクターさみっとin羽生2019ステージスケジュール

| emisaki | 2019-11-16 Sat 23:22 | 催し::ご当地キャラ・マスコット |
あきたホリデーパス 東京からの利点は限定的
あきたホリデーパス 2019年12月6日~2020年2月16日の土日祝および12/21-1/5
料金: 当日限り有効 2,440円
フリーエリア: ほぼ秋田県内JR線、秋田内陸縦貫鉄道線全線、由利高原鉄道線全線
(象潟駅より先の山形県側、能代駅から先の青森県側、大館駅から先の青森県側を除く)

続きを読む ≫
 閉ざされる時期だから販売されるのでしょうが、通年で使えると仮定してみると東京から行く場合には秋田内陸を貫いてから秋田へでも行くか、往復のような使い方をしないと当日限りでは使いどころがない。例えば、「田沢湖→角館→[秋田内陸]→鷹巣/鷹ノ巣→大館」の場合は2,360円だから越える利用が必要。

東京→秋田 10,010円
東京→田沢湖 9,130円 (田沢湖:あきたホリデーパスの境界駅)
田沢湖→秋田 1,690円
田沢湖→角館 330円
角館→秋田 1,340円
秋田内陸縦貫鉄道 角館→鷹巣 1,700円

 可能性のある場所に立ち寄ることを想定して計算してみたら、JRだけの場合は普通に買って途中下車したほうが安上がりだった。しかも東京~秋田は662.6kmで往復割引対象、また、行きは秋田新幹線、帰りは山形や新潟を周る場合は重複しない一筆書きとなる路線は続きの乗車券になるから安くなる。だから秋田内陸縦貫鉄道や由利高原鉄道を使うにしても「あきたホリデーパス」で得するのは難しい。

 当日中に田沢湖→秋田→角館(宿泊地想定)は3030円だから断片として見ればお得だが、東京から田沢湖までと「あきたホリデーパス」の組み合わせより(9130+2440+9460=21,030円)、東京~秋田(往復割引で乗車券 推定18,000円)のほうが3,030円も安く、秋田内陸縦貫鉄道を別途支払いできる。

 乗車時刻が決まっていいなら旅行会社のホテルとセットのほうが更に安く、そんな場合なら当日中に2,440円以上を移動するときに使えそうな割引乗車券と用途はかなり限定的であった。

JR東日本冬の秋田を楽しもう!特別企画乗車券「あきたホリデーパス」を発売します!

≪ 続きを隠す
| emisaki | 2019-11-16 Sat 20:41 | 交通::情報・考察・計画 |
悲報 お台場レインボー花火5分間に
 そろそろなので定期巡回ルートを探っていた。昨年のデータから開催日を変更するだけじゃ済まず10分が5分間になってた。台場は適当に見るだけなら楽なんだが、良い場所で待つには極寒というイメージしかない。雪国からは笑われるが都民としてはそう感じた。たぶんこの時期に急激に気温が下がるからだと思う。

 1回限りで30分やればと言いたいところだが、あっちも集客のためにやってるのでそうもいかないんだが5分じゃどうするって感じがする。現地の店が屋台とか出てる雰囲気じゃないから。

お台場レインボー花火2019

| emisaki | 2019-11-16 Sat 19:02 | 花火::情報・計画・考察 |